FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
湘南の風景を見事に歌詞とメロディで表現したオフコース「潮の香り」
40年以上前、NHK-FMで「サマーナイト・サウンド」という、
夏休み特番があり、「ニューミュージックの旗手たち」として、
1時間番組で、1人の歌手、グループの曲を2~3曲ずつ、
かけてくれて、2回だけ、120分テープの両面に録音した。

必ずしも夏の曲をかけたのではないが、この季節になると、
よく引っ張り出しては聴いたので、テーマ曲のボサノバ風の、
フルートの曲は、夏=ボサノバという自分のイメージになり、
テープに録音されている人たちも、夏と結びついてしまった。

岸田智史に庄野真代、大塚博堂や因幡晃などに交じって、
オフコースも流れて、こちらは「ジャンクション」からの選曲、
なかでも鈴木康博の作、歌唱による「潮の香り」に至っては、
どこから聴いても夏の湘南を歌った風物詩で、季節と一致。

「夕凪 陽は暮れまどい 遠くに港の灯 見え隠れして」と、
冒頭の一節だけを取っても、夕方の暮れゆく海辺の風景を、
ここまで見事に表現した歌詞はないと思うし、最後の方では、
「陽がおちた海岸道路 向こうのあの灯は葉山の町」とまで。

小学生の頃、遠足で海の方へ行き、海岸道路を歩いたのが、
浮かんできて、小学校の遠足なんて、午後3~4時過ぎには、
学校に戻るから、現地で夕日を見たなんてありえないのだが、
この歌を聴くと、あの時に、日が暮れる中を歩いた気になる。

大学の頃、ギター教室の先生が、江ノ島のダンスパーティで、
演奏するので見に来いと言われ、早めに着いたので、しばらく、
喫茶店で外を見ていると、次第に暮れゆく海辺に灯がともって、
これはまんま「潮の香り」の情景じゃないかと、すごく感動した。

オフコースの曲で、鈴木が書く曲は、コード進行が凝っていて、
「潮の香り」では、代理コードを用いたような転調の繰り返しで、
よくそこに、違和感なくメロディーが載っていると思うし、途中で、
半音上っているのも、自然に繋がっているから気づかなかった。

ただ、これを原曲に合わせて、口ずさむには、転調も平気だが、
自分の作ったオケに合わせて歌うと、すごく音程が取りにくく、
ただでさえ音痴の自分が、メロディを間違えたり、フラットしたり、
シャープしたりと、微妙に音程が合わなくて、かなり聴き苦しい。

間奏のシンセソロはアドリブではなく、作曲されたものだろうが、
すごく曲にマッチしていて、エンディングでは、転調に合わせて、
間奏と同じフレーズを1音半上げて弾いて、対位法ではないが、
追加のシンセで、対旋律のようなフレーズを加えて盛り上げる。

このシンセの音色は、いわゆるムーグの典型的な音だと思うが、
自分のギターシンセの128種のプリセット音になく、384種ある、
基本音色を確認しても同じものはないので、ムーグ系の音から、
2つミックスしてフェイザーでうねらせ、雰囲気だけでも似せた。

さらに小田は、音程を上下するピッチベンドをやたら使っていて、
もともとギターのチョーキング奏法(ベンド)を再現する機能だが、
ギターより派手に音程を行ったり来たりさせているので、ちょっと、
ギターのチョーキングでは1音半が限界で、ニュアンスが出ない。

スライドバーを使ってみたが、逆にフワッとした感じで、定まらず、
そのうえ、バーを動かすノイズや、別の弦の音をシンセが拾って、
とんでもない音に変換してしまうし、きっちりと消音して弾いたら、
逆に音が途切れてしまい、結局、チョーキング交じりで妥協した。

今回、録音していて、一番やる気をなくしたのが、ドラム入力して、
バンドスコアを見ながら、ガイドラインのメロディをまずは録音して、
それからベースを録音、次にやるガットギターのリズムパターンを、
確認しようと、原曲を聴き返すと、音程が半音違うことに気づいた。

よくギターがカポタストをつけて弾くよう、移調してあるのはあるが、
この場合は、単純にA♭調から始まるのを、なぜかAになっていて、
ハードロックじゃあるまいし、半音下げチューニングで弾いたなら、
レコードと合うという具合で、その指示もないし、単なる採譜ミスか。

これに気づいて、しばらく、やり直す気がしないなと思っていたら、
なかなか梅雨も明けないので、ショック(?)が癒えるのを待って、
今回の演奏になったわけで、実際、リズムギターやギターシンセは、
半音下げチューニングにして、バンドスコアを見ながら、演奏した。

ギター教室に通っているとき、歌伴の実践でよくあることだからと、
スタンダード曲のメロディ、伴奏を、その場で、半音上げてみたり、
時には、4度とか5度上にずらして、初見で演奏する練習をしたが、
今はもう無理で、これが半音下げでなければ、楽譜を書くところ。

バンドスコアには出ていないが、パーカッションもいくつか使われ、
左チャンから、コンガと、カチッとスティックを鳴らす音、右からは、
最初マラカスかと思ったら、ギロのようで、ギザギザのついた物を、
いくつか試してみて、ペットボトルキャップをこすることで代用した。

この週末は、久しぶりに太陽を見たどころか、真夏日という暑さで、
そろそろ梅雨明けしてもよいだろうに、東京は、もう1日待つ模様、
一足先にオフコースの夏の曲「潮の香り」ですが、シンセは今一歩、
歌うキーが低いのに音程がグダグダになり、心はまだ梅雨空です。




スポンサーサイト





西城秀樹のカバーでも知られるオフコース「眠れぬ夜」
昨年の今頃、真夏日だ、猛暑日だと連日の騒ぎだったのが、
まるで嘘のように、今年は、まだ梅雨もあけず、日中こそは、
蒸し暑い日もあるが、梅雨寒のせいで長袖に上着をはおり、
夜中や朝方には、しまいそびれたストーブを使うこともある。

夏の歌よりは、雨にまつわる曲を、もう1曲くらいやろうかと、
オフコースの「眠れる夜」に決め、カーペンターズで有名な、
「雨の日と月曜日は」を意識したのかは不明だが、歌詞に、
「眠れない夜と雨の日には」とあるので、雨の曲リスト入り。

「眠れぬ夜」は、オフコースが75年にシングル盤で出して、
デビュー当時からの知る人ぞ知る存在だったのに比べて、
多少ヒットしたが、何と言っても、この曲を有名にしたのは、
80年に西城秀樹がカバーし、歌番組で流れたのが大きい。

オフコースは、その頃には小田と鈴木のデュオ形式でなく、
5人のバンド体制となり、「さよなら」が大ヒットしていたから、
自分も、「あのオフコースの曲を西城秀樹が歌うのか。」と、
印象に残ったし、お茶の間の反応も似たり寄ったりだろう。

ただ、当時は、まだ歌謡曲とフォーク・ニューミュージックの、
深い溝のようなものが、当人以上にファン側にあったから、
オフコースの曲を、アイドル歌手がカバーすることについて、
ファンの反応はどうだったか、厳しいものがあった気がする。

それより前、76年に、「いちご白書よもう一度」で有名な、
バンバンが、グレープの「無縁坂」をシングル盤で出したら、
ばんばひろふみがレギュラーで出演しているラジオ番組に、
グレープのファンから、抗議のハガキが何通も舞い込んだ。

「あの曲は、さださんの曲です。歌わないでください。」など、
懇願、悲痛な叫び、怒りのハガキが数多くて、この騒動は、
何週かに渡り取り上げられ、バンバンの「歌というものは、
歌い継がれていくもの」の真摯な説明も、納得しなかった。

タイミングも悪かったというか、グレープが解散したばかり、
まだ、さだのソロ活動が始まるかどうかも不明だったので、
本人達が歌えないのを良いことに、その隙をついたように、
シングル盤を出すのは、ファンには許せなかったのだろう。

アレンジも、バンバンらしく変えたというか、「いちご白書」、
「霧雨の朝突然に」と同様に、ロック系統のリードギターが、
派手にアドリブして、自分なんかは、格好良いと思ったが、
グレープのファンには、名曲をぶち壊されたと感じただろう。

そんな自分のリアルタイムの経験から、西城秀樹の場合も、
オフコースのファンからは、許されなかった気もするのだが、
今、聴き比べても、かなり原曲に忠実なアレンジとハモリで、
西城秀樹が、この曲を大切に思ってくれていたのが伝わる。

オフコースの75年に出たサードアルバム「ワインの匂い」は、
後にメンバーとなるドラムなどが、バックに参加する以前で、
演奏も小田と鈴木が中心だった頃で、昔のライブ音源では、
実際にピアノとギターの2人だけで演奏していることも多い。

レコードでは、2人でコーラスを重ねて、メロディに呼応し、
わきあがるような厚いハーモニーが、初期の特徴なのが、
ライブでは、メロディのユニゾンと、3度のハモに変えたり、
それはそれで、味わいがあり、2人の時期の貴重な演奏。

YouTubeには、76年1月のラジオでの2人だけでやった、
「眠れぬ夜」の音源があり、77年にはバンド形式となって、
ほぼレコードどおりだが、ここでも、ハモリは二人だけで、
78年のメドレーでは、ベースの清水がメロディを歌った。

活動休止となる82年のライブでは、5人となってからの、
よくあるパターンで、過去の曲を、かなりロック調というか、
AORや産業ロックのアレンジにすることがあり、これも、
かなり激しい演奏になっていて、自分的にはかなり苦手。

自分がカバーする際、基本的に完コピを目指すのだが、
プロ、本人の演奏に対しても、それを求める性分なので、
例えば、佐野元春が「アンジェリーナ」をスローにした時、
ものすごい違和感を感じて、ライブが楽しめないでいた。

そんなわけで、オフコースの「眠れぬ夜」は原曲どおり、
なるべく近づけたが、歌声、歌唱力は、どうにもできず、
バックのコーラスも、裏声の限界よりも高い音程なので、
声が掠れたうえに、音程もフラットしまくっているままに。

アコギは12弦ではないと思うが、左右に振っているので、
2チャンネルを使って、2回重ねて、ピアノは、スコアには、
エレピとあるが、低音のハンマーの効いた音は生ピアノ、
右手の和音もそれっぽいので、グランドピアノの音色に。

イントロではシンセのフレーズがあって、その音と違うが、
歌の繰り返しで、シンセかエレピの和音が鳴っているので、
シンセパッドの似た音が見つからないので、エレピにして、
最後にメロディをなぞる音が聴こえるも、エレピにしておく。

「海の日」を含む三連休も、雨模様という、今年の天気から、
歌詞に雨が出てくるオフコース「眠れぬ夜」をやりましたが、
三声のハモリの最上部が出ないうえ、コーラスがずれたり、
ダブルトラックでごまかしても、あいかわらずの歌声でした。






Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.