僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
フルムーンのCD化で、満月気分
バジィ・フェイトンが参加した「フルムーン」は、
長らく入手困難なアルバムでしたが、
いつのまにか、CD化されていて、感無量で購入。

バジィを聴いたのは、79年のニールラーセンハイギア」

雑誌で紹介されていて、「スティービー・ワンダーのLPに、
ジェフ・ベックとともに参加」 なんて話を聞くと、
どんなギタリストか、当然興味がわく。

当時、ベックがどうしたとかは、殺し文句に近かった。

解説が読みたいから、国内盤にしようと、
渋谷東急プラザのコタニレコードで、早速購入。

演奏を聴いてみると、コーラス系の音色もさることながら、
フレーズのタイム感や、スリリングな入り方が気にいる。

リズムのきざみもピカ一と、雑誌で紹介されていたが、
それよりも、ギターソロのほうが目立っていた。

もっと、バジィのギターが聴きたくなり、
ニールの1枚目「ジャングルフィーバー」も買うと、
こちらは、見事なカッティング。

ただ逆に、ギターソロは、数曲で、物足りない気分。

グレッグオールマンともやっていたと知り、
ヤングミュージックショーの来日公演のテープを出してみる。

それらしき、ギターのイントロの曲があったが、
バジィだと、はっきりわかるような演奏ではなかった。

伝説のバンド「フルムーン」は、やたら記事に出てくるが、
入手困難で、何度か再発の話があっても、立ち消え。

NHKFM「クロスオーバー11」でエアチェックした、
「マリブ」「セルフィッシュ・ピープル」を、大事に聞いた。

ラスカルズ「アイランド・リアル」などを再発したときに、
「フルムーン」の再発が、かなわなかった分の穴埋めにと、
小倉エージ氏が、FMで流してくれた、なんてうわさも。

「セルフィッシュ」は、後半のボーカルにからむギターが、
バジィ節全開とばかりに、切り込んでくるチョーキングは最高。

その後、ラーセン・フェイトン・バンドで、再来日したのですが、
このころが、第2期フルムーンと呼ぶらしい。

「フルムーン・ライブ」が出て、すごい音源発掘だと思ったら、
ラーセン・フェイトン・バンドのライブで、これには肩透かしでした。

ところで、このブログで書いた、ヤマハのバンドコンテスト。

気に入ったバンドに、「フルムーン」があったと書きましたが、
よくよく考えると、まんま同じバンド名じゃないですか!

偶然の一致か、リスペクト、ないしオマージュだったのでしょうか。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ハイ そのとうりでございますよ!
メンバー全員が好きでしたからね
実にシンプルな頭でした
職人 | URL | 2010/08/14/Sat 15:35 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。

> ハイ そのとうりでございますよ!

当事者からの、貴重な証言をいただきました。

77年当時から、二ールやバジィの在籍した「フルムーン」を、
ご存知だったのですね!
ギターマジシャン | URL | 2010/08/14/Sat 18:20 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.