僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
フラッシャー付き自転車で、とにかく左折
70年代の少年雑誌には、カラー1ページで、
サイクリング車の広告が、大きく出ていました。

中学に入るのだから、子供用自転車は乗れないと、
父親に交渉して、買ってもらうことに。

東横や、西武デパートなどの売り場を回り、
現物を何度も確かめたり、カタログをもらう。

TVCMでは、「♪五段変速、ギヤチェンジ
なんて歌が流れて、変速装置も気になった。

でも、一番の目的は、点滅するフラッシャーで、
どれが格好良いか、何回も見比べて歩く。

見た目よりも、機能重視で、
ドロップハンドル付きを買う友人もいた。

ハンドルは、あとで交換すればよいから、
何をおいても、フラッシャーで選ぶ。

当時の出たばかりの「アストロG」に決定。

サイクリング車・アストロGの広告


デパートよりも、修理のときに便利だからと、
近所の自転車屋さんで、取り寄せてもらった。

家の周辺を、意味なくカーブしては、
ウィンカーを点滅させて、喜ぶ。

せっかくだから、サイクリングにも行こう。

形から入る自分としては、入門書を買い、
サイクリングバッグ工具をそろえる。

サイクリング入門書

先日見つけたのだが、事故など起こしても、
全部自分の責任、と書いた念書が出てくる。

拇印まで押してあるが、まったく記憶にない。

これだけの準備をしたが、結局サイクリングに
行くことは、一度もなかった。

一番遠くまで乗ったのが、中学3年のとき、
模擬試験で、新宿へ行ったくらい。

片道で、せいぜい2km程度でした。

高校生になると、今度はフラッシャーなんて、
子供じみたサイクリング車は恥ずかしくなる。

父に、買い換えてくれと、交渉すると、
「いったい、いくらしたと思っているんだ」と、
頭ごなしに、しかられた。

結局、一人暮らしをする時も、乗っていき、
20代後半まで使って、まあ元を取った。

自分の子供が、マウンテンバイクを欲しがり、
専門店に下見に行くと、値段が1桁も2桁違う。

5万円程度の、スポーツ車でごまかしたが、
何十万円もするMTBは、親子三代でも、
とうてい、元は取れないでしょう。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


懐かしい
話題が出てていてうれしくなります。(^.^)

私もこういったフラッシャー付自転車に憧れました。友達の何人かも持っていて
欲しかったのですが、父親はそれはダメだの一点張り。
それで自分は宮田のディスクブレーキ付の自転車を買ってもらいました。ステン
レスでさびにくいという点で父親に合格点をもらえたようです。

この頃の自転車メーカーは子供の心理をうまく捉えて商品を作ってましたね。
冷静に考えればフラッシャーなんて絶対に必要ないし、ディスクブレーキも効き
が悪いものです。でも、子供だから見た目でカッコイイと欲しくなるんですよね。

フラッシャー付自転車はすぐに廃れましたので、あとで父親には感謝しました。
テイルピース | URL | 2010/09/05/Sun 23:48 [編集]
Re: 懐かしい
いつも、コメントありがとうございます。

> 私もこういったフラッシャー付自転車に憧れました。友達の何人かも持っていて
> 欲しかったのですが、父親はそれはダメだの一点張り。

とにかく、父の決定権は、今より強かった気がします。

> それで自分は宮田のディスクブレーキ付の自転車を買ってもらいました。ステン
> レスでさびにくいという点で父親に合格点をもらえたようです。

ありましたねえ、ディスクブレーキ!

> この頃の自転車メーカーは子供の心理をうまく捉えて商品を作ってましたね。
> 冷静に考えればフラッシャーなんて絶対に必要ないし、ディスクブレーキも効き
> が悪いものです。でも、子供だから見た目でカッコイイと欲しくなるんですよね。

スピードメーターなんかも、魅かれるグッズでした。

> フラッシャー付自転車はすぐに廃れましたので、あとで父親には感謝しました。

あのブームは、何だったのでしょう。
ギターマジシャン | URL | 2010/09/06/Mon 00:20 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.