僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
大瀧詠一「恋するカレン」
大晦日になっての、突然のニュースに、ただただ驚いています。

ラジオでかかる曲を聴いていたら、どれも口ずさめる名曲ばかり、
いてもたってもいられず、コードだけかき鳴らして、録音しました。







スポンサーサイト


今年1年の感謝をこめて、ビートルズ「フロム・ミー・トゥ・ユー」
週末のブログ更新をこころがけ、時に、強引な更新で、
ミスだらけのまま、ギター演奏をアップしてしまったり、
支離滅裂な内容の記事を、ろくに校正もなしに載せて、
もう少し時間をかければと、反省も多かった、この一年。

こんなブログへ、いつも訪問してくださるブログ仲間、
たままた検索に引っかかって、期待はずれだった方、
すべての訪問者の方々へ、感謝をこめて何か1曲と、
これまた、強引すぎる、一年のしめくくりと、なります。

ビートルズは、デビュー作「ラブ・ミー・ドゥ」に比べて、
2枚目のシングル盤、「プリーズ・プリーズ・ミー」が、
ヒットしたので、応援してくれたファンへの感謝を込め、
3枚目となる、「フロム・ミー・トゥ・ユー」を書いたとか。

「たくさん買ってくれて、ありがとう。、ファンのみんな、
次の曲は、愛をこめて、届けるよ。」と、いう意味らしく、
さらに、ラジオ番組が決まると、「ミー」を「アス」にして、
「フロム・アス・トゥ・ユー」を、番組のタイトルにもする。

その感謝の気持ちをこめた歌に、無理やり便乗する形、
あれだけ、歌はNGだ、音痴だと、避けてきたところを、
もう、自分のビートルズ熱は、とまりませんとばかりに、
自分の歌える音域を超え、かすれ声にもめげず録音。

ビートルズの3枚目のシングルA面、本国イギリスでは、
アルバム収録されなかった曲なのに、日本編集盤では、
1枚目「ビートルズ!」収録「フロム・ミー・トゥ・ユー」を、
みなさんへ感謝をこめ、懲りずに、歌入りのアップです。

とにもかくにも、この一年間、拙ブログをご覧いただき、
さらに、励ましやアドバイス、共感のコメントもいただき、
本当、感謝でいっぱいで、みなさんの応援がなければ、
飽きっぽい自分は、とっくにブログをやめたことでしょう。

本当に、この一年間、ありがとうございました。
そして、来年もまた、よろしくお願いいたします。






右手の中指、薬指を鍛える、カルカッシ「練習曲第2番」
「カルカッシ25の練習曲・第2番」は、右手のための練習、
特に、中指と薬指の交互運動に、重点をおいた練習曲で、
基本形は、5・3・2・1弦によるアルペジオに続け、1弦で、
同じ音程のまま、中指、薬指で、二回ずつ繰り返して弾く。

左手の運指は、開放弦を含む、第1ポジションから始まり、
10フレットのセーハまで、パターンごとに変化していくので、
低位置から高位置への移動の際、どの指を起点にするか、
早め早めに、次のポジションを探る、練習にもなっている。

こうした曲は、暗譜の苦手な自分でも、必死で覚えないと、
ポジション移動を気にして、右手の動きがおろそかになる、
逆に右手でとらえる弦を探して、左手の位置がずれたりと、
両手が足を(?)引っ張る形で、まったく演奏にはならない。

練習曲に限らず、無意識に両手が動くよう、暗譜しておき、
左手のポジションの移動や、右手で弾く弦の位置などは、
せいぜい確認程度に、目で追うくらいに、できない限りは、
聴かせる演奏とは呼べないが、今の自分は、まず不可能。

少しくらい暗譜しつつ、譜面で確認しながらの演奏ばかり、
次にどこを押さえるかと、そちらに意識が集中するあまり、
音色を作ったり、フレーズを歌わせるまで、手が回らずに、
さらに雑音が鳴るわ、ミストーンと、良いところはない状態。

それでも、テンポをゆっくりにすると、譜面を見るにしても、
思い出して弾くにしても、余裕が出てくるようで、音色など、
気にかけることができるが、逆に、自分の音が聴けてくると、
雑音にも気づくので、基礎テクニックのなさを痛感する次第。

それを克服するために、練習曲へと立ち返ったつもりだが、
その練習曲にも苦労する始末で、いったい、どこまで戻り、
練習すれば良いのかと、ピックでエレキギターを弾くことに、
なまじ自信があるから、あまりのギャップに落ち込むことも。

そう嘆きつつ、クラシックギターで弾きたい曲が、多いので、
そのためには、基礎から練習しないと、話にならないのだと、
自分に言い聞かせ、しかも、ベンベラベンっと、弾きこなし、
拍手喝采を浴びるのを想像すると、俄然やる気が出てくる。

ギターが好きなこともあるが、基本、楽観的な性格だったり、
すぐに気分転換できたりするので、今まで続けてこれたし、
家族からは、仕事も含めて、お気楽で、おめでたい性格と、
あきれられているが、この歳で、性格が変わるわけもない。

それで、めげずに、カルカッシの第2番に取り組むわけだが、
鈴木巌「クラシックギター教本」で、指定されているテンポ、
1拍が72~108のところ、一番遅い72の速度でも難しくて、
メトロノームに合わせようとしても、どんどん遅れていく一方。

やはり、中指、薬指で交互に弾くときに、ついていけなくて、
トレモロ練習ではないが、開放弦を使って、ひたすら交互に、
右指を動かしてみると、次第に指が、つりそうになってきて、
右手の弱点は、薬指にあると、何かで読んだのを実感する。

渋谷河合楽器のギター教室で、クラシックに詳しい先生から、
ピックで弾いても、良い練習になると、薦められた本の一つに、
ホセ・ルイス・ゴンサレスの「ギター・テクニック・ノート」があり、
スケール、アルペジオ、セーハといった、項目が載っている。

アルペジオの練習を、ピックで弾くのは、かなり難しかったが、
それ以上に、「左手各指の独立練習」は、小指を鍛えられたし、
「左手各指間の拡張」は、手が小さいと、言い訳してた自分に、
この練習を徹底的にやるようにと、先生からアドバイスされた。

そんな教本の冒頭は、「序章 左右両手の基礎練習」となり、
左手は、1本の弦上で、12フレットまで、ドレミの順に押さえ、
右手は、ド・ド、レ・レと、m・aの2連符で弾き、一通り弾くと、
ド・ド・ドと、m・a・mの3連符、さらに、m・a・m・aへと進む形。

文章にすると、わかりにくいが、要は、右手は、中指・薬指と、
交互に繰り返し、その回数を増やすことで、鍛えるのが目的、
右指の組み合わせも、次第に、i・a、i・mや、i・a・i、i・m・aと、
変えていくが、最初に練習するのが、m・aというのがポイント。

クラシックギターを弾く人には、わかるだろうが、初級教本で、
最初に覚えるのは、開放弦を用いて、右指で弾く練習であり、
当然に、人差し指、中指の交互から始まり、拡張するが普通、
m・aから始めたのは、いかに苦手を克服するかの、表れかと。

それで、m・aの交互練習という、機械的な練習をやってから、
カルカッシの第2番へ移るが、そう簡単には、うまくならないし、
アルアイレで弾くと、勢い余って、2弦をひっかけてしまったり、
アポヤンドでは、休めた指を上げるとき、開放弦が小さく鳴る。

右手のコントロールができていないから、早く弾けないうえに、
雑音、ミストーンが多いのだろうが、こうして練習曲を弾いて、
何が自分の欠点か、どこを集中的に、取り組むべきなのかが、
わかるから、練習曲だと馬鹿にできないし、やりがいもある。

もう、来年の話をしても、鬼も笑わないだろうから、書くのだが、
クラシックギターで弾きたい曲の大半が、難易度は高いから、
カルカッシ、ソルの練習曲をアップしつつ、テクニックをつけて、
さらには、その練習曲を弾くために、機械的な練習も続ける。

しばらくは、取り組む予定でいる、「カルカッシの25の練習曲」、
その第2番を、鈴木教本に、「同じ音質、同じ強さになるように」
「はじめは極めてゆっくり」と、演奏のアドバイスにあったものの、
なかなか弾けないままで、いつも以上に、ミスが多い演奏です。




今年のクリスマス演奏は、ソロギ版「戦場のメリークリスマス」
今年のクリスマスには、どんな曲を演奏しようかと思い、
せっかく、クラシックギターを練習し続けているのだから、
名曲「戦場のメリークリスマス」を、佐藤弘和が編曲して、
村治佳織が演奏した楽譜で弾いてみると、難しすぎた。

「戦場のメリークリスマス」というと、映画そのものよりも、
当時聴いてた、「ビートたけしのオールナイトニッポン」の、
ロケ現地からのレポートや、大島監督、坂本龍一らとの、
あること・ないことの、ギャグエピソードの方が、印象的。

「オレたちひょうきん族」の中で、ビートたけし本人が出て、
「戦場のメリーさんの羊」という、パロディをやったのにも、
ゲラゲラ笑っていて、映画本編を見たのは、その数年後、
いろいろ含蓄に富む、難しいストーリーだと、初めて知る。

そして、何よりも、映画そのものよりも、音楽が印象的で、
特にラストシーンに流れる、テーマ曲が、全部さらってく、
たけしの台詞、「メリー・クリスマス、ミスター・ローレンス」、
それと相まって、すべてを総括するごとく、心に残った。

「戦場のメリークリスマス」は、映画の中で流れるのは、
シンセの多重録音だが、作曲者の坂本龍一、本人が、
ピアノソロで演奏し、その編曲の楽譜も出版されていて、
どちらも捨てがたい演奏で、メロディが光っているせいか。

シンセの場合は、風の音が少しずつ、強まってくるよう、
イントロがフェイドインしてくるが、ピアノは、リリカルに、
転がるような和音と、その上で、繰り返すアルペジオが、
水模様が広がったり、花びらが開くような光景が浮かぶ。

このあたり、ピアノの高音のイメージは、教育テレビでの、
理科の番組で、土の中から芽が出たり、雨が降ったりと、
スロー再生する場面で、何かと、ピアノが高い音域を使い、
ティントロ、ティントロと鳴っていたのが、刷り込まれたか。

そのイントロを、佐藤弘和の編曲は、うまく取り入れてて、
ハイポジションでセーハしたり、開放弦を鳴らしたりして、
和音を響かせながら、アルペジオのフレーズを続けるし、
テーマでも、最初は低音、次にオクターブ上げたりする。

ピアノの弾けない自分は、それゆえ、すごくピアノ曲へ、
憧れがあり、何とか、その音をギターで再現できないか、
良い編曲はないかと思うが、この佐藤編曲の「戦メリ」は、
見事で、それだけに難易度も高くて、ほとんど弾けない。

「ジングルベル」や、「サンタが街にやってくる」といった、
定番のクリスマス・ソングを、ソロギターの編曲で弾くか、
「聖母と御子」といった、純粋なクラシックギターの曲で、
クリスマスを思わせる曲にしようか、あれこれ思い悩む。

そうこうするうち、ブロとものマジェさんに、嬉しいことに、
「戦場のメリークリスマス」を、リクエストしていただき、
待ってましたとばかり、ここは、佐藤編曲に挑戦するも、
クラシックの基礎ができていないから、難易度が高すぎ。

クリスマスぎりぎりまではと、練習を続けてみたものの、
すぐに上達するわけもなく、いつものごまかし半分となる、
その程度のレベルにさえ達しなくて、残りが数日となって、
この編曲は無理、昔練習した、南澤大介の編曲にする。

リットー「ソロ・ギターのしらべ」は、2000年から始まり、
10冊以上もの続編が、今も出版される、ベストセラーで、
おそらく、「ソロギ」という呼び方は、この楽譜集のヒットで、
一般的になったというほど、大きな流れを作ったシリーズ。

「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」の、原題表記で、
2作目に収録されていて、この後、メジャーデビューする、
押尾コータローによる、タッピング奏法の編曲が出るまで、
ギターで演奏するには、この編曲が一般的だったと思う。

原曲は、キーがD♭となっているのを、半音下げ、Cとして、
後半の行進するような部分を省略していたり、イントロや、
テーマの繰り返しを省略しているが、ソロギ・シリーズは、
楽譜を1ページに収める方針なので、そうなったのだろう。

それでも、すごく原曲の感じ気が出ている、見事な編曲で、
せっかくだから、ギターの1フレットに、カポタストをつけて、
キーは、ピアノ演奏と同じD♭にしたが、そうは言っても、
ギターとピアノでは、基本的に使う音域が、オクターブ違う。

そもそもピアノの方が、低い音域も、高い音域も広いが、
最初に覚える、ドレミファで弾く音域、メロディで使われる、
中心的な音域が、ギターは、ピアノより1オクターブ低くて、
それだけでも、編曲したときに、雰囲気が変わってしまう。

無理やり、高い音で始めると、途中で、高音が出なくなり、
これは、女性コーラスを無理やり、男が歌うようなものか、
それに加えて、ピアノの低音部は、ギターより低く出るから、
こちらは、ギターがオクターブ上にしたりと、編曲は苦労。

自分がギターを弾くから、こうした苦労も含めて、楽しいし、
ピアノやオーケストラの音を、どこまで再現できてる編曲か、
あるいはギター特有の響きへと、見事に料理した編曲かと、
市販の楽譜や、プロの演奏するCDを、買い集めてしまう。

ただ、ギターを弾かない人、ギター音楽に興味ない人には、
原曲のピアノ演奏、オーケストラ演奏で、何が不満なのか、
無理やりギターで弾いて、何がしたいんだと思われがちで、
このあたり、あまりにギタリスト目線でいるのは、反省もの。

「絶対音階」という本には、移調について書かれた箇所で、
音には色彩があるので、キーが変わると、その色も変わる、
なぜ作曲家が、わざわざ、そのキー、音程を指定したのか、
それを考えれば、別の調に変えることは、信じられないと。

それもあって、今回、カポタストをつけることで、坂本龍一が、
シンセでも、ピアノでも、そのキーで弾いた、D♭にするが、
♭が多い調にすることで、不安感が増すとか、言われても、
絶対音感どころか、相対音階もない自分には、わからない。

まあ、こうした理屈みたいなことは、抜きにして、音楽自体、
演奏自体が素晴らしければ、万事良しとすべきであろうし、
これからも、自分はギターを弾き続け、時にピアノなどには、
嫉妬しながら、ギターならではの編曲、演奏を目指していく。

クリスマス向け演奏が、年寄りの長話になってしまったが、
坂本龍一も出演した映画、「戦場のメリークリスマス」から、
クリスマスの定番、癒し系の定番曲ともなった、テーマ曲を、
南澤大介の編曲で、クラシックギター(ガット)の演奏です。





不思議と歌詞はスラスラ出る「アクロス・ザ・ユニバース」
74年、中2の夏に、新宿武蔵野館で、三本立ての映画、
「ビートルズがやってくる」「ヘルプ」「レット・イット・ビー」で、
ビートルズと出会ったが、コメディタッチの前2者とは違い、
「レット・イット・ビー」は、製作現場のドキュメンタリーだった。

スタジオ内の映像が多いせいか、全体に暗い印象がして、
曲を作り上げていく過程も、どこか、ぎくしゃくとして見えて、
何よりも、「ヘルプ」とかで、快活に、はしゃぎ回った若者が、
メガネをかけたり、髭も伸ばして、まったくの別人に思えた。

翌年にも映画館だったり、ビートルズ・シネクラブの大会で、
「レット・イット・ビー」を何度か見て、屋上でのコンサートは、
いわゆるサプライズのゲリラ・ライブに驚く、オフィス街の人、
噂を聞きつけ集まる人など、周囲の反応に、妙に感動した。

それでも、全体的に、暗さだったり、違和感がつきまとって、
ポールとジョージが演奏で口論したり、遊び半分の演奏で、
盛り上がったところへ、ポールが来た途端、急にやめたりと、
こうも雰囲気が悪いのを、なんで、わざわざ上映したのか。

演奏は、圧巻のルーフトップ・コンサートは、言うまでもなく、
スタジオの場面でも、完成された演奏は、聴かれるのだが、
楽屋裏をお見せします、みたいに、曲を作り上げる過程や、
演奏を途中でやめたりは、興味深い反面、ちぐはぐに思う。

口頭で曲のコードを伝えて、ヘッドアレンジしていく場面は、
曲作りの秘密にせまる感じで、すごく貴重な場面で良いが、
今で言うメイキングフィルム、それのみで構成された感じで、
ライブDVDの特典映像を、ロードショー公開したような印象。

もちろん、「レット・イット・ビー」こそ、メイキングの先駆けと、
言えなくもないし、「マジカル・ミステリー・ツアー」が、当時、
マスコミから酷評されたが、今では、MTVの元祖だったと、
再評価されたよう、今の自分の目で、改めて確かめたい。

ビートルズが好きになり、その曲をギターを弾くようになると、
これらの映画は、ギターのコードを、どう押さえているかとか、
ストーリーと別に、演奏場面の、細かい部分も見るようになり、
なかでも、「アクロス・ザ・ユニバース」には、すごく感動した。

曲のイントロを弾き始めた、ジョンの左手が、2フレットから、
10フレットへと、スッとポジション移動するのが、ものすごく、
格好良く見えて、やっぱり、ビートルズは、ギターがうまいな、
自分も練習して、弾けるようになりたいと、ひたすら憧れた。

考えてみれば、「アルハンブラの思い出」でも、転調してから、
2から10フレへと移動する箇所があり、クラシックギターでは、
ごく当たり前の、ポジション移動なのだが、当時の自分には、
ジョンのギターテクニックが、神業に見え、ジョンを目指した。

LP「レット・イット・ビー」での、「アクロス~」のリズムギターは、
フォークギターで、他の3人の楽器の音は、ほとんど聴こえず、
オーケストラや合唱団も入るが、映画の中のリハーサルでは、
ジョンはエレキのカジノを弾き、バンド形式で、ポールもハモる。

こうして曲を固めていき、あの形になったのかと、思ってたら、
実際は、ホワイトアルバム直前に録音し、没になっていたが、
チャリティアルバムに提供され、さらに映画で再演したからと、
そのサントラ盤となる「レット・イット・ビー」にも、収録した模様。

今では、4つのテイクが聴けるが、「アンソロジー」は別として、
同じ音源から編集したそうで、バード・バージョンと呼ばれる、
チャリティアルバム版は、スタジオ前にいたファンがコーラスし、
イントロに、鳥の羽ばたく効果音を加えて、テープ速度を上げ、
音程を半音高くしたもので、今は「パストマスターズ2」に収録。

「レット・イット・ビー」では、逆にテープ速度を下げ、半音低くし、
オーケストラや合唱団を加えた、壮大な編曲へと変貌したが、
本来の演奏に戻すという、コンセプトによる、「ネイキッド」では、
速度は変えず、ほぼジョン一人の、弾き語りに近くなっている。

回転数を変えて、音程を上げ下げしたのは、何が目的なのか、
今でも自分には、よくわからないが、おかげで市販の楽譜は、
E♭や、D♭で書かれることになり、初級レベルの自分には、
押さえにくいコードだらけ、かなり苦労して弾いた記憶がある。

もともとが、ジョンの弾き語りだったからか、ベース、ドラムや、
オケが入らなくても、様になるので、昔から弾き語ってた曲で、
久々に演奏しても、歌詞がスラスラ出るのが、ちょっと嬉しくて、
その反面、最近のJ-POPなどは、口ずさむそばから忘れる。

「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の時に、書いたが、
ポールが、フィル・スペクターのオーケストラ編曲に、怒ろうと、
「ネイキッド」で、本来の演奏へと近づけようと、自分にとっては、
やはりLP「レット・イット・ビー」が、聴きなれたバージョンとなる。

スコアには、オケ、ハープ、コーラスが、一段ずつ載っていて、
本当は、もっと何段にもなるところを、省略しているのだろうが、
そのままギターシンセで演奏し、時折、バックに聴こえてくる、
ワウワウのギターと、タンブーラを、コードだけ弾いて、重ねる。

昔、渋谷河合楽器の発表会で、ギターが、せっかく良いのに、
歌が始まると、あまりの下手さに、ギャップがひどすぎるから、
やはり歌わないほうが良い、と言われたが、今回の演奏でも、
イントロは、自分でも満足の出来なのに、歌が始まると目まい。

いただいたコメントに、年甲斐もなく、調子づき、歌を続けたが、
自分の歌のひどさは、自分が一番わかっていて、反省しつつも、
みんなに背中を押され、3年前に始めた、毎週のギター演奏で、
目に見えてギターが上達したように、歌も、ましにならないかと。

ビートルズの現役時代、発売順としてのラスト・アルバムとなる、
「レット・イット・ビー」に収録の、「アクロス・ザ・ユニバース」を、
できるだけ、LP版のオーケストラ、合唱入り編曲に近づくように、
多重録音して、最後の歌入れだけが、相変わらずの課題です。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.