僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
エレガットの電池交換と、バックパッカー
渋谷河合楽器で、無伴奏バイオリンを、
教材にしていたころ、せっかくだから、
ガットギターも、新調したくなりました。

中1のときに買ったのは、並木ギターという、
近所の工房の、手工ギターだったが、
保管が悪かったようで、ネックが反ってくる。

オクターブが合わないので、ハイポジションを、
多用する、バッハを弾くには、きつくなる。

弦を外してしまった並木ガットギター


どうせ、きちんと手入れできないのだから、
エレガットにしたほうが、あとあと楽だろう。

そんな単純な考えで、エレガットを買うことに。

当時、チェットアトキンスモデルが出た頃で、
とうてい、買える値段ではないが、憧れました。

河合に、モーリスのエレガットがあったので、
ほかの機種など調べもせずに、購入した。

エレガット・モーリスGroovin

丸く、くり貫かれた、形だけのサウンドホールで、
生音は、ほとんど出ないから、自宅練習には向く。

ライブでも、ほかの楽器の音を拾うことなく、
大音量にも影響ないという、利点があるが、
バンドもライブも、縁がないままでした。

アンプにつないで見ると、エレアコよりもひどく、
音はぶつぶつ切れてしまうし、低音弦などは、
ジャリジャリと、ガラスを引っかくような音。

セッティングを工夫したり、プリアンプを使えば、
何とかなるのかと思いつつ、そんな機会もなかった。

今回、MTRにつなぐと、ぜんぜん音が出ない。

そういや、アコギは、サウンドホールの中に、
電池が入っていたが、エレガットもどこかに?

エフェクターが、古い電池の液もれで、
駄目になった悪夢が、よみがえってくる。

ネジ留めの裏ブタを外すと、電池が見つかるが、
20年たっても、運よく、液もれはしてなかった。

ちなみに、マーチンバックパッカーも、
マイク内蔵だが、どこにも電池は見当たらない。

こちらは、このまま放っておいても、
大丈夫なのか、不安に感じています。

マーチン・バックパッカー
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.