FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
今週は早めに更新のギブアップ宣言で、仕切り直しします
このところ、週末の更新が延期になってばかりの綱渡りで、
下手したら、土曜日に更新が延期になると、お知らせして、
日曜日か月曜日に遅ればせの更新をするのが恒例化して、
週末更新が形骸化しているのは、更新日付から一目瞭然。

それでも、土曜日から日曜へと日付が変わるギリギリまで、
クロスオーバーイレブンのオープニングのセリフでもないが、
演奏を続けたり、ブログの記事を書いたり、努力しているが、
今日は、もう開き直って、早い段階で、ギブアップすることに。

いつもの言い訳になるが、スクエアのオケ作りに取り組んで、
シンセの音色で挫折したり、キーボードの和音が複雑すぎて、
ギターで再現しようとすると、左手の部分で2トラックに分け、
右手など3トラックに分けないと、近接した和音を鳴らせない。

細かい楽譜を追っていると、次第に、何が何だかわからなく、
臨時記号まであると、目が疲れるし、前のトラックの録音には、
どの音まで弾いたか、わからなくなり、それこそ5段書きにした、
和音の楽譜に書き直さないといけないくらいで、本当に面倒。

演奏したいのはやまやまだから、保留にして、少しずつやるが、
じゃあ、今週の演奏はどうしよう、こっちなら楽かもしれないと、
ドラム入力を一晩かけて、翌日、ベースやシンセをやり出すと、
また同じようなことで引っかかったりという、その悪循環になる。

まあ、困った時には、ゴンチチやデパペペの二重奏で良いかと、
今日は土曜日出勤だが、帰宅して、夕食後に1曲くらいならば、
1~2時間で仕上がるさと、昼休みに候補の曲を選んだりして、
いざ、演奏しようとしたら、家族が朝早かったからと寝てしまう。

陽が伸びたせいか、我が家の老犬は、朝の4時に起こしに来て、
仕事のある平日は家族に任せ、土日くらい、こっちが起きるが、
今日は土曜出勤なので任せておいたところ、それで寝不足だと、
夕食後、8時前から横になり、ギターを弾くタイミングを逸する。

MTRに直接エレキをつないで、ヘッドフォンで弾くくらいならば、
多少は我慢できるだろうが、アコギのコードをガンガン弾くのは、
ギターの上手い下手を別にしても、疲れて寝ている人にとって、
大迷惑だろうし、まして、録音前の練習ではミスの連発は必至。

もう演奏は、デパペペのある曲に決め、他の曲にするつもりは、
ないから、迷うことなく日曜に録音するので、これも皮算用だが、
明日の更新は間違いないはず、今日は、開き直って、更新せず、
次週以降ののレパートリーを考えたり、録音用譜面を書くことに。

いつも、譜面と呼べるかどうか、イントロ、A、Bといったスコアの、
リハーサル記号が何小節目かをわかるような、簡単な楽譜を、
書いて、それを元に、ドラムのシンバルが何小節目の頭だとか、
タムのフィルインが何小節目だとか、わかるようにして入力する。

以前、それを間違えていて、ドラムに続け、ベースを録音すると、
途中でシンバルがなったり、ブレイクがきたりで、それでも自分は、
録音時には、フィルインや決めのリズムにつられたりしないように、
基本の8ビートや16ビートを鳴らしておくので、気づかないことも。

シンセなどもダビングして、ギターを録音したら、アドリブがずれて、
自分のリズム音痴かと、何度もやり直したら、オケの間違いと知り、
全部の伴奏をずれたところの手前くらいから、やり直すことになり、
きちんと小節を確認しながら、どの楽器も演奏しないとと反省した。

自分の家は防音室もないし、外のバイクの音とかは、すごく響いて、
明日にアコギの二重奏をやるとして、昼間に雨戸を閉めるわけにも、
いかないから、これも、夜になってからで、また、家族が寝ていたら、
いいかげんにしろ、いくらでも昼寝できるだろうと、言いたくもなるが。

そうなった時のために、昼間のうち、オケも少しずつ並行作業して、
アコギ二重奏かスクエアのどちらか、日曜か月曜になったくらいに、
アップできればよいと思っていて、そんな風に、お気楽で構わないし、
またまた言い訳だらけですが、見捨てず覗いてみてやってください。




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.