FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
声が出なくなり、突き指もひどく、しばらく演奏は休みます
幼い頃から、扁桃腺がすぐに腫れてしまい、高熱が出たり、
悪化して気管支炎になったり、治りかけては咳が止まらず、
喘息かと思うくらい、夜も眠れずに、布団の中でもがいたり、
おかげで、高熱が出たり、声が枯れることには慣れっこに。

その繰り返しのせいか、30代になった頃、風邪が治っても、
枯れた声が回復するどころか、聴き取れないほどにかすれ、
職場の人から絶対にまずいよと脅され、耳鼻科へ行ったら、
ポリープができかけていて、危ないところだったと言われる。

手術はせず、じっくり治そうと言われ、ほとんど毎日のように、
耳鼻科に通い、喉への吸入を3ヶ月くらい続けると良くなり、
その後は、風邪気味になるたびに、1ヶ月くらい吸入に通い、
かすれた声を回復したり、夜中に出続ける咳を軽減できた。

十数年前、耳鼻科の先生が、もう自分も老いて、これ以上、
医院を続けるのは無理でやめることにした、最後まで喉を、
治療してあげたかったけれどすまないねと言われ、その後、
風邪をひくと、内科で診てもらうか、市販薬を買って飲んだ。

それでも、声が出せないほど悪化したことがあって、これは、
吸入しなければと、耳鼻科もある大きなクリニックへ行くと、
ポリープだからすぐ手術した方が良いと、喉に薬を塗るとか、
風邪薬の処方もしてくれず、大病院への紹介状を渡される。

前の老先生は、手術せずに治そうと言ってくれたのだから、
セカンドオピニオンでもないが、別の耳鼻科で診てもらうと、
風邪で喉が腫れているから吸入しましょうと、普通に治療、
抗生剤、うがい薬も処方してくれ、そこがかかりつけとなる。

年に2~3回はお世話になったが、しばらく行っていなくて、
先週、また声がかすれて、これは歌を歌ったせいではなく、
扁桃腺が腫れて、気管支炎になりかけている症状なので、
また吸入してもらおうと耳鼻科へ行くと、更地になっている。

職場では冗談半分で、あそこも先生がだんだん歳をとって、
いつ廃業になってもおかしくないんだと話して、念のために、
スマホで調べ、翌日が休診日なので今日のうちに行こうと、
職場から回ったら、建物ごとなくて、しばらく呆然とたたずむ。

薬局で、浅田飴、龍角散、ヴィックスドロップ、のどぬーると、
吸入できない分、直接喉に作用するものを買い、抗生剤は、
ルルA、パブロンゴールド、ロキソニンを買い、いくら何でも、
一度に飲んだりはせず、どれが効くのか、様子を見ることに。

声を出さないのが、一番なのだが、職場ではそうもいかず、
多少の電話応対くらいは、周りの人がカバーしてくれるが、
午後になると、もう声がかすれるどころか、ほとんど出せず、
低いトーンで、ゆっくり話しても、相手に通じないことばかり。

そんな状態で、歌を歌うなんて不可能で、実はオケの方は、
MTRのドラムマシンのバグが出やすくなる、フュージョンの、
細かいドラムは避けようと、ドラムの簡単な歌ものばかりを、
いくつか並行して作っていたので、最後の歌入れで挫折に。

あまり更新があくのも何だからと、クラシックギターの曲や、
ソロギターの1曲でも弾きたいところだが、練習不足に加え、
右手の人差し指の第一関節を突き指して、完治しないので、
フィンガーピッキング、指弾きをするのも、歌う以上に無理。

昔から、突き指が癖になっていて、すぐ痛めてしまうのだが、
半年前くらいから、触っただけでも、すごい激痛を感じるし、
関節が膨れてもいるので、ちょうど、テレビ番組で特集して、
キャシー中島が苦しんだという、ヘパーデン結節かと疑う。

テーピングで固定していたが、ぎっくり腰でお世話になって、
通院している整骨院で尋ねたら、単なる突き指だと笑われ、
まだ腫れているから、テーピングや風呂でもんだりはせず、
冷やすこと、湿布よりも氷などのアイシングするよう教わる。

それでも、後遺症なのか、またも痛めたのか、人差し指は、
ちょっとしたはずみで激痛になり、実は、この数ヶ月の間、
ギターを弾く時もピックを持つと痛むので、人差し指でなく、
親指と中指でピックを握って練習して、録音もそうしていた。

もともと、エディ・ヴァン・ヘイレンが駆使する奏法の1つに、
ハミングバード・ピッキングがあり、人差し指を使わないで、
親指・中指でピックを握り、軽やかにトレモロ奏法するので、
それと同じ感じでスケール練習すると、何とか形になった。

アコギのコードストロークでは、ちょっと力強さに欠けるので、
痛くない程度に人差し指を添えて、ガンガン鳴らしていたし、
エレキやギターシンセを弾くには、早弾きも大丈夫になるが、
フィンガーピッキングで人差し指を使わないのはありえない。

だましだましというか、そっと弦に当てるように弾いてみると、
1曲くらいは、人差し指を使っても、多少痛む程度なのだが、
ちょっと大きな音を出そうとすると、途端に激痛が走るので、
今日のところは、ササっとアコギの曲を弾くのは到底無理。

延々と言い訳を連ねてきましたが、せっかく作ったオケには、
歌入れしようにも声が出ないし、アコギ1本で録音しようにも、
右手の指が痛いというわけで、エレキのインスト曲のオケに、
これからじっくり取り組み、近いうちには復活するつもりです。
スポンサーサイト





声が出なかったり指を痛めたりで、しばし充電期間にします
家電での「あるある話」が、冷蔵庫が冷えなくなったと思うと、
電子レンジもスイッチがバカになり、さらに洗濯機から異音、
しまいにはエアコンが効かなくなるという、ほんの短い間に、
次から次へと壊れ、修理や買替えが必要になるというもの。

楽器類の場合、そこまではいかないが、電気が絡む製品は、
似たり寄ったりで、5月にMTRの電源アダプターが断線して、
先週、ギターシンセの電源アダプターも同じ症状、さらには、
MTRのSDカードが認識されずデータがないと表示されたり。

普通に録音しながら、気持ちよくギターを弾いていたところ、
急にプツっと音がして、MTRの電源が落ちて、それまでに、
作業していたデータは保存されることなく、全部パーになり、
原因は、電源アダプターのコンセント側のケーブルが断線。

Amazonでアダプターを発注し、届くまでは録音できなくて、
その間にモチベーションは下がるし、一度ダメになった曲は、
よほどのことがない限り、またやり直す気にはなれないから、
何を演奏しようか、楽譜を眺めがら数日を過ごすことになる。

電源アダプターが届き、気を取り直し、別の曲で録音を再開、
ブログにアップすると、また次の曲というルーティンになるが、
今度は、ドラム、ベース、ギターと録音していき、ピアノの音を、
ギターシンセで出そうとしたら、こっちのアダプターも断線する。

23年前のギターシンセだから、アダプターは売っているのか、
ネットで調べると、メーカーのローランドとAmazonは在庫あり、
ローランドは定価だが、Amazonは出品の楽器店がいくらか、
上乗せしていて、ただ送料まで考えるとAmazonの方が安い。

渋谷とか御茶ノ水の楽器店を回れば、定価の2割引くらいで、
売っているかもしれないが、いかんせん古い型なので店頭に、
あるかどうか微妙、ここはAmazonで良いかとクリックすると、
ほんの数時間後には、「在庫切れ」の表示になり危ないところ。

これは、CDを買う時にもよくある現象で、そうそう同じ時期に、
同じCDやアダプターを日本中の人が欲しくなる訳はないから、
在庫が減ってきたり、あと1個になると、通知してくれるように、
転売屋が開発したアプリでもあるのではと、邪推したくもなる。

ギターシンセが弾けなくても、MTRの方が稼働しているから、
別の曲のドラム入力したり、ギター・ベースを録音していたら、
「メモリエラー」の表示が出て、録音がストップし、当然ながら、
そこまでのデータは消えるし、スイッチを入り切りしてもダメ。

いつも、曲のミキシングまで終わると、MTRからSDカードを、
取り出して、パソコンにデータを移して、ブログにアップするが、
パソコンのスロットに差しても、SDカードを認識しなかったり、
またMTRに戻すと、空のカードの表示になることが多発した。

昔、ファミコンカセットの接触が悪くて、エラーになったりすると、
端子部分にをフウーフッと息をかけて、復帰させていたけれど、
SDカードでもそんな繰り返しで、全部のデータが消える前にと、
新たにカードも買い直し、目ぼしい数曲のデータは移しておく。

ただ、原データというか、ミキシング前の各トラックのデータは、
毎回ブログにアップすると消してしまうし、やりかけのデータも、
ドラム入力は面倒だが、そうそう満足いくような出来でないから、
消えたら消えたで、何度でもやり直せばよいくらいに思っている。

今回の演奏のアップに際し、こうした機材、ハード面が原因で、
作業が遅くなったり、モチベーションが下がったりもしたのだが、
ソフト面というか、自分自身の肉体的原因もあり、今日のところ、
無理してのアップはやめようと、昼過ぎの段階で早々に諦める。

梅雨が明け、今度は嫌になるくらいに真夏日、猛暑日となるが、
そうなってくると、夏だ、海だ、達郎だのキャッチフレーズどおり、
山下達郎の曲をやろうと、ベタすぎるが「ライド・オン・タイム」を、
ドラム入力するが、途中から1小節短いまま全部やってしまう。

また、同じドラムパターンを延々とやり直すのは、気が進まず、
同じアルバムの冒頭の曲「いつか」に変更して、ドラムを入力、
次にベースを録音するが、久々のチョッパーベースの連続には、
人差し指の先に血豆ができたり、手首が腱鞘炎になったりする。

それでも、何とか録音し、ギターシンセのアダプターを買ったり、
SDカードを買い直したあげく、何とか、オケが完成してきたが、
連日の熱帯夜でクーラーをかけっ放しにしたせいで、喉が痛く、
達朗のようなキーの高い曲を歌おうとすると、声が出なくなる。

何度かポリープができかけて、耳鼻科に毎日吸引に通ったが、
その時に近い状態で、声が割れて、和音のようになったりして、
のど飴をなめたり、のどぬーるスプレーでも改善しそうになくて、
もともと下手な歌が自分でも聴き苦しくて、まるで話にならない。

声の回復を待ちながら、インスト曲のオケも作っていくことにし、
無理やりアコギの曲をアップするにも、1~2日では練習不足、
指弾きする際には血豆が痛いし、ここはじっくり充電というか、
お盆休みを利用して、オケ作りを少しでも進めることにします。




とりあえず無事に生きてますが、更新は先になります
3月は年度末で忙しいから、早め早めに更新できるように、
何曲かのオケ作りを並行して、進めていたが、どの曲にも、
どこかしら引っかかるところがあり、ドラム入力が面倒とか、
シンセの音が今一歩とか、ベースのノリが悪いだとか様々。

そのうえ、ギターメインのインストなら、オケの方は簡単と、
白玉でシンセの和音だけ流すような曲に切り替えてみると、
逆にギターの粗が目立ってしまうし、早弾きでもないのに、
ちょっと運指が難しいと、かなり練習しないと様にならない。

ああでもない、こうでもないと、いろんな曲に目移りしては、
こんなに自分は下手だったかと落ち込んだりしてしまうが、
まあ趣味のギターだからと開き直り、オケもギターの方も、
じっくり取り組むことにして、スケール練習から、やり直す。

実際に、この2週間ほどは、残業はしないようにしつつも、
帰宅すると疲れて、少し練習すると、早めに寝てしまうし、
仕事が間に合わず、ボランティア(?)の休日出勤が続き、
週末を使って、集中的にオケ作りをするのも、無理となる。

ちょっと精神的にも肉体的にも、スランプかなと思いつつ、
ギターへの愛着は強くて、毎日必ず、少しでも練習するし、
疲れて横たわっている間も、スマホでいろいろ曲を聴いて、
フレーズを研究したり、バンドスコアを眺めたりはしている。

ギターのおかげで、何とかやってられるというのが実情で、
そのギターに束縛されるのは本末転倒と、開き直っていて、
何だかんだで、お気楽にはしているが、この3月のうちには、
せめて1曲は仕上げたかったと、こうして愚痴を書き散らす。

明日には新しい元号がお披露目となり、ひと月過ぎたなら、
平成も終わってしまうわけで、そうなる前に、2曲くらいは、
演奏したいが、平成最後の曲だとなると、妙に構えたりして、
ただ、このブログは、そこまで大げさにすることもないかと。

今日も取り組んでいる曲を、見切り発車しようかと思ったが、
聴き返すと、あまりにクオリティが低く、歌は仕方ないとして、
ギターにしても、オケにしても、もう少し、ましになるはずだと、
もう1週間、取り組み、それでだめなら、また別の曲にする。

毎週末の更新をやめてから、さぼり癖もひどくなっているが、
もっと上手くできるはずだと、向上心も沸くという二律背反で、
何だかんだ言いつつ、楽しくオケもギターも取り組んでいて、
とりあえず、更新は途絶えてますが、無事にやっております。





我が家の愛犬、ビーグルのマリアが16歳で旅立ちました
平成30年10月26日午後11時12分、我が家の愛犬の、
ビーグルのメス犬、マリアが、16歳4ヶ月という大往生で、
旅立ってしまい、実家で飼っている犬は何匹も看取ったが、
自分で飼ったのは、この子だけなので、やはり思いは違う。

「こんなちっぽけなブログ」なんて言い方するほど、自虐的、
皮相的になっているわけでもないが、自分の拙い文章でも、
自分と家族が愛したビーグルに、多少なりとも触れることで、
あの子の生きた証になればと、少しだけ駄文を連ねてみる。

平成14年6月に実家で産まれたビーグルの赤ちゃんのうち、
たまたまマリアが娘の膝に必死でよじ登り、昼寝をしたことで、
娘が飼いたいと言い出したので、実家ではマリアを手放さず、
毎週末のように、娘はマリアに会おうと、実家へ通ったりした。

「お母さんが、小学校へ入学したら飼ってもいいと約束した。」
そう言って、娘がマリアを連れて帰ってきたのが、平成15年春、
仕方なく、どうせ数日で飽きるだろうと、我が家に迎え入れると、
息子が絶対に返すなと言い、約15年間、喜怒哀楽を共にした。

自分は決してほめられた飼い主ではなく、ギターを弾いたり、
パソコンでブログ記事を書いているとき、足元に寄ってきては、
おやつをよこせだの、やれ散歩へ行くだの催促されるたびに、
むっとしては、ああ、もう、こいつの相手は嫌だと叫んでいた。

マリアを飼っていなければ、毎日でもギターを録音して、毎日、
ブログを更新できるだろう、十数年に渡る朝晩の散歩時間を、
勉強に充てていれば、司法試験だって夢じゃなかったろうと、
できもしないことを考えて、邪魔者扱いすることも多々あった。

マリアからは、家族全員にいろいろなものをもらったと思うが、
自分は、それに足るだけの飼い主だったか、自問自答しつつ、
定年退職して時間が増えたら、マリアを嫌と言うほど思い出し、
何か別のブログでも起こそうか、なんてことまで考えてみたり。

マリアが10歳を過ぎた頃から、あと何年、この子といられるか、
毎年考えていたが、それを思えば、がんばってくれたと感謝で、
家族4人全員で見送りできたのも感謝しつつ、この文章を終え、
次からは、いつもどおり、音楽や演奏中心のブログに戻ります。




言い訳ばかりですが、録音ミスの連続で立ち直れず延期です
週末更新ができない言い訳ばかりしていて、情けないのだが、
今週は、まじめに(?)平日から、少しずつオケ作りを進めて、
我ながら良いペースだと、木・金曜に、メロディやアドリブまで、
いい感じで録音していたのに、途中から音量が下がっている。

ギターに取付けているギターシンセ用ピックアップの端にある、
ボリュームを触ってしまったようで、リリコンやピアノのソロが、
途中から半分以下の音量になっているのを、プレイバックして、
気づいたときのショックといったら、データ消去に匹敵するほど。

もちろん、ノーミスでバンバン演奏できるなら、気を取り直して、
最初から録音し直すだけだが、何度もミスしたり、雑音が出て、
フレーズの切れ目、休符のところを境にして、やり直しながら、
1分にも満たないアドリブを、1時間以上かけて録音したのに。

ちょっと、今週は、この曲をやり直す気力はないわとばかりに、
もう昨日は、11時くらいに録音を切り上げて、スマホを出して、
他に目ぼしい曲などないか、今週もまた土曜出勤となるので、
帰宅してからの数時間で仕上げられる曲はないかと物色する。

もちろん、楽譜があれば、初見は無理でも、そこそこ弾けるが、
機械的というか、どの曲でも良いわけでなく、演奏するための、
モチベーションが必要で、季節や環境、その時の気分によって、
同じ曲でも、つまらなく感じたり、気合が入ったりと、かなり違う。

まあ、困った時のデパペペは、アップテンポもスローも曲が良く、
どの曲でも、いつでもゴーサインだが、バンド版は時間が必要、
二重奏の元気一杯な曲が、やはり弾いていて、自分は楽しくて、
どんな名曲でも、弾いている本人がつまらないと出来は良くない。

ソロギターで弾きたい曲も、ウィンダムヒルやら、いろいろあるが、
それらは、クラシックギター同様に、右手の指弾きが難しいから、
数日間練習しないと無理で、その点、デパペペはピックで弾けて、
普段から3冊のスコアをさらっているので、ササっと演奏できる。

そんなわけで、土曜日出勤に、実家の犬の散歩などをすませて、
7時近くに帰宅したが、まずパソコンを起動したら、いやな予感、
ウィンドウズの更新が始まり、しばらく待っていても、同じ画面、
かなり時間がたつのに、「更新1%」という誤表記かと思う状態。

1時間たっても終了せず、スマホで調べると、今回の更新作業で、
3時間近くかかって、午後からの仕事に支障をきたしたみたいに、
ブログに書いている方もいて、そんな時間のかかる更新なんて、
ウィンドウスのバージョンアップでもなかったはずで、腹立たしい。

そうは言っても、演奏が完成していなければ、PCが起動しようが、
更新が終わろうが関係ないわけで、アコギを取り出して、MTRで、
録音を開始、デパペペは、リードとリズムギターが交代するので、
先に両方のリズムギターを別々のトラックに録音することになる。

それで、かれこれ2時間近くかけて、いざリードを録音した途端、
先日から書いている、「宅録あるある」を、またやらかしてしまい、
サビでギターが交代するのだが、それを2小節短くしてしまって、
苦労した録音が無意味というか、最初の30秒しか合っていない。

何が何でも、週末更新だと思えば、そこからでも気を取り直して、
さらに2時間かけて、リズムギターを完成させるのだが、もはや、
そんな気力はどこにもなく、もう、今日はいいか、明日の日曜に、
デパペペか、やりかけのスクエアを録音しようと、さじを投げる。

こういうところが、自分の甘さで、マラソンランナーの話だったか、
どんなに成績が下位のレースでも、最後まで完走しなかったら、
棄権する癖がついて、先頭集団から離れたら、もう走らなくなる、
そんなことにならないよう完走するみたいに、解説で言っていた。

今の自分がまさにそうで、週末更新をあきらめる癖がついてきて、
ちょっと音色が気に入らないとか、ミスを繰り返すと、面倒な曲だ、
これはやめようと方向転換し、さらに、仕事や飲み会が入ったら、
もうオケはあきらめて、ギターの二重奏で、何とかしのごうとする。

さらに、その二重奏もミスすると、モチベーションは一気に下がり、
録音が間に合いそうにないと、11~12時まで演奏することなく、
早めに降伏宣言となり、今のところ遅れつつも更新できているが、
繰り返すうちに、だんだん、どうでもよくなってしまう自分が見える。

それでも、そうやって自分を追い込んでいるようでいて、実際には、
悲壮感漂うわけでもなく、大好きなギターをずっと弾き続けるのは、
生涯の目標であり、楽しみであり、そのモチベーションを維持する、
練習を苦としないため動機づけに、ブログの更新を利用している。

とまあ、相変わらず、言い訳たらたら、無駄口を叩いているわけで、
録音は延期したとしても、ギターは練習するにこしたことはないし、
候補曲を聴いたり、譜面を読んだりする時間も必要、愚痴ばかり、
延々と書いてるのは、これくらいにして、明日への準備をします。




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.