僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
村上春樹「風の歌を聴け」は青春小説か?
庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」が高校生の気持ちを代弁しているぞと、
自分の高校時代とだぶらせて読んだ自分にとって、
村上春樹の「風の歌を聴け」は大学生の心情を描写した、
あるいは20代後半に学生時代を振り返ったものとして読みました。

初出は79年だから、すぐに読んでいたら、自分もちょうど大学生。

残念ながら文庫本になってから読んだのであり、その頃は、もう就職していた。

うそみたいな話だが、僕にこの本を薦めたのは「ねずみ男」というあだ名の友人だった。

とは言え、自分をこの小説の主人公「僕」、
友人を「鼠」になぞらえるほど、もう幼くなかったが。

それでも、学生時代を思い出し、ノスタルジックな気持ちに浸っていた。





スポンサーサイト

トラックバック0 コメント0 page top





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.