FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
とりあえず無事に生きてますが、更新は先になります
3月は年度末で忙しいから、早め早めに更新できるように、
何曲かのオケ作りを並行して、進めていたが、どの曲にも、
どこかしら引っかかるところがあり、ドラム入力が面倒とか、
シンセの音が今一歩とか、ベースのノリが悪いだとか様々。

そのうえ、ギターメインのインストなら、オケの方は簡単と、
白玉でシンセの和音だけ流すような曲に切り替えてみると、
逆にギターの粗が目立ってしまうし、早弾きでもないのに、
ちょっと運指が難しいと、かなり練習しないと様にならない。

ああでもない、こうでもないと、いろんな曲に目移りしては、
こんなに自分は下手だったかと落ち込んだりしてしまうが、
まあ趣味のギターだからと開き直り、オケもギターの方も、
じっくり取り組むことにして、スケール練習から、やり直す。

実際に、この2週間ほどは、残業はしないようにしつつも、
帰宅すると疲れて、少し練習すると、早めに寝てしまうし、
仕事が間に合わず、ボランティア(?)の休日出勤が続き、
週末を使って、集中的にオケ作りをするのも、無理となる。

ちょっと精神的にも肉体的にも、スランプかなと思いつつ、
ギターへの愛着は強くて、毎日必ず、少しでも練習するし、
疲れて横たわっている間も、スマホでいろいろ曲を聴いて、
フレーズを研究したり、バンドスコアを眺めたりはしている。

ギターのおかげで、何とかやってられるというのが実情で、
そのギターに束縛されるのは本末転倒と、開き直っていて、
何だかんだで、お気楽にはしているが、この3月のうちには、
せめて1曲は仕上げたかったと、こうして愚痴を書き散らす。

明日には新しい元号がお披露目となり、ひと月過ぎたなら、
平成も終わってしまうわけで、そうなる前に、2曲くらいは、
演奏したいが、平成最後の曲だとなると、妙に構えたりして、
ただ、このブログは、そこまで大げさにすることもないかと。

今日も取り組んでいる曲を、見切り発車しようかと思ったが、
聴き返すと、あまりにクオリティが低く、歌は仕方ないとして、
ギターにしても、オケにしても、もう少し、ましになるはずだと、
もう1週間、取り組み、それでだめなら、また別の曲にする。

毎週末の更新をやめてから、さぼり癖もひどくなっているが、
もっと上手くできるはずだと、向上心も沸くという二律背反で、
何だかんだ言いつつ、楽しくオケもギターも取り組んでいて、
とりあえず、更新は途絶えてますが、無事にやっております。



スポンサーサイト


我が家の愛犬、ビーグルのマリアが16歳で旅立ちました
平成30年10月26日午後11時12分、我が家の愛犬の、
ビーグルのメス犬、マリアが、16歳4ヶ月という大往生で、
旅立ってしまい、実家で飼っている犬は何匹も看取ったが、
自分で飼ったのは、この子だけなので、やはり思いは違う。

「こんなちっぽけなブログ」なんて言い方するほど、自虐的、
皮相的になっているわけでもないが、自分の拙い文章でも、
自分と家族が愛したビーグルに、多少なりとも触れることで、
あの子の生きた証になればと、少しだけ駄文を連ねてみる。

平成14年6月に実家で産まれたビーグルの赤ちゃんのうち、
たまたまマリアが娘の膝に必死でよじ登り、昼寝をしたことで、
娘が飼いたいと言い出したので、実家ではマリアを手放さず、
毎週末のように、娘はマリアに会おうと、実家へ通ったりした。

「お母さんが、小学校へ入学したら飼ってもいいと約束した。」
そう言って、娘がマリアを連れて帰ってきたのが、平成15年春、
仕方なく、どうせ数日で飽きるだろうと、我が家に迎え入れると、
息子が絶対に返すなと言い、約15年間、喜怒哀楽を共にした。

自分は決してほめられた飼い主ではなく、ギターを弾いたり、
パソコンでブログ記事を書いているとき、足元に寄ってきては、
おやつをよこせだの、やれ散歩へ行くだの催促されるたびに、
むっとしては、ああ、もう、こいつの相手は嫌だと叫んでいた。

マリアを飼っていなければ、毎日でもギターを録音して、毎日、
ブログを更新できるだろう、十数年に渡る朝晩の散歩時間を、
勉強に充てていれば、司法試験だって夢じゃなかったろうと、
できもしないことを考えて、邪魔者扱いすることも多々あった。

マリアからは、家族全員にいろいろなものをもらったと思うが、
自分は、それに足るだけの飼い主だったか、自問自答しつつ、
定年退職して時間が増えたら、マリアを嫌と言うほど思い出し、
何か別のブログでも起こそうか、なんてことまで考えてみたり。

マリアが10歳を過ぎた頃から、あと何年、この子といられるか、
毎年考えていたが、それを思えば、がんばってくれたと感謝で、
家族4人全員で見送りできたのも感謝しつつ、この文章を終え、
次からは、いつもどおり、音楽や演奏中心のブログに戻ります。




言い訳ばかりですが、録音ミスの連続で立ち直れず延期です
週末更新ができない言い訳ばかりしていて、情けないのだが、
今週は、まじめに(?)平日から、少しずつオケ作りを進めて、
我ながら良いペースだと、木・金曜に、メロディやアドリブまで、
いい感じで録音していたのに、途中から音量が下がっている。

ギターに取付けているギターシンセ用ピックアップの端にある、
ボリュームを触ってしまったようで、リリコンやピアノのソロが、
途中から半分以下の音量になっているのを、プレイバックして、
気づいたときのショックといったら、データ消去に匹敵するほど。

もちろん、ノーミスでバンバン演奏できるなら、気を取り直して、
最初から録音し直すだけだが、何度もミスしたり、雑音が出て、
フレーズの切れ目、休符のところを境にして、やり直しながら、
1分にも満たないアドリブを、1時間以上かけて録音したのに。

ちょっと、今週は、この曲をやり直す気力はないわとばかりに、
もう昨日は、11時くらいに録音を切り上げて、スマホを出して、
他に目ぼしい曲などないか、今週もまた土曜出勤となるので、
帰宅してからの数時間で仕上げられる曲はないかと物色する。

もちろん、楽譜があれば、初見は無理でも、そこそこ弾けるが、
機械的というか、どの曲でも良いわけでなく、演奏するための、
モチベーションが必要で、季節や環境、その時の気分によって、
同じ曲でも、つまらなく感じたり、気合が入ったりと、かなり違う。

まあ、困った時のデパペペは、アップテンポもスローも曲が良く、
どの曲でも、いつでもゴーサインだが、バンド版は時間が必要、
二重奏の元気一杯な曲が、やはり弾いていて、自分は楽しくて、
どんな名曲でも、弾いている本人がつまらないと出来は良くない。

ソロギターで弾きたい曲も、ウィンダムヒルやら、いろいろあるが、
それらは、クラシックギター同様に、右手の指弾きが難しいから、
数日間練習しないと無理で、その点、デパペペはピックで弾けて、
普段から3冊のスコアをさらっているので、ササっと演奏できる。

そんなわけで、土曜日出勤に、実家の犬の散歩などをすませて、
7時近くに帰宅したが、まずパソコンを起動したら、いやな予感、
ウィンドウズの更新が始まり、しばらく待っていても、同じ画面、
かなり時間がたつのに、「更新1%」という誤表記かと思う状態。

1時間たっても終了せず、スマホで調べると、今回の更新作業で、
3時間近くかかって、午後からの仕事に支障をきたしたみたいに、
ブログに書いている方もいて、そんな時間のかかる更新なんて、
ウィンドウスのバージョンアップでもなかったはずで、腹立たしい。

そうは言っても、演奏が完成していなければ、PCが起動しようが、
更新が終わろうが関係ないわけで、アコギを取り出して、MTRで、
録音を開始、デパペペは、リードとリズムギターが交代するので、
先に両方のリズムギターを別々のトラックに録音することになる。

それで、かれこれ2時間近くかけて、いざリードを録音した途端、
先日から書いている、「宅録あるある」を、またやらかしてしまい、
サビでギターが交代するのだが、それを2小節短くしてしまって、
苦労した録音が無意味というか、最初の30秒しか合っていない。

何が何でも、週末更新だと思えば、そこからでも気を取り直して、
さらに2時間かけて、リズムギターを完成させるのだが、もはや、
そんな気力はどこにもなく、もう、今日はいいか、明日の日曜に、
デパペペか、やりかけのスクエアを録音しようと、さじを投げる。

こういうところが、自分の甘さで、マラソンランナーの話だったか、
どんなに成績が下位のレースでも、最後まで完走しなかったら、
棄権する癖がついて、先頭集団から離れたら、もう走らなくなる、
そんなことにならないよう完走するみたいに、解説で言っていた。

今の自分がまさにそうで、週末更新をあきらめる癖がついてきて、
ちょっと音色が気に入らないとか、ミスを繰り返すと、面倒な曲だ、
これはやめようと方向転換し、さらに、仕事や飲み会が入ったら、
もうオケはあきらめて、ギターの二重奏で、何とかしのごうとする。

さらに、その二重奏もミスすると、モチベーションは一気に下がり、
録音が間に合いそうにないと、11~12時まで演奏することなく、
早めに降伏宣言となり、今のところ遅れつつも更新できているが、
繰り返すうちに、だんだん、どうでもよくなってしまう自分が見える。

それでも、そうやって自分を追い込んでいるようでいて、実際には、
悲壮感漂うわけでもなく、大好きなギターをずっと弾き続けるのは、
生涯の目標であり、楽しみであり、そのモチベーションを維持する、
練習を苦としないため動機づけに、ブログの更新を利用している。

とまあ、相変わらず、言い訳たらたら、無駄口を叩いているわけで、
録音は延期したとしても、ギターは練習するにこしたことはないし、
候補曲を聴いたり、譜面を読んだりする時間も必要、愚痴ばかり、
延々と書いてるのは、これくらいにして、明日への準備をします。


今週は早めに更新のギブアップ宣言で、仕切り直しします
このところ、週末の更新が延期になってばかりの綱渡りで、
下手したら、土曜日に更新が延期になると、お知らせして、
日曜日か月曜日に遅ればせの更新をするのが恒例化して、
週末更新が形骸化しているのは、更新日付から一目瞭然。

それでも、土曜日から日曜へと日付が変わるギリギリまで、
クロスオーバーイレブンのオープニングのセリフでもないが、
演奏を続けたり、ブログの記事を書いたり、努力しているが、
今日は、もう開き直って、早い段階で、ギブアップすることに。

いつもの言い訳になるが、スクエアのオケ作りに取り組んで、
シンセの音色で挫折したり、キーボードの和音が複雑すぎて、
ギターで再現しようとすると、左手の部分で2トラックに分け、
右手など3トラックに分けないと、近接した和音を鳴らせない。

細かい楽譜を追っていると、次第に、何が何だかわからなく、
臨時記号まであると、目が疲れるし、前のトラックの録音には、
どの音まで弾いたか、わからなくなり、それこそ5段書きにした、
和音の楽譜に書き直さないといけないくらいで、本当に面倒。

演奏したいのはやまやまだから、保留にして、少しずつやるが、
じゃあ、今週の演奏はどうしよう、こっちなら楽かもしれないと、
ドラム入力を一晩かけて、翌日、ベースやシンセをやり出すと、
また同じようなことで引っかかったりという、その悪循環になる。

まあ、困った時には、ゴンチチやデパペペの二重奏で良いかと、
今日は土曜日出勤だが、帰宅して、夕食後に1曲くらいならば、
1~2時間で仕上がるさと、昼休みに候補の曲を選んだりして、
いざ、演奏しようとしたら、家族が朝早かったからと寝てしまう。

陽が伸びたせいか、我が家の老犬は、朝の4時に起こしに来て、
仕事のある平日は家族に任せ、土日くらい、こっちが起きるが、
今日は土曜出勤なので任せておいたところ、それで寝不足だと、
夕食後、8時前から横になり、ギターを弾くタイミングを逸する。

MTRに直接エレキをつないで、ヘッドフォンで弾くくらいならば、
多少は我慢できるだろうが、アコギのコードをガンガン弾くのは、
ギターの上手い下手を別にしても、疲れて寝ている人にとって、
大迷惑だろうし、まして、録音前の練習ではミスの連発は必至。

もう演奏は、デパペペのある曲に決め、他の曲にするつもりは、
ないから、迷うことなく日曜に録音するので、これも皮算用だが、
明日の更新は間違いないはず、今日は、開き直って、更新せず、
次週以降ののレパートリーを考えたり、録音用譜面を書くことに。

いつも、譜面と呼べるかどうか、イントロ、A、Bといったスコアの、
リハーサル記号が何小節目かをわかるような、簡単な楽譜を、
書いて、それを元に、ドラムのシンバルが何小節目の頭だとか、
タムのフィルインが何小節目だとか、わかるようにして入力する。

以前、それを間違えていて、ドラムに続け、ベースを録音すると、
途中でシンバルがなったり、ブレイクがきたりで、それでも自分は、
録音時には、フィルインや決めのリズムにつられたりしないように、
基本の8ビートや16ビートを鳴らしておくので、気づかないことも。

シンセなどもダビングして、ギターを録音したら、アドリブがずれて、
自分のリズム音痴かと、何度もやり直したら、オケの間違いと知り、
全部の伴奏をずれたところの手前くらいから、やり直すことになり、
きちんと小節を確認しながら、どの楽器も演奏しないとと反省した。

自分の家は防音室もないし、外のバイクの音とかは、すごく響いて、
明日にアコギの二重奏をやるとして、昼間に雨戸を閉めるわけにも、
いかないから、これも、夜になってからで、また、家族が寝ていたら、
いいかげんにしろ、いくらでも昼寝できるだろうと、言いたくもなるが。

そうなった時のために、昼間のうち、オケも少しずつ並行作業して、
アコギ二重奏かスクエアのどちらか、日曜か月曜になったくらいに、
アップできればよいと思っていて、そんな風に、お気楽で構わないし、
またまた言い訳だらけですが、見捨てず覗いてみてやってください。


スクエアをなめていたわけではないが、間に合わず更新は延期
耳コピが苦手な自分は、逆にバンドスコアがあると安心してしまう、
昔からの悪い癖があり、渋谷河合楽器に通っていた頃のようには、
初見でガンガン弾くことなんかできないのに、課題曲を聴きながら、
スコアで確認できると、もうそれだけで、作業の大半は終えた気に。

今週はスクエアに取り組んでいたが、バンドスコアがあるどころか、
「トゥルース」全曲スコアが、ドレミ出版とリットーの2冊もあるから、
もう大船に乗ったつもりで、ちょっと面倒くさいドラムの入力だけを、
終えれば、ベース、シンセ、ギターで数時間もかかるまいと皮算用。

ところが、学習能力がなくて、いつもつまづくのが、ギターシンセで、
レコードと同じようなシンセやキーボードの音が見つからないだの、
ギターで弾けない和音だらけで、分けて録音し手間がかかるとか、
さらには、トラッキングが悪くて音を拾わず、何度もやり直したりと。

実は、音色がうまく作れずに、ドラムとベースは録音できたものの、
保留になっている曲は、かなりあり、今週もスクエアをやっていて、
「Unexpected Lover」が、イントロのピアノの音が似なくて、没にし、
「Giant Side Steps」は、リフのシンセの音が似せられないから没。

それでも、スクエアは、ドラムの打ち込みは、カシオペアよりは楽で、
土曜日の朝から取り組めば、夕方にはオケが完成して、ギター録音、
余裕でアップできると思っていたところ、シンセの演奏でひっかかり、
音色は何とか誤魔化せたが、いくつも重ねるので、時間が取られる。

実は、昨日も河合楽器のピアノの先生を囲む会で昔の仲間と会い、
2次会に誘われたが、ブログの演奏があるからと、固辞して帰って、
9時過ぎには帰宅できたので、夜中までかけて、「Giant~」をやり、
それでも、これは週末には無理だと、「Because」へと急遽方向転換。

友人から、毎週の更新に悲壮感が漂っていて、力を抜けないのか、
少し休むくらいにして、2次会にも来れば、なんて言ってもらったのに、
宅録作業を優先し帰宅したので、意地でも週末に更新したかったが、
逆に、彼らに恥ずかしくないレベルで演奏しないとと、プレッシャーに。

もう30年以上前になるが、渋谷河合楽器の発表会では、皆うまくて、
ベースにしても、ドラムにしても、プロになってもおかしくないレベルで、
キーボードは、河合楽器でエレクトーンならぬドリマトーンを習いつつ、
自宅や他の音楽教室で先生をしているという、本当すごい人ばかり。

今でも教室で教えていたり、バンドをやっている仲間が多く、他にも、
この数回の会合で刺激されて、鍵盤やドラムを押し入れから出したと、
音楽への情熱は衰えることなくて、週末の更新で、ごまかしているが、
実際のギターそのものの練習をさぼりがちな自分は、本当恥ずかしい。

昔の音楽仲間に会えて、すごく刺激になるし、モチベーションもあがり、
今日は朝から、ほとんど外へ出ず、ひたすらオケを作っていたのだが、
ギター以外の伴奏を何とか作って、スコアと見比べて、聴いてみると、
パーカッションやハンドクラップ音が、スコアにはないが目立っている。

さらに、ピアノのバッキングでミスというか、ギターシンセ特有のノイズ、
シンセのピックアップのマグネット部分に、弦がくっついて、「ピコ」っと、
雑音が出ることがよくあり、他の音が鳴っているときは気にならないが、
往々にして、休符になったところで見事なタイミングでなるという有様。

ノイズの出た個所の少し手前のキリの良いところから、やり直すとして、
続けて次のキリの良いところまで演奏する必要があり、かなり面倒で、
おそらくパンチイン、パンチアウトといった編集作業に詳しければ、すぐ、
ピンポイントでやり直せるのだろうが、いまだにやり方がよくわからない。

とりあえず、ノイズのままギターを録音してみようと、やってみたのだが、
肝心のギターも、メロディを間違えて覚えていて、何度やってもミスして、
楽譜をしっかりと目で追うようにして、何とか正しいメロディにはなったが、
おっかなびっくり弾いているのがわかり、これは、もう少し弾きこまないと。

明日の日曜も、特に予定はないので、シンセのノイズ部分をやり直して、
多少なりともパーカッションを耳コピして、雰囲気だけでも出せるようにし、
ギターを何度も繰り返せば、メロディーもスムーズに流れるようになって、
ああ、それでもアドリブ部分のライトハンドが練習しないと弾けないだろう。

こんな風に愚痴を書いていると、それこそ、悲壮感漂う更新みたいだが、
そんな自分を楽しんでいるところもあって、更新は必ずしも義務でないし、
何よりも、自分の一番好きな趣味、ギターのことで、何の文句があろうか、
さぼり癖のつかないように、週末更新は目標として、今後も続けるつもり。

そうは言っても、この1年くらい、更新が遅れることが多くなってきていて、
更新しても、その場を取り繕う二重奏もあったりで、かなり反省点も多く、
もっとギターを練習して、その場しのぎではなく、サッと録音できてしまう、
ソロギターのレパートリーも増やしたいと、結局はギターのことばかりだ。

もし、自分がギターを弾いていなかったら、どんな人生になっていたのか、
勉強したり、仕事に精を出して出世するよりは、別の趣味に生きていたか、
手品をもっと本格的にやったり、ゲームにはまったり、結局は好きなことに、
余暇の時間を割いたろうが、やはりギターと出会えたのは良かったと思う。

いつもながら捕らぬ狸の皮算用だが、最近買い集めた二重奏の楽譜も、
活用していきたいし、何十冊もあるクラシックギター、ソロギターの楽譜も、
ブログでアップできるよう練習したいし、バンドスコアのやりたい曲も多い、
まずは、スクエアを日曜のうちに、何とかしたいと、これまた皮算用です。





Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.