FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
黄金色に街を染めて、中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」
今年も、何かクリスマスの曲を演奏しようかと考えていると、
FNS歌謡祭に中山美穂が出て、26年以上前の大ヒット曲、
「世界中の誰よりきっと」を歌っていて、この曲は直接には、
クリスマスソングでないが、それに近いから演奏することに。

中山美穂が、デビュー当時のWANDSをバックバンドに従え、
「世界中の誰よりきっと」を出したのは、年末だったことから、
歌詞とは別に冬のイメージがついて、テレビ番組によっては、
クリスマス風の衣装やセットで歌ったから、余計にそうなる。

歌詞には、「眩しい季節が、黄金色に街を染めて~」とあって、
自分は夏の日差しあふれる風景を想像したが、クリスマスで、
金色の装飾に彩られる街と取れなくもないし、曲のアレンジを、
クリスマス向けのパーティ感が出るように変えたという逸話も。

中山美穂は、以前にも、竹内まりやの「色・ホワイトブレンド」、
角松敏生の「ユア・マイ・オンリー・シャイニー・スター」といった、
ニューミュージック系の名曲が多く、気に入っていたこともあり、
WANDSと組んだこの曲は、アルバムを待たずシングルを買う。

この曲が入った中山美穂のアルバムは、翌年に発売されたが、
ヒットを受けて急遽出そうとしたのか、過去の曲とのベスト盤で、
かつて角松敏生とやったような、WANDSとのアルバム作りや、
新曲を出すこともしなくて、この1曲のみで、もう組むことはない。

中山美穂とWANDSとは、事務所が別で、権利関係のせいか、
シングルCDには、WANDSの上杉昇がメインボーカルとなる、
スローバージョンがあるが、WANDSのデビューアルバムには、
どちらも収録されずに、アレンジまで変えて録音し直している。

今回演奏するに際し、歌うキーとしては、当然ながら1音低い、
WANDSバージョンの方が向いているが、曲のアレンジとなると、
バラードから8ビートへと変更した「クリスマスのパーティ感」が、
良いし、テレビでよく見たのもこちらだから、無理やりに歌った。

1音下げたら、上手くなるわけもないが、アコギのソロギターで、
しっとりと始まり、インテンポになっても、最初はアコギ伴奏で、
やがて、エレキギターのリフになるという、WANDSバージョンも、
捨てがたく、こちらも楽譜があったので、どちらも演奏してみた。

歌のハモリは、男声と女声との音域の違いのせいもあるのか、
原曲の中山美穂のメインメロディに、上杉がハモっているのと、
スローバージョンやWANDSバージョンで、上杉がメインのでは、
ハモリが違っていて、基本、女声が上のパートをハモっている。

サビの「世界中の誰より」と歌うところで、最初はユニゾンだが、
中山のメロディに対し、上杉が基本的に3度下でハモっていて、
上杉のメロディには、4度や5度上となり、下でつけるハモリを、
単に1オクターブを上げたのではなく、別のラインになっている。

WANDSバージョンは、当然ながら、中山美穂は参加してなくて、
ビーイング繋がりで、B.B.クイーンズ出身の宇徳敬子が担当、
もしかすると、中山美穂のバージョンでも、左チャンネルからの、
上杉とは違う声の高音のハモリは、宇徳だったのかもしれない。

クリスマスソングとするには、ちょっと、こじつけっぽかったうえ、
中山美穂バージョンにしても、WANDSのバージョンにしても、
かなり歌に無理があり、何だかギターソロも中途半端な出来で、
ちょっとお粗末な「世界中の誰よりきっと」の二本立てとなります。











おそらく、これが今年最後の記事、演奏になると思いますので、
年末の挨拶には、まだ早い気もしますが、「メリー・クリスマス&
ハッピー・ニュー・イヤー」というところで、拙ブログへのご訪問、
コメントへ感謝しながら、皆さまも、よいお年をお迎えください。


スポンサーサイト





ポケベルのCM曲だったDEEN「このまま君だけを奪い去りたい」
何かの記事で、FNS歌謡祭の第二夜にDEENのボーカリスト、
池森が出ると知り、楽しみにしていたが、放送日を忘れていて、
たまたまテレビをつけたら、「このまま君だけを奪い去りたい」を、
歌っているところで、ついているような、ついていないような気分。

これまた記事で知ったことで、DAIGOがビーイングのヒット曲を、
カバーして、いくつかの曲は御本人参加のアルバムが出たので、
何かの歌番組でデュエットするかなと思っていたら、このFNSで、
DEENとデュエットしていて、これは、これで、面白い試みだった。

ただ、2番を歌わず、サビの繰り返しで終わるテレビ向けの尺で、
途中から見たから、すぐ終わったのかと思ったほど、あっさりで、
夏にやった「TBS音楽の日」で、ギターソロの前で終わったのも、
がっかりしたが、さらに短くて、歌番組とは、そういうものなのか。

池森の歌声は、もともと、絞り出すような歌い方で、25年前に、
テレビからドコモのポケベルのCMで、この曲が流れてきた時、
その独特の歌い方が、メロディと相まって、せつなく聴こえたが、
FNSでは、すごく苦しそうに聴こえて、時の流れを感じてしまう。

ミスチルの桜井が脳梗塞を起こしたり、徳永英明はポリープで、
あんな歌い方をするからだと思ってしまうが、池森も同様なのか、
真偽はともかく、ファンの間でも、喉を痛めたとか、手術したとか、
推測が飛び交ったようで、YouTubeのコメ欄にもわりと出ている。

聴き比べでもないが、そうしたYouTubeでのライブ映像を見ると、
25年分もあるからか、出来不出来というか、レコードそっくりに、
歌っているかと思うと、声が出なくて、途切れ途切れになったり、
原曲よりキーを下げていたり、かなりムラのあるボーカルのよう。

演奏にしても、必ずしもレコードどおりのアレンジだけではなくて、
イントロを変えたり、オーケストラを加えたり、いろいろやっていて、
かなり原曲に近いフルコーラスで演奏する際も、ギターの田川は、
間奏のソロを多少変えて弾くので、これまた、自分的には不満が。

田川は二代目ギタリストなので、デビュー曲には参加してなくて、
一応レコードを意識したフレーズを弾くが、自分流に変えていて、
自分は、ジャズやクロスオーバーは、当然アドリブ中心で良いが、
AORやニューミュージックでは、ライブでも同じにしてほしくなる。

ビーイングは、自分の想像だが、もともとあるバンドではなくて、
デビューさせたいボーカルがいると、ソロ歌手ではなく、バンド、
あるいはユニットの形に組ませ、音楽学校で鍛えられたような、
スタジオミュージシャンの卵を、バックにつけていたように思う。

特にギターで感じていて、松原正樹、今剛とはフレーズも違って、
それも、バンドごと、ベテランのTUBEの春畑は当然のことだが、
WANDS、DEEN、FIELD・OF・VIEWのアルバムを聴いても、
個性が分かれるので、それぞれのギタリストが弾いていると思う。

また、ビーイングで面白いのは、シングル曲の大半の作曲では、
織田哲郎が担当して、作詞は、歌う本人、ZARDは坂井和泉で、
WANDSは上杉昇だが、その坂井や上杉が他の歌手、バンドに、
楽曲提供することもあり、ビーイング全体がユニットのようでも。

DEENの「このまま君だけを奪い去りたい」も、作曲は織田哲郎、
歌詞は上杉昇なので、なぜWANDSでなくDEENで出したのか、
WANDS自身も、セカンドアルバムに収録して、セルフカバーと、
言えなくもないが、作ったの本人なのに、二番煎じの印象がする。

それを意識してか、上杉は歌詞やメロディを変えていて、歌詞は、
「心震えるほど愛しいから」を「心震えるほどに」と、1文字を追加、
メロディーは、細かく歌い回しも変えていて、歌詞は書いた本人が、
どういじろうと自由だろうが、メロディまで変えるのは、どうなのか。

織田哲郎のセルフカバーアルバムを聴くと、わりと淡々と歌って、
かなりDEENともWANDSとも印象が違うが、メロディラインでは、
DEENとほぼ同じなので、これが原メロディだろうし、ユーミンが、
ハイファイセットの曲を歌う時のように、アレンジの違いも面白い。

ギターソロも、DEENの場合は、間奏の転調していくコード進行を、
なぞるようにして、そこへ早弾きを入れるTOTOのルカサーのよう、
WANDSの柴崎は、実際はルカサーフリークだが、あえて変えて、
ジェイ・グレイドンのようなハモリのギターで、見事にソロを決める。

こういう演奏を聴くと、先に書いたように、スタジオミュージシャンを、
使わずに、それぞれのバンドのギタリストらが演奏していると思うし、
そもそも、スタジオミュージシャンに匹敵する力量をもつ有望株を、
音楽学校から見つけてきて、バンドに入れているのだろうと思える。

どちらのバージョンのギターソロも、完コピしたいくらいに格好良く、
以前、バンドスコアを検索すると、DEENがシンコーミュージックの、
「ちょっと懐かしいJ-POPあつめました」に載っているが、他の曲は、
B’zが大半なので、ダウンロード楽譜でDEENの1曲のみを買う。

「ちょっと懐かしい~」には、WANDSの曲も4曲入っているのだが、
「このまま君だけ奪い去りたい」ではないので、ジェイ・グレイドン風、
ギターソロはあきらめて、ルカサー風ソロを再現するようオケ作り、
もちろん、一番のネックは歌で、池森の歌い方の再現は、まず無理。

自分は腹式呼吸ができず、喉声だから、DEENっぽくなるかなと、
ちょっとトッポ・ジージョ気味にしたら、自分で聴いても不快になり、
普通に歌うことにしたが、自分の地声の限界はギター1弦のGで、
この曲はA♭を出す必要があって、そこは、かなりごまかして歌う。

YouTubeでは、ものまね芸人の「しばっち」という人が、この曲を、
解説していて、「デフォルメしすぎないで、丁寧に歌って下さい。」と、
まるで、自分に言われているようで、「語尾に『が』をつける。」は、
ギャグっぽいが、伸ばした後に声を切る癖をうまく表現している。

さすがに、自分は「はしゃぎー疲れーっが」とまでは歌わないが、
息つぎせずに、つなげて歌うほうが似ると勘違いしていたところ、
つなげるようで、フッと区切って歌うと、それっぽくなるんだなあと、
すごくためになるアドバイスで、ブレスを多少意識して歌うことに。

ポケットベルが来年終了するというニュースも流れて、どことなく、
タイムリーな気分で、DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」を、
演奏し、ギターソロは、かなりいい感じになったと自負してますが、
ボーカルは、最不調の時の池森の足元にも及ばない出来でした。





竹内まりやがビートルズを歌った「マージービートで唄わせて」
竹内まりやのデビュー時、大学の音楽サークル出身と知り、
ちょっと見た目が良ければ、すぐレコードを出せるんだなと、
馬鹿にしていたら、「セプテンバー」はレコード大賞新人賞、
「不思議なピーチパイ」もヒットし、TV「ベストテン」に出演。

いい曲だなとは思ったが、歌詞は松本隆や安井かずみで、
作曲は林哲司に加藤和彦、歌詞さえ自分で書かないのに、
ニューミュージックになるのか、アイドル歌手と同じなのに、
歳をくっているから、アイドルでは売り出せないのかと思う。

それでも、その2曲は気に入ったので、収録されたLPの、
「ラブソング」を買ったが、てっきりベスト盤だと自分は思い、
CMで流行した「ドリーム・オブ・ユー」が入っていないなあと、
不満に思ったりして、その後は、エアチェックもしなくなった。

そうしたところ、山下達郎と結婚したと知り、才能があれば、
男は不細工でも美人と結婚できるんだ、自分もがんばって、
ギターを上手くなろうなんて、単純に考えて、さらに数年後、
達郎プロデュースで、活動再開したアルバムは、すぐ買う。

これは、どちらかというと、山下達郎関連で買ったのであり、
「ライド・オン・タイム」でファンになり、旧譜を買い集めたり、
「フォー・ユー」や「メロディーズ」をリアルタイムで買ったり、
ライブにも行ったので、その流れの中の新譜としてとらえた。

何となく買ったのが、達郎のギターやコーラスが冴え渡って、
竹内まりやの楽曲も、タイトル通り、「ヴァラエティ」に富んで、
捨て曲なしの名曲だったし、癖の強い達郎のボーカルより、
すごく聴きやすい感じで、ウォークマンでも繰り返し聴いた。

達郎は、「オオウエッ」と吐きそうに、しゃくりあげて歌ったり、
さんまのブラックデビルの「クワッ、クワッ」のようになったり、
好き嫌いの分かれる歌い方で、演奏とコーラスに回った時、
村田和人や竹内まりやがボーカルの方が良かったりする。

その「ヴァラエティ」の中の、「マージービートで唄わせて」は、
ビートルズへのオマージュ、竹内まりやの実体験を元にして、
ビートルズに夢中だった少女時代を歌った曲で、自分にも、
共感できることばかりで、これ以上ないくらいのトリビュート。

歌詞にはビートルズという言葉や、メンバーの名前もないが、
マージービート、リバプールとくれば、それはビートルズだし、
襟なしスーツは初期のビートルズのトレードマークの衣装で、
あえてビートルズと名乗らないところが、すごくしゃれている。

1番の歌詞に出てくる、「あたなが話してる言葉も分からずに、
ひたすら追いかけた少女が、ここにいる私なの。」の部分には、
この中年オヤジもそうだよと、英語もろくにわからないままに、
必死で歌詞を覚えたりしたファンの気持ちうまく表現している。

後半に至っては、「あなたが消えてから、寂しくなったけど、
いつの間にか、大人になって、涙さえ乾いていた。」となって、
ビートルズの解散とも、ジョンへの追悼とも取れる言い回しで、
昔は実は聞き流していて、歳を取ってから心に染みるように。

文字通り、ジョンの訃報に接し、この世の終わりにみたいに、
泣きじゃくっていたのに、いつの間にか、この歌詞の部分を、
さらっと流せるくらいに、涙も乾いていたわけで、何年か前に、
ラジオで聴いた時、ハッとして、涙があふれて止まらなかった。

今回、カバーすることにして歌っていても、この部分になると、
泣けてきて、声が嗚咽になってしまって、何度も手前のところ、
オルガンソロが終わったところからやり直して、何とか歌うが、
ただでさえ、かすれがちな声が、何度も歌うと、ひどいことに。

先日買った山下達郎や竹内まりやの曲がメインのスコアに、
この曲は載っていなかったので、ネットのダウンロード販売の、
アットエリーゼで買って、譜面通り弾くが、山下達郎の編曲は、
実際のビートルズの演奏するパターンとは微妙に違っている。

ちょっと、それっぽくなるように、ジョンの弾くアコギを加えたり、
マラカスか何かでリズムを刻むのを、タンバリンに変えたりして、
完コピの主旨とはずれるのだが、ビートルズらしさが出るように、
この曲を拝借し、自分なりのトリビュートになったと自画自賛。

途中のコーラスは、まりやのサークルの先輩かつリーダーで、
ビートルズファンを公言する杉真理が参加し、達郎つながりの、
村田和人、伊藤銀次の3名の、これ以上ないメンバーが歌い、
自分としても、これはビートルズだなあと、嬉しくなってハモる。

「ウーランラン、アー、アー」となるのだが、「ウーラン」なんて、
日本公演でも歌った名曲「ひとりぼっちのあいつ」みたいだし、
「ウー」と「アー」が混在するのもビートルズらしい、おかげで、
下のハモを最初、逆にして歌ってしまい、アップ直前に気づく。
 
ウーとアーを間違えるなんてのは、ジョンのお得意だったから、
このままにした方がビートルズっぽいかと思ったが、この曲は、
ビートルズのカバーではなく、あくまでも竹内まりやなのだから、
明らかなミスは直さないとと、かすれた声ながら、歌い直した。

また今年も、ジョンの悲劇を思い出す時期が来てしまったが、
ビートルズでもジョンの曲でもなく、ちょっと変化球のカバー、
竹内まりや「マージービートで唄わせて」は、キーは低めでも、
やはり高音はきついし、歌唱力の違いは何ともしがたいです。






Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.