僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ジョージが歌い間奏もたっぷり「クライング・ウェイティング・ホーピング」
94年に公式盤として発売された、「ライブ・アット・ザ・BBC」は、
約20年後の13年に出た、「vol.2」も合わせると、CD4枚になり、
BBCラジオで放送された、ビートルズのスタジオライブの音源は、
ほぼ網羅されたが、当然、70年代はその存在さえ知らなかった。

以前も書いたが、海賊盤の名盤「イエロー・マター・カスタード」は、
レコードで没になったカバー曲を収録して、「アウト・テイクス」も、
オリジナル曲をレコーディングした際の、没テイクや別テイクだと、
ビートルズ事典や、海賊盤特集号の音楽専科にも書いてあった。

「スタジオ・セッション」の解説でも、「『アウトテイクス』と同じ曲で、
リハーサルを収録し~」などと書かれ、「ライブ・イン・イタリー」や、
「イン・アトランタ・ウイスキー・フラット」、「ストックホルム」なども、
「明らかに別の場所だが、どこかは不明」のライブ音源とされた。

何曲かは、「BBCテレビで放映」と書いてあり、BBCということは、
わかっても、アメリカの「エド・サリバン・ショー」のようなTV番組で、
放送されたのを録音した音源だとされ、実際にはラジオ番組とは、
思いつかなかったようで、専門家であっても情報が限られていた。

そんなわけで、自分はBBCライブが出るまでは、愛聴した海賊盤、
「イエロー~」は、スタジオでレコーディングしたのに、没になった、
カバー曲を集めたものと思い、当時は、日本編集盤で聴いたから、
「ビートルズNo.5」や「フォーセール」の頃の没テイクと思っていた。

このLPで特徴的だったのは、全13曲のうち、ジョージが歌う曲が、
5曲もあったことで、初期のアルバムでは、14曲のうち2曲くらい、
カバー曲やジョンが書いた曲を歌っていたが、その倍以上はあり、
それだけ、没にされた曲が多いということかと、ジョージには同情。

今は、これは没テイクでなく、BBCライブと判明し、CD解説では、
全92曲中、オリジナル曲では、ジョンとポールが圧倒的なのだが、
カバー曲となると、ジョンが30曲、ポール18曲、ジョージ16曲と、
リーダーのジョンは別格として、ポールと大差なく、ジョージも歌う。

ジョージのボーカルは、デッカ・オーディションやスター・クラブでも、
けっこうあって、アマ時代には、ジョンやポールがメインボーカルの、
オリジナル曲が少なかったし、カバー曲では、ジョージも対等扱い、
BBCライブは、レコードで出番が少ない分、歌わせてもらったか。

ジョージが歌い、間奏のギターソロも、ビートルズの曲では破格の、
16小節とかなり長い、「クライング・ウェイティング・ホーピング」は、
ラジオの海賊盤特集で聴いた時から、気に入って、デビューLPは、
「チェインズ」より、こっちにしてあげても良かったのではと思うほど。

ギターソロが長いのは、原曲でも、この長さで延々と弾くからであり、
ジョージは、ほぼ完全コピーで弾くから、自然と、こうなるしかないが、
歌にギターに、フィーチャリング・ジョージという貴重な曲で、珍しく、
アレンジも原曲に近くて、完コピのカバーゆえにLPからは外したか。

原曲を歌うバディ・ホリーは、ジョンがメガネを真似るほど敬愛して、
ポールは70年代になってからだが、曲の版権を買い集めるほどで、
そもそも、ビートルズというバンド名も、バディ・ホリーのバンド名の、
クリケッツに影響されて、昆虫の名前で、二重の意味にしたともいう。

そのホリーの曲は、公式録音では、「ワーズ・オブ・ラブ」の1曲だけ、
ホリーを敬愛するゆえに、安易にカバーしなかったとも言われるなか、
「クライング~」をジョージが歌い、さらにジョンとポールのコーラスで、
支えて、かわいい弟分に花を持たせたのは、ライブならではだろうか。

初期のコンサートの定番レパートリーで、ジョージの代名詞のような、
「ロール・オーバー・ベートーベン」は、もともとは、ジョンが歌っていて、
歌い飽きたので、ジョージへと譲ったと、ビートルズ本にはあるのだが、
これも、歌いながらリードギターも弾くスタイルを、やらせてくれた気も。

「クライング~」は、デッカ・オーディションでも演奏、早いテンポなのに、
ジョージは、完コピで弾ききっていて、やはりギターの腕前、実力では、
かなりのものだったが、作曲が苦手だったように、自分でアドリブして、
ソロを組立てるのができず、そのうちポールが弾くようになったのでは。

それでも、バンドスコアが手に入ったから、何とか演奏する自分に比べ、
ヒット曲や気に入った曲を、耳コピでカバーして、どんどん自分たちの、
レパートリーしていったビートルズは、聴音・ソルフェージュの能力から、
完コピする演奏能力といい、20代前後から、ライブで鍛えられていた。

驚いたことに、YouTubeには、ゲット・バック・セッションの演奏もあって、
何とも全体にゆるい演奏で、ジョンが主旋律に下のハモをつけみてり、
ポールも一緒になって、歌詞を変えて笑ったり、ほとんどお遊びに近く、
ジョージも完コピフレーズにしつつ、アマ時代とは別人に思えるほど雑。

マニアの絶叫の中のライブは、次第に、演奏してもしなくても同じだと、
だんだん手抜きになり、ジョージは間違えても気にしなくなっていって、
静かな日本公演で、下手になっていたと気づき、あせるポールに比べ、
ジョージはマイペース、レコーディング時代で、さらに下手になったか。

BBCライブのうち、「クライング・ウェイティング・ホーピング」は、昔から、
聴き込んでいたから、間奏のギターソロも鼻歌で歌えるほどだったが、、
間違えて覚えている箇所があり、歌詞も同様、ついつい、覚えたままに、
歌ったり、弾いてしまい、何度もやり直して、手癖の修正に苦労しました。



スポンサーサイト


ポールとジョージのハモがジョンを盛り上げる「ソルジャー・オブ・ラヴ」
アマ時代のビートルズは、当然ながら、自分たちで作った曲、
オリジナル曲は少なくて、一説には、デビューする頃までに、
100曲は作ったと豪語したらしいが、仮にそうだったとしても、
人前で演奏できるレベルの曲は、そうそうは、なかったと思う。

ハンブルクなどの酔客にしてみれば、無名バンドの新曲よりも、
ラジオかかるヒット曲やなじんだ曲、時には、ロック以外の曲を、
聴きたがったろうし、地元リバプールのキャバーンの常連でも、
事情は同じ、カバー曲のほうが、食いつきが良かった気がする。

デビューLPで、「蜜の味」という、毛色の違う曲を演奏したのも、
ライブハウスでは、映画音楽やスタンダード曲に、ムード音楽と、
ロックに疎い客層をも喜ばせるように、幅広くカバーしたからで、
「ティル・ゼア・ワズ・ユー」での名演も、下積時代があってこそ。

オリジナル曲が足りないことよりも、ライブバンドとしての実力を、
嫌というほど演奏してきたカバーで、聴かせようという目論見で、
デビュー作と2枚目は、どちらも全14曲のうち、約半分の6曲が、
カバー曲で占められて、オリジナルより演奏が安定しているほど。

正式レコーディングされなかったカバー曲は、BBC音源を始め、
デッカのオーディションテープ、ハンブルグのスタークラブ実況と、
数多くあり、ライブ録音の残っていない曲や、リハのみの曲まで、
合わせれば、それこそ、カバー曲も100曲以上はあったのでは。

そうしたレパートリーの大半は、主にBBCライブで聴けるのだが、
94年に出た最初の2枚組の解説には、BBCラジオでの演奏は、
延べ270曲以上で、曲目としては92曲、さらに、レコードにない、
未発表曲は40曲あって、そのうちカバー曲が38曲と書かれる。

その最初のCDには、未発表のカバー曲が29曲収録されていて、
海賊盤やラジオの特集でも聴いていない曲が、大半だったので、
「つのる想い」や「ア・ショット・オブ・リズム・アンド・ブルース」など、
聴き慣れた曲に比べると、当初は、違和感があり、とばしていた。

やがて、ビートルズ本で、BBCライブは、ビートルズの演奏能力、
ライブバンドとしての実力が、いかんなく発揮されていると読んで、
すぐに感化される自分は、かなり真剣に全曲を聴き込むわけで、
実際に、迫力ある演奏も多いし、コーラスが見事な曲も多かった。

そうやって聴いた、新曲ともいえるカバー曲は、これまでの持論の、
「ビートルズに捨て曲なし」が、ぶれることなく、どれも気に入るが、
自分が、ジョン派ということもあり、ジョンのボーカル曲は特に良く、
初期のビートルズは、ジョンの歌唱力だけでも、充分もったと実感。

ジョンが歌う、「ソルジャー・オブ・ラヴ」は、ジョンが敬愛する歌手、
アーサー・アレクサンダーによる曲で、彼の曲は、デビューLPでも、
アーサーの自作曲「アンナ」をカバーしているし、BBCライブでも、
「ア・ショット・オブ・リズム・アンド・ブルース」を歌うほど、力が入る。

デビュー前後のビートルズは、典型的な4人編成のギターバンドで、
BBCでも、マーティンのピアノや、他の楽器のダビングは行わずに、
ギター2本にベース、ドラムの編成で、ボーカルもメインボーカルに、
あとの2人がハモリをつけるという、初期の鉄板アレンジ曲が多い。

カバー曲も、原曲の大半が、ホーンセクションやピアノが入ったり、
何人もの女性コーラスが加わるような曲を、ギターで再現するよう、
見事にアレンジし、3人のコーラスでも、ハーモニーが厚くなるよう、
低音・中音・高音をうまく使い分け、原曲以上の出来栄えを聴かす。

10時間に及ぶ録音の最後、ジョンが声を振り絞って歌った伝説の、
「ツイスト・アンド・シャウト」の名演は、ジョンのシャウトも見事だが、
間奏のホーンセクションを、トリプルリードと言うと大げさすぎるが、
ギター2本とベースでハモって再現していて、アレンジも見事すぎる。

「ソルジャー・オブ・ラブ」も、イントロは、原曲のホーンセクションを、
ジョージとポールのリフから始めて、ジョンが途中から加わるという、
うまくギターで再現していて、歌の部分も、ジョンのメロディを挟み、
2人が、3度から6度と変化して、スカスカにならない厚みをつける。

この歌詞は、恋愛を争いに例えて、「振り上げた腕を下ろしてくれ」、
「降伏して穏やかに愛してくれ」と歌うが、、実際の戦場・戦争をも、
暗喩しているとも解釈でき、人類みな兄弟でもないが、武器を捨て、
平和のうちに愛し合おうという、メッセージが隠されているようにも。

ただ、ジョンが書いた歌詞ならともかく、原曲を歌うアーサーによる、
自作曲でもなく、いわゆる分業体制の職業作家が書いた曲だから、
恋愛にまつわる諍いを、愛の戦士になぞらえたというところだろうが、
いつもの悪い癖で、ついつい、想像が膨らみ、物語を作ってしまう。

愛し合った彼女が、実はスパイだったとか、それぞれの祖国同士が、
戦争状態となってしまい、偶然、戦場で2人が出会ってしまったとか、
漫画や映画の見すぎじゃないかというほど、陳腐な話を思いつくが、
こういうのは、小学生の頃、落語家や漫画家を目指した名残だろう。

石森章太郎が、まだ石ノ森ではない頃、マンガ家入門を2冊出して、
台詞のない漫画の例で、戦場で銃を向けあう兵士の漫画があって、
いつ撃ち合ってもおかしくない状態で、互いに、幼い頃の出来事や、
故郷の恋人を思い出すうちに、銃を置いて、少しずつ近寄っていく。

戦場の兵士であっても、帰るべき故郷があり、待ってくれている恋人、
家族があるんだ、俺もそうだし、敵のあいつだって、そうじゃないか、
そんな気持ちが互いに芽生えて、手を差し伸べあうと、爆弾が投下、
おそらく2人とも助かるまいと、何とも皮肉な結末を突きつけてくる。

「夜は千の目を持っている」という漫画も、マンガ家入門に出ていて、
「サウンド・オブ・ミュージック」をモチーフにしたようだが、もっと重く、
歌の好きな家庭教師と、兄弟姉妹とが交流していく中、その父親は、
スナイパーの過去を持ち、昔の仲間に脅されるという社会派物語。

ついつい、この曲の歌詞で想像が広がるが、バンドスコアの解説に、
「歌詞がイカしているこのナンバーを、ジョンが誠実に情感を込めて、
歌っているのが伝わって~」とあり、それだけ、歌詞が大切な曲らしく、
恋愛と、戦場と、どちらの意味もくみつつ、自分も歌詞を覚えこんだ。

ただし、ビートルズの歌詞カードは、初期の曲、それもカバー曲では、
いまだに間違いが多くて、ましてBBCライブだと、かなりいい加減で、
CDブックレットの最後には、「ライブ録音のため、歌詞及び対訳に、
一部異なる箇所があります。ご了承下さい。」と、開き直りの一言が。

もちろん、ジョンが誠実に歌ったというこの曲も、歌詞の順番とかが、
原曲と変わっているが、それ以上に、単語の聞き取り間違いが多く、
歌詞カード、バンドスコアの歌詞、YouTubeの歌詞つきの動画と、
それぞれ見比べ、聴き比べして、何とか正しい歌詞に近づける次第。

書き取った歌詞を必死で見るが、センテンスの切れ目でない部分で、
メロディが切れたり、裏拍から入って、早口になったり、難しいうえに、
さらに、この曲でも、ジョン節という、こぶしに近い独特の歌い回しが、
ところどころ出てきたり、40年前から歌っている曲でもないから大変。

何度も出てくる、「レイ・ダウン・ユア・アームズ」の「ア~ア・ム~ズ」と、
原曲のメロディにもある抑揚を、ついつい、ジョン節を意識し過ぎて、
さらにひねったこぶしを加える癖が出て、バックコーラスに紛れるから、
歌っているときは気づかないが、再生すると、ひどくて、録音し直した。

BBCライブから、ジョンの名演と言われる「ソルジャー・オブ・ラヴ」は、
ポールとジョージのコーラスは、高音が少なく、いつもよりましだが、
やはり、ジョンの歌いまわしが難しすぎて、音程が危なっかしいうえに、
最後のシャウトも、声がひっくり返り、まだまだジョンには近づけません。





ヒット曲カバーでもジョン節「キープ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー」
94年11月に、未発表曲を含む新作として、大々的に出た、
2枚組のCD、「ザ・ビートルズ・ライブ!!・アット・ザ・BBC」は、
フュージョンばかり聴いていた自分も、飛びつくように買うと、
いくつかは海賊盤で聴いていた曲、それも同じテイクだった。

アルバムに未収録のカバー曲を集めたとされた、海賊盤の、
「イエロー・マター・カスタード」も、BBC音源なら、アルバムの、
別テイク集とされた「アウト・テイクス」も、BBCで演奏したうち、
公式盤の曲を選んだに過ぎず、どちらもラジオ録音とわかる。

自分が持っている初期の音源の海賊盤は、「イエロー~」に、
「ウイスキー・フラット」、ゲット・バック・セッションの曲も含む、
「ピース・オブ・マインド」だが、ハリウッドボウルのライブ盤の、
別テイクとされた「ウイスキー~」も、どうやらBBC音源のよう。

BBCライブ音源が正規盤で出て、ラジオで放送された曲目の、
ほぼ全貌もリスト等で明らかになったが、カバー曲について、
CD解説やビートルズ本で、昔からのレパートリーとか書かれ
「60から62年のステージで」など、かなり詳しい記述もある。

ビートルズのアマ時代の演奏は、録音の形で残っているのは、
61年6月のトニー・シェルダンのバックバンド、62年元日の、
デッカのオーディションテープと、62年12月末ハンブルグの、
スタークラブの実況録音で、実質の曲数は50曲くらいになる。

BBCライブでは、それ以外のカバー曲が、かなり演奏されて
何年のステージの曲とか、BBCで一度演奏しただけと書かれ、
どこかにセットリストの記録があるのか、マニアの記憶頼みで、
「ああ、やってた、やってた」とかで、解説には書かないだろう。

ネット時代だから、検索すると、海外のサイトで、記入方式の、
セットリストがあるが、アマ時代は、ほとんど書き込みがなく、
マーク・ルウィソーンの力作「全記録」や、日経ムックあたりを、
ひも解けば、渾身のコンサート全曲リストが、あるのだろうか。

BBCライブで初めて聴いた曲の一つで、特に気に入ったのが、
「キープ・オフ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー」で、この曲は、
作曲家時代のキャロル・キングの作品で、原曲を歌ったのは、
「ロコモーション」が大ヒットした、リトル・エヴァという女性歌手。

この曲は、62~63年にかけてヒットしたそうで、ビートルズは、
63年1月のBBCで演奏し、アマ時代からの曲のわけはないが、
逆に、「最新のヒット曲をカバーしたのは、これが最後」と書かれ、
オリジナルが少ない頃は、こうしてレパートリーを増やしたのか。

CDに、「コンサートでも演奏したことはない貴重な曲」とあるが、
ビートルズ本に、当時ツアーで演奏した、デビューアルバムで、
録音したとかあり、ジョージが、「曲をさらって、1・2回やったが、
あきらめた。」と語ったのは、ライブなのかレコーディングなのか。

この曲は、かなり録音が悪く、BBCのテープの大半は破棄され、
海外の放送用に作ったレコードや、ファンのラジオ録音を集め、
さらに、海賊盤の音源まで使ったようだが、同じ日の放送でも、
この曲だけがとりわけ音質がひどくて、楽器の音も聴こえにくい。

何箇所か、オルガンがヒャーっと鳴っているようにも聴こえるが、
マーティンがピアノを、一緒に演奏するのは、翌月になってから、
デビューアルバムの数曲へのダビングが最初で、1月の段階で、
ラジオ用にジョンかポールがダビングすることも、ないと思える。

どの資料でも、オルガンのことは触れていないし、YouTubeも、
カバー演奏に、オルガンを使う人はいないから、ウーと伸ばした、
コーラスにベース、ギターの残響が混じって、そう聴こえたのか、
録音が悪いことで音が団子になった、マジックと言えばマジック。

イントロのドラムに関して、オルガンについてネットで調べた際、
海外の記事で、そこだけテープが紛失して、追加録音したとか、
意見を交わしていて、達人コピーバンドの甲虫楽団のブログも、
「打ち込みのようで違和感」とあり、BBC特集雑誌にもあるとか。

続くジョンの歌は、ちゃんとあるだから、イントロが切れていても、
ジョンの歌声から始まれば良いだけで、たった2小節のドラムと、
カチャカチャ鳴るギターを勝手に録音して、加える必要があるか、
もしそうなら、実際にリンゴを呼べば良いし、どこまで真実か謎。

音質が悪いから、ジョンのリズムギターも、あまりよく聴き取れず、
ジョージのリード以外の部分は、ジョンとユニゾンのコードなのか、
コードを流しているのか、わからないが、ジョンはミュートを主体に、
低音を強調しているようなので、もう1本は、1~3弦の高音を弾く。

このコード進行は、よくあるパターンというか、循環コードだから、
ギターをかき鳴らし、歌の練習をすると、別のメロディが浮かび、
鼻歌交じりで続けると、「ユア・オンリー・ロンリー」になってくるし、
ユーミンの「スイートドリーム」まで出て、スペクターサウンドかと。

中学時代から聴いて、歌いこんでいる、ビートルズの公式曲や、
「イエロー・マター・カスタード」のカバー曲と違い、BBCライブで、
初めて聴いた曲は、まだ(?)22年という、付き合いが半分だし、
弾き語りなどしなくなってから出会った曲なので、メロディに疎い。

歌入れで、ギターのコードが、メロディーとぶつかる音が多くて、
音程が取りにくいうえ、自分が音痴なので、高い音がフラットして、
そこから、低い音に戻ると、さらに音程を外すので、空トラックに、
ガイドメロディーを入れると、音程は安定するも、どうも味気ない。

ジョンは、音程を外すことはしないが、いわゆるジョン節と呼べる、
こぶしのような、独特の節回しがあって、楽譜のメロディを忠実に、
ギターで弾いて、それに合わせて歌うのは、ジョンと違いすぎると、
半ば音痴の言い訳で開き直り、何度も曲を聴いて、歌いなおした。

BBCライブで、チャートをにぎわしている最新曲をカバーしても、
持ち歌かのように思えるジョンの歌唱力と、ジョン節が見事な曲、
「キープ・オフ・ユア・ハンズ・オフ・マイ・ベイビー」は、音程やら、
シャウトがひっくり返ったり悲惨ですが、気分はなりきりジョンです。






若きジョンの歌声が冴え渡るBBC音源から「アイ・ゴット・ア・ウーマン」
中学時代、ビートルズを聴くようになると、当たり前のように、
自分でもビートルズの曲を、ギターを弾いて歌いたくなって、
そんな中、最初に買った楽譜は、たしか「ビートルズ80」で、
当時は、何をおいても、この1冊からという感じだったと思う。

日本におけるビートルズの楽譜は、今でもシンコーが独占し、
そんなに何種類も、出してはいないはずだから、70年代に、
ビートルズのファンになって、自分でも演奏しようと思ったら、
まずは、これで、その後全曲集やバンドスコアを買ったと思う。

自分の「ビートルズ80」は、昭和49年7月20日という奥付で、
第21版とあり、初版はいつ出たか不明だが、ちょうど自分が、
ビートルズを好きになった夏休みの頃に、この版に改訂され、
東急本店とかのレコード売り場に並んだのを、見つけて買う。

この曲集は、メロディーに歌詞とコードが付いた簡単なもので、
キーが違ったり、コードの間違いもあるが、初心者の自分には、
全部のコードに、コードダイアグラム、左手の押さえ方の図が、
ついているのが便利で、コードを覚えるのには、すごく役立つ。

中1の秋に、ガットギターを買ってもらったものの、すぐ飽きて、
押入れにしまい込んだが、ユースホステルで弾き語りをする、
スタッフの人やら、中学の部活動合宿のキャンプファイヤーで、
演奏する先輩らを見て、再び出してきたのが、中2の夏だった。

雑誌「ギターライフ」など買って、ギター入門のページを見るが、
練習曲は「雪山賛歌」とかだし、憧れた弾き語りしている人らが、
こぞって演奏した吉田拓郎、かぐや姫には、あまり興味がなく、
そのタイミングで、ビートルズと出会ったのは、ちょうど良かった。

「ビートルズ・ビッグヒットコレクション」は、昭和50年5月1日付、
その春休み、二光通販のエレキギターとアンプを買ってもらい、
ますますビートルズの演奏に、のめり込んだ頃、それも第2巻、
ペパーズ以降の後期の曲集の方だけ買ったのは、通ぶったか。

面白いのは、「ひき語りビートルズ」が、50年8月1日第5版で、
その夏休み、やはり二光通販のフォークギターを買ってもらい、
アコギに挑戦とばかり、「ジュリア」、「ブラックバード」が出ている、
「ひき語り」を手に入れて、中学時代の自分は、あまりにも単純。

それと前後し、3冊のバンドスコア、黒表紙で手書き譜面のもの、
表紙は赤盤と青盤だが、曲はまったく違う内容の2冊を買ったり、
国内盤LPに準拠したピアノ譜も、ピアノはなく、弾けもしないが、
イントロや間奏がついているので、コピーの参考に何冊か買う。

「ビートルズ大全集」は、カバーを除くオリジナルと、他者への曲、
「愛なき世界」の数曲も収録し、他の楽譜は700円前後なのに、
3千円もしたから、最後の最後になって、ようやく決心して買って、
それで満足し、これ以降、ビートルズの楽譜を買うことはなかった。

80年代、全曲バンドスコアが、アルバムごとに順次出たときも、
ペパーズくらい買おうかと思いながら、結局買わずじまい、逆に、
ちゃんとしたバンドスコアが出たのだから、ページが取れている、
昔のバンドスコアは、実家に残したままで、その後処分してしまう。

このブログを始めて、またギターを弾いたり、多重録音までやり、
いろいろなバンドスコアを買ううちに、アマゾンで、ビートルズの、
全曲バンドスコアが、洋書だと、数千円で買えると知って、しかも、
アベノミクス円安のせいか、毎日値上がりするから、慌てて購入。

この全曲バンドスコアは、カバー曲も収録して、公式全213曲を、
ほぼ網羅しているので、これ一冊で十分だが、不満な点も多くて、
オーケストラやホーンが省略されたり、1番と2番とでは、伴奏が、
違っているのに、繰り返し記号になっていて、完全コピーではない。

ただ、現時点で、これ以上のスコアはないし、213曲以降に出た、
「フリー・アズ・ア・バード」、「リアル・ラブ」は、何が何でも楽譜が、
欲しいという曲でもないから、遥か昔、大全集を買った時と同様、
さらにビートルズの楽譜を買うこともないと、収集癖は満足する。

ところが、先年、「BBCライブ」の続編が出た際に、シンコーから、
「BBC1&2・セレクション」のバンドスコアが発売し、これ自体は、
旧作のBBCと合わせたCD4枚から、たった18曲のみの収録で、
BBCでしか演奏していない、全曲スコアにない曲は、僅か5曲。

このスコアを買おうと思わないが、94年にBBCライブが出た際、
全曲を2冊に分けて出していたと、アマゾンの関連情報で知って、
「つのる想い」を演奏したくなるが、著作権の関係で未収録らしく、
そもそも絶版になっているから、古本でも定価の倍以上はする。

そこまでして買う楽譜でないと、そのままになっていたが、先日、
近所の楽器屋を覗いて、ここは、売れ残った古い楽譜が多いと、
手の届かない上の棚を見ると、変色して見えにくい背表紙には、
「ビートルズ」「BBC」と読めて、vol.1の方だけだが残っていた。

「BBCライブ」が出た時、聴いたことのある曲が、けっこうあって、
未発表曲集、スタジオのアウトテイク集とされた、海賊盤の名盤、
「イエロー・マター・カスタード」が、もともとは、BBCライブと知り、
すごく驚いたが、新たに聴いた曲よりも、思い入れがずっと強い。

ジョンがリッケンをかき鳴らしながら、弾き語りのように始まった、
「アイ・ゴット・ア・ウーマン」は、ポールやジョージのハモもなくて、
若き日のジョンの歌声、ドスのきいた低音、ハスキーな高音とが、
存分に堪能できる曲で、中学時代、レコードに合わせて真似した。

原曲はレイ・チャールズだが、エルビス・プレスリーのカバー版を、
ビートルズは参考にしたとCD解説にあり、YouTubeで確認すると、
レイ・チャールズは、テンポもゆっくりで、ピアノやホーンも加わり、
プレスリーはギターがメインで、アップテンポと、確かにそうだった。

ジョージのギターは、ルート音中心のリフで始まり、間奏になると、
チェット・アトキンス奏法のソロで、後半部は、チェット奏法のまま、
高音弦のアルペジオで伴奏と、変化をつけているが、このあたり、
エンディングのソロも含めて、プレスリー版の完コピに近い演奏。

ポールは、8ビートを弾きつつ、ジャズのランニングベースも交え、
リンゴは、トップシンバルで、早いビートのシャッフルを難なく刻み、
時おり、スネアの3連でアクセントを出し、ジャズブルースの曲も、
楽々と演奏できる実力派だと言ったら、身びいきすぎるだろうか。

ただ、何と言っても素晴らしいのはジョンの歌声で、中期以降の、
エフェクト処理した声でもなく、後期のトッポジージョ声でもない、
ストレートなジョンの若き声は、この曲が持ち歌であるかのように、
本当に見事に歌っていて、初期のジョンは歌だけでも他を圧倒。

歌詞は、レイ・チャールズの原曲と一部変えたプレスリーを踏襲、
後半のブレイク部分も、そのまま「ブルー・スエード・シューズ」に、
なりそうなくらいに、ちょっとプレスリーっぽいが、全体の節回しに、
ジョンらしさが出ていて、繰り返しで、変化していくのが絶妙な程。

BBCでは、63年に続いて、64年も演奏し、BBC2に収録され、
演奏は、さらにパワーアップし、ジョンも叫びまくるが、エコーか、
ダブルトラックの歌声で、最初のほうを、昔から聴いた自分には、
違和感を感じてしまい、いつもながら、最初の刷り込みが大きい。

海賊盤でも聴きまくった、「BBCライブ」からの、ジョンのカバー曲、
「アイ・ゴット・ア・ウーマン」は、同じカバーでも、ポールの曲より、
キーが低いし、何より自分はジョン役なのだからと、調子に乗り、
なりきりジョンで歌いましたが、節回しの変化についていけません。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.