fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
スーパーマリオとの関連も噂されるスクエア「シスター・マリアン」
インスト曲のタイトルというものは、
歌詞がないだけに、どういう風に、
つけているのか、タイトル先行で、
モチーフにする場合もあるだろう。

逆に「バラード1」「ソング3」など、
仮タイトルで録音を進めていって、
最終的なイメージからつけるとか、
考えたらクラシックだって同じだ。

今回の曲「シスター・マリアン」も、
当然インストにつけたタイトルで、
スクエアの曲を歌ったことのある、
マリーンを妹分と称したのか想像。

どうなのかネット検索してみると、
シスター・マリアンの駄洒落っぽく、
ブラザー・マリオがヒットしてきて、
ゲームの曲も関連すると出てくる。

マリオが普通に地上を進んだ際、
流れてくるおなじみのフレーズは、
この曲のユニゾンフレーズを借用、
そんな説があり、確かに似ている。

作曲者が影響されたと語ったと、
ブログ記事とかに散見しているし、
インタビュー記事自体はないが、
それが定説になっているようだ。

この曲は8ビート・スクエアには、
珍しくハイハットは16分音符を
ひたすら刻み、安藤の弾くリフも、
特にピアノソロ伴奏は16ビート。

このピアノソロは、ドラム、ベース、
ギター、生ピアノというバンド形態、
70年代クロスオーバーの黎明期、
ジャズの匂いのする生々しい演奏。

初期のスクエアはサウンド面では、
リー・リトナー&ジェントル・ソウツ、
彼らをバックに起用した渡辺貞夫に、
すごく近くて、この曲もそんな感じ。

イントロは、本当ナベサダの曲とか、
その共演も多い増尾好秋にも似て、
さらに伊東のサックスは良い意味で、
渡辺貞夫のフォロワーだと言える。

エレピにシンセが重なるイントロは
よく聴くシンセ音なのに、手持ちの
ギターシンセに、そうした音はなく、
明るめのシンセパッド音色で代用。

96年に買い当時は最新だったが、
そろそろ買替え時かなと思いつつ、
軍資金もなく、最新機種にしても、
使える鍵盤系音色があるか不明。

ないものねだりしてもしょうがない、
手持ちギターシンセで音色を工夫、
ピックアップの故障で鳴らない弦も、
ポジション移動で何とかごまかす。

サックスソロでフェイドアウトなので、
いつのもように伸ばし、高中の曲で、
アコギが良い感じだったから、まず、
アコギソロから始めてエレキと交代。

ヤフオクで楽譜を2冊も買ったから、
元を取るために全曲カバーに挑戦、
スクエア「アドベンチャー」からの曲、
「シスター・マリアン」をアップします。





スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


おや、土曜日に・・・
こんばんは。音源聴かせていただきました。またまた最後のアコギがいいですね。
聴いていて思ったのですが、アコギでアドリブする時って、エレキの時と頭が(手が)すぐに切り替わって、チョーキングはしないでスライドで・・・とか出来るものなんですか?弾けない自分なんかには想像できません。Charなんか、アコギでもついつい無理なチョーキング入れたりするもので。
ところで、この曲とマリオの関係、全く知りませんでした。この曲聴いたのが84年、自分がマリオ始めたのが85年。時期が被っているのに全く気づきませんでした。
SMO | URL | 2024/02/11/Sun 00:01 [編集]
Re: おや、土曜日に・・・
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。音源聴かせていただきました。またまた最後のアコギがいいですね。
聴いていて思ったのですが、アコギでアドリブする時って、エレキの時と頭が(手が)すぐに切り替わって、チョーキングはしないでスライドで・・・とか出来るものなんですか?弾けない自分なんかには想像できません。Charなんか、アコギでもついつい無理なチョーキング入れたりするもので。


自分の場合、アコギでのチョーキングは苦手で、
自然とスライド中心にフレーズを組み立てます。


> ところで、この曲とマリオの関係、全く知りませんでした。この曲聴いたのが84年、自分がマリオ始めたのが85年。時期が被っているのに全く気づきませんでした。



今回、タイトルの事を検索して自分も知り、
スクエア本人のYouTubeのコメント欄にも、
マリオとの関連がかなり書いてありました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2024/02/11/Sun 01:12 [編集]
初耳
毎回のコメントでご存知のとおり、この時期以降のスクエアはほとんど聞かなかったので、この曲も初耳に近いです。
確かに、リー・リトナー&ジェントル・ソウツ風に酷似していますね。
オリジナルのコピーにこだわるギターマジシャンさんにとっては、オリジナルのシンセ音が出せないというのはフラストレーションが溜まるでしょうね。そこを工夫されているのが努力賞ものと思いました。
AKISSH | URL | 2024/02/12/Mon 09:25 [編集]
Re: 初耳
いつも、コメントありがとうございます。


> 毎回のコメントでご存知のとおり、この時期以降のスクエアはほとんど聞かなかったので、この曲も初耳に近いです。


おそらくお茶の間に浸透していく時期の作品群が、
このあたりで、売れ線にシフトしていきますよね。



> 確かに、リー・リトナー&ジェントル・ソウツ風に酷似していますね。


デビュー当時にも、こうした曲はありましたが、
この時期も、その片鱗が出てくる曲が多いです。



> オリジナルのコピーにこだわるギターマジシャンさんにとっては、オリジナルのシンセ音が出せないというのはフラストレーションが溜まるでしょうね。そこを工夫されているのが努力賞ものと思いました。



鍵盤のシンセを買えば良いだけの話ですが、
電子ピアノのバイエルどまりの状況でして、
安直にギターシンセに頼る分仕方ないです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2024/02/12/Mon 11:07 [編集]
まるでギターマジシャンさんがサックスを吹いておられるみたいな感じですが、ギターシンセなのですね。荒っぽくブローした感じのところが良かったです。

エンディングのアコギソロはラリー・コリエルみたいな音でしたね。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2024/02/12/Mon 21:21 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> まるでギターマジシャンさんがサックスを吹いておられるみたいな感じですが、ギターシンセなのですね。荒っぽくブローした感じのところが良かったです。



サックスの音色に関しては鍵盤のシンセよりも、
ギターシンセの方がニュアンスが似ていますね。



> エンディングのアコギソロはラリー・コリエルみたいな音でしたね。



コリエルはエレキ時代も含めて十数枚LPがあり、
スティーブ・カーンとのアコギデュオも好きです。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2024/02/12/Mon 23:59 [編集]
Wonderfullll!、本当にいいですね。
演奏音源、楽しませていただきました♪

「宝島」「リゾート」「トゥルース」などなど
1985年前後の想い出とリンクしてあの頃が蘇ってきます。

当時、海を見渡せる丘に白いペンションが建っていて
当時組んでいたフュージョンバンドの仲間たちと
「いつかここでライブをやって、泊まってみたい」などと
わいわいと夢を語り合っていました。
当時の日本、私たち、未来は希望に満ち溢れていた・・・のかな(笑)。

それからはや40年、先日久しぶりにそこに足を運んでみると
更地になって管理地の看板が立っておりました。

でも、あの頃の風の香りや仲間たちの笑顔は
今でもしっかりと記憶に残っています。
いいだひろゆき | URL | 2024/02/13/Tue 11:20 [編集]
Re: タイトルなし
いつも、コメントありがとうございます。


> Wonderfullll!、本当にいいですね。
演奏音源、楽しませていただきました♪
「宝島」「リゾート」「トゥルース」などなど
1985年前後の想い出とリンクしてあの頃が蘇ってきます。



音楽の素晴らしいところは、その曲を聴いた頃が、
本当に鮮明に蘇って、当時に戻れることですよね。



> 当時、海を見渡せる丘に白いペンションが建っていて
当時組んでいたフュージョンバンドの仲間たちと
「いつかここでライブをやって、泊まってみたい」などと
わいわいと夢を語り合っていました。
当時の日本、私たち、未来は希望に満ち溢れていた・・・のかな(笑)。



何でもかんでも昔が良いわけではないですが、
確かに未来の希望があった時代だと思います。


> それからはや40年、先日久しぶりにそこに足を運んでみると
更地になって管理地の看板が立っておりました。
でも、あの頃の風の香りや仲間たちの笑顔は
今でもしっかりと記憶に残っています。



何かのドラマや曲の歌詞にも出てきそうで、
本当に当時を思い出しウルウルしそうです。

お聴きいただき、ありがとうございました。


ギターマジシャン | URL | 2024/02/13/Tue 19:59 [編集]
シスター・マリアン
こんばんは。
「シスター・マリアン」でまっさきに連想するのは、映画「ロビンとマリアン」のマリアンですね。
ゲームに疎いせいか、マリオとの関連はあまりピンときませんでした。
スクエアはあまり聴いていなくて、この曲も知りませんでしたが、いい曲ですね。
管楽器奏者としては演奏してみたくなる曲です。
ギターマジシャンさんのカバーは、サックスの音の立ち上がりがリアルで、とてもいい感じです。
yellowmagicwoman | URL | 2024/02/16/Fri 01:11 [編集]
Re: シスター・マリアン
いつも、コメントありがとうございます。


> こんばんは。
「シスター・マリアン」でまっさきに連想するのは、映画「ロビンとマリアン」のマリアンですね。


たしかに、「シスター」は姉・妹よりも修道女の方がしっくりきて、
「ブラザー・サン・シスター・ムーン」なんて名画もありましたし、
ロビンフッドの後日談のマリアンもヘップバーン扮する尼僧でした。



> ゲームに疎いせいか、マリオとの関連はあまりピンときませんでした。


自分はマリオはゲームボーイや64でかなりやりましたが、
この曲の中間部に似ているとは、今回初めて気づきました。


> スクエアはあまり聴いていなくて、この曲も知りませんでしたが、いい曲ですね。
管楽器奏者としては演奏してみたくなる曲です。


スクエアは伊東のサックスが活躍する曲が多いので、
いずれフルートでのカバー演奏をお聴かせください。



> ギターマジシャンさんのカバーは、サックスの音の立ち上がりがリアルで、とてもいい感じです。


ギターシンセはサンプリング音源はまあまあで、
強弱のニュアンスにも反応してくれて良いです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2024/02/16/Fri 06:15 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.