FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
夏の終わりとクリスマスの両方を歌う角松敏生「ノー・エンド・サマー」
角松敏生を聴いたのは82年5月で、春に就職し、
地方勤務になった先輩が連休中に東京へ戻って、
楽器屋やレコード屋など回るのにつきあった際に、
渋谷西武デパートのレコード売り場で流れていた。

出たばかりのセカンドは、フュージョンのギタリスト、
カルロス・リオスが参加したと、角松との対談まで、
愛読のヤングギターに載ったので、1枚目と共に、
友&愛でレンタルし、気に入ったのでどちらも購入。

続く3枚目は、ギターソロは今剛の1曲くらいとなり、
4枚目から打ち込みのファンクサウンドになってきて、
5枚目を最後に、買うことも聴くこともしなくなったが、
CDの時代になり、ベスト盤「T’sバラード」は買った。

ベスト盤といいながら、曲をメドレーに再編集したり、
ボーカルだけは録り直し、新曲に新録音まであって、
リミックス盤の元祖みたいで、角松は何かにつけて、
セルフカバーで何度でも録音するのが好きなようだ。

アルバムの最後、ファンとのコーラスの掛け合いが、
40秒ほど収録されて、何の曲だったろうと思ったら、
「ノー・エンド・サマー」のエンディングのリフレインで、
LPでは、掛け合いにならずにフェイドアウトしたもの。

リミックス好きは、昔からだったのを示すかのように、
「ノー・エンド・サマー」のシングル盤は、ステレオの、
定位が変わったり、リズムギターは小さい音になり、
コーラスが前面に出て、エンディングは追加される。

フェイドアウトせずに、コーラスの掛け合いが加わり、
ブレイクやループなどDJミックスっぽく加工されるが、
その後、ライブでは延々と客席と掛け合うのが定番、
まるで「ヘイ・ジュード」の無限繰り返しのようになる。

「ノー・エンド・サマー」は、終わりなき夏とでも訳すか、
杉山清貴&オメトラ「ネバー・エンディング・サマー」、
チューブの「シーズン・イン・ザ・サン」の歌詞にある、
「夏よ逃げないでくれ」など、夏の終わりのあるある。

ところが、角松は歌が2番になると冬の情景となり、
「もうクリスマス」と歌い、季節が冬になってしまうが、
気分は夏なんだよと言いたいようで、その急展開は、
唐突すぎるが、時の流れは早いとまで歌詞にある。

角松は山下達郎フォロワーと揶揄されることがあり、
実際、シュガーベイブの追っかけもしていたのだが、
夏男の達郎が「クリスマス・イブ」をヒットさせたので、
それにあやかるのは、さすがにしないだろうと思う。

その山下達郎が目的で2年前に買ったシンコーの、
「大人の邦楽ポップス」には、角松のスコアもあって、
「ノー・エンド・サマー」は初出LPバージョンなので、
エンディングを伸ばす形で、カバー演奏をすることに。

バックコーラスはAメロもサビも採譜されていないが、
女声コーラスで、声が枯れていなくても無理な音域、
ギターシンセでコーラスボイスの音色にして、少しは、
歌が被っているかのように、コード進行に沿って弾く。

YouTubeでライブ映像を見ると、30周年ライブの際、
アンコールでギター弾き語りで始め、コーラス部分で、
バンドが加わり、浅野祥之と梶原順のギター2人が、
交互にギターソロを弾くのがすごく格好良いアレンジ。

さすがに弾き語りは、歌のボロが目立ってしまうから、
やる気もないし、バンドスコアのとおりに演奏するが、
エンディングのコーラス掛け合いを伸ばしているから、
そこへライブのソロを参考に、アドリブを重ねることに。

結果的に、歌が終わってのエンディングのコーラスが、
全体の半分以上になってしまい、長すぎた気もするが、
LPどおりにサックスが入る箇所を弾くと、掛け合いは、
その後から始まり、そうそうすぐギターソロにできない。

角松敏生の5枚目「ゴードル・ディガー」の最後の曲で、
コンサートのアンコールの定番「ノー・エンド・サマー」、
メロディはキーが合うが、エンディングは地声より高く、
金切り声とひっくり返った裏声とで、かなり厳しいです。




スポンサーサイト





としまえんとは別でも結びつけたくなる山下達郎「メリー・ゴー・ラウンド」
この8月末に、惜しまれつつ閉演したとしまえんは、
山下達郎が「さよなら夏の日」の題材にしたという、
流れるプール以外にも、数多くの施設があるから、
各人に様々な思い出もあるようで話題はつきない。

先日、職場の上司が新聞の切り抜きを持ってきて、
今の若い子らは、これを読んでも何とも思わないと、
寂しそうに見せてくれたのが、たしか東京新聞で、
としまえんが閉演したことを書き綴ったコラム記事。

最後の部分で山下達郎「メリー・ゴー・ラウンド」の、
歌詞が引用されていて、上司は感涙にむせぶが、
若い連中は、そもそも、としまえんに関心もないし、
曲のことも知らないから、ピンとこなかったそうだ。

「この記事が何か?」的な反応にがっかりとして、
CMで流れる「クリスマス・イブ」は知ってるくせに、
同じアルバムに収録の「メリー・ゴー・ラウンド」は、
聴いたこともないみたいだと、愚痴をこぼしにきた。

上司は、結婚するまで豊島区に住んでいたそうで、
近くだから幼い頃は何度も出かけた、としまえんは、
「としま」と言いながら豊島区じゃないんだよなどと、
すごく懐かしそうに、昔の思い出をひとしきり語った。

あいにく自分は、としまえんに行った記憶はないが、
達郎の曲はすごく好きだし、渋谷の西武デパートが、
できた当時は、屋上に回転木馬やモノレールがあり、
毎週のように出かけたので、その思い出と結びつく。

達郎自身が、「さよなら夏の日」は、としまえんだが、
「メリー・ゴー・ラウンド」は違うと、リスナーに答えて、
どことは言ってないが、「色褪せた水玉のベンチ」は、
Wiki情報では後楽園ゆうえんちにあったものだとか。

歌詞のとおりだと、錆びついた金網から忍び込めて、
もう一度動き出して欲しい幻のメリーゴーラウンドが、
古びたまま残っているか、もうそこにはなくなったか、
そんな遊園地は、達郎の想像の世界の中だけでは。

「メリー・ゴー・ラウンド」のバンドスコアは、2冊ある、
ドレミ出版の公式バンドスコアには載っていないが、
90年のドレミの達郎ベストや、2000年のドリーム・
ミュージック・ファクトリーの達郎セレクションに収録。

ドリームの方が活字の譜面で、コーラスやシンセの、
段を分けて書いてあるので見やすいが、カウベルや、
コンチコンのコーラスはドレミ版だけで、スクエアでも、
リットーとドレミとが一長一短で、見比べるのと同様。

コーラスは4声に、サビのコンチコンという呟きもあり、
本当はそれぞれを最低2回ずつ重ねたいところだが、
トラックを取られてしまうので、声がかすれ小さくなる、
上の2パートだけ重ねて、メインボーカルも1トラック。

ベースとドラムから始まるイントロは、カウベル2個が、
右チャン、左チャンとずれて加わるから2トラック使い、
ドラムと合わせ、24チャンネルしかないMTRのうち、
8トラックをリズムに取られ、残るトラック数は8のみ。

コードカッティングのリズムギターは左右にしたくて、
ダブリングでなく2トラックを使って、それぞれ演奏、
単音のリフ、サビの和音フレーズも別トラックとなり、
ベース、エレピ、シンセを重ねていくと、トラック終了。

イントロは、赤ちゃんの玩具、起き上がり小法師や、
ガラガラで鳴るチャイム音で、さすがに我が家には、
もう取っていないから、いつもツリーチャイムの音に、
代用している水族館みやげの風鈴を鳴らしておく。

いつもながら、肝心のボーカルは声が枯れていて、
ファルセットが出なかったので、長く中断していて、
少し良くなると、コーラスの1パートだけ録音したり、
コツコツと仕上げていくが、それでも高音は厳しい。

ギターシンセのボイス音を試すが、すごく違和感で、
それなら、多少かすれたり音程がずれたりしても、
自分の肉声の方がましな気がして、最後の最後、
メインボーカルも途中でかすれては、翌日やり直し。

わざわざ記事にまで書いた「色褪せたベンチ」を、
「錆びついたベンチ」と間違えて歌っているのを、
記事をアップする前に聴き返して気づきましたが、
YouTubeにアップ済なので、今回はこのままで。

山下達郎の83年のアルバム「メロディーズ」収録、
「メリー・ゴー・ラウンド」は、本人が否定してもつい、
としまえんと結びつけたくなるし、他の思い出とも、
シンクロさせ歌いましたが、演奏とギャップ大です。








人生初のオークションでヴァン・ヘイレンの楽譜を狙うも惨敗
アナログ人間というか、時代についていけない、
取り残された年寄りというか、こうしてブログを、
何とかやってはいるが、ツイッターやインスタ、
ラインというものは、いっさいやったことがない。

話題のGoToトラベル、イートにも関心はないし、
電子決済、PayPayも何だかとっつきにくいし、
クレジットカードでさえ疑心暗鬼で、長年の間、
カードは作らず、通販は代引きや銀行振込で。

10年ほど前、キャッシュカードの暗証番号を、
間違えてロックされ、銀行窓口で手続きすると、
カードのロック解除はしてくれず、新規カードの、
自宅郵送となり、その際クレジット機能が付く。

クレジットは必要ないと言っても、付いてますの、
一点張りで、そのくせ、審査に通らなかったら、
クレジットはつかないのでご承知おきくださいと、
矛盾したことを言うが、あきらめて、申し込んだ。

せっかく作ったから、代引手数料を払っていた、
Amazonにクレジット番号を登録することにし、
260円が浮いたことで、利用が頻繁になるが、
HMVやタワレコは今でもコンビニ受取の現金。

住所やクレジット番号は極力知られないように、
Amazonを利用する際は、多少割高になっても、
Amazonが販売して、Amazon出荷のを選択して、
出品者のみの稀少品も、Amazon出荷に限る。

そんな自分だから、オークションなどもっての外、
世間がメルカリだ、ヤフオクだ、ブランディアだと、
賑わっていても手を出さないし、マスク騒ぎでは、
それみたことか、高額転売されるだけだと静観。

ただ、今回ヴァン・ヘイレンの楽譜を探していて、
ほとんどが廃刊で、Amazonでも出品者ばかり、
金額は定価の2~3倍は当たり前で、それ以上、
その点、メルカリやヤフオクでは良心的な価格。

唯一、Amazonで新品在庫だったバンドスコアの、
「アメリカン・ハードロック」は、ヴァン・ヘイレンが、
13曲載っているので、売り切れる前に注文して、
出荷を待っていたが、だんだん他も欲しくなった。

もともと「1984」は、昔、駅前の楽器店で見つけ、
売り切れる前にと買うが、一番好きなアルバムは、
ファーストで、メルカリやヤフオクで過去出品され、
およそ1,000~2,500円で取引されていたと知る。

ヤフオクで、現在進行中の出品があり、4日目で、
1.500円なので、高額になっても3,000円程度かと、
人生初のオークションに参加しようと決意、まず、
ヤフーIDを取得して、入札の仕組みを学ぶことに。

メルアドは自分のではなくて、ヤフーのアドレスが、
付与されたので、どう自分のPCのアウトルックと、
紐づけるのか悩んだら、ヤフーのホームページに、
メールボックスがあって、何もかもが初めてのこと。

入札価格を細かく争うのも面倒なので、とりあえず、
2,000円にしておいて、落札の締め切り時間前に、
3,000円つけても良いかぐらいに思っていたところ、
翌日に、100円高くつけた人がいると通知が届く。

試しに2,500円にすると、その場で2,600円になり、
ネットトレーダーみたいに、監視でもしているのか、
熱心な人もいるなと思うが、自動入札システムで、
相手の金額を上回る設定ができるのだとわかった。

面倒なので、千円単位で3千、4千円と入力するが、
5千円にしても5,100円となり、もう定価の倍近くを、
払ってまで買うつもりもないので、ここで降りるが、
さらに参入があったようで、最終的には6,250円に。

やはりエディの訃報に接して、需要が急増したか、
これまでの取引価格を大幅に上回る結果となって、
人生初のオークションは、まったく太刀打ちできず、
結局、お金があれば何でも買えるよなあとため息。

今回、出品されていたのは92年発売のものだが、
シンコーからは98年に再販され、表紙を変更した、
復刻版は2001年に出たきりなので、要望に応え、
老眼の親父バンド向けワイド版でも出ないだろうか。

いつも愛用のAmazonを見ると、ファーストの楽譜は、
安値の出品が8,800円、最高額は2万円近くとなり、
なぜか復刻版は5,500円なので、年末まで待って、
シンコーが再発しなければ、また挑戦しようと思う。

こんなことをしているうちに、バンドスコアも届いたし、
デイブ時代の6枚組CDも届いて、聴いたことのない、
2~5枚目をじっくり聴いて、モチベーションをあげて、
基本的なライトハンド奏法の練習に明け暮れている。

大々的にエディの追悼記事と演奏を宣伝しているが、
いかんせん、ギターソロとサウンド作りは難しすぎて、
この記事も含めて、久々に演奏なしの連投となって、
何とか年内を目標に、いくつかのオケに取り組み中。

どの曲になるか、今のところ、まったく見当もつかず、
予告はできないし、その前に、いつものブログ記事、
声が出ないまま、オケだけは完成している山下達郎、
角松敏生、カーペンターズなども何とかアップしたい。

カシオペア、スクエアの曲も、やりかけが10曲あり、
ギターが難しすぎる、ベースのノリが全然合わない、
シンセの音がお粗末と、それぞれに欠点があるが、
ギターは練習すれば良いから、そこから手を付ける。

結局、何ヶ月周期かで、いつも書いている言い訳、
演奏ができないことを、延々と書いてきただけだが、
決して、やる気がないとか、体調を崩したのでなく、
ギターの情熱は、これまで以上だという報告です。


エドワード・ヴァン・ヘイレンの記事を年内には書こうと準備中です
エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなったニュースは、
朝のラジオやテレビでも流されていたようなのだが、
まったく知らないままに出勤し、昼休みにスマホで、
ブログ仲間のSMOさんの記事で知り愕然となった。

ネットのニュースや記事はもちろん、ブログ仲間らも、
次々と追悼の記事を挙げて、それぞれの思い出や、
哀悼の意を表していて、自分も何か書こうと思うが、
ちょっとまとまらずに、様々な思い出が交錯している。

ヴァン・ヘイレンのデビューは1978年1月だそうで、
当時の自分は高2で、すぐには知らなかったはずで、
やがてギター雑誌でエディのライトハンド奏法を紹介、
何だかわからないが、すごい新人が出たという印象。

今ではタッピングと呼ばれているライトハンド奏法の、
本当の初期のパターン、3連トリルの楽譜が載ると、
高校の友人たちとは、すごく盛り上がって練習したが、
すごく熱心なファンではなくて、アルバムも買わない。

ギター雑誌を通じて、初来日や、セカンドアルバムや、
ハーモニックス奏法など次々出る特殊奏法のこととか、
音源そのものは置き去り、情報だけが先行していき、
バンドではなく、エディ個人のテクニックだけを追った。

もちろん、新曲が出ると、ラジオでは流れていたので、
当然に耳にすることはあったが、「暗闇の爆撃」ほど、
インパクトはないし、当時の自分はフュージョンでさえ、
ギターの間奏だけ編集する偏った聴き方をしていた。

大学の友人が、何でアルバムを聴いていないのかと、
ファーストをテープに録音してくれて、雑誌の楽譜で、
間奏の部分だけ、本物も聴かないまま練習していた、
「アイスクリーム・マン」「アイム・ザ・ワン」にぶっとぶ。

それでも、各アルバムを買うなり借りるかはしなくて、
ファーストのテープを聴き込んで、各曲を練習するが、
当時は完コピのバンドスコアも買い集めることもなく、
ギター誌のエディ特集のフレーズを繰り返し練習した。

そうした練習の成果も含め、ブログの記事を書くには、
ヴァン・ヘイレンのバンドスコアと音源を手に入れよう、
そうなるのが自分の悪い癖、今年は3月からいっさい、
楽譜もCDも買わずに節約生活だったのを一時解禁。

バンドスコアは、ベストも各アルバムごとのも廃刊で、
新品では、シンコー「アメリカン・ハード・ロック」くらい、
全21曲中13曲がヴァン・ヘイレンで、Amazonでは、
残りが3冊となっていたので、慌ててクリックし確保。

音源は、友人に録音してもらったファースト以外では、
CDの時代になって、すでに大ヒットしていた「1984」、
メンバーチェンジの「5150」はリアルタイムで買って、
どちらもディスクマンで通勤時にヘビーローテーション。

今回、せめてセカンドアルバムくらいは買っておこうと、
AmazonやHMV、タワーレコードなど検索してみたら、
国内盤は廃盤だし、輸入盤も取り寄せや出品者扱い、
迷っていたら、デイブ時代の全アルバムセットがある。

全6枚組で3千円以下だから、「1984」がダブるが、
どうせ、そのうち各アルバムを集めることになるから、
コスパも良いし、輸入盤で解説・歌詞カードもないが、
ネットがなかった頃ほどには貴重な情報源でもない。

いつものAmazon といきたいところだが、品切れ中で、
2万円近い出品のみなので、HMVとタワレコを見ると、
HMVの方が安いが取り寄せで、タワレコも同様だが、
一部店舗で在庫ありだから、こちらが確実とクリック。

今日現在楽譜とCDの入荷待ちだが、届いたところで、
エディのギターがすぐに弾けるわけもなく、それ以上に、
ボーカルをどうするか、ただでさえ、声が枯れてしまい、
いくつかのカバー演奏が、歌入れで保留になっている。

そもそも、自分のキーと歌唱力だと、ヴァン・ヘイレンは、
デイブでもサミーでも難しそうで、数少ないインスト曲、
「暗闇の爆撃」「スパニッシュフライ」を山籠もりでもして、
2~3ヶ月は練習したら、多少はまともになるだろうか。

思いつくまま、とりとめのない内容、追悼でも何でもなく、
楽譜とCDを探して買いましたよという報告に終始して、
自分でも呆れてしまうが、ギターの演奏は無理としても、
時間をかけて、エディの思い出は書こうと思っています。




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.