僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
デフレと無縁の、楽譜の値段に驚いた
ブログのおかげで、MTRにはまって、
ギター練習以外にも、カラオケ作りなど、
少しずつやっている、昨今です。

昔から好きだった、ギタリストの曲を、
完コピして、弾くことが、目標だが、
いかんせん、耳コピは、音感もなく苦手。

もっぱら、市販の楽譜に頼るのだが、
今回は、ドラムの打ち込みもやっていて、
ドラム譜のある、バンドスコアが必須。

やりたい曲の、スコアはあるのだろうかと、
ネット検索して、その値段に驚きました。

バンドスコアで、3千円以上は、当たり前、
欲しいジェフ・ベックは、4410円もする。

昔から、こんなに高かったのだろうかと、
古い楽譜を見ると、プリズムベンソン
バンドスコアでも、2千円程度となっていた。

デフレとは無縁の、強気の価格設定。

業界に詳しい(?)、知人によれば、
楽譜はコピーされるので、その分だけ、
高めの価格にしないと、やっていけない。

特にバンドスコアは、メンバーの人数分、
著作権料を、みているんじゃないかと。

ソロギターの楽譜なんかは、CD付でも、
2千円程度だから、何となく計算が合う。

そうなると、文庫本なんかも、最近では
千円以上がざらで、これはコピーよりも、
中古市場を意識して、高めにしているのか。

いつもながら、自分の勝手な思い込みで、
真偽のほどは、わかりませんが…。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.