僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
岩崎宏美で、バッキングのギターをきわめる
高1のときに、岩崎宏美が好きで、
バックバンドに入れないか、などと考えていた。

キャンディーズのバックは、MMPというバンドで、
のちにスペクトラムへと、発展するのだが、
当時、ギタリストが、同い年の16歳だと言う。

ラジオ番組で、そんな話を聞いて、その気になった。

友人から、ジャズの勉強が必要だと言われ、
フォークギターのコードでは、不十分なのだと、
ジャズギターコード集を、手に入れる。

それよりも、岩崎宏美の曲をマスターしないと。

1・2枚目のアルバムの楽譜を、太盛堂書店で買う。

アルバム「ファンタジー」は、糸居五郎のDJが入る、
ディスコティックというか、ソウルっぽいつくり。
(この言い方自体が、今では恥ずかしいのですが…)

2台のギターの、バッキングのからみが、
ラブアンリミテッドの「愛のテーマ」で聴ける、
バッキングの名手、デヴィッド・T・ウォーカーと、
ワーワー・ワトソンのようで、心地よいサウンド。

ダブルノートやスライドのフレーズなど、
バッキングのギターの、ノウハウがつまっていた。

レコードには、ミュージシャンのクレジットがあり、
矢島賢水谷公生のツインギターだと、わかった。

きっと有名なスタジオミューシャンなのだろうと、
名前を覚えていたら、その後、あちこちで目にすることに。

78年発売された、「ニューヨーク」という、
ギタリストが競演したLPでは、
矢島賢、水谷公生も、松原正樹鈴木茂と共に参加。

矢島賢は、ベックフリークなのでしょうか、
ベックモデルのギターを使って、インストを披露。

岩崎宏美で、大好きなジェフ・ベックつながりなんて、
これは、何かの縁じゃないだろうか、
などと、いつもながら、勝手に考えていた。




スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


懐かしい。
スペクトラムには2人ギタリストがいて、一人が16歳の西〇〇。
もう一人はもう一つか二つ上のギタリストで私もかなり仲が良かったです。
とても、いいギターを弾くギタリストです。

矢島さんは、我々のお手本の様な人でした。
トーンやフレーズの感覚がちょっと真似の出来ない人です。
58年のレスポールを所有されていて、ブレッド&バターか何かの
ライブで信じられない程、良い音してました。

ギターにうるさい野口五郎氏も、日本人なら真っ先にご指名と言っていました。

愛のテーマはスタッフも面子がバックを努めていますね。
Les Paul L-5 | URL | 2010/08/25/Wed 01:26 [編集]
Re: 懐かしい。
いつも、コメントありがとうございます。

> スペクトラムには2人ギタリストがいて、一人が16歳の西〇〇。
> もう一人はもう一つか二つ上のギタリストで私もかなり仲が良かったです。
> とても、いいギターを弾くギタリストです。

西は、その後ソロアルバムなど、出しましたが、
MMPでは、もう一人の方が、リードを弾いていたと記憶しています。

シングル「悲しき願い・ジュリエット」なども、その方のリードでしょうか。

> 矢島さんは、我々のお手本の様な人でした。
> トーンやフレーズの感覚がちょっと真似の出来ない人です。
> 58年のレスポールを所有されていて、ブレッド&バターか何かの
> ライブで信じられない程、良い音してました。

長渕のライブで、見かけて驚きました。よい音でした。

> ギターにうるさい野口五郎氏も、日本人なら真っ先にご指名と言っていました。

野口五郎がギターがうまいと聞き、LPを買ったら、
矢島氏の格好良いソロが、フューチャーされていました。

「GOROバンド」のアルバムも愛聴盤でした。


> 愛のテーマはスタッフも面子がバックを努めていますね。

スタッフですか!クレジットを確認してみます。
ギターマジシャン | URL | 2010/08/25/Wed 07:12 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.