FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
映画「モダン・タイムス」のテーマ曲、「スマイル」で、届いた笑顔
ソチオリンピックでの浅田真央は、有終の美と呼べよう、
メダルには届かないものの、日本中に感動を届けてくれ、
それ以上に、「笑顔ってすばらしいと伝えたい。」と語った、
エキシビジョンの「スマイル」は、まさに笑顔が伝わった。

チャップリンの「モダン・タイムス」の、最後にも流れる曲、
「スマイル」は、チャップリン自身の作曲による、名曲で、
ユーモアとペーソスを織り交ぜた、チャップリンの映画に、
ふさわしく、哀愁があって、反面、明るさも感じるメロディ。 

小学生の頃、東宝が、「ビバ!チャップリン」と銘打って、
いくつもの作品を続けて上映した際、少年マガジンだか、
特集記事があり、「モダン・タイムス」のオートメーション、
「黄金狂時代」のドタ靴を食べる場面に、大笑いしていた。

それで、チャップリンの映画が見たいと、父と出かけたし、
レコードを買ってもらったり、「ビバ・チャップリン」特集の、
ムック本だの買って、チャップリンに夢中になったのだが、
なかでも、淀川長治の解説や、思い出話が、気に入った。

その頃は、日曜洋画劇場の時間には、寝ていたのだから、
「さよなら、さよなら」の名台詞など、まだ知らなかったが、
文章から、すごく愛情が伝わってきたし、その前後あたり、
チャップリンの特集番組で、独特の語りに触れたと思う。

映画の最後、店を追い出され、無一文同然で嘆く少女を、
チャップリンが励ます場面に触れて、「スマイル、スマイル、
お笑いなさいな、チャップリンは言うんですね。」といった、
語り口は、こちらまで、励まされているように、聞えてくる。

さらに解説は続き、当時の映画だと、画面の向こう側へと、
去っていくことは、彼らの良くない結末、希望もない未来を、
暗示するのが、暗黙の了解だったところを、チャップリンは、
堂々と、意気揚々と歩いていき、その常套句を崩している。

たとえ、厳しく辛い未来でも、立ち向かって行くんだという、
チャップリンのメッセージが、そこにあると、淀川は述べて、
その場面で流れる曲、「スマイル」を、演技の曲に使用した、
浅田真央のメッセージは、その思いを見事に継承している。

就職当時、愛読した、わたせせいぞう「ハートカクテル」に、
主人公の父がパイロットで、恋を飛行機の操縦にたとえて、
息子にアドバイスする話があり、普通、ありえない設定だが、
あの色彩あふれる絵柄の世界では、何でも納得してしまう。

主人公は、今の恋愛を、「当分、離陸できないと思うけれど、
笑顔だけは、大丈夫だよ。」と語って、かつて、自分の父が、
麦畑に不時着した時でさえ、大丈夫とばかり、笑顔を向け、
墜落した飛行機を背に、撮った記念写真を眺めるという話。

パイロットの父とか、不時着し、写真を撮るなんていうのは、
まさに、漫画や小説の出来事だが、「笑顔だけは大丈夫」の、
その台詞は、すごく心に残って、槙原敬之「どんなときも」の、
「鏡の前、笑ってみる、まだ平気みたいだよ」にも、つながる。

そんな「スマイル」を、江部賢一が、見事にギターに編曲し、
冒頭の数小節は、ハーモニクスで、メロディを奏でているが、
かなり難しく、テンポは下がる一方、それで繰り返しの時は、
アポヤンドでメロディを歌い上げるよう、勝手に変えてみる。

また、後半に、ラグタイムピアノのように、スイングするのは、
チェット・アトキンス奏法のように、ミュート気味に音を切り、
かなり自分流の解釈にしたが、クラシックギターの曲でなく、
ポピュラーギターなので、これくらいは、許してもらえるかと。

この編曲の模範演奏がないから、途中で、2拍子、3拍子と、
フェルマータを入れつつ、変化したり、スイングになる際に、
テンポも変えていくのが良いのか、そもそも、冒頭からして、
「テンポ・ルバート」とあるから、かなり解釈で分かれてくる。

とりあえず、チャップリンの映画のテンポを、思い出しつつ、
演奏してみたが、ハーモニクス奏法で、つっかえてしまうし、
いつものことで、自分の得意というか、弾きやすいテンポへ、
収束していくから、かなり、ゆっくりの演奏になってしまった。

ちなみに、浅田は、最近の歌手のカバー・バージョンを用い、
軽快なテンポだし、昔からの名演、ナット・キング・コールは、
ミディアム・テンポで、マイケル・ジャクソンもカバーしていて、
こちらは、スローバラード風と様々で、ますます迷ってしまう。

チャップリンの不朽の名作、「モダン・タイムス」のテーマ曲で、
浅田真央が、エキシビジョンでも取り上げた曲、「スマイル」を、
いつも愛用している、江部賢一による、珠玉のギター編曲で、
「笑顔の素晴らしさ」のメッセージを、自分にも向け弾きました。





ビリー・ジョエルの全盛期の、さらに傑作、「オネスティ」
ビリー・ジョエルの曲を何曲か、リクエストいただいたので、
ソロギターで演奏してみようかと、楽譜を探して見たところ、
愛用している楽譜で馴染みの、江部賢一による編曲集が、
出ていたようだが、今は廃刊になってしまい、入手は困難。

ソロギターのブームを作った、南澤大介「しらべ」シリーズは、
2曲が別々の巻にある程度で、まとまったものはないようで、
それなら、自分で、ソロギターに編曲しようと、試みたものの、
音がスカスカで、なかなか江部や南澤のようにはいかない。

それで、二重奏にしようかと思うが、中途半端な合奏よりは、
ギターシンセで、ピアノの右手と左手を別々に録音した方が、
ピアノ弾き語りが中心の、ビリー・ジョエルの雰囲気が出るし、
そこまでやるならば、バンドスコアで、原曲を再現することに。

現行のバンドスコアには、「オネスティ」、「ストレンジャー」に、
「素顔のままで」という、往年のヒット曲が、載っていたので、
まずは、ピアノ弾き語りに近く、あまりダビングをしなくても、
原曲の雰囲気が出せそうな、「オネスティ」に取組んでみる。

長い下積み時代を経て、77年の「ストレンジャー」によって、
ヒットチャートに躍り出て、78年の「ニューヨーク52番街」で、
全米1位を取ると同時に、グラミー賞までも受賞した全盛期、
そのアルバムの収録曲で、シングルヒットもした「オネスティ」。

ほとんどピアノの弾き語りに近い形で、まるで、自己の内面を、
さらけ出すように歌い上げる、「誠実とは、何と寂しい言葉か、
誰もがあまりに偽り続ける。誠実なんて、そう聞けそうにない、
一番必要としているのに。」と、その歌詞は、重さを持っている。

リクエストいただいた、ビリー・ジョエルの名曲「オネスティ」を、
ギターシンセのピアノ音は、強弱がうまくつかず、平淡すぎて、
せめて歌声で抑揚をつけようとしたが、歌は相変わらず下手、
歌詞が良いので、消さないが、やっぱり歌は駄目みたいです。






自作曲を平原で歌う、ジョージの晴れ舞台の「アイ・ニード・ユー」
ビートルズの初主演映画で、ジョージがメインで歌う曲は、
一応あったものの、自分の曲ではなく、ジョンが書いた曲、
アルバムは、2枚目で「ドント・バザー・ミー」の1曲のみで、
3~4枚目で、カバー曲を歌うことはあっても、自作はない。

ジョンやポールという、あまりにも偉大な天才を前にしては、
そうそう、自分の曲を披露できなかったろうし、作ったからと、
二人に聴かせても、相手にされなかったり、没になったりと、
いろいろな葛藤もあったのではと、容易に想像できてしまう。

「ホワイトアルバム」は、各人のソロアルバムを集めてから、
ビートルズらしい体裁へと、整えた感じで、そこで、ようやく、
ジョージの曲も開花するし、解散後、満を持したかのように、
3枚組のアルバムを出し、それほどストックが溜まっていた。

そんなジョージの2曲目の作曲が、「アイ・ニード・ユー」で、
映画「ヘルプ」の中では、野外でのレコーディングの場面、
遺跡で有名な、ソールズベリー平原で、戦車に囲まれつつ、
堂々と演奏され、ある意味、ジョージの晴れ舞台と言える。

何度となく続く、リンゴをめぐる不可解な出来事に、ようやく、
指輪が原因だったと知るが、返そうにも、指輪が外れなくて、
宝石店に行くものの、ノコギリもグラインダーも壊れる始末、
高名な(?)科学者の元を訪ねるが、高圧電磁波でも無理。

ロンドン警察に保護を求め、最初は半信半疑だった署長も、
署長室の窓から、儀式の塗料と矢が、打ち込まれるに至り、
事態の深刻さを理解して、警備をつけてくれることになるが、
新曲のレコーディングがあるから、厳戒態勢での録音となる。

周囲が見渡せる草原で、さらに軍隊と戦車に守られながら、
レコーディングという、このあたり、お馬鹿映画の設定だが、
ストーンヘンジも映った、ソールベリーズ平原の演奏場面は、
やはりPVの先駆けと言え、ものすごく見ごたえのある場面。

撮影が5月とはいえ、平原だから風が強いのか、リンゴが、
寒さに震えながら、ドラムを叩いているのは、この数年後に、
映画「レット・イット・ビー」での、ルーフトップ・コンサートを、
思わせるところがあり、偶然の符号なのだろうが、興味深い。

ジョージは、アコギのギブソンJ160Eを弾いてて、ジョンは、
リッケンバッカーを弾くが、実際の録音は、どうだったのか、
ジョンがアコギを弾き、ジョージは、グレッチとかのエレキを、
ボリュームペダルを操作するから、歌とは別に録音したかと。

この曲のエレキの音は、ボリュームペダルで抑揚をつけてて、
ギター本体の、ボリュームノブを使っても弾かれる、いわゆる、
バイオリン奏法よりは、ハーモニカのビブラートに近い効果で、
資料によっては、ボリュームではなく、トーンペダルだとされる。

中学時代のバイブル、「ビートルズ大事典」には、使ったのは、
「エクスプレッション・ペダル」と書かれて、今でこそ、MIDIの、
コントローラーに使うペダルを差すが、昔は、電子オルガンや、
エレクトーンで、強弱のタッチをつける、音量調整に使う道具。

楽器屋で現物を見ると、出力ジャックのみで、シールド1本を、
オルガンに差す形だから、ギターとアンプの間につなげないし、
実際に、ジョージが演奏で使ったのは、ボリュームペダルか、
トーンペダル・ワウワウペダルだろうと、ジョージ役と話し合う。

どうせ、ペダルを買うならば、確実にビートルズが使ったもの、
映画「レット・イット・ビー」の中、「アクロス・ザ・ユニバース」で、
ジョージが使った、VOX社のワウワウペダルを買ったのだが、
これにしても、実際には、使わなかったなど、今も諸説がある。

このとき買ったワウワウは、メッキがボロボロ剥がれ落ちたり、
電池が液漏れして、捨ててしまい、このブログで演奏を始めて、
ジミ・ヘンドリックスなど弾くため、一番安いものを買い直すが、
今回、使ってみると、「アイ・ニード・ユー」はワウの音でない。

ボリュームペダルは、フュージョンの演奏には欠かせないから、
当然に持っていたが、これまた、電池が液漏れし、捨てたので、
先日のハーモニカの効果音と同様、普通にギターを弾いておき、
ミキシングのときに、MTRのボリュームを上げ下げする方法に。

映画「ヘルプ! 四人はアイドル」で、平原での録音場面の曲、
時折、カメラかマイクを見上げつつ、嬉しそうに笑うジョージの、
晴れ姿が印象的な、ようやく2曲目となる、ジョージの作詞作曲、
「アイ・ニード・ユー」を、ジョンのコーラスにも気合入れてます。






僕らのこと、覚えてくれてるだろうか 「ティアーズ・イン・ヘヴン」
ブロとも、エレギ師さんへ





演奏シーンに、コーラスの掛け合いも格好良い、「恋のアドバイス」
ビートルズの主演映画、「ヘルプ! 四人はアイドル」は、
コメディ調のストーリーで、指輪好きで、有名なリンゴへ、
ファンから贈られた指輪が、生け贄用の指輪だったから、
謎の教団が奪い返しに来て、最後はリンゴを標的にする。

最初のうちは、そうとは知らない4人だから、トイレの中で、
ハンドドライヤーに、リンゴの手が吸い込まれそうになり、
ものすごい風圧に、ジョージの服まで破り取られたうえに、
水道管も壊れ、水浸しになっても、ただの故障程度に思う。

日本語吹替えの台詞では、びしょびしょになったリンゴが、
「水も滴る、いい男」と呟くと、「うまいこと言うな」とばかり
ジョージが、「ほう」と感心し、ジョンも負けじと「ほう、ほう」、
さらにジョージが、「ほう、ほう、ほう」と返すのに、笑った。

そして、新曲のレコーディングの場面となって、当然ながら、
口パクなのだろうが、実際、こんな場所で、こんな風にして、
ビートルズはレコーディングするのかと、興味深い場面で、
デビューLPの、スタジオライブに近い録音は、こうだったか。

最初の数小節は、ギターでなく、ベースとピアノだけ聴こえ、
全体を通じ、ドラムと一緒に、ボンゴが鳴り続けているから、
あとからダビングしているのだろうが、それを、ふまえてか、
リンゴがボンゴを叩いているカットが、少しだけ映っている。

さらに、今回、YouTubeで見たら、リンゴの後姿をはさんで、
ポールがグランドピアノに向かう場面も、何気に入っていて、
ダビングしている風景も、しっかりと、挿入されていたわけで、
映画のワンシーンというより、プロモーションビデオに近い。

演奏が終わると、何か雑音が聴こえたと、ミキサー室にいる、
ディレクターが言い、テープを聴き返していると、雑音の正体、
ノコギリが床下から出てきて、円形に床を切り取り、リンゴは、
ドラムセットごと落ちるが、謎の美女が現れ、助け出される。

この曲では、ジョンのボーカルに対して、ポールとジョージの、
コーラスが、かけ合うようになって、映画のタイトル曲である、
「ヘルプ」同様、そのやりとりが、すごく聴かせどころとなって、
コーラス編曲でも、ビートルズは傑出してたのが、よくわかる。

中学校の卒業謝恩会、自分の人生で、唯一のひのき舞台で、
この曲を演奏したのだが、わりとマニアックな選曲にしたのは、
まがりなりにも、日本一のビートルズ・コピーバンドを目指して、
全曲コピーにも挑戦していた意地というか、見栄があるから。

ビートルズの楽譜は、おそらくシンコーミュージックの独占で、
「ビートルズ80」や、「ひき語りビートルズ」は、当然買ったが、
黒、赤、青の表紙のバンドスコアでは、載っている曲は少なく、
ピアノ譜は、なぜかLPごとに出ていたので、何冊かを買った。

ピアノ編曲だが、イントロや、バッキングが参考になったので、
レパートリーも増えた頃に、ジョージ役が見つけてきた楽譜は、
ギターのみだが、イントロ、間奏も載って、「恋のアドバイス」、
「ベイビーズ・イン・ブラック」と、他の楽譜にない曲が多かった。

「恋のアドバイス」は、コーラスの掛け合いも、良い感じになり、
ジョージのリードギターの腕も、同級生らに、披露できるからと、
謝恩会の曲にしたが、歌が下手な自分でも、何とか、かんとか、
裏声で歌えたのに、今は、サビの前の高音が、全然出せない。

30才頃、小さいポリーブができ、耳鼻科で吸入してはいるが、
ちょっと、しゃべりすぎると、すぐ声が枯れるし、歌を歌うのは、
3曲が限度、歌詞を3回間違えたら、その日は、録音は無理、
「チキチキマシン」の、ケンケンみたいな無声音になってしまう。

演奏は、ポールがダビングしたピアノを、ギターシンセで弾き、
ボンゴは、バンドスコアに載っていないが、雰囲気だけでもと、
パッドを叩くと、リズム音痴の民謡ノリで、消そうかと思いつつ、
リンゴも、わりと適当に叩いているから、そのままミックスした。

ビートルズの映画2作目「ヘルプ」での、レコーディング風景が、
とにかく格好良くって、コーラスの掛け合いも、見ごたえがある、
「恋のアドバイス」を、謝恩会よりは、声は出なくなったものの、
自分の演奏は、かなり本物に近づけたと思える、アップです。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.