僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
忘年会に向けて、そろそろ手品を
毎年、この時期になると、こりもせず、
忘年会に向けて、手品のひとつもと、
練習したり、新しく購入したりします。

小学生の頃、手品師になりたかったが、
今は、ギターほどの情熱はないのも事実。

それでも、何かひとつ宴会で披露したい、
新しいネタを仕込まないと、という具合に、
一人でもりあがり、ネット通販に手を出す。

仕掛けのある手品は、トリックが知りたくて、
購入するが、宴会でやることは、あまりない。

かなり昔、同僚が、道具を奪い取って、
「見ろ、こんな仕掛けじゃないか」と、
勝ち誇ったように、みんなに見せてしまう。

それ以来、タネのない普通のトランプや、
コインを使う、スライハンドをメインに。

手先の器用さという、テクニック重視もので、
大道芸などにも、憧れている自分にとっては、
挑戦しがいのある分野の、手品なのです。

弾けない楽譜が、たまるのと同様に、
技術解説のDVDが、冬になると、
2巻、3巻と増えていく状態が続き、
古いのを覚えろよ、と思うのですが…。

ただ、この数年、実際に演じたことはない。

「マジハラ」という言葉があるらしく、
マジックハラスメントの略、だそうです。

見たくもない手品を見せられて、そのうえ
拍手を強要されるという、被害だとか。

そういう話を聞くと、小心者(?)の自分は、
幹事に頼まれもしないのに、壇上に出て、
手品をやっていたのは、まずかったのか、
談笑する時間を、邪魔してしまったのか。

それ以来、調子づいた自分を反省することして、
「今回は手品は?」と、気を使ってくれる人に、
「準備不足なもので」と、おとなしくしている。

それでも、上着のポケットには、トランプや、
コインを、しっかりと入れている自分なのです。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/10/12/Tue 19:27 [編集]
Re: タイトルなし
(非公開コメントへの返信です)

いつも、コメントありがとうございます。

また、そちらのブログへ寄らせてもらいます。
新たなギタリストの映像を、期待しています。
ギターマジシャン | URL | 2010/10/12/Tue 20:10 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.