僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ギターアンプにつないで、何日かは、まじめに練習
MTR録音していて、ミストーン以外に、
ポジション移動や、弦とびフレーズで、
かなり開放弦が鳴ってしまったり、
チョーキングのノイズが、気になりました。

アンプにつないで、音を確認しながら、
きちんと練習しようと、反省した次第。

ただ、よくよく考えたら、この反省、
今に始まったことじゃない。

持っているヤマハのギターアンプは、
100Wで、音が大きすぎるので、
次第に使わなくり、生音の練習ばかり。

渋谷河合楽器での発表会のときに、
やはり、ミストーンが多いことに気づく。

それで、ヘッドフォンアンプを買ったが、
ほとんど、使うこともなく、お蔵入りに。

その後も、何年かおきに、同じことを考え、
そのたびに、はりきって、アンプを買った。

マクソンのマイクロティーチャー・GA-10

マクソン・マイクロアンプ

携帯型のアンプといえば、クラプトンも使った、
ピグノーズが有名だったが、予算的に無理。

定価3万5千円もして、バイトしてない学生には、
昼飯を半年抜いても、買えるかどうかの額。

GA-10は、エフェクターと同サイズで、
持ち歩くには良いが、最大出力が1.5Wと、
いかんせん、音が小さすぎた。

フォークギターの生音より、小さい音だが、
外部端子があったので、スピーカーなどに、
つなげれば、ましだったのかもしれない。

フェンダーのミニアンプ・SL-15

ミニアンプ・フェンダーSL-15

これは、練習のためもあるが、アンプ側で、
ブーストさせてみたく、購入することに。

80年代は、ミュージックマンや、ブギー
アンプが全盛だったが、昔憧れたフェンダーに、
ミニアンプながら、手が届くのが嬉しかった。

ヘッドフォン端子もあって、便利だったが、
リバーブがないうえに、センドリターンもない。

ギターとアンプの間に、ディレイをつないでから、
アンプで歪ませるのは、良くない気がして、
使えないアンプだ、まあ練習用だからなあ、なんて。

ボリューム、ゲイン、マスターと、3個もあって、
ブーストのセッティングも、よくわからなかった。

トレブルを10にしても、全体的に、こもった音で、
ウーマントーンが好きな自分としても、ちょっと、
安っぽい音に感じて、やがて使わなくなってしまう。

こうして、周期的に訪れる、反省の日々で、
必要以上に、出費してしまうことが多い。

基礎テクニックがどうたらと、教則本を買ったり、
エレキでは、指がヤワになると、アコギを買ったり。

音楽に限らず、テレビや新聞に影響されて、
「やっぱり英会話だ」「資格こそ武器になる」
数学物理で、脳を鍛えないと」と、はりきり、
本棚には、同じような入門書が、何冊もある。

これらの出費こそ、反省しないといけない…。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.