僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジェフベック「ブロウ・バイ・ブロウ」に吹っ飛ばされた
中学校時代、僕にとっては、ビートルズが音楽のすべてで、
他のバンドを聴くことは、裏切り行為に近いものだった。

友人たちの会話でも、ビートルズとカーペンターズは、どっちが良いか?
と真剣に議論していた。(この手の議論は、僕は苦手で敬遠していたが)

さらに、雑誌などでも、ビートルズファンと、ベイシティローラーズファンが
毎号、激論を戦わせていたような時代。

そんな、独りよがりの音楽環境が、高校に入ると、事態が一変する。

ディープパープル、レッドツェッペリンなどをコピーして、
ギターの早弾きをする同級生を、目の当たりにしたのだ。

ギターがうまくなりたいと思った自分は、いろいろな雑誌を読み漁り、
どうせ買うなら、歌が入ってなくて、ギターだらけのレコードを買おうと決意。

そして、選んだのが、ジェフベック「ブロウ・バイ・ブロウ」で、
当時は「ギター殺人者の凱旋」という邦題がついていた。

聴いてみると、ギターの洪水で、次から次へと、フレーズが繰り出される。

殺人者の名前にふさわしく、たたきつけるような、衝撃的な曲もあれば、
泣きのギターの曲のあり、圧倒されてしまった。

なんと視野が狭かったのかと、(聴くほうだけど)
いろいろなレコードを買いあさることになった。

また、レコードの中の解説には、2曲の楽譜が載っていて、
これを必死で練習したものです。

レコードジャケットで、ジェフベックが抱えているのは、
ギブソンのレスポールというギター。

当時のインタビューで、ギターをストラトから持ち替えた経緯を語り、
「もうこれ(レスポール)以外のギターを使う気はまったくない」
と話していたジェフベック。

その気になって、貯金をはたいてレスポールを買ったのだが、
次回作の「ワイヤード」以降、ジャケットに写るギターも、
ライブでの演奏も、ストラトがメイン楽器になっていくのでした。










スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.