FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
更新に困った時のデパペペからロックっぽいリフの「サバンバ」
毎週の更新をやめて久しいが、新元号の令和になってからは、
さらにブログが放置状態となってしまい、このまま6月になると、
いよいよもって、ブログのトップにスポンサーサイトが出る事態、
いくら何でも、それだけは避けようと、無理やり更新することに。

この1か月の間、ギターそのものは、毎日何かしら練習したり、
演奏したい曲を聴き込んだり、めぼしい楽譜やCDはないかと、
Amazonを検索したりと、ブログ更新の準備は怠りないものの、
いざ録音しようとすると、何だか、モチベーションが上がらない。

ギターは何本かをケースに入れずに、枕元に置いてあるので、
すぐに手に取って、きちんとした練習とまではいかないにしても、
何かしらをパラパラと弾くのだが、いざ録音しようと思った途端、
MTRを箱から出し、コンセントにつなぐのが、面倒くさく感じる。

それに加え、いずれ詳しく愚痴を含めた記事を書くつもりだが、
MTRの電源コードが断線して、録音中にデータが消えてしまい、
やる気がかなり失せたり、右手人差し指の突き指が癖になって、
ピックを持つのも辛い状態だったりと、負のバイアスがかかる。

それでも、デパパぺとかの、アコギ二重奏なら、すぐ完成だと、
先週くらいから、どの曲が良いか、少しずつ練習をしていくが、
どうしても弾けない部分があったり、急に気温が上がってきて、
もっと夏らしい曲が良いのではと、あれこれと目移りしたりする。

インディーズ時代のセカンド、「スカイ!スカイ!スカイ!」の、
「サバンバ」は、ロス・ロボスのヒット曲「ラバンバ」とサンバを、
かけ合わせたようなタイトルで、ラテン系=夏をイメージできて、
実際の曲のリズムはサンバと違う気もするが、この曲に決定。

実は、今回、YouTubeで「ラバンバ」を聴こうと、検索するまで、
この曲は、ジプシー・キングスのヒット曲だとばかり思っていて、
そういえばロス・ロボスっていたよなあと、今さらながら気づき、
自分の得意ジャンルでないと、いかにいい加減だったか実感。

デパペペは、メジャーレーベルからのデビューアルバムにも、
「ラタンタ」という曲があって、これは、「ラバンバ」とラテンとを、
かけたタイトルなのか、さらに「ランバダ」あたりもかかるのか、
インスト曲は、どうやってタイトルをつけるのか、本当不思議。

デパペペに限らず、同じアコギデュオのゴンチチにしても同様、
フュージョンのプリズム、カシオペア、スクエアの曲名もそうだし、
さらには、クラシック音楽の大半も歌詞がない楽器演奏だから、
作曲者のイマジネーションとしか、言いようがない部分が大半。

この「サバンバ」も、サンバより、エイトビートのロックギターの、
定番のようなリフから始まり、それもハードロックで多用される、
低音の5・6弦で5度の和音を弾く、パワーコードになっていて、
続く単音のフレーズも、ロックやブルースのベースラインに近い。

さらには、いつものように、メロディと伴奏を交互にとりながら、
オクターブ奏法のサビをはさんで、お互いにアドリブを弾くが、
これも、ブルースのフレーズが飛び出して、ラテン系というより、
ロック系フュージョンで、音楽の好みが、自分に近い気がする。

演奏もブログの文章も、やっつけ仕事で、お恥ずかしいのだが、
あまりにサボるのも、ますます、怠け癖が悪化する一方なので、
困った時のデパパぺという、自分の更新手段の王道を使って、
アコギ二重奏でロックっぽい「サバンバ」を無理やりアップです。




スポンサーサイト





ビートルズのカバーでベックが縦横無尽に弾きまくる「シーズ・ア・ウーマン」
改元をはさんでの10連休は、結局、どこへも出かけずに、
ただ自宅でゴロゴロしていて、時間はいくらでもあるのに、
ブログ用音源の作り置きをすることもなく、ほんの少しは、
いつもよりギターの練習をしたくらいで、最終日を迎える。

平成に別れを告げて、新しい元号、令和を迎えるといった、
各テレビ局の特番を見て、この30年を思ったりはしたが、
それで、何かをこのブログでやろうとか、特に思いつかず、
令和最初となる記事も、粛々と、いつものように曲を演奏。

しいて、こじつけるとしたなら、平成の最後に買った楽譜が、
ジェフ・ベックのバンドスコア「ブロウ・バイ・ブロウ」なので、
平成最後の楽譜を、令和最初の演奏にという、元号越しの、
記念すべき演奏と言えるが、特段、意味のある曲でもない。

昨年の9月、「ワイヤード」のバンドスコアが復刻したので、
「ブロウ・バイ・ブロウ」も出してくれないか、期待していたら、
2月発売予定とわかり、Amazonでクリックしようとしたときに、
アルバム全曲の楽譜ではなく、2曲カットされていると気づく。

全9曲から、「シーズ・ア・ウーマン」と「エアー・ブロワー」が、
カットとなるが、残りの7曲のうち6曲は手持ちの楽譜があり、
全曲版が欲しかったのは、このカットされた2曲だったのにと、
がっかりしつつ、現物が届く前に気づいてよかったと冷や汗。

そうなると、カットされた2曲をどうしても手に入れたくなるし、
それを演奏したくなるのが、ないものねだりの自分の悪い癖、
新品の定価に比べて、割高になるのは納得できないのだが、
19年前に出た全曲版の古本を、Amazonの出品で購入した。

待望の2曲から、「シーズ・ア・ウーマン」を、まずは取り組み、
ドラムから入力、この曲はレゲエのリズムのせいもあるのか、
パーカッションも入っていて、かなり、この入力に手がかかり、
MTR内蔵ドラムマシンにないティンバレスは、別録音にした。

ベックのギターは、YouTubeで見れるテレビ出演の映像では、
アルバムジャケットにもあるレスポールで、この曲を弾いたが、
レコードの音は、どう聴いてもストラトで、ジャケットとは違って、
レスポールを弾いていない曲が、わりと多かったと今頃知る。

テレビ演奏は、当時無名で、翌年ベックがデビュー作を手伝う、
アップというキーボードトリオがバックを務めたが、放送時期は、
74年9月で、「ギター殺人者の凱旋」のレコーディング開始は、
12月だから、アルバムより前に、この曲を演奏したことになる。

アルバムプロデューサーが、ビートルズを育てたと言って良い、
ジョージ・マーティンだから、そのマーティンがアドバイスしたか、
ベックが敬意を表して、ビートルズの曲をカバーしたとばかり、
ずっと思っていたので、もともとのレパートリーと知って驚いた。

映像では、レコードのレゲエ調よりは16ビートに近いリズムで、
最初はトーキングモジュレーター主体で、後半はピックではなく、
指弾きにしていて、今のベックのピックなしの指弾きスタイルは、
この頃から得意としていたのがわかり、その点でも貴重な映像。

トーキングモジュレーターは、BBAライブでも、効果的に使われ、
一時期のベックのお気に入りアイテムだが、今回の録音に際し、
じょうごとホースで自作しようかと思いつつ、MTRのエフェクトに、
トーキングボックスがあり、オートワウに近い音色だが妥協する。

この曲のベックのアドリブは、フレーズの宝庫と呼べるくらいに、
次から次へと流れるように、様々なフレーズが繰り出されるうえ、
音色も生音から歪ませた音、甘い音からエッジのきいた音へと、
ボリューム、トーンコントロール、ピックアップの切り替えが見事。

高1の頃は、ギターを歪ませずに生音にして、スケールっぽい、
フレーズを弾くだけで、これはジャズだと大騒ぎしていたから、
ベックが、曲の途中で、ものすごい速さで弾くジャズフレーズは、
感動しまくって、必死になり、ベックのフレーズを練習していた。

小林克己「ロックギター教室・中級編」に、完コピギター譜が、
練習教材として載り、カラオケテープも付いていて練習したが、
今回買ったバンドスコアと微妙に違うし、一部のフレーズだけ、
土屋昌巳が解説した、ソニー出版「エレキギター」とも異なる。

ベックのジャズ風フレーズは、純粋なジャズギターというよりも、
ギブソンのギター開発に携わり、そのモデル名にもなっている、
レス・ポールのトリッキーなフレーズが元になっているだろうし、
ヤードバーズでの名演「ジェフズ・ブギー」の3連リックも同様。

テンポがゆっくりとはいえ、32分音符で流麗に弾ききるのは、
けっこう難しくて、ここで録音を中断して、2日ほど練習するが、
このフレーズも、楽譜が三者三様のうえ、自分で聴いた感じと、
どれも違っていて、それぞれを参考にして、それっぽく弾いた。

ジェフ・ベックがビートルズの曲を、「ギター殺人者の凱旋」や、
テレビ出演に、ヤン・ハマーとのライブアルバムでも演奏した、
お気に入りと言える「シーズ・ア・ウーマン」を、スタジオ録音に、
できるだけ近づこうと、改元をはさんで気合を入れ弾きました。











Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.