fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
テクニカルフュージョン路線の高中正義「セブン・ゴブリンズ」「サンダーストーム」
高中正義「虹伝説」は2枚組のLPなので、
曲調もバラエティに富んでいて、そのうち、
今日で言うところのテクニカルフュージョン、
テクニックを前面に出したような曲もある。

もともと初期のフュージョンがジャズロック、
クロスオーバーとも呼ばれていた時代には、
テクニックありきで、細かいキメのリズムに、
16分音符早弾きアドリブが当たり前だった。

リー・リトナーの「キャプテン・フィンガー」や、
チック・コリアRTF出身のアル・ディ・メオラ、
「スペイン高速悪魔との死闘」といった曲は、
ギターキッズが必死になって練習したもの。

その「スペイン高速悪魔」収録のアルバム、
「エレガント・ジプシー」に付属の解説には、
「アル・ディメオラのテクニックを盗もうにも、
ジャズの基礎からやんなきゃ取れない」と。

単純な自分は、ジャズギターを習おうと思い、
渋谷河合楽器に通って、プロを目指したが、
夢は叶わずに、あまり上達もせず、それでも、
発表会で多くの曲を学び、仲間と出会えた。

ちなみに、昔は「ディメオラ」と書いていたが、
いつのまにか「ディ・メオラ」の表記になって、
ゴールド・ロジャーがゴール・D・ロジャーと、
わかった時の衝撃はないが、ちょっと微妙。

高中も日本のクロスオーバーギタリストの、
元祖みたいな存在だけに、デビュー作から、
プログレのようなテクニカルな曲もあったし、
2枚目の「レディ・トゥ・フライ」も早弾き満載。

「虹伝説」でも、「セブン・ゴブリンズ」では、
2本のギターとサックスのユニゾン・ハモで、
16分音符の決めフレーズを見事に聴かせ、
さらに早弾きだらけのアドリブを延々と弾く。

「サンダー・ストーム」はテクニカルというより、
メタル・フュージョンに近いが、ギターリフが、
歪んだ低音弦ではなくコードカッティングで、
このあたりが高中らしさということなのだろう。

高額の虹伝説バンドスコアの元をとるため、
カバー演奏を続けているが、その第4回目、
好きな曲の同率4位ということで、この2曲、
一度にアップすべく、オケ作りから並行作業。

ドラム入力をそれぞれやって、仮メロ録音し、
ベース、ギターシンセ、リズムギターの順で、
最後にリードギターなのだが、ゴブリンズの、
チョッパーベースで人差し指に血豆ができる。

サンダーの方は、YouTubeで本物を見ると、
あの被り物をしながら、田中章弘はピックで、
弾いているので、血豆が落ち着くのを待ち、
完全には回復しなくても、ピック弾きで録音。

それにしても、まさに伝説のあの武道館では、
全員ゴブリンの格好で「サンダーストーム」を、
演奏していて、暗いステージで被り物もして、
よくポジションを間違えず弾けたと感動もの。

それを思うと、畳に座ってギターを弾くうえに、
何度もMTRでやり直しできる自分は、よほど、
完璧に弾かないと申し訳ない気がしてくるが、
いかんせん、実力が伴なわず、けっこう危ない。

ゴブリンのテーマ部からして、指がもつれるし、
いつものことだが、細かい箇所を間違えたまま、
指が覚えていて、それを直すのに数日かかり、
それでもフッと気づくと間違えて録音している。

ゴブリンに比べサンダーは単純そうなのだが、
自分の苦手な裏拍で食って弾くフレーズだの、
16分音符の裏で弾き続けるフレーズもあって、
ベース、ピアノ、ギターがバラバラになりがち。

結局、オケができてからのギターの録音には、
メトロノームでの練習に何日も取られたりして、
なかなか録音に進めないし、録音していると、
サイドギターが気になって、やり直したりする。

高中正義「虹伝説」から、2曲一気にアップと、
意気込んだは良いが、結局時間だけかかって、
多少のミスは妥協しての「セブン・ゴブリンズ」、
「サンダーストーム」と無理やりの二連投です。








スポンサーサイト





ロックギターの定番フレーズをメロディに取り入れた高中正義「スーン」
高中正義の「虹伝説」はLPの2枚組で、
全14曲になる大作で、フュージョンの、
あらゆるパターンを詰め込んでいるうえ、
ギターの最新奏法まで惜しみなく披露。

ロックギター基本奏法のチョーキングも、
当時流行した半音、1音半を使い分け、
メロディアスに奏で、ライトハンド奏法や、
ハーモニクス奏法の最先端の奏法まで。

「スーン」では、ロックギターの初心者が、
必ず覚えるペンタトニック定番フレーズを、
サビのメロディにもうまく取り入れていて、
こんな風にも応用できるのかと感動した。

ただ、そのまんま初心者でも弾けるよう、
やっているはずもなく、ポジション移動や、
左指のストレッチが必要な箇所もあって、
今の自分ではかなり練習しないと無理。

虹伝説のバンドスコアの元を取るために、
全曲制覇は無理でも、せめて半分以上、
このブログで演奏しようと思っているので、
3曲目として、その「スーン」に取り組む。

アルバムで一番好きな曲が最後の曲の、
「ユー・キャン・ネバー・カム・トゥ・~」、
次が「ザ・ムーン・ローズ」、3番目なのが、
「スーン」であり、好きな順に演奏している。

オケ作りではエレピがメインとなるのだが、
バンドスコアの大半はコード表記のみで、
完コピの伴奏には程遠く、ただ曲全体で、
エレピの音が鳴っていれば、それっぽい。

他のシンセは効果音程度で目立たないし、
ストリングスを何度もダビングする必要も、
ない曲なので、ちょっとした歌の伴奏より、
早く仕上げられて、更新ペースも早まる。

ベースは指弾きで一部がチョッパーだが、
何度も繰り返している基本のフレーズを、
スタッカート気味に弾いていて、これが、
自分は指では無理なので、ピックで弾く。

ピック弾きの場合、右手の腹を弦に当て、
ミュートできるが、指弾きではできないし、
そもそもスタッカート以前の問題であって、
普通に弾いても開放弦の雑音が目立つ。

ピックだから、いい感じに弾けただろうと、
すぐに終わったのだが、あとで聴いたら、
基本フレーズを間違えて覚えていたので、
最初から全部録音をやり直すことになる。

ギターのバッキングは、エレピと同様に、
コードが書いてあるだけなので、多少は、
原曲に似るように、ポジションを考えつつ、
結局は、よくあるパターンでお茶を濁した。

これも、ササっと終わらせたつもりだが、
リードギターを録音していると、音色が、
どうもか細いというか、しょぼすぎるので、
ストラトだったのをレスポールでやり直す。

イントロのリフが何度か繰り返されるうち、
オクターブ奏法のギターも加わってきて、
これが、岩崎宏美「カンバセーション」で、
松原正樹が弾いたフレーズにそっくり。

単純なフレーズだから他人のそら似で、
パクリではないだろうが、オクターブで、
「ウーマン・ニーズ・ラブ」のフレーズは、
かなりニューミュージックにパクられた。

エンディングは、このフレーズを繰り返し、
フェイドアウトするので、いつものように、
ここを少し伸ばし、オクターブ奏法でなく、
ちょっとジャズっぽいアドリブにしてみた。

リードギターは、ヤマハSGだけに、もろ、
サンタナ風サウンド、レスポールにして、
少しコーラスをかけると音がきつくなり、
似てこないので、コーラスはやめておく。

全体にゆっくりして、たまに16分音符で、
昔から弾いていたから、目をつむっても、
楽勝のつもりでいたら、指はもつれるし、
いつもながらの勘違いして覚えていたり。

ミキシングすると、ギターの音の歪みが、
けっこう激しすぎて、濁った部分もあるが、
高中もライブではかなり歪ませているので、
レコードとの中間程度で、まあよしとする。

高中正義「虹伝説」から3番目に好きで、
ロックギターらしいフレーズが満載の曲、
「スーン」を、珍しく月1のペースではなく、
アップですが、ちょっと雑かもしれません。









Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.