fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
シャンソンのような調べで若者を歌った佐野元春「週末の恋人たち」
自分が佐野のファンになった時、
ベスト盤1枚を置き土産にして、
ニューヨークへと旅立った後で、
新曲はなく古い曲を聴きあさる。

他に佐野のような曲はないかと、
ニューミュージックを探したが、
そうそう同じような曲はなくって、
ただ、いろいろな歌手と出会う。

佐野の曲が4曲だけあるからと、
ナイアガラトライアングル2を
買ったら、大瀧詠一と杉真理の
ファンになり、そのLPも集めた。

ナイアガラに収録の佐野の曲は、
どれもシングルカットできるほど、
珠玉の名曲だらけで、そのうち、
「週末の恋人たち」はやや異色。

疾走感にあふれてストリートを
歌うのが佐野の真骨頂、一転、
バラードでもぐっと聴かせるが、
この曲ではシャンソンの雰囲気。

異国情緒の香りが漂うだけに、
歌詞にある情景までどことなく、
若者がパリの街中を歩き回って、
くつろぐ渚もニースに思えたり。

大人になりたくない若者を指す、
当時話題のモラトリアム人間、
それを歌ったともいわれる内容、
主人公は定職には就いてない。

彼女の誕生プレゼントのために、
仕事を探し、その分を稼いだら、
カタログを広げたり、仕事を終え、
彼女とビーチでくつろいだりする。

アルバイトニュースのCMにでも、
出てきそうな情景で、それこそ、
外国を舞台にしても成立しそう、
このあたり佐野の世界観だろう。

これが浜田省吾だと、セーターを
彼女に買いたくてもポケットには、
小銭が少しで、ため息つくという、
四畳半フォークを思わせる歌詞。

2人ともビートルズの影響を受け、
バックバンドの編成はブルース・
スプリングスティーンに倣ってと、
共通点もあるが、その違いも多い。

浜田は初期のフォーク調の曲が、
次第にハードロック化していくが、
佐野は初期のロックンロールから、
テクノやラップへと極端すぎるが。

自分は佐野は1~6枚目とベスト、
浜田は7~12枚目とバラード集、
どちらも同じくらい買っていたうえ、
90年頃から縁遠くなってしまう。

佐野が世間に知られるきっかけの、
ナイアガラからシャンソン風佳曲、
「週末の恋人たち」はオケは気合、
歌は声枯れと、いつものことです。




スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


疎いです
こんばんは。今夜もおそらくアップされているのでは?と来てみました。

音源ありがとうございます。ギターマジシャンさんの音源は、自分がすごく知っている曲は、原曲との細かい違いを楽しんだり、今回のナイアガラ系だと、全く疎い自分にとっては、知らない世界を知る楽しみです。

佐野元春も初期のヒット曲は大抵知っていますが、ポップス系ロックンロールの人かと思いきや、この曲なんかはモータウンなんですね。それも60年代テイストの。

それにしてもギターソロのないギターマジシャンさんの音源は珍しいですね。

全く関係ない話ですが、先日小田さんのドキュメント番組があり、久々にライヴ映像で聴いた「水曜日の午後」と、小田さんの「今回が最後のツアーかもしれない」という言葉にジーンときてしまいました。
SMO | URL | 2023/12/03/Sun 23:18 [編集]
Re: 疎いです
いつも、コメントありがとうございます。



> こんばんは。今夜もおそらくアップされているのでは?と来てみました。


何とか週末のアップを続けられています。



> 音源ありがとうございます。ギターマジシャンさんの音源は、自分がすごく知っている曲は、原曲との細かい違いを楽しんだり、今回のナイアガラ系だと、全く疎い自分にとっては、知らない世界を知る楽しみです。



そうした曲もYouTubeなどで、ご本人の原曲が、
どれだけ素晴らしいか、聴いていただければ、
自分のブログも有意義かなと思ったりします。



> 佐野元春も初期のヒット曲は大抵知っていますが、ポップス系ロックンロールの人かと思いきや、この曲なんかはモータウンなんですね。それも60年代テイストの。



佐野元春はかなり曲調も幅広くて、ジャズ風や、
もろに売れ線パクリのような曲までありますよ。



> それにしてもギターソロのないギターマジシャンさんの音源は珍しいですね。


ビートルズは完コピを目指して、一切ソロを足しませんし、
佐野元春や大瀧詠一などは本人のライブでもギターソロを、
伸ばしたりしないので、なるべく原曲のとおりにしてます。



> 全く関係ない話ですが、先日小田さんのドキュメント番組があり、久々にライヴ映像で聴いた「水曜日の午後」と、小田さんの「今回が最後のツアーかもしれない」という言葉にジーンときてしまいました。


自分たちが憧れていたミュージシャンが、
だんだん引退していくのも寂しいですね。

「水曜日の午後」のライブは貴重ですし、
2人時代のオフコースを聴きたいですね。

お聴きいただき、ありがとうございました。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2023/12/03/Sun 23:56 [編集]
佐野元春
今日は。

私も佐野さんの初期の大ファンなので、楽しく聞かせていただきました。この曲、失念していましたが、佐野さんのこういう感じの曲やはりいいですね。

初期はコンサートは結構長野県から始まって2ヶ所くらいでやってくれていたので毎回必ず行きました。ほんと勢いがあって今でも覚えているくらい熱くて良かったです。伊藤銀次さんがバンドメンバーの頃です。一回はステージで失神しました(笑)

途中離れましたが、最近またテレビなどで佐野さん見ると、かっこいいなと思うようになりました。

ほんと、曲によりその曲のイメージに近くてビックリしたり、全然違ってこれはありだわ~と思ったりして、毎回楽しみしています。

松本は有名なギター工房が昔からあり、多くのミュージシャンが利用していたらしく、意外にいいコンサートがたくさん見れました。
| URL | 2023/12/05/Tue 10:06 [編集]
Re: 佐野元春
いつも、コメントありがとうございます。



> 今日は。
私も佐野さんの初期の大ファンなので、楽しく聞かせていただきました。この曲、失念していましたが、佐野さんのこういう感じの曲やはりいいですね。


初期の頃から、こういった感じの曲、
ちょっと洒落た曲も得意でしたよね。




> 初期はコンサートは結構長野県から始まって2ヶ所くらいでやってくれていたので毎回必ず行きました。ほんと勢いがあって今でも覚えているくらい熱くて良かったです。伊藤銀次さんがバンドメンバーの頃です。一回はステージで失神しました(笑)


とにかく迫力のあるステージだったでしょうし、
自分は伊藤銀次がいた頃は見ていなかったので、
とてもうらやましいですし、失神もすごいです。



> 途中離れましたが、最近またテレビなどで佐野さん見ると、かっこいいなと思うようになりました。


自分もブランクがありますが、やっぱり格好良いですね。



> ほんと、曲によりその曲のイメージに近くてビックリしたり、全然違ってこれはありだわ~と思ったりして、毎回楽しみしています。


いろいろなジャンルに渡って演奏してますし、
さらにエンディングを変える曲もありますが、
どうぞ、これからもおつきあいいただければ。



> 松本は有名なギター工房が昔からあり、多くのミュージシャンが利用していたらしく、意外にいいコンサートがたくさん見れました。



工場に特注に来たりして、その流れもあって、
近くのライブを大事にしていたのでしょうね。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2023/12/05/Tue 18:51 [編集]
佐野元春
こんな感じの曲もあったのですね。NKH-FMのサウンドストリートという番組でDJをやっておられて、よく聴いていました。80年代の頃でしたか。

ニューヨークに行って、ラップというかヒップホップみたいな音楽になって、ずいぶん変わったなと思いました。それもまたかっこよかったです。
JK4HNN/とっとりLC575 | URL | 2023/12/11/Mon 07:23 [編集]
Re: 佐野元春
いつも、コメントありがとうございます。


> こんな感じの曲もあったのですね。NKH-FMのサウンドストリートという番組でDJをやっておられて、よく聴いていました。80年代の頃でしたか。


「こんばんは、佐野元春です。みんな元気でやってますか?」と、
おなじみのセリフで始まるラジオ番組で、自分も聴いていました。





> ニューヨークに行って、ラップというかヒップホップみたいな音楽になって、ずいぶん変わったなと思いました。それもまたかっこよかったです。



ラップやヒップホップに触れたことがなかったので、
あの変化は本当衝撃で、すぐに馴染めなかったです。

お聴きいただき、ありがとうございました。
ギターマジシャン | URL | 2023/12/11/Mon 19:09 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.