僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
昔の国産エレキギターはコピー天国
70年代、自分たちがエレキギターに興味を持った頃、
憧れのギターは、ギブソン社のレスポールモデルと、
フェンダー社のストラトキャスターモデルが双璧だった。

渋谷のヤマハ、銀座の山野楽器などで、輸入された実物を見たり、
カタログや雑誌の写真を、飽きずに眺めていた。

東横などデパートのレコード売り場にも楽器が陳列されていて、
そこに並ぶ国産のエレキギターは、がんばれば手の届く金額だった。

国産ギターも、人気のあるレスポール、ストラトを模した製品が主流。

そもそも、同じデザインのエレキギターを出すことは、
問題ないことなのだろうか?
デザイン料でも支払っているのだろうか。

ギブソン(Gibson)のギターのコピーモデルを出している、
ギボン(Gibbon)などという会社もあり、
ギターに刻まれるロゴマークは、そっくり。

そこまで極端でないとしても、
大手メーカーのグレコギターは、ギブソンのロゴ、
フェルナンデスギターは、フェンダーのロゴに似せていた。

上海万博をきっかけに、中国のパクリが取りざたされているが、
当時の日本も、似たり寄ったりの状況だったんじゃないでしょうか。

フェンダーとフェルナンデスのロゴ比較



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.