FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ポールの直筆サイン入りと思った、ジョン・レノンの著書
75年、中3の時、渋谷ヤマハ楽器に行くと、
楽譜売り場に、ジョン・レノンの写真が表紙の
輸入本が飾ってあり、それは一目見ただけで、
有名な「イン・ヒズ・オウン・ライト」だとわかる。

ジョン・レノンが、64年に発表した、第1作で、
思いついた事をメモに書き、入れたポケットが、
いっぱいになったので、それを本にしてみた、
なんて、どこかで、本人が語っていたように思う。

ビートルズの映画「ハード・デイズ・ナイト」でも、
さりげなく、楽屋あたりに、その本が置いてあり、
その表紙は、自分の目に焼きついていた。

3千円くらいだか、当時の自分の小遣いでは、
手の届く金額でなかったが、両親が昔から、
漫画以外の本なら、いつでも買ってやるなどと、
言っていたので、英語の本だと言いくるめた。

実際、辞書を引きながら読んだので、少しは、
英語の勉強になったし、ビートルズの歌詞を、
覚えたことなんかも、前置詞の穴埋め試験で、
迷ったときに、口ずさんで正解でき、役立った。

「イン・ヒズ~」は、ポール・マッカートニーの、
序文があり、黒い活字で印刷された文に続き、
青い万年筆で書いたような、ポールのサイン。

ポールの直筆サイン入りだから、高かったんだと、
勝手に思い込んで、ひとり納得していたのだが、
今現物を見ると、どうみても、これも印刷だった。

本の内容は、寓話のような、散文詩のようなもの、
さらに意味不明のような、イラストが書かれて、
思いつきの産物なのかなあと、辞書も投げ出した。

片岡義男による和訳「絵本ジョン・レノンセンス」が、
年末に出たが、自分が買ったのは、翌年だったか、
奥付は75年12月の初版だが、たぶん売れなくて、
かなりあとになっても、初版が買えたんだと思う。

和訳で読んでも、やはり意味が、よくわからなくて、
本の帯にある、「ナンセンス絵本」「ことば遊び」と、
書かれているのは、出版社の苦肉の策だったか。

ポールの序文に、「意味がなくても、いいんです。
何となく、おかしければね。」と、書かれていて、
親友ならでは、すごく的確に内容を表している。

のちに、カフカの寓話とか、ランボーの散文詩、
ヴァレリーマラルメなどの象徴詩を、読んだら、
似たような印象だったので、西洋人の感覚とは、
こういうものなのか、自分も何となくわかりかけた。

ジョン自身が、ホワイトアルバムの「ジュリア」で、
「僕の言うことの、半分は意味がなくて」と、歌い、
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンド」や、
アイ・アム・ザ・ウォルラス」へと、つながっています。


ジョンレノンの著書




トラックバック0 コメント2 page top


TABスクールの打田十紀夫は、お手本のようなアルバムばかり
今も、アコースティックギターマガジン誌上で、
ギター講座を連載している、打田十紀夫は、
TABギタースクールを主宰し、教則本なども
数多く出しているし、ソロアルバムも数多い。

自分が、アコギのソロ演奏に夢中になったのは、
98年ごろだったが、アコギマガジンの広告に、
TABスクールのCDや楽譜が掲載されていて、
アコギが上達するよう、何か買おうかと思う。

ウッディ・マンのアコギブルースの楽譜付CD,
ケルティックギター入門や、AKI浜田隆史ら、
新人ギタリストのCD、楽譜も紹介されていて、
何より、内田のCDと楽譜が、すごく気になった。

当時、ウィンダムヒル・レーベルのギタリストたち、
マイケル・ヘッジスアレックス・デ・グラッシ
ウィリアム・アッカーマンの楽譜が欲しかったが、
渋谷の石橋楽器や、ヤマハには置いてなかった。

石橋楽器で目にしたのが、アコギマガジンで見た、
内田のCDとコピー譜で、譜面を立ち読みすると、
変則チューニングのヒーリング系の曲もあれば、
ラグタイム、ブルースと、バラエティに富んでいた。

ココナッツクラッシュ」と、「思い出の鱒釣り」が、
当時出ていた2枚のアルバムで、石橋楽器には、
CDは2枚あったが、楽譜は「ココナッツ~」のみ。

一緒に買いたいので、とりあえず、「ココナッツ~」を、
買ったのだが、1曲目から、1、6弦をDに下げて、
ウィンダムヒル顔負けの、ニューエイジ風の曲。

ベースランニングを学べる曲もあれば、ラグタイム、
アコギブルースなど、教則本のお手本のようだが、
ギタリストに限らず、鑑賞用となる、楽曲ばかり。

これは、もう片方のCDと楽譜も買うしかないと、
他の楽譜も探しがてら、御茶ノ水へ出かけたが、
そこの石橋楽器に、「思い出の~」の楽譜があり、
CDはなかったので、また渋谷に戻り、CDを買う。

「思い出の~」も、バラエティにとんだ曲ばかりで、
この2枚の曲をマスターすれば、ソロギターの、
大半のジャンルをものにできるし、技術も向上と、
思いつつ、いつものように、積ん読状態のままです。


タッピングの新技で、驚異の新人エリック・モングレイン
エディー・ヴァン・ヘイレンが、元祖ではないせよ、
通常、左手の指で、フレットを押さえるのに加え、
右手も使う、ライト・ハンド奏法を、世に広めた。

やがて、人差し指か、中指で押さえるだけではなく、
4本とも指を使う、エイトフィンガー奏法が出たり、
左右の指で自在に押さえる、タッピングへと進化。

さらに、ベース音、バッキングの和音、メロディと、
ピアノの両手のように、フレットを自在に押さえる、
スタンリー・ジョーダンという、達人まで現れた。

この流れは、エレキギターにとどまらず、アコギへ、
波及していき、マイケル・ヘッジスがタッピングを、
駆使した曲を披露し、クラシックギター界まで、
アンドリュー・ヨークが取り入れて、作曲をした。

98年発行のムック「アコースティックギター7」で、
プレストン・リードの「ファット・ボーイ」が解説され、
オーバーネック・タッピングと名づけられていたが、
左手をネックの上側から回し、押弦するフォーム。

このあたり、ギターを弾いている人が読んでも、
ちょっとわかりにくい書き方で、図解か写真でも、
あれば良いのだが、Youtubeで見てもらえれば。

そして、どうせ両手とも上から回すのだからと、
ギターを横に寝かせてしまい、弾きやすくしたのか、
ラップタップ・ダブルタッピングと、名づけられた、
驚異の奏法で、エリック・モングレインがデビュー。

もともと、ストリートミュージシャンとして活動し、
自己の演奏を、06年頃、Youtubeで公開したら、
一躍、時の人となり、CDデビューとなったらしい。

自分は、アコギのCDや楽譜の、老舗ショップ、
プー横丁のホームページの紹介で、知ったが、
すぐにNHK特集で、ゴンチチの二人の司会で、
インタビューと演奏が放送され、すごく気に入る。

「Air Tap」という、全面タッピングだけの曲は、
右手の人差し指で、弦をハンマーで打つように、
ハーモニックスを鳴らすテクニックも、披露した。

これは楽譜が欲しいと思うが、1年近くたった頃、
モングレイン本人のホームページで、販売となり、
海外のネット通販は、不慣れで、買えないまま。

09年の「アコースティック・ギター・ブック28」で、
インタビューと、ほんのさわりのTABが掲載された。
(「~マガジン」はリットーで、「~ブック」はシンコー)

この手の曲は、ギターのチューニングを通常と変え、
開放弦でも和音となる、オープンチューニングが、
使われるので、勝手に、かき鳴らしても、様になる。

「いわばペテン技なんだ」と、アコギのベテランである、
レオ・コッケが笑っていたが、自分のかき鳴らしと、
モングレインの響きは、天と地ほどの差がある。

いつか完全なTAB譜を手に入れて、少しくらいは、
それらしい演奏をしたいと、またも欲張りですが、
とにかく、エリック・モングレインは、要注目です。




マイケル・シェンカーの音色を出そうにも、モコモコするだけ
好きなギタリストは、本当、限りなくいるのだが、
ギターの音色となると、好みが決まっていて、
筆頭が、クリーム時代の、エリック・クラプトンが弾く、
ウーマントーンと呼ばれる、こもり気味の音となる。

高1の時に、この音が気に入り、少し違うのだが、
ディープ・パープルの「ライブ・イン・ジャパン」で、
リッチー・ブラックモアが弾く、ストラトキャスターの、
太くて、歪ませているのに美しい音色にも魅かれた。

同じく、ストラトを弾くイングヴェイの音も良くて、
特にアルカトラスに在籍した頃や、最初のソロでの、
こもった音が好きだから、自分的には、ぶれていない。

マイケル・シェンカーは、スコーピオンズUFOで、
天才ギタリストと言われたが、演奏を聴いたのは、
80年に出たソロアルバムで、フレーズも格好良いが、
まさに、自分の好みの、こもったギターの音だった。

クラプトンも使った、ワウワウクライベビーは、
足で上下に踏んで、音色を変化させるペダルだが、
シェンカーはペダルを、中間の位置に固定することで、
中音域をコントロールして、太くこもった音を作った。

自分も真似てみたのだが、ただモコモコする音で、
理想の音には、ほど遠く、すぐにあきらめてしまう。

先日、シェンカーの曲を昔は練習したと、書いたら、
「演奏が楽しみです」なんて、嬉しくなるコメントを、
いただいたので、調子づいて、音源作りに挑戦した。

全体に、シャッフルのリズムで、ギターのリフなどが、
3連符ばかりなので、リズム音痴の自分としては、
拍子の頭のアクセントが、ひっくり返り、かなり苦戦。

ギターのソロにしても、3連符のノリも難しければ、
ギターのフレットを、下から上へ移動しながらの、
縦横無尽なフレーズが、指が追いつかない始末。

リズムの特訓と、ポジション移動の特訓などを、
この際やり直そうと思ったが、よくよく考えてみれば、
この曲こそが、そういった特訓向けの練習曲となる。

それでも、自分のレベル以上の、練習曲ってのは、
やはり無理があるわけで、いつもながら、週末では、
とりあえず、ここまででした、のレベルでアップします。

ギターの音は、ワウワウが壊れて、捨ててしまったので、
ギターのトーンをしぼり、MTR内蔵のエフェクトでも、
トーンをしぼったら、それとなく、こもった音になる。

喜んで録音したのだが、聴いてみると、モコモコして、
ドラムやベースまで、その音に、引きずられるのか、
全体に、音抜けの悪い録音になっていて、マスタリングで、
高音を出すよう補正してみたが、逆にノイズが増えた。

演奏ができないことには、話にならないのですが、
ギターの音や、録音も、いろいろ試行錯誤中で、
これから、改善に向けて、努力しようと思っています。

マイケル・シェンカーの1stソロ「」に収録された、
インスト曲「イントゥ・ジ・アリーナ」の、ややコピーで、
原曲は、音源探しで頼りになる、おなじみYoutubeで、
スタジオ盤の音源や、発売時のライブ演奏が見られます。




カバーで聴いていた、キャロル・キングの、ご本家の底力
キャロル・キングの、2ndアルバム「つづれおり」には、
多くの歌手がカバーしている、「イッツ・トゥー・レイト」、
「ソー・ファー・アウェイ」、「君の友達」などが満載。

自分は、その3曲とも、キャロル・キング本人でなく、
ジェイムス・テイラーや、クルセイダース(インスト)、
五輪真弓松原みき、のカバーで聴き、かなりあとに、
CD時代になってから、ようやく本家を聴くことになる。

カバーでは、クルセイダースの「ソー・ファー~」が、
気に入っていて、それも「クルセイダース1」収録の、
スタジオ演奏でなく、「スクラッチ」のライブ演奏。

どちらも、ラリー・カールトンのギターソロが聴けて、
スタジオは、延々と弾いているわりに、冗長気味だが、
ライブでは、サックス奏者が、息が続く限りとばかりに、
1分以上音を伸ばし、拍手喝采の中、ギターが続く。

サックスの後を受け、曲のテーマを、少し崩したような、
ゆったりとしたフレーズから入り、次第にスリリングな、
早弾きとなり、短いながらも、素晴らしいソロを聴かせた。

来日したラリー・カールトンをバックに、五輪真弓も歌い、
かなり印象に残っていた曲を、10年以上たってから、
本家の方を聴くと、ピアノのイントロから、すごく美しい。

キャロルの歌も、すごく説得力がある、見事な歌い方で、
続くフルートのソロは、しっとりと心に響きわたるし、
そこに絡んでくる、ジェイムス・テイラーのアコギが、
これまた、すごく味のある音で、名手の面目躍如たり。

語りかけるように、ジェイムスが歌った「君の友達」も、
キャロルは、力強く歌い上げ、バックのアレンジも、
JTの印象的なイントロや、2本のギターとは対照的に、
ピアノ主体の、アコギも含んだ、バンド演奏となっている。

アルバム冒頭の、「アイ・フィール・ザ・アース・ムーブ」は、
初めて聴いたが、こんなアップテンポの曲もあったのかと、
新たな発見で、ダニー・コーチマーが、ピアノと掛け合う、
エレキギターのソロも、ジャズテイストで、格好良かった。

ポップスなどを聴いていても、バックのギターに注目し、
バッキングやソロなどで、気に入ったりもするのだが、
キャロル・キングは、まずメロディが何より良くって、
ギター云々を抜きにして、愛聴している名盤なのです。






Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.