僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
マイケル・ヘッジスの、すごさを見過ごしていた
84年ごろ、CMで、ジョージ・ウィンストンの、
「あこがれ/愛」が流れ、ピアノ曲だったが、
澄んだ音色と、空間の響きが、気に入りました。

オムニバスLP「心の美術館Vol.2」を購入。

ジャケット写真も美しく、イメージアルバムの感じ。

もしかすると、「北の国から」のサントラ盤と、
間違えた人もいるかもしれない、という風景。

実際、富良野や美瑛の風景をジャケットにした、
ピアノアルバムが、その後、やたら発売された。

LPには、3名のギター演奏が収録。

アレックス・デ・グラッシの「オーヴァーランド」は、
曲全体を通しての、超高速アルペジオだった。

こういうのは、変則チューニングでやっているのだろうと、
思っていたが、あとで、楽譜を手に入れたら、大違い。

6弦をDにしただけで、開放弦やストレッチによるもので、
手の小さい自分には、かなり苦しい運指でした。

ウィンダム・ヒルの創始者でもある、ウィル・アッカーマンは、
リリコンとの合奏で、さわやかなサウンド。

彼の代表曲「ブリックレイヤー家の美しい娘」は、
Vol.1に収録されているが、こちらも絶品。

単純なメロディーと、少ない和音で、どうして、
広がりのある響きを出せるのか、感心した。

マイケル・ヘッジス「エアリアル・バンダリーズ」は、
多重録音の環境音楽という感想で、スルーした。

あとから、ハーモニクスタッピングを駆使して、
一人で演奏していると知ったときは、驚いた。

98年発売のリットー「アコースティックギター7」には、
ビートルズの特集記事があり、懐かしくなって購入した。

季刊「アコースティックギターマガジン」が、
年1回の、不定期発行だったころのムック。

その中に、マイケル・ヘッジスの特集もあり、
奏法解説を読んで、かなり特殊な演奏だと知った。

左手によるラスゲアード、タッピングハーモニクス、
ボディヒットや、小技の数々。

楽譜を探しに、渋谷の楽器店、御茶ノ水の楽器店、
神保町の本屋街を回るが、見つからない。

ムックに出ている、アコギショップにもあたるが、
品切れで、入荷は未定だと言われる。

そこで、初めてのネット通販を利用しました。

関西の「プー横丁」は、アコギ関連が充実していて、
ヘッジスの楽譜も在庫ありで、ようやく入手。

届いたTAB譜を見ると、細かい指示にあ然。

曲によっては、右手左手を別々の譜面にして、
1ページに4小節のみという、ていねいさ。

何よりも、消音の指示が、かなり詳細で、
TAB譜上に、赤い線が引いてある部分は、
右指を弦に乗せ、消音し続けるよう書かれていた。

クラシックギターでも、開放弦の扱いなどで、
不協和音にならないよう、どこまで音を伸ばし、
どこで消音するか、譜面から読み取る必要がある。

左右どちらで消すか、アポヤンドか、指の腹か、
手の平か、かなり気を使うが、ここまでとは。

細かい説明になってしまうが、1弦と3弦で、
小刻みにタッピングと、消音を繰り返し、
2弦は鳴らし続ける、といった指定まである。

特殊奏法だけではなかった、
やはり、ギターは奥が深いと、感動。

その後、アコギのCDや楽譜を探して、
やたらと購入していくのは、いつものことでした。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.