僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
アルカトラスのイングヴェイは、弱冠20才
何かの雑誌で、元レインボーのボーカル、
グラハム・ボネットの新しいバンドで、
新人のギタリストが、すごい早弾きとある。

イングヴェイ・マルムスティーンという、
20才のギタリストと、書かれていました。

自分が、目標とするプロになるどころか、
ろくにバンドも組めず、だらだらしていたら、
とうとう、年下のギタリストが出てきた。

さびしい反面、お手並み拝見とばかりに、
LPを探しに、渋谷のレコード屋を回る。

解説が読みたくて、いつも国内盤を買うが、
持っている「アルカトラス」は、輸入盤だから、
まだ、国内盤は、発売されていなかったのか。

タワレコでも、ディスクユニオンでもなく、
公園通りの、ハンターで、買ったのだから、
評判になり、入手困難だったのかもしれない。

ハンターは、中古レコードが主だったが、
新譜も割引していて、けっこう利用していた。

1曲目の、「アイランド・イン・ザ・サン

ギターソロが始まり、なかなかやるなあと、
上から目線で、聴いていると、途中から、
マイナースケールの、16分音符の嵐となる。

すげー早弾きじゃないかと、惹きこまれる。

続く「ジェットトゥジェット」は、まるで、
テープの早回しのような光速リフのハモリ。

ヒロシマ・モナムール」で、完全に脱帽。

俗に言う、ブロークンコードは、この曲で、
初めて聴いたんじゃないだろうか。

ジャズなどでも、コードのアルペジオを、
チョップ気味に流して、弾いたりするが、
これは、すごいインパクトでした。

ギターソロだけテープに編集して、聴きまくった。

その後、デビュー作の「スティーラー」も買うが、
曲調と、ギターソロが別物という印象。

アコギから始まる、インスト曲だけは、
イングヴェイらしいが、あまり聴かなかった。

デビュー当時は、リッチーの影響を聞かれて、
「ギターは、ヘンドリックスに影響された」、
バッハよりも、パガニーニを弾いている」と、
反論したのは、若気のいたりだったのか。

自分の最初の印象は、リッチーというよりも、
初期のアル・ディメオラに、似ていると思った。

結局は、マイナースケールの早弾きを聴いて、
誰を思い浮かべるか、という個人差だろうか。

自分の経験だが、フォークシンガーの友人の、
デモテープを手伝ったときのこと。

ロック調の曲(ベタな表現ですが)だったが、
ディメオラ風早弾きソロを、弾いてみると、
友人は、「リッチーみたい」と言っていた。

この場合は、自分だけ、ディメオラのつもりで、
その気になっていたのかも、しれませんが…。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.