僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
パソコン買い替えによるゴタゴタで、またも演奏が途絶えます
約7年間使ってきたフロンティア製のデスクトップパソコンが、
頻繁にフリーズするようになって、この数ヶ月は、起動しても、
真っ黒の画面の中に、カーソルだけが浮かび上がる状態で、
セーフモードで起動しては、リセットを繰り返すことが続いた。

一度、シャットダウンすると、また起動する際に、何十回も、
リセットしないと、デスクトップの画面が立ち上がらないので、
最近は、つけっぱなしで、モニター電源だけ落としていたが、
今週は、クリックしても反応せず、フリーズしてばかりとなる。

とうとう、セーフモードでしか起動せず、それでも使ってみるが、
プリンターを認識せず、子供らが大学へ提出するレポートの、
印刷もままならず、いよいよもって、パソコンを買うことにして、
アマゾンでデル社のデスクトップを買い、火曜日には届いた。

今度の機種は性能も良いから、昔ながらのMTRの多重録音を、
少しずつDTMへと挑戦しようかと構想は膨らむが、とりあえず、
いつものように演奏だけのアップをしようとすると、使い慣れた、
ムービーメイカーが、Windows10では標準装備されていない。

マイクロソフトのホームページからダウンロードしようと思ったが、
もうこのソフトの提供は終了したうえに、後継ソフトはないらしく、
何かしらの動画編集ソフトを手に入れないと、自分のやっている、
音声だけのアップでさえ、新しいパソコンからはやるすべがない。

ちなみに、メールに利用していたWindows Liveメールもなくなり、
こちらは、オフィスがインストールされているモデルにしたから、
アウトルックで代用できるが、ことムービーメイカーに関しては、
付属ソフトでは無理で、何かしら別のソフトでも探す必要がある。

フリーソフトの場合、ダウンロードに際して、危険性がないのか、
使い勝手はどうか、口コミや雑誌で検討しないと、おっかないし、
どうせ買うならば、将来的には、ずっと憧れているYouTubeの、
多重録音の映像を画面分割できる機能のあるソフトを探したい。

とりあえず、今日のところは、古いPCからアップしようとしたら、
セーフモードでは、ムービーメイカーは起動しなくて、何十回も、
リセットしてみるが、正常に起動せず、いよいよもって、時間切れ、
もう常習者のように、週末の音源アップをサボることになった。

それにしても、パソコンが壊れて買い替えたが、つい先月には、
ブルーレイ・レコーダーが壊れて、撮り貯めていた大河ドラマや、
4月クールの番組が見れなくなったし、スマホもネットを見るたび、
処理しきれないのか、「充電してください」と電源が落ちるように。

このNEC製のスマホは、設計不良というか、電源の接触が悪く、
イヤホンの抜き差しや、机に置いた途端に、リセットになったり、
最近は初期化メッセージが出たりで、木曜に機種変更してきて、
iPhoneにしようか迷いつつ、ソニーブランドでExperiaにした。

期せずして、ブルーレイレコーダー、パソコン、スマホと壊れて、
まるで、電子レンジが壊れたと思ったら、冷蔵庫から洗濯機と、
次々と家電製品が壊れる、マーフィーの法則のようになったうえ、
猛暑日が復活した月曜にクーラーが壊れ、これまた買う羽目に。

ものすごい出費となったうえに、新しいPCとスマホの画面には、
全然慣れなくて、ちょっとした操作にも、ストレスがたまる一方、
ストレス解消にビートルズだと演奏すれば、その作った音源が、
アップできない有様で、もう今週は運が悪かったとあきらめる。

動画編集ソフトをどうするか、この1週間のうちに結論を出して、
来週には通常モードに戻すつもりですが、いろいろありそうで、
今日みたいに、言い訳を延々と書き連ねることが続くかもしれず、
ギター練習だけは続けますので、どうか、しばらく時間をください。


スポンサーサイト


週末の演奏の更新が、とうとう途絶えます
パソコンの不調と、体調不良が重なり、今夜のうちの更新が、
どうも無理そうで、続けていた週末更新も途絶えることになり、
かなり残念ですが、早いうちに、演奏記事を更新しますので、
今後も、このブログへのご訪問、おつきあいをお願いします。

もともと、週末に更新していたのではなく、不定期だったので、
連続更新の記録というほどでもなく、毎日更新されている方に、
比べれば、数年たっても追いつけるわけでもないから、ここは、
じたばたせず、諦めが肝心と自分に言い聞かせているところ。

演奏が出来ない分、演奏と離れたことを、たまには書こうかと、
期せずして、同時期に新作が出た村上春樹と小沢健二だが、
テレビのニュースで見るだけで、まだどちらも買ってはいなくて、
例によってAmazonで、「あとで買う」に入れて、悩んでいる。

村上春樹は、就職した83年前後、大学の友人に薦められて、
「風の歌を聴け」を読んで、初期の三部作に魅かれたのだが、
そのストーリーが「僕」と「鼠」の話で、大学の友人というのが、
「ねずみ男」のあだ名だったから、自分を「僕」に重ねやすい。

「風の歌」は、大学時代の話で、かなり共感する内容が多くて、
これを青春小説だと自分はとらえていたし、「ピンボール」も、
よくボーリング場でピンボールをやったと、身近に感じながらも、
後半のピンボールマシンと邂逅は、非日常の感じが漂い出す。

「羊をめぐる冒険」は、文庫本が出ていなくて、単行本で買って、
実質的に、ここから、リアルタイムで全作品を買うことになるが、
「ピンボール」で社会人となった「僕」に、やはり就職した自分を、
重ねていたのが、「冒険」は、まったく違う世界の話になっていた。

「鼠」は、誕生日のお祝いと小説を送ってくるんじゃなかったのか、
どこで、こんなSFというか、別世界の話になったのかと、何度も、
読み返して、前の2作と矛盾点がないのか、必死に探ってみるが、
そもそも、「風の歌」から、ハートフィールドの仕掛けもあったほど。

短編集「中国行きのスローボート」や「カンガルー日和」も買って、
これまた、「ねずみ男」に薦められた、わたせせいぞうの作品、
「ハートカクテル」に近い内容だったり、「世にも奇妙な物語」に、
使えそうな非日常だったり、いろいろな話で、それぞれ楽しめた。

「蛍・納屋を焼く~」は、表題作の「蛍」が、学生時代の話なので、
「風の歌」に近いものを感じて、すごく好きだったのだが、のちに、
これをイントロに使うように、「ノルウエーの森」へと書き足されて、
余韻を持った終わり方が気に入っていたのが、壊された気分も。

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」は、「羊」より、
さらなる非日常であり、主人公が「私」となり、もう自分と別世界、
一人称に自分を投影して、物語に入り込む癖のある自分には、
「羊」以上に、おまえは関係ないよと、突き放された気になった。

自分は、決して「ハルキスト」ではないつもりだが、20代の頃は、
次の作品が待ち遠しくて、短編集にエッセイ、さらには翻訳まで、
村上春樹の名がつけば買っていて、ただ、当時は、他の作家も、
かなり読んだし、新書や専門書から積ん読だがあれこれ集めた。

「IQ」あたりから、本の発売自体がイベントのようになっていき、
そのこと自体は、すごく引いてしまうが、どうせなら初版がいいと、
ついつい初日に買ってしまう自分がいて、それでも、今回だけは、
もう、そろそろ、振り回されるは嫌だなと、様子を見ることにした。

小沢健二の新作も、ニュースで取り上げられ、そんなすごいのか、
フルアルバムではなく、シングルの発売でも、こんな騒ぐのかと、
かなり驚いているが、その歌詞が素晴らしいという、評判を聞くと、
詩人の詩集だけでなく、歌詞集も買う自分としては、気になり出す。

小沢健二は、「ラブリー」が流行した頃、「ライフ」を買っただけで、
他のアルバムも、フリッパーズギター時代も聴いていないのだが、
ちょうど、テープのウォークマンから、CDの「ディスクマン」になり、
編集できず、1枚のCDを聴いていた頃なので、自然と聴き込む。

朝早く出勤するときに、暗いうちに駅に着き、電車に乗っていると、
日の出が見えたが、ちょうど、「ぼくらが旅に出る理由」がかかり、
「ぼくらの住むこの世界では、太陽がいつも登り~」の歌詞になり、
早起きして良かったような、何だか得をしたような気で、出社した。

それで、単に聴き流していたのを、歌詞カードを見るようにしたら、
けっこう、歌詞が深かったり、訴えてくるものあり、感動したのだが、
ただ、それで、他の作品を買おうとまではいかず、「ライフ」だけを、
何度も聴き込んで、ニューミュージックの愛聴盤の一つになった。

小沢健二も、村上春樹と同様に(?)、かなりの信者がいるようで、
自分のビートルズ、ジョン・レノンへの思いと比べても、雲泥の差で、
まあ、はたから見たら、自分も、ビートルズの信者かもしれないが、
自分は、あれこれ、よそ見するというか、気が多いところがある。

そんな自分だから、ビートルズ以外も、いろいろ演奏したくなるし、
こうして、小沢健二の新作が、気になって仕方ないし、音楽以外、
本では村上春樹が気になり、ただ、それはテレビばかり見ていて、
左右される単純な性格、世間一般、お茶の間の一員ということか。

この数年の記事は、演奏する曲にまつわることばかり書いたので、
演奏が間に合わなかったのを口実に、思いついたことを書いたが、
たまには、そうした内容を、毎週の演奏と別に書きたい気もするし、
それで、演奏をさぼる癖がつくのもこわいし、悩むところであります。


ブログのタイトルを変えました
「僕らの過ごした渋谷 70~80年代の音楽と読書、時々手品」として、
3年前に始めたブログですが、この2年間、もっぱらギター演奏ばかり、
だんだん、タイトルと内容が、かけ離れてきたので、ギターをメインにと、
タイトル変更して、カテゴリーも「日記」から、「音楽」へと移行しました。

テンプレートまで変えてしまうと、「どちらさんのブログでしょうか?」と、
なりかねないので、そこだけは、従来どおり、使わせていただくとして、
タイトルについては、何か、もっとしっくりくるのを思いつくことがあれば、
変更したいと思いますが、「ギターマジシャン」名は、永久に不滅です。

今後、また手品への興味が戻って、必死で練習して動画まで披露し、
「僕らの演じたマジック」とか、「僕らが挑んだ大道芸」なんてことには、
ならないで、このままギター演奏を、毎週アップしていくことになると、
当分は考えていますので、ギターらしいタイトルで、いこうと思います。

実は、リンクしていただいている、LesPaul L-5さんが、小説を発表され、
そのサブタイトルに、「僕らの過ごした渋谷」を使っていただくことになり、
自分の使っていたブログ名が、どこかで生き延びるようで、嬉しくもあり、
さらに、その小説は、ギタリストが主人公なので、感情移入しまくりです。

このブログを訪問される方の大半は、ギタリスト、あるいは音楽好きだと、
勝手に想像していますが、そうした人たちの、胸をうつことは必至の作品、
実際、自分のような、漠然とプロを夢見ながら、果たせなかったアマへの、
墓碑銘ともなるような作品だろうと、一人で、もりあがっているところです。

ブログタイトルを変更して、ますますギターに特化していこうと思いつつ、
当初の趣旨、実家にあった日記が処分されたので、昔のことを思い出し、
ブログ上に記録しようということも、折をみては、やっていこうと思うので、
とにかく、これからも、このブログを、みなさま、よろしくお願いします!


しばらく、更新がなかったり、コメントの返信が遅れます
震災の影響で、資材が入らず、1ヶ月以上、
延び延びになっていた、自宅の居間と台所、
風呂のリフォームが、ようやく始まることに。

それでも、風呂は、6月まで、部品が揃わず、
当分の間、2階部分で、寝泊りだけするような、
食事も作れず、風呂も入れない生活となる予定。

さらに、ケーブル会社との、調整がうまくいかず、
仮設配線が、できなさそうで、6月の竣工までは、
テレビもネットも、つながらない状態になりそう…。

ブログの更新や、いただくコメントへの返信が、
当分の間、途絶えることになるかもしれませんが、
その間も、元気に、ギターは練習していますので、
ご心配なくと、前もって、お知らせしておきます。

もともと1階にしか、ケーブルは配線してなくて、
2階のテレビは、室内アンテナにしていたので、
地上波は見れるが、息子から、ネットが使えないと、
大学を留年してしまうと、文句を言われてしまう。

今や、ネットの調べ学習だけでなく、レポートは、
メールだったり、HPへ学生IDでアクセスして、
情報のやりとりするなど、自分の頃とは隔世の感。

善後策として、公衆無線LANやら、イーモバイル、
携帯電話の機種変更など、いろいろ考えてみるが、
ネットカフェにでも、行かせるのが、安上がりだし、
手っ取り早い気もするのだが、どんなものだろう。

今回のリフォームは、自分の書斎や、音楽部屋が、
できるどころか、ギター、アンプ、楽譜、レコードが、
邪魔者扱いされ、あやうく処分されるところだったが、
死守というか、トランクルームを借りることで、解決。

1畳ほどのロッカーで、月々2万円近くかかるうえ、
すべて収納できるわけもないので、そこまでしても、
取っておく品かどうか、あとになって後悔しないよう、
時間をかけて、厳選(?)していこうかと思っている。

当然ながら、ギターに関してだけは、ただの1本も、
手放すつもりはなく、ブリッジの取れたガットギター、
雑音だらけの通販ギターなど、最初に買ってもらった、
思い出のギターは、手元に残しておきたいのです。


しばらくの間、更新は、週1くらいに控えます
節電の意味や、ネット利用の自粛も兼ねて、
しばらくの間、ブログの更新は、毎日でなく、
週に1回くらいに、控えることにしました。

安否が気になる、ブロとものから、コメントを、
待っていて、このブログや、「友人」のブログは、
毎日確認するので、情報をお願いします。




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.