fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
アコギの間奏ソロが曲をひきたてる高中正義「ザ・サンセット・バレー」
「虹伝説」の中では珍しい歌もの、
シンセを使ったヴォコーダーだが、
きちんと歌詞があって、インストの、
2枚組LPなので、変化をつけたか。

ヴォコーダーを初めて聴いたのは、
たぶんFMで聴いたYMOのライブ、
1曲目の「ビハイン・ド・ザ・マスク」
歌声を加工したのだと思っていた。

実際には、メロディはシンセで弾き、
声をミックスして加工する仕組みで、
音痴の自分には、このパターンで、
どの曲もやった方が良い気がする。

そうは言ってもヴォコーダーどころか、
普通の鍵盤シンセも持っていなくて、
ギターシンセだから、今回にしても、
自分で音程どおり歌って加工する。

もともとYMOのテレビ映像で見て、
坂本がマイクに向かっていたから、
フランジャーか何かをかけた音だと
思ったので、歌声にエフェクターを。

合わせて、ギターシンセの音色を、
ヴォイス音にしてメロディを弾いて、
自分の加工した歌声と重ねてみて、
雰囲気だけでも少し似るようにした。

バンドスコアの弦楽パートは丁寧で、
バイオリン3声、チェロ2声と載るが、
ピアノは1段の譜でコード表記程度、
伴奏はそれっぽく和音を流しておく。

中間部でピアノがショパンのように、
♪ポロポロピロンと軽快に奏でるが、
最初の2小節の3拍分しかなくって、
あとは「simile fill(同様に埋める)」

耳コピが苦手で高額なヤフオクの、
バンドスコアを集めているのだが、
昔はアドリブもフィーリングで弾け、
そんな手抜きの楽譜も稀にあった。

もともとピアノに比べてギターでは、
音域が狭く、現在ギターシンセは、
3・4・6弦が鳴らないから、適当に、
短いスケールを弾いてごまかした。

この曲はアコギ部分が弾きたくて、
選曲したようなものなので、そこは、
バンドスコアとYGのギタースコアを、
見比べて完コピを目指して弾いた。

このアドリブはメロディアスでもあり、
16分音符のジャズ風フレーズあり、
見事な構成で高中はアドリブでなく、
かなり計算して作った書き譜だろう。

エレキは繰り返すメロディに呼応し、
ロックのペンタトニック主体に弾き、
おそらくストラトでなくヤマハのSG、
自分もレスポールのフロントで弾く。

高中正義の壮大な組曲「虹伝説」
LP当時はA面の最後の曲だった、
「ザ・サンセット・バレー」の伴奏は、
今一歩ですがアコギは努力賞かと。




スポンサーサイト





ハードロック期の売れ線バラードのゲイリー・ムーア「想い焦がれて」
ゲイリー・ムーアと出会ったのは、
「バック・オン・ザ・ストリート」の、
レビューが雑誌ロッキンFに載り、
丸々1頁も使った評論家の対談。

ジェフ・ベックのようと書いてあり、
気になると、FMで数曲が流れて、
言われるほどベックの真似とは、
思わず、気に入ってLPを買った。

対談ではゲイリーのボーカルを、
「いかにもギタリストが歌った」と
酷評されていたが、逆に自分は、
ギタリストにしては上手いと思う。

前後して出たコージー・パウエル、
ゲイリー・ボイルのアルバムでは、
ものすごいスピードで弾きまくり、
この手のインストがもっと聴きたい。

かつて在籍のジャズロックバンド、
コロシアムⅡのLPは当時稀少で、
入手できないが、ベスト盤が出て、
その数曲を聴き、さらに気に入る。

シン・リジィに加入するが歌もので、
Gフォースはさらに売れ線のロック、
国内盤は未発売で輸入盤を買って、
さらにソロ名義のシングル盤も買う。

そのシングル曲をリメイクする形で、
あのキング・クリムゾン、ELP出身、
グレッグ・レイクと双頭バンドを組み、
LPを出すが、ちょっと地味な印象。

そんな中、満を持したと言って良い、
ハードロック路線による見事なLP、
「大いなる野望」が82年に発売し、
83年1月には来日公演まで実現。

自分は歌詞カードや解説が欲しく、
基本は割高でも国内盤を買ったが、
「大いなる野望」は輸入盤のおまけ、
ライブ音源のシングル目的で買う。

自分は今でもこのライブ音源での、
歌なしでエンディングも延々と続く、
「パリの散歩道」が、スタジオ盤や、
他のライブと比べてもベストと思う。

そんなノリノリの時期のアルバム、
全曲が名曲の超名盤だと言えるし、
シングルカットされる曲も多ければ、
シングル用の再録音までしたほど。

輸入盤ピクチャーレコードで買った、
「想い焦がれて」は、ギターの音が、
コーラスがかって、間奏のアドリブも、
売れ線を意識したようなフレーズに。

伴奏もリミックスでなくやり直しだし、
シンセでなくオーケストラも加えて、
さらにシングルB面はインスト版で、
ギターが歌い最後は弾きまくった。

シングル盤は友人に貸したままで、
何十年も戻ってこないが、CDには、
ボーナストラックで収録されていて、
インスト版をスマホで愛聴している。

ネットの楽譜はスタジオバージョン、
ゲイリーの声はかなり高音なので、
いつも以上に鶏を絞めたような声で、
お口直しにとインスト版をメドレーに。

ただ、再録音のオーケストラとかは、
耳コピできないので、歌もの伴奏に、
ギターを差し替えたという手抜きで、
それでも歌よりは出来が良いだろう。

ハードロック全開でメンバーも強者、
ギターキッズ以外にも名前が知られ、
一躍メジャーになるゲイリー・ムーア、
「想い焦がれて」を何とかアップです。






壮大な組曲「虹伝説」の冒頭を飾る高中正義「ワンス・アポン・ア・ソング」
毎年、一年の始まりの曲について、
何にしようか考えるが、ネタも尽き、
だんだんこじつけになってきていて、
今年も無理やりで申し訳ないです。

高中正義のLP2枚組による大作で、
壮大な組曲と呼べる「虹伝説」での、
オープニングの曲を、年の始まりと、
物語の始まりとこじつけての演奏。

バンドスコアにはオーケストラの、
「プロローグ」も細かく採譜されて、
弦楽器が6本に管楽器が8本あり、
MTRの24トラをフル活用して録音。

フュージョンアルバムも出している、
堀井勝美が採譜したと書いてあり、
もともとの星勝が編曲した楽譜を
販売するわけにはいかないのか。

ビートルズの「イエスタデイ」とかも、
ジョージ・マーティンの自筆楽譜が、
オークションに出たりしたようだが、
普通に出版すれば良いのにと思う。

組曲の最後の曲のメロディを含む、
壮大なオーケストラで幕開けすると、
いよいよ高中のバンド演奏となり、
曲名も「ワンス・アポン・ア・ソング」

童話や昔話などの冒頭の常套句、
「昔々あるところに」をもじった形で、
「昔々ある曲が~」とでも訳すのか、
虹伝説の始まりにふさわしい曲名。

イントロはヴォコーダーが目立つが、
持っていないので、ギターシンセの、
ヴォイスや合唱の音色で代用して、
多少でも雰囲気が出ればと妥協。

そのギターシンセはピックアップが、
故障して昨年の春から6弦が鳴らず、
とうとう4弦も鳴らなくなり、いよいよ、
買い替えたいが家族に却下された。

演奏で力尽きて、ほとんど文章が
浮かばないので、今年最初の演奏、
高中の虹伝説の冒頭「プロローグ~
ワンス・アポン・ア・ソング」をどうぞ。








謹賀新年(ひとまずご挨拶だけですが)
謹賀新年 
あけましておめでとうございます。
今年も拙ブログをよろしくお願いいたします。


12月30日に年内最後の演奏し、
さすがに2日後に新年初演奏は、
そこまで曲のストックもなければ、
余力もないのでご挨拶だけです。



2月が来ると63歳になるのだが、
まだ年金暮らしは2年も先なので、
フルタイム再雇用の日々は続くし、
その合間に何とかギターを続ける。

毎年のことだが、年度末になると、
忙しくて、更新もままならくなるし、
夏になると暑くてやる気が出ずに、
ただゴロゴロする日々が続きそう。

それでは楽譜がたまる一方なので、
月に1~2回の更新を心がけて、
昨年は30曲演奏したので、今年、
それを上回ることを目標にします。

このところ物忘れも激しくなったり、
体のあちこち痛みだしてきたので、
いつまでギターを弾き続けることが
できるか、少しでも長く伸ばしたい。

ギターが目立つ曲ならば、何でも、
好きでジャンルを問わない性分で、
ロック、ニューミュージック、ジャズ、
フュージョンと今年もごちゃまぜに。

そんな演奏と独りよがりの文章に、
今年もおつきあいいただければと、
ご訪問いただける方々のご厚情に、
感謝しながら、今年も頑張ります。





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.