fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
心配ないからねの歌詞に本当に励まされたKAN「愛は勝つ」
いったい今年はどうしたことか、
往年のニューミュージックの人、
谷村新司に、もんたよりのりや、
大橋純子、さらにはKANまでも。

もちろん年齢的なこともあって、
自分が10代で親しんだ人らは、
今自分が再雇用62歳だから、
もう70~80代になっている。

ただKANは自分より1歳下で、
あまりにも早すぎるだろうにと、
ものすごく切なくなってきて、
今さらながら曲を聴き返した。

「愛は勝つ」はリアルタイムで、
シングルCDも買ったほどだが、
我が家はシングルCDの箱が
丸ごと消え去り見つからない。

シングルCDは、「勇気100%」
「どんなときも」など買っていて、
当時は仕事に疲れていたのか、
元気をもらえる曲を好んでいた。

自分がギターをやっているから、
音楽への思い入れも激しいが、
やはり音楽の力や歌詞の力は、
すごく大きいものがあると思う。

「心配ないからね」と歌い出し、
「どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ 最後に愛は勝つ」
本当に勇気づけられ励まされた。

KANの曲は三ツ矢サイダーの、
「まゆみ」もCMで流れた時に、
すごくビートルズの雰囲気だと、
気に入ってアルバムも買った。

KANが出たトレンディドラマでも、
主題歌を歌って、ただこちらは、
エアチェックですませて、実際、
そんなファンだったとは言えない。

角松敏生が目的で以前に買った、
シンコー「大人の邦楽ポップス」
そこに「愛は勝つ」もあったので、
カバーというか楽譜どおり演奏。

ただ、ピアノ譜が1段だけだし、
明らかに間違った箇所もあって、
2段譜になっている別の楽譜を、
ダウンロード購入して補完する。

3声のコーラスを2回重ねるが、
歌うそばから声が出なくなって、
最後の歌入れが声枯れで最悪、
ガイド用の借り歌をミックスした。

いつものようにエンディングでは、
ギターのアドリブで、その部分、
カノン進行なので、ところどころ、
パッヘルベル風にも弾いてみた。

自分より年下で旅立っていった、
KANの大ヒット曲「愛は勝つ」は、
こうして演奏しているそばからも、
本当元気をもらえてのアップです。




スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


いやはやなんとも
全くもって仰る通りで、挙げられた方々はもうホント残念であり、寂しい限りです。本曲と"どんなときも"は私がまさに就職活動をしていた時期と被り、映画でも『就職戦線異状なし』が上映されていました(主題歌"どんなときも")

"愛は勝つ"はビリー・ジョエル、"まゆみ(名曲!)"はビートルズのアレですよね。どちらも大好きな楽曲です。

ギターマジシャンさんの演奏を聴いていて、不覚にもうるっときてしまいました。

ありがとうございます。
YOU NO IT NAME | URL | 2023/11/26/Sun 19:49 [編集]
Re: いやはやなんとも
いつも、コメントありがとうございます。



> 全くもって仰る通りで、挙げられた方々はもうホント残念であり、寂しい限りです。本曲と"どんなときも"は私がまさに就職活動をしていた時期と被り、映画でも『就職戦線異状なし』が上映されていました(主題歌"どんなときも")


今年は本当に惜しい方々とお別れになってしまいました。

あの映画は月9の人が勢揃いのバブル期の映画でしたし、
「どんなときも」は本当ぴったりの歌詞が沁みますよね。



> "愛は勝つ"はビリー・ジョエル、"まゆみ(名曲!)"はビートルズのアレですよね。どちらも大好きな楽曲です。


おっしゃるように本人も認めるトリビュート曲ですね。



> ギターマジシャンさんの演奏を聴いていて、不覚にもうるっときてしまいました。


自分も歌詞に勇気づけられ演奏しつつも、
KANの笑顔を思い出すと泣けてきます。



> ありがとうございます。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2023/11/26/Sun 20:29 [編集]
続きますね
こんにちは。音源聴かせていただきました。
終盤ソロ、かっこいいです。ありがとうございます。
それにしても続きますね。自分たちが慣れ親しんできたミュージシャンたちがそういう歳ということはわかっていても、またこれからも続くんだろうなとビクビクしてしまうようになりました。
KANは恥ずかしながらこの曲しか知りません。自分ご存じの通り、そのままの言葉で励ます曲が苦手な天邪鬼ということもあります。
ところでカノンですが、本当にいろんなヒット曲に使われていますよね。もろにわかる使われ方の曲もありますが、言われてみて、「これもだったか」というものもあります。なんとなくヒットの法則になっている気がします。特に好きではありませんが、洋楽ではカルチャークラブやオアシスの大ヒット曲、邦楽ではあいみょんやヒゲダンも使っていますね。
SMO | URL | 2023/11/27/Mon 11:13 [編集]
Re: 続きますね
いつも、コメントありがとうございます。


> こんにちは。音源聴かせていただきました。
終盤ソロ、かっこいいです。ありがとうございます。


いつもは指癖で2テイクくらいなのですが、
今回はフレーズを少し仕込んで弾きました。



> それにしても続きますね。自分たちが慣れ親しんできたミュージシャンたちがそういう歳ということはわかっていても、またこれからも続くんだろうなとビクビクしてしまうようになりました。



好きだったミュージシャンが次々と去ってしまうので、
そうなる前に、とにかく早く新曲をと思ったりします。



> KANは恥ずかしながらこの曲しか知りません。自分ご存じの通り、そのままの言葉で励ます曲が苦手な天邪鬼ということもあります。



他にも名曲はありますが、売り上げを見ても、
一桁は違うし、メディア出演も断トツでした。



> ところでカノンですが、本当にいろんなヒット曲に使われていますよね。もろにわかる使われ方の曲もありますが、言われてみて、「これもだったか」というものもあります。なんとなくヒットの法則になっている気がします。特に好きではありませんが、洋楽ではカルチャークラブやオアシスの大ヒット曲、邦楽ではあいみょんやヒゲダンも使っていますね。



定番のコード進行なのでしょうし、パッヘルベルでさえ、
次々と異なるフレーズが続いて、すごいと思うのですが、
さらに別の曲へと仕上げてしまう人たちも見事ですよね。


お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2023/11/27/Mon 20:26 [編集]
KAN
全く同世代のミュージシャンが亡くなられるとは寂しいですね。

30年くらい前に夏の野外イベントで、KANと杉山清隆と「たま」のジョイントコンサートを観ました。どういうつながりなのか不思議でしたが。インパクトがあったのはやはり「たま」で、杉山清隆は安定して上手でした。

KANは大ヒットして歌いすぎたのか、喉がつらそうでした。すごくポップで耳に残るよい曲を書いていたと思います。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2023/12/01/Fri 19:09 [編集]
Re: KAN
いつも、コメントありがとうございます。


> 全く同世代のミュージシャンが亡くなられるとは寂しいですね。


本当に驚くばかりです。



> 30年くらい前に夏の野外イベントで、KANと杉山清隆と「たま」のジョイントコンサートを観ました。どういうつながりなのか不思議でしたが。インパクトがあったのはやはり「たま」で、杉山清隆は安定して上手でした。




たまのつながりが不思議ですが、この三者ですと、
おっしゃるようにインパクトがあったでしょうし、
杉山は歳をとっても高音が見事に出ていますよね。



> KANは大ヒットして歌いすぎたのか、喉がつらそうでした。すごくポップで耳に残るよい曲を書いていたと思います。


KANはもともとポリープ気味の声でしたし、
それがさらに加齢で厳しかったのでしょうね。

お聴きいただき、ありがとうございました。

ギターマジシャン | URL | 2023/12/01/Fri 19:54 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.