僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
東宝の「サインはV」「飛び出せ青春」は、ザ・ムービーの元祖
小学生の頃、夏休みなどに、渋谷東宝で、
ゴジラ映画を見ると、「サインはV」や、
飛び出せ青春」も併映していました。

テレビの総集編とは違う、劇場版で、
今で言う「ザ・ムービー」の元祖といえる。

サインはV」なんかは、まだテレビで、
放映しているのに、最終回の内容まで、
劇場版で、先にやってしまっていた。

結末が知りたくて、原作を読んだりもしたが、
劇場で、わかってしまうのって、どうなのか。

それと、劇場用に作り直しているため、
テレビと違うよ」という場面も多く、
最初に見たほうに、こだわる性格の自分には、
つっこみどころ、満載だったりしました。

細かい点で言うと、ジュンの怪我が、
テレビでは、主人公の朝丘をかばって、
鉄骨の下敷きとなったのだが、映画では、
朝丘の特訓中に、くいにぶつかっていた。

自分を助けたことで、不治の病になるのも、
主人公にはトラウマだろうが、それ以上に、
根性をたたきなおそうとしたのが原因では、
責任感どころの騒ぎじゃないはず。

飛び出せ青春」も、見ていて不満があった。

冒頭、道に迷った河野先生が、
がけから自転車で落っこちて、
タイトルコールだったと思うが、
こんな場面は、テレビになかったぞと、
早くも、あらさがしを始める自分。

テレビでは、女子マネたちと苦労の末に、
片桐君が、バナナシュートを考えたが、
映画では、あっさりと河野先生が、
「バナナシュートをやってみろ」と言う。

ストーリーを、はしょったのだろうが、
ものすごい拍子抜けした記憶がある。

そういえば、青い三角定規の歌う主題歌、
太陽がくれた季節」のタイトルを、ずっと
「暮れた」と思っていて、ドラマに反して、
希望のない歌詞だなと、思い続けていた。

まだ、テレビ放映中の頃、東急本店の屋上で、
青い三角定規」の、ミニライブがあった。

たまたま、買い物に行って、看板に並ぶ、
女子大生たちの列に、出くわした。

赤い三角定規がくるのか」と言うと、
すかさず「でしょう」と、つっこみを
入れた、ノリのよいお姉さんがいた。

調子づいて、「黄色だっけ」とか
「青ですか、青い物差しねえ」など、
延々とやっていた、小学生の自分でした。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.