僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
渋谷陽一が、まずは聞いてと、名前をふせたバウワウ
76年、NHKFMを聴いていたら、
渋谷陽一が「ヤングジョッキー」で、
「何も知らないまま、まずは聴いて」
みたいな前置きをして、かけた曲は、
英語の歌詞で、もろにハードロック。

「実は、彼らは日本のバンドで」と、
興奮気味に、バウワウを紹介していた。

翌週だったか、番組を丸々使って、
スタジオライブにし、バウワウが登場。

日本のロックバンドが、どのレベルか、
そもそも知らなかったし、Charや、
を聴いていたから、衝撃的でもないが、
いくつかの曲は、確かに格好良かった。

番組を録音したので、デビューLPの、
「吼えろバウワウ」は、買わなかった。

翌年、エアロスミスキッスのライブに、
前座で出てきて、バウワウの曲のほうが、
自分は聴きこんでいたので、楽しめた。

それで、バウワウは気に入っていたから、
続くアルバム「シグナル・ファイヤー」
「チャージ」は、楽譜も一緒に買う。

バウワウは、ピアノレスの編成だから、
バンドを組めなくても、友人と二人で、
ギターを合奏して、その気になっていた。

ただ、マニアの人には申し訳ないが、
山本恭司は、そんなに歌はうまくなく、
ギターだけ弾けばよいのに、と思った。

ネム音楽院で、ジャズを学んだ経歴から、
クロスオーバー系インストも期待したが、
ソロLPでも、ボーカルをとっていた。

このLPも、楽譜を買ってきたから、
何だかんだ言っても、ファンでした。

Vowwowと綴りの一部を変更し、
メインボーカルや、キーボードを入れ、
新たなスタートを切ったのが、84年。

人見元基の日本人離れしたボーカルや、
厚見玲衣の重厚なキーボードだったが、
別のバンドになってしまった印象。

最初に聴いたほうが一番という癖で、
山本恭司がボーカルだった頃の曲が、
やっぱり気に入っている自分です。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.