僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
失われた日々より貴重な玩具たち
実家にあった日記が処分され、失われた日々を取り戻す意味で、
このブログを立ち上げたのですが、

それ以上に、捨てられてしまった玩具の悔やまれること。

残っていれば、ちょっとしたお宝だったろうに。

二十数年前に、実家を出たときには、まだあったのに。

今でも、あれは自分の部屋の押入れ、あれは玄関の戸棚、
あれは倉庫の2階、と置いてあった場所を覚えている。

思いつくままに、玩具について列記させてください。

レーシングカーセット
 1mくらいの8の字コースと、レーシングカー2台のセット。
 ピストン式のリモコンで車を操縦する、本格的なものでした。
 火花が出たり、感電しそうになって、使わないままになっていた。

ホットホイールの電動タイプ
 ミニカーを高いところから落下させて、コースに走らせるのが、基本セット。
 それに、ガソリンスタンド(電気スタンド)で、ミニカーに充電させるキットや、
 ミニカーを上のスタート地点に運ぶベルトコンベアキットもあった。

GIジョー前線基地
 リカちゃんハウスのような形で、GIジョーを飾ることができた。

コンバット有線電話
 迷彩色の受話器と、有線コードで、通話ができた。

トリスゴルフゲーム
 トリスのおじさん人形が、レバー操作でゴルフクラブを振る。
 つなげると2mくらいになる、ゴルフコース上で、パチンコ玉を転がすもの。

ゴム人形作成の電熱器
 とかげや、蛇などの型に液体ゴムを流し込み、専用電熱器でゴム人形を作れる。
 キディランドに、液体ゴムを買いに行った時、花の型や、スヌーピーの型も売っていた。

アポロ宇宙船プラモデル
 ロケットを買ってもらったつもりが、月面探査機の精巧なプラモデルだった。
 20cmくらいの大型だったから、ロケットも一緒だったら、すごい箱だったろう。

ゲゲゲの鬼太郎人形
 景品で当たり、送ってきた小包のダンボールごと大切にとっておいた物。
 髪をかき分けると、なぜか左目に、目玉の親父が収納されていた。
 
悔しくて、何度も、実家の押入れなど潜り込んでみたが、あるはずもない。

追記 後日、鬼太郎人形は、古着の箱の中から、拾い出しました。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.