FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
19年後ドラマで流れて大ヒットしたカーペンターズ「青春の輝き」
カーペンターズを夢中になって聴いたのは、中2の春、
74年の来日公演をテレビで見て、その録音テープを、
友人にダビングしてもらったり、ラジオのエアチェック、
さらに日本編集の2枚組ベスト盤を買って、聴き込む。

基本的に、そこで止まってしまい、その後ビートルズ、
ハードロック、クロスオーバーへと興味が移ったので、
ラジオで新曲の、「プリーズ・ミスター・ポストマン」や、
「マスカレード」「見つめあう恋」が流れれば聴く程度。

昨今ではカーペンターズの代表曲に挙げられるうえ、
ベスト盤のタイトルに使われたりする「青春の輝き」は、
76年に出た時の印象は特になく、その邦題くらいは、
覚えているが、別の曲のメロディと混同していたほど。

実際に、シングルはアメリカで25位、日本で62位と、
さほど振るわず、年間ヒット曲の歌本やギター雑誌に、
「オンリー・イエスタデイ」「ソリティア」は載っていたが、
「青春の輝き」はなかったか、弾き語った記憶もない。

CDの時代になり、カーペンターズも買っておこうかと、
84年頃のベスト盤をそのままCDにしたものを買うが、
80年代の曲は、あまり馴染めずに、とばして聴いたし、
「青春の輝き」も同様、来日公演の曲ばかり繰り返す。

この曲が日本でヒットしたのは、95年のテレビドラマ、
「未成年」のエンディングテーマに使われたからだが、
自分はそのドラマもスルーしていて、同様にヒットして、
ベスト盤も出たS&G「冬の散歩道」のドラマもスルー。

自分が「青春の輝き」を意識したのはいつ頃だったか、
年代は曖昧だが、カーペンターズのドキュメンタリーで、
リチャードが、カレンが一番気に入っていた曲だったと、
語っていて、この曲をめぐる話も合わせて紹介される。

カレンが拒食症で悲劇の最後を迎えたのは有名だが、
両親との葛藤、兄へのコンプレックスに悩み、その兄も、
自分は歌手である妹のピアノ伴奏者に過ぎないのか、
そんな悩みから睡眠薬依存症になっていたと語られる。

そうした中、「青春の輝き」の歌詞は、カレンにとっては、
すごく自分自身をさらけ出したような内容で、それにより、
自己の悩みが昇華されていき、歌詞に救われたようだ、
そんな内容で、この曲が紹介されていたかと記憶する。

そう思って聴くと、この歌詞は胸に突き刺さってくるが、
この曲でカレンは癒されたなら、なんで、その数年後に、
拒食症で亡くなったのか、まだ心の闇は深かったのか、
ドキュメンタリーが感動的に仕上げようとした感もある。

ただ、そうしたことを抜きにしても、歌詞は素晴らしくて、
なぜ「青春の輝き」という邦題にしたかは不明なのだが、
恋人とすれ違ったり、束縛を嫌うことの代償を払ったり、
それでもなお完璧を求めてしまう気持ちを吐露している。

先日、カーペンターズを演奏するきっかけとなったのは、
津軽下北出身でカレンの再来と噂される歌姫シノンが、
YouTubeにワンスモアズとしてアップするトリビュートで、
「青春の輝き」も、これぞ実力派歌手だというくらい見事。

本物や彼女の歌を聴いて満足していればいいところを、
つい自分でもやりなくなるのが悪い癖、まずオケを作り、
声の方も多少は回復したが、もともと出ない高音部分の、
コーラスは、当然歌えないから、シンセで代用しておく。

バンドスコアがあるから、せめて演奏は原曲に近づけて、
オーボエ、ハープも再現、声枯れが治ってきたとはいえ、
元々の歌唱力はいかんともしがたく、カーペンターズの、
「青春の輝き」は、歌詞のままに、反省すること大です。




スポンサーサイト





バスドラムが曲を印象づけるカシオペア「ストリート・パフォーマー」
カシオペアの曲は、スクエアの大半の曲をリーダーで、
ギタリストの安藤まさひろが作っているのと同じように、
こちらもリーダーでギタリストの野呂一生が作っていて、
特にデビューアルバムは、全曲が野呂の作品になる。

セカンドでは、ベースの桜井が1曲、ライブ盤をはさみ、
4枚目「メイク・アップ・シティ」で、やっとキーボードの、
向谷も1曲作るが、ライブ盤から新加入したドラマーの、
神保も、早速、曲を提供し、全メンバーが作曲を担当。

ドラムが作曲というのは、どうも自分にはビートルズが、
基準になってしまい、リンゴがホワイトアルバムになり、
やっと1曲を披露し、もう1曲も最後のレコーディングの、
「アビー・ロード」だから、ほとんど作曲しないイメージ。

神保が何かのインタビューで、カシオペアを振り返って、
野呂から作曲を薦められたのが、自分にとって大きくて、
その後の転機になったみたいに話していて、その点で、
プリズムやスクエアとは、大きく違うんだなあと感じた。

全曲の作曲者を調べたわけではないが、プリズムでは、
鈴木徹、青山純の作った曲はあったのか、木村万作は、
35年も在籍しているから作ってはいるが、スクエアは、
メンバーチェンジが激しいうえ、則竹くらいじゃないか。

「パーフェクトライブⅡ」で、バスドラムから始まる曲の、
「ストリート・パフォーマー」は、全員の共作というのか、
ドラムパターンにベースラインを載せ、ギターがリズム、
そしてピアノという具合のセッション曲かと思っていた。

ところが、今回演奏するに際し、バンドスコアを見ると、
神保の単独曲とわかり、「ハレ」収録スタジオテイクは、
ドラムイントロはなくて、ライブ用にアレンジしたようで、
自分はこっちを聴き込んでいるから、勘違いしていた。

テクノの打ち込みのようなバスドラムの連打で始まり、
ロックならばツーバスでやるところ、フュージョンでは、
ツインペダルで連打するのだが、この神保の演奏は、
かなり早い段階で取り入れて、自分のものにしている。

ロックのツーバスは、ジンジャー・ベイカーもやったと、
Wikiにあるが、一般に広まったのは、レインボーの、
「キル・ザ・キング」で、コージー・パウエルが叩いて、
しばらくの間、そのパターンを皆が真似たように思う。

バスドラムを2台使うのは、見た目は派手で良いが、
アマチュアには厳しいし、ジャズやフュージョンでも、
使えるように配慮したのか、ツインペダルが開発され、
渋谷河合楽器の発表会でも、持参する強者もいた。

「ストリート・パフォーマー」のスタジオ録音が85年で、
同じ年のプリズムのライブ盤に収録の「カーマ」では、
木村が派手なツインペダルの連打を見事に披露して、
青山が80年に叩いた原曲は、シングルペダルだろう。

フュージョンのドラムで、新しいテクニックを取り入れ、
派手に登場したデイブ・ウェックルも、ツインペダルを、
使ったかもしれないが、チック・コリア・エレクトリック・
バンドの1枚目は86年で神保や木村が先駆けかと。

それで、バスドラムの打ち込みが、やたら面倒なので、
この曲は敬遠してきたが、カシオペアに盛り上がって、
地道にドラム入力を始めるも、実際に録音を始めると、
キーボードのバッキングが難しく、更新が延期となる。

ギターやベースと同じような、裏ノリのバッキングだが、
メロディの伴奏は3和音で動くので、ギターシンセでは、
コードチェンジについていけず、単音で3回重ねていき、
何とかするが、ノリがばらけてしまい、何度もやり直す。

サビの伴奏は、付点16分音符だらけで、裏でくったり、
伸ばす部分もあり、そのリズムパターンが覚えらずに、
帰宅してから、生音のエレキで少し弾いては挫折して、
なかなか、MTRにつなぎ録音する気持ちになれない。

数曲のオケが完成している歌ものでも録音しようかと、
スマホで原曲を流し、口ずさんでみるものの、やはり、
高音が全然出なくて、こちらも没、そのまま寝転がり、
演奏したい曲をあれこれ聴きながら、寝てしまう日々。

あとはピアノ伴奏だけなので、3週は空けたくないと、
今週は土曜出勤だったが、帰宅してから練習を開始、
日曜は6時前に起床して、午前中には何とか伴奏を、
完成させ、後半リードギターのアドリブに取りかかる。

カシオペアの全盛期と呼んでよい時期のライブから、
神保自ら作曲し、ツインペダルのドラムが派手な曲、
「ストリート・パフォーマー」は、裏ノリがかなり難しく、
演奏がバラバラですが、ここまでが自分の限界です。





イントロのリフで衝撃の新事実が分かったカシオペア「ハレ」
普通に会話する程度には、声枯れも回復してきたが、
ちょっと鼻歌でも歌おうものなら、たちまち声がかすれ、
喉も腫れてくるので、今週も歌ものの録音はあきらめ、
発表会で演奏したことがあり、すぐに弾ける曲を選択。

カシオペアが85年に出した「ハレ」のタイトル曲だが、
この前の「ダウン・アップ・ビート」も発表会で演奏して、
こちらはLPを買ったが、「ハレ」からCDで買っていて、
ちょうど、この85年頃にCDプレイヤーを手に入れた。

この「ハレ」のアルバム丸ごとのバンドスコアがあると、
ずっと思っていたが、自宅にもレンタルルームにもなく、
他の曲を演奏した覚えもないから、ギターマガジンに、
「ハレ」1曲だけ掲載されたのを見て、演奏したようだ。

そのギターマガジンも手元になく、ヤングギターともに、
大半を処分してしまい、悔やんでも悔やみきれないし、
またギター演奏をするようになった、この10年の間に、
かなりの楽譜を買ったが、失われたままの曲も多い。

「ハレ」は、ドレミ出版が復刻したカシオペア・ベストに、
掲載され、先週演奏した「パーフェクトライブⅡ」にも、
CDの2枚目に収録されているが、手持ちの楽譜は、
1枚目のみだし、聴き慣れているのはスタジオテイク。

ただ、スタジオとライブの違いは、ギターのアドリブが、
ブレイクで始まるのと、当然、アドリブが異なる程度、
あと、スクエアでもあるあるの、キーボードの音色が、
ライブでは簡略化というか、変化に乏しくなっている。

それで、イントロのギターリフは、スタジオテイクでも、
ライブでも、特に変えてなくて、昔から楽譜のままに、
演奏して、完コピのつもりでいたところ、ついこの間、
ギターの野呂の演奏解説で、衝撃の事実がわかる。

ブログ仲間のSMOさんが、ステイホームの応援で、
野呂本人が「朝焼け」や「ハレ」など解説してくれる、
動画をブログで紹介されているが、ハレのリフでは、
コードの前に、ベースの低音部をギターでも弾いた。

前の小節の4拍目の裏から、5弦の開放を鳴らして、
和音のリフを弾き、転調後も、6弦3フレを鳴らして、
和音という、これまで、まったく思いもしなかったが、
ごく当たり前のように解説しての模範演奏に驚いた。

35年間も間違えて、演奏していたのかと衝撃的で、
ギターを弾かない人には、どうでもよい話だろうが、
自分には、かなり大ごとで、あの「イエスタデイ」が、
Fコードでなく、全音下げのGだったことに匹敵する。

そんなわけないよと何度CDを聴いても、ギターの、
低音を弾く音は聴こえてこないし、YouTubeにある、
パーフェクトライブ、ミュージックパーティの動画で、
確認しても、音はしないし、ピッキングもしていない。

Gに転調したとき、親指をネックにかけているので、
これで、6弦3フレを押さえているかもしれないが、
本人の解説動画では、中指で6弦を押さえてから、
すぐに離して、和音のリフを中指で押さえる方法。

5弦の開放にしても、和音のリフを弾いている間、
鳴らし続けるのではないようで、どうせ弾くならば、
リフのセーハをハーフにして、低音を鳴らし続け、
転調後も親指で押さえて、鳴らせば良いだろうに。

まあ、この辺は、弾いている本人が正しいわけで、
35年目の衝撃の真実(?)を尊重することにして、
本物はディレイで左右に振るところ、別々に録音し、
左右に分けるので、片方だけは低音を弾いておく。

ギターがメロディを弾く間、キーボードはイントロの、
リフを真似て弾くが、当然に低音部は弾かないし、
ギターっぽい音色のようでクラビネットにも聴こえ、
ギターシンセで両方の音色をミックスして演奏した。

サビは、エレピとオルガンが混じったような感じで、
アルペジオを奏でるので、パッド系の音色の中で、
似たような音にしたが、すごくスカスカになるので、
音色を変えて、左右、センターと3回ダビングする。

ギターは、メロディもアドリブも、ストリングス系の、
ギターシンセをMIDI同期したか、オクターバーや、
ディレイ、コーラスを重ねて、音の厚みを出したか、
自分はギターシンセのストリングスで別に弾いた。

ドラムの入力が面倒で、シンセの音色も厄介だから、
ついスクエアに比べると、避けてきたカシオペアを、
声が回復しないからの連続演奏、イントロのリフで、
大騒ぎした「ハレ」は、やはりシンセが今一歩です。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.