僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
レコード屋で流れる、松岡直也のピアノに魅せられて
渋谷東急プラザの、コタニレコードは、
おすすめの新譜など、よくかけていました。

気に入ると、誰のLPか教えてもらい、
買うことも多かったし、何かよい曲はないか、
こまめに顔を出しては、しばらく聴いていた。

79年に、松岡直也&ウィシングの、デビューLP、
「Wind Whispers」が、かかっていた。

ピアノのフレーズはリリカルで、すごくきれいな音。

自分がロック、それもギター中心に聴いてきたせいか、
こんなきれいなピアノの音は、聴いたことがないと、
おおげさでなく、そう感じて、聴き入っていた。

録音も良かったし、レコード屋さんのステレオ装置は、
我が家より、格段に良かったせいもあるのでしょうが…。

突然アップテンポになり、やがてギターバトルが始まる。

これは、ギターも格好いいじゃないか。

ギタリストが、高中正義大村憲司のだというのは、
あとで知ったが、なるほど二人の個性が出ていた。

とにかく興奮して、全曲聴き終えてから、買って帰る。

松岡直也は、高中正義の2ndアルバムの中で、
マンボNo.5などで、独特のリフを弾いていた、
ラテンミュージックの大御所とは、知らなかった。

その後、プリズムの和田アキラが参加したかと思うと、
土方隆行を従えて、ウィッシングでモントルー出演。

ホーンセクションを縮小し、松岡直也グループとして、
モントルー出演のときは、是方博邦をギターに抜擢。

斉藤英夫や、和田アキラのカムバック、梶原順
大橋勇と、名うてのギタリストが参加してきた。

ギターとしても、気になるアルバムだらけですが、
最初の衝撃が、やはり忘れられません。

年をとってくると、他のミュージシャンにしても、
最初に聴いたアルバムが、一番良かった気になります。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.