僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジャズを覚えれば、岩崎宏美に会えるか
高1のときに、岩崎宏美のファンになりました。

何かの雑誌で、堀越高校へは電車で通学、
なんて記事を読んで、毎日、早起きして、
総武線周りで、登校しようかと思ったほど。

一緒に行かないかと、高校の友人を誘うと、
本当に、電車通学しているわけないだろうと、
馬鹿にされて、おしまい。

そんな友人も、デパートの握手会には、
つきあってくれて、初めて本人に会えた。

銀座三越松坂屋だったか、屋上のステージで、
新曲を歌って、続けて握手会となる。

新曲「想い出の樹の下で」のプロモーションで、
シングルレコードを買うと、握手ができる。

サインはもらえず、ただ握手するだけなのだが、
もう一度、握手したくて、2枚購入した。

来週は、千葉のデパートですと、言われて、
何を思ったか、握手したさに、千葉へも行く。

特急料金など払えないから、総武線の各駅で、
1時間以上かけて、千葉駅へと向かう。

千葉そごうの屋上だったろうか、
今度は、カメラを持参して、記念撮影。

もちろん、隣に並んでの撮影などはできず、
握手の列の間から、アップで写真を撮っただけ。

司会者の、「これで、宏美ちゃんは帰りますよ。
握手したい人は、まだ間に合いますよ」の声に、
帰りの電車賃を確認して、さらにレコードを買う。

結局、同じレコードが、6枚くらいになった。

せっかく買ったのだから、ギターで弾けるようにと、
明星の付録の歌本を見ると、知らないコードだらけ。

いわゆる、分数コードと、テンションコードなのだが、
「フォークギター・コード全集」には出ていない。

高校に歌本を持っていくと、ロックに詳しいやつも、
「そんなコード見たことない、ミスプリじゃないか」

「ああ、それはジャズのコードだね」と、
訳知り顔で言うやつに、一同、
「おおー」。

歌謡曲だって、ジャズを学ばないとダメだ、
なんて言われて、奥が深いと、感心。

アイドル歌手の、バックバンドへ入れば、
知り合いになれるかもしれない。

漠然と、そう考えていた自分は、
ジャズを勉強しなくては、と思ったのです。

数年後、月謝を払う友人についていき、
その場で、ジャズギター教室へ入会する、
その始まりは、歌本のコードからでした。



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/08/25/Wed 01:41 [編集]
Re: 何度か。
(非公開コメントへの返信です)

いつも、コメントありがとうございます。

ギターマジシャン | URL | 2010/08/25/Wed 07:15 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.