僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
不遇時代(?)の、レスポールスタンダード
ツェッペリンのジミー・ペイジや、
ジェフ・ベックが使ったギター、
ギブソンのレスポールスタンダード

一時期、製造中止になっていて、
75年ごろのギブソンカタログにも、
デラックスとカスタムしか載っていない。

レスポールスタンダードがない、ギブソンカタログ

ジョージ・ハリソンが、使っていたからと、
チェリーレッドを欲しがっていた友人も、
あきらめて、ギブソンのSGを買うし、
国産のグレコや、バーニーでも音は良いと、
そっちを買う友人も多かった。

数年後、弦などの小物を買いに、
渋谷公園通りの石橋楽器へ行くと、
「レスポール5割引」と書いてある。

黒のスタンダードと、ゴールドトップ。

早速、試奏させてもらうと、
ゴールドトップのほうが、音はよい。

でも、やっぱり、見た目なのです。

ゴールドトップで、思い浮かんだのは、
スティーブ・ルカサーくらい。

やはり、ジェフ・ベックの使った黒だ。

売り切れたら、大変だとばかり、
あり金を店員さんに渡して、
急いで、貯金をおろしに行った。

ギブソン・レスポールスタンダード


あとあと、冷静に考えれば、
ベックのは黒というよりも、深緑だし、
ブリッジが特殊だったり、ボリュームノブも違う。

でも、そのときは、考える余裕もなく、
「ベックと同じギターに手が届く」と、
目が血走っていたのです。

涙目になって、自宅に持ち帰り、
得意になって、ベックの代表曲である、
「悲しみの恋人たち」なんかを弾いた。

あとになって、その曲で使用したのは、
テレキャスターだったなんて知った時、
そのショックたるや、もう…。

その後、渋谷の河合楽器に通っていたとき、
親しくなった、リペア担当の店員さんから、
お前の持っているレスポールは、
ギブソンの中で、材質、ピックアップとも、
一番ひどかった時期の製品だと教わる。

確かに、ひずませた時に、ボディが共振して、
妙なハウリングに、てこずったりしたことも。

ダンスパーティの演奏を、頼まれたときなど、
どうにもならなくて、予備で持っていった、
国産のストラトで、通して弾いたほど。

それでも、自分にとっては、憧れ続け、
やっと手に入れたギターだし、
定価でも、一番高かったギター。
(半額なので、実売価格は、低いのですが)

よく聴くと、「レスポールの名盤」とされる、
マイク・ブルームフィールドの音に近くて、
腐ってもレスポールだよ、と思うのですが。


スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


レスポール。
確かに腐ってもレスポールは間違えないですね。

私も偶然にも、同じ時期・同じ色・同じイシバシでレスポール
買いました。
Les Paul L-5 | URL | 2010/08/10/Tue 18:51 [編集]
Re: レスポール。
コメントありがとうございます。

> 確かに腐ってもレスポールは間違えないですね。

Les Paul L-5さんに、レスポールを語るなんて、
お恥ずかしいのですが…。

> 私も偶然にも、同じ時期・同じ色・同じイシバシでレスポール
> 買いました。

待望の、再生産開始だったと思います。

 
ギターマジシャン | URL | 2010/08/10/Tue 20:23 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.