僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
マイルスの名演とは、また違った、ウエスが弾く「ラウンド・ミッドナイト」
高2の77年に、リー・リトナーやラリー・カールトンが来日して、
クロスオーバー音楽、それもギターが、一大ブームになると、
自分も、雑誌ヤングギターとかの記事を見て、興味がわいて、
FMの「アスペクト・イン・クロスオーバー」を、毎週、聴くように。

当時、その番組は、深夜2時からだったので、その前の番組、
「ジェット・ストリーム」や、「アスペクト・イン・ジャズ」を、自然と、
つけっ放しのラジオから聴くことになり、イージーリスニングや、
ジャズにも親しんでいき、聴く音楽のジャンルが広がっていく。

ギター中心、それも早弾きばかり聴く癖は、今も昔も変わらず、
たまたまラジオから流れた、早弾きのジャズギターに感動して、
それが、ジョー・パスとハーブ・エリスの、ギターバトルだと知り、
ちょうど前後して、別々に来日した、二人のライブ放送も録音。

そんなギター中心の自分も、トランペットのマイルス・デイビス、
サックスでは、チャーリー・パーカーや、ジョン・コルトレーンに、
ピアノのオスカー・ピーターソン、ハービー・ハンコックあたりは、
FMの特集番組を録音し、多少は、他の楽器も聴くようにした。

ジャズ評論家の油井正一の、FM「アスペクト・イン・ジャズ」は、
かけてくれる曲よりも、その語り口や、豊富な知識に魅かれて、
そこで紹介された演奏家の、プロフィールなどを調べてみたり、
油井の名著「ジャズの歴史物語」まで、その後、買ったりもした。

別の番組だったが、マイルスとセロニアス・モンクの因縁の話、
「自分のアドリブのバックでは、ピアノを弾かないでほしい。」と、
マイルスが注文をつけ、怒ったモンクは、ピアノのアドリブでも、
演奏をやめてしまったのを、かなり衝撃的な事件だと紹介した。

「モンクのピアノソロになっても、彼は弾かないままだった!」と、
叫ぶように語ると同時に、曲が始まったので、その話ばかりが、
印象に残ってしまい、何の曲をかけたかは、記憶になく、ずっと、
モンクが作曲した、「ラウンド・ミッドナイト」だと、思い込んでいた。

その「ラウンド・ミッドナイト」を聴いたのは、マイルス特集でなく、
コルトレーンの特集で、マイルスに抜擢されたばかりの新人で、
なぜあんな下手なサックスを入れたのかと、批判されていたと、
才能が開花する前のコルトレーンの演奏だと、ラジオで流れた。

マイルスの、ミュートしたトランペットから始まった、この演奏は、
まさに真夜中の、薄暗い大都会の片隅を、想像させる音色だし、
突然、激しいリフが合奏され、また、テーマをゆっくりと繰り返し、
テーマの後は、延々とアドリブというジャズのイメージと違った。

エピソードを勘違いしたことと、想像していたジャズとは異なる、
緻密なアレンジで、このマイルスの演奏が、強く印象に残って
作曲者本人の、セロニアス・モンクのピアノソロ、コンボ演奏も、
カバー演奏かと思うくらいで、最初に聴いたものを引きずる癖。

ウエス・モンゴメリーも、ソロデビュー作の1曲目で、演奏して、
これは、渋谷河合楽器のジャズギター教室で、テキストにした、
渡辺香津美の教本の第2巻にも出ていたが、マイルスの方を、
先に聴いていたから、ギター好きの自分でも、違和感があった。

ウエスのイントロは、E♭m7から始まって、G♭M7も出てきて、
えっ、この曲って、こんなに明るくて、さわやかな曲調だっけと、
戸惑うような出だしで、テーマ部は、聴きなじんだメロディだが、
バックのコードが、かなり、リハーモナイズされて、違っている。

こういうところが、ジャズの面白さで、演奏する楽器の違いとか、
編曲の違いで、別の曲のようになるわけで、スタンダード自体、
映画音楽やミュージカルの曲を、そのハーモニーを変えたりし、
ジャズっぽくなって、多くのジャズマンが、演奏していったもの。

話がとぶが、ハービー・ハンコックが、マイルス時代のトリオに、
ランディブレッカーを従え、サントリーホールで公演したときに、
「枯葉」を演奏したが、テーマの途中から、もう別の曲のようで、
アドリブになると、コードチェンジさえ不明で、圧倒されて見た。

複雑なコードチェンジ、コード進行から開放されたモード奏法、
分数コードのアッパーストラクチャードに、調性無視のフリーと、
それぞれに進化したジャズは、どれも魅力があり、ギターでも、
取り組んできたが、この歳になると、メロディを重視したくなる。

ウエスの場合は、晩年、イージーリスニング路線で演奏したが、
これは、不本意な売れ線狙い、強引なプロデュースではなくて、
歌心あふれる演奏を、デビュー当時から、好んでいた証であり、
スリリングなアドリブと同様に、メロディックな演奏も得意だった。

「ラウンド・ミッドナイト」は、まさにそうした演奏で、このLP自体、
オルガン・トリオで、小粋なギターを聴かせつつ、曲によっては、
アドリブがさえわたり、オクターブ奏法も、メロディックに奏でて、
やはりオルガン・トリオのLP、「ボスギター」と共に、聴きやすい。

ウェス自身、この曲が気に入っていたのか、オルガンの大御所、
ジミー・スミスと共演したアルバムでも演奏したし、YouTubeには、
TV番組で、ピアノトリオをバックに、生演奏した映像も出ていて、
アドリブの途中で、倍テンになって、すごくいかしたソロを弾いた。

セロニアス・モンクの作曲、マイルス・デイビスの名演で知られる、
「ラウンド・ミッドナイト」を、ウエスのデビュー作の、フルコーラスを、
香津美が教本に採譜したので、コードソロも含め、完コピを目指し、
オルガンとベース、ドラムは、手抜きで、雰囲気程度の演奏です。





メンバーは演奏せず、弦楽四重奏が2組の「エリナー・リグビー」
ライブでの再現を考慮せず、スタジオ技術を駆使したアルバム、
「リボルバー」は、テープ操作や、ダビングを重ねた曲もあるが、
ストリングス、ブラスセクションと、外部ミュージシャンを起用し、
単に実験性の追及ではなく、より完成された楽曲を、目指した。

2曲目の「エリナー・リグビー」は、前年のLP「ヘルプ!」の中の、
「イエスタデイ」で、おそらく、ロックバンドの作品として、初めて、
弦楽四重奏を導入したのに続き、四重奏を2組、倍の8名にして、
ビートルズのメンバーは、誰も楽器を弾かない、最初の曲となる。

「イエスタデイ」は、印象的なイントロを始め、ポールがギターを、
弾いていたが、「エリナー・リグビー」は、ポールが弾き語りして、
曲を聴かせると、ジョージ・マーティンが、弦楽八重奏を提案して、
そのスコアも書き上げ、「5人目のビートルズ」として、本領発揮。

ポールが、ロックバンドらしい過激な音にしたいと、要求したので、
これまた、サウンド作りで、ビートルズを支えた、スタジオの技師、
ジェフ・エメリックが、弦楽器にマイクを近づけ、弦のこすれる音、
弓の当たる音まで聴こえそうなくらい、迫力ある音色に仕上げた。

ジャズやポピュラー曲にも精通し、オールラウンドなポールだが、
ビートルズはロックバンドなのだと、自負があったようで、本国で、
「イエスタデイ」をシングル盤で出さず、LPのB面に入れたことを、
「だって、僕らはロックバンドだよ。」と、当然のように答えていた。

こういうところ、ポールの優等生ぶり、ええかっこしい、なのだが、
これに限っては、ジョン派の自分から見ても、実に、潔い発言で、
本当に格好良く、そうなんだ、ビートルズは、ポピュラー曲でなく、
ロックなんだよなと、改めて、自分とビートルズのスタンスを確認。

「エリナー・リグビー」で、メンバー誰一人として、演奏しないから、
ポールが気を使ったのだろうか、歌詞については、他の3人から、
アイデアを出してもらって、冒頭の「孤独な人々を見てごらん」は、
ジョージが、2番の神父が靴下を繕う話は、リンゴの発案らしい。

ジョンにいたっては、「自分が歌詞の7割を書いた。」と豪語して、
「少し手伝ってもらった。」と語るポールと、意見が違っているが、
この歌で語られる物語性、さらに、救いようのない悲しい世界観、
これは、ジョンに特有のものではないかと、自分は感じてしまう。

自分は紛れもない、ジョン派であるし、自分の知っていることに、
勝手な思い込みで、結びつける癖があって、ジョンの詩について、
イギリスと日本という風土の違いを超えて、中原中也に似ている、
人生観、言葉の選択や遊ばせ方が同じではと、決めつけている。

この「エリナーリグビー」が、聴くものに突きつけてくる、孤独感を、
弱冠24才のポールが書いたとはと、ほめている記事があったが、
「臨終」という詩で、ひっそりと亡くなった女性と、何事もないように、
にぎやかな街を対比させた、19才の中也のリリシズムに通じる。

一説には、ジョンが、リーダーシップを発揮するポールを皮肉って、
「はいはい、神父様、仰せに従います。」とばかり、歌詞の神父を、
「マッカートニー神父」と命名、「ファーザー・マッカートニーなんて、
僕の父じゃあるまいし。」と、ポールが、似た響きを電話帳で探す。

こうした話からも、ジョンが、かなり歌詞に貢献したと思っているし、
全体のイメージは、ジョンのアイデアが占めている、と思いつつも、
それでも、「ほとんど自分が書いた。」「7割は書いた。」となると、
ちょっと、サバをよみすぎじゃないかと、ポールに味方したくなる。

歌詞や作曲について、ジョンとポールの見解が、食い違うのが、
「イン・マイ・ライフ」と、「エリナー・リグビー」の2曲で、ジョンなら、
「ほら、また、ポールにおいしいところを、持っていかれたよ。」と、
皮肉るところ、ポールだと、「たった2曲だけとは、すごいよね。」

歌の主人公となるエリナー・リグビーの名は、映画「ヘルプ!」で、
共演したエリナー・ブロンと、街で見たリグビー&エヴァンズ社から、
つけた名前だとポールは言っていたが、近年、ジョンとポールが、
初めて会った教会で、エリナー・リグビーと彫られた墓が見つかる。

写真で見ると、当主だったと思われる、ジョン・リグビーの墓石に、
子孫らの名前が次々と彫られて、その中に、「1939年没」として、
エリナーとあり、これは偶然の一致なのか、ポール死亡説と同様、
あちこちに、謎のピースがばらまかれ、どこまでが意図的なのか。

そのうち、「そうだよ、ジョンと出会った、記念すべき教会にあるよ。
もともと、親父が神父の真似事をしていてね。幼い頃に、あそこの、
墓掃除をよくやらされて、時々さぼって、墓の間で寝ていたのさ。」
なんてことを、ポールが言い出したりするか、いや、ないだろうな。

この曲は、中2の74年、友人に借り、最初に聴いたビートルズの、
ベスト盤の「オールディーズ」に入っていたから、親しんだ曲であり、
エリナーとマッケンジー神父の間に、少しは心の交流があったか、
それさえなく、誰一人救われることないのかと、物語に魅かれた。

そのせいで、マッケンジー神父の存在が、どこか心に引っかかり、
中学の卒業文集に書いた寓話で、ジョンと同じギターが売切れて、
自分はジョンになれないと嘆く主人公に、「君こそがジョンだ。」と、
励ます役柄で登場させ、これ以上ない、自己満足の世界を描いた。

鍵盤は苦手なので、ギターシンセで、弦楽八重奏を再現しようとし、
8回弾いたが、最初、よくあるストリングスの音にして、録音すると、
ソフトな感じの、アタックがない、フワーッとした立ち上げの音色で、
原曲の、ザッザッザツとリズミカルに弾く部分が、バラバラになる。

実際に、ポールが過激な音を求めたのだから、何も加工してない、
サンプリングの生音で、バイオリン、チェロの単独の音だけにして、
なるべく、ゴリゴリした感じになるように、イコライザーで調整したり、
リバーブも録音時はカットし、ミックスダウンでのみ、かけることに。

CDの解説には、「録音に携わったのはポールだけ。」と書かれて、
ビートルズ本でも、コーラスも全部ポールではないかと、されるが、
ハモリの低いパートは、明らかにジョージの声で、真ん中のハモは、
ポールが出す低い声より、ジョンに聴こえて、2人は参加したと思う。

サビでポールの声が、左右から聴こえてくるのは、ジョンが好んだ、
1人で2回歌うダブルトラック方式を、面倒だから1回でやれないか、
アビーロード・スタジオの技師、ケン・タウンゼントに相談したところ、
歌声をダビングして、少し遅らせて再生することで、歌声を厚くした。

自分の歌声に合わせて、もう一度歌うのは、特にジョンの場合には、
独特の節回しが違ったり、歌詞を間違えたり、やっかいだったから、
このADT方式(人工的ダブルトラッキング)を、ジョンは多用したが、
ポールは、この曲のサビで使っても、Aメロでは、声を重ねていない。

1番の「エリナー」の箇所だけ、左チャンネルからも、歌が聴こえて、
当初、全部をADTにして、あとでサビだけ残す際、消し忘れたのか、
その「エリナー」も、いつも発音で悩むように、ローマ字読みのまま、
「エレノー」と歌う方が、ポールに近いだろうかと、あれこれと考える。

自分の歌が悪声の音痴だと、いつも愚痴っているが、発音も苦手、
この曲でも、「Peaple」が、「ピーポー」「ピープルゥ」、毎回変わって、
ハモリがずれてしまうし、どれが正しい発音かも、つかめないまま、
「抱きしめたい」や「シー・ラブズ・ユー」は、発音ができず、没のまま。

得意なつもりの、ジョンの曲でさえ、YouTubeでの低評価が続くのに、
「エリナー・リグビー」は、歌い慣れない、ポールの曲という暴挙だが、
最近、問題視される孤独死を、50年近く前に、歌詞に見据えていた、
その世界観に魅かれて、オケを気合で作って、懲りずに歌いました。







ウエスがオクターブで弾く、サックスのスタンダード「ウィスパー・ノット」
18歳から通った、渋谷河合楽器のジャズギター教室では、
バークリー教本で、スケール練習や、読譜の練習をしたが、
並行して、ジャズのスタンダードで、伴奏やアドリブの練習、
さらにクラシックギター教本、曲集で、基本から鍛えられた。

ジャズのスタンダードの練習は、まずは、高3の頃に買った、
渡辺香津美のジャズギター教本を使い、その第2巻も買い、
合わせて、香津美の「ジャズギター・コードワーク」も買って、
テンションコードを覚えたり、リズム伴奏の基礎を教わった。

やがて、歌本というか、メロディーとコード進行だけが載った、
ジャズの曲集で、スタンダードを、数多く練習することになり、
渋谷公園通りの先にあった、小さな管楽器専門店だったか、
先生に連れられ、プロも愛用するという、曲集を手に入れた。

灰色表紙の「ニューヒット・306・ミュージシャン・ソングス」と、
青表紙の「ニューヒット・ジャズ8・ミュージシャン・ソングス」で、
他にも何種類かあったのだが、先生から、その2冊があれば、
スタンダードは十分だと言われ、それを買い、早速練習する。

自費出版というか、海賊版みたいで、楽譜は手書きだったし、
曲の題名は、英数字のゴム印で押したらしく、ゆがんでいるし、
メロディだけの楽譜もあれば、イントロ付き、アドリブソロ用に、
コード進行だけ、別に書き出したものありと、バラバラだった。

ネット検索すると、「オールヒット・1001・ソングス」が元祖で、
プロミュージシャンから、ジャズファンまで、好評だったそうで、
「1001」というのは、「千夜一夜」のように、数多くという意味、
実際に収録した曲は、500曲程度だったと、紹介されていた。

「1002・ジャズ・ジャンボ・アルバム」の題で、分厚い楽譜が、
スイングジャーナル社から出たが、「1001」より1曲多いぞと、
名づけたのかもしれず、輸入版「リアルブック」を、箱に入れて、
国内販売した際も、「1001」と題し、定番のタイトルのようだ。

のちに、渋谷河合楽器の発表会で、サックスやピアノの生徒と、
合奏した際に、リハーサルに、「ニューヒット~」を持って行くと、
ジャズ研にいた頃に、御茶ノ水の楽器店で買ったとか、言われ、
ジャズ演奏するアマチュアの間では、有名な楽譜だったらしい。

ギター教室で、その楽譜を使う練習は、先生の伴奏に合わせ、
初見で、メロディを弾いたら、アドリブ、先生がアドリブに回ると、
まずは、4拍を刻んで伴奏、次第に、シンコペーションさせたり、
コードを展開したりと、ほとんど、二人のジャムセッションに近い。

いつも、伴奏のリズムがずれたり、アドリブの指癖を注意され、
コード無視で、キーさえ合えば良いと、やたら早弾きするのも、
悪い癖だから、8分音符だけにして、アルペジオでも良いから、
コードトーンのみ使って、アドリブするように、細かく矯正された。

ただ、ボキャブラリー不足でもないが、ジャズらしいフレーズを、
覚えないことには、単調なソロになるから、ウエス・モンゴメリー、
ジョージ・ベンソン、ジム・ホール、ジョー・パスらのコピー譜とか、
フルートのアドリブ入門を使って、移調して写譜する練習もした。

なかでも、ウエスは、香津美の教本2冊でも、6曲載っていたし、
日音から2冊、全音から1冊と、アドリブソロをコピーした曲集が、
出ていたから、3冊とも入手し、それらの曲が収録されたLPも、
十数枚ほど集めて、ウエスのアドリブソロを、かなりコピーした。

サックス奏者、ベニーゴルソンが作曲した、有名なスタンダード、
「ウィスパー・ノット」は、「306」にも載っていたが、演奏自体は、
本家の演奏や、管楽器の入ったコンボでの演奏は、知らなくて、
ウエスのソロデビュー作に入っていたものを、聴き込んでいた。

ウエスのギターは、特徴的なオクターブ奏法の効果もあってか、
サックスやトランペットのホーンの、ダイナミックスに負けないし、
まるで肉声のように、ピアニシモからフォルテの、抑揚も見事で、
他のギタリスト以上に、ホーンの曲を取り上げて、名演を残した。

息が続く限り、音を伸ばせるサックス、弓をゆっくりと引き続けて、
持続できるバイオリンと違って、ギターでは、はじいた弦の音が、
次第に減衰していくから、ゆったりしたフレーズは途切れがちで、
和音を加えたり、オブリガードで、細かいフレーズを足したくなる。

ロックギターであれば、音を歪ませたり、フィードバックまでさせ、
音を伸ばし続けるが、ウエスは、ジャズギターの生音のままで、
オクターブ奏法や、シングルトーンでも、親指だけで弾くことで、
独特の温かい音色で、抑揚をつけ、ホーンのニュアンスを出す。

ウエスが弾く「ウィスパー・ノット」の、アドリブコピー譜が載った、
全音楽譜出版「ウエス・モンゴメリー・ベスト」には、解説として、
「一音一音最大限に伸ばすとは、ゆったりと聴こえるが、瞬時に
次の音へ移る難しさがある。」とあり、これは弾いていて、実感。

ウエスのソロデビュー作、「ウエス・モンゴメリー・トリオ」収録の
「ウィスパー・ノット」は、先日アップした「サテンドール」と同様に、
オルガントリオの演奏なので、ウエスの演奏は、楽譜どおりで、
ベースやオルガンは、雰囲気が似るように、一発録音してます。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.