fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
虹伝説を締めくくる高中正義「ユー・キャン・ネバー・カム・トゥ・ジス・プレース」
高中正義が絵本を題材に、LP2枚組の大作、
「虹伝説」を出した時は、すぐに買って聴いたし、
全曲を再現した武道館ライブをテレビで見たり、
ラジカセで音声だけ録音し、かなり聴き込む。

月刊ヤングギターから高中特集の別冊が出て、
アルバムの全曲と、武道館のライブの第2部で、
演奏された曲のギタースコアがTAB付で載り、
奏法やエフェクターなどの解説までも出ていた。

当時「虹伝説」のバンドスコアは出ていたのか、
ただ、リトナー、カールトン、ディ・メオラにしても、
値段の高いバンドスコアよりはギター譜ばかり、
買っていて、自分にとってはそれで十分だった。

バンドスコアだと、他の楽器があって見にくいし、
ページを何回もめくる必要があるので面倒くさい、
ギタースコアは見やすく値段も安いと思ったが、
なぜバンドスコアを買わなかったか悔やまれる。

高中のバンドスコアはスクエア、カシオペアと、
同様に、かつてはリットー、シンコーからドレミと、
各社から出ていたが、今発売中のものはないし、
ヤフオクでもメルカリでも、かなりの高額の取引。

ドレミ出版からは、ベスト集が曲目を入れ替え、
定期的に出ていたので、新たに選曲した版や、
スクエアやカシオペアのような復刻版を出すか、
メールで照会したが、まったく予定はない返事。

虹伝説の全曲バンドスコアはヤフオク等になく、
全曲ギタースコアのみ、ドレミの各ベスト集に、
1~2曲掲載され、一番演奏したい最後の曲が、
載っているバンドスコアが安かったので買った。

組曲と呼べる「虹伝説」の最後を飾る8分の大曲、
「ユー・キャン・ネバー・カム・トゥ・ジス・プレース」
ボリューム奏法によるスローなテーマから始まり、
後半、どんどん盛り上がって、早弾きの嵐となる。

この32分音符の早弾きは、ギター教室で習った、
バークリー教則本のスケール練習みたいなので、
昔から得意になって弾いてみせて、友人達から、
誉められて天狗になっていたが、今回弾けない。

こんなに下手になってしまったのか、それよりも、
弾けたと思っていたのが、単なる自惚れであり、
録音して冷静に聴き返したことで、粗が目立って、
ミスだらけで粒が揃っていないのにも気づいた。

オケができてから、2週間ほどスケール練習して、
ついでに間違えて覚えていた細かいニュアンス、
チョーキングのタイミングなどを正しく覚え直すが、
それでも、ところどころ明らかに音が違っている。

間違えて覚えた指癖が直せないのかと思ったが、
それだけでなく、ヤングギターの楽譜が間違って、
今回も、そのまま弾いていたのが原因とわかり、
ドレミのバンドスコアを見ると、そっちが合ってた。

それでも32分音符は、気ばかりあせってしまい、
どんどん早くなったり、スケールが半音ずれたり、
メトロノームでゆっくりから始めて、覚えていくが、
結局録音では間違えてばかり、かなり妥協する。

さらに、いつもノンビブラートに近いような感じで、
音を伸ばす高中が、この曲はチョーキングすると、
派手なビブラートで、ライブでは鬼気迫る程だが、
自分は苦手で、特にハイポジでは情けない音に。

高中が愛用するヤマハSGは持っていないので、
レスポールで代用するが、当然ストラトと違って、
ボリュームノブが遠くて、イントロからバッキング、
メロディで多用するボリューム奏法はやりにくい。

持っていたロッカーボリュームは、電池液漏れで、
捨ててしまったので、1台くらいあってもよいかと、
安いボリュームペダルを買うが、エフェクター類を、
買うのは、10年前のワウペダル以来という久々。

届いたボリュームペダルを早々に試そうとしたら、
あれほどあったはずのギターシールドが断線して、
処分してしまい、いつも録音に使う3mの他には、
エフェクター同士をつなぐ20cmしか残っていない。

MTRを床に置いて短いシールドでペダルを繋ぎ、
そこから愛用(?)シールドでギターへと繋いだが、
録音ボタンを押すのに床にかがんで、急いで立ち、
ペダルを踏むのは、レスポールだけに腰に負担。

仕事帰りに渋谷の黒沢楽器を覗くと、1mはなく、
3mや5mが数千円から1万円以上まで陳列され、
そこまで出す気もないので、いつものAmazonで、
1,400円のフェンダー製3mシールドをクリック。

ペダルでのボリューム奏法は、ツマミとは勝手が、
だいぶ違って、足の踏み込みが遅く音が出ない、
逆に早すぎてピッキングの音が鳴ってしまったり、
ペダルのボリューム曲線のせいもあって、一苦労。

MTRの内蔵エフェクターに、スローギアがあって、
立ち上がりを遅くして、ボリューム奏法になるので、
これで代用しようと試すが、機械的な感じになるし、
消音で右手を添える音に反応して、雑音が出る。

ここだけストラトで弾こうとするが、手入れが悪くて、
ボリュームノブを回すと、ガリが出てしまうので没、
ベースも同様で、足で上手くペダルを踏めるよう、
これまた練習することになって、録音は後回しに。

イントロの無伴奏部分は、当初から問題が発生で、
インテンポの入りがずれるので、小節を数え直すと、
バンドスコアの誤りで、最初の4つのコードだけは、
2小節ずつ伸ばすところを、1小節で記譜してある。

DAWと違い、自分のMTRに挿入する機能はなく、
ドラム入力から全部やり直しかと、気がめいって、
そこだけ別に録音して、アップする際に繋げれば、
何とかなると気づくが、しばらくはやる気が出ない。

1月中にはアップするつもりが、弾けなくて練習し、
ペダル、シールドと注文することでも先延ばしして、
さらに小節違いで、やる気が失せつつ、先週放送、
高中の虹伝説40周年ライブを見て、気合が入る。

シールドが安いせいか、自分のギターが原因か、
ドラムのない部分のノイズがすごく目立つのだが、
もうこれは、現行機材では無理だと諦めることにし、
高中正義の虹伝説の大団円の曲をアップします。





スポンサーサイト







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.