FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
パソコンが不調になり、何とか起動できている間に状況報告でも
いつも仕事から戻ると、パソコンをつけてメールチェックし、
ブログ仲間のところを訪問すると、電源はそのままにして、
夕食や風呂、テレビを見る合間に、YouTubeで検索したり、
Amazonなどお気に入りのサイトを、あれこれと見て回る。

そんな風にして、この2月4日(火)も過ごして、夜中過ぎに、
PCをシャットダウンしようとしたら、「更新してシャット~」の
メッセージが出たので選択すると、しばらく「1%」のままで、
気になるから、そばについていたら2時間以上もかかった。

パソコンには詳しくないので、放っておいてスリープになると、
更新が中断しないか気になって、カーソルが出ているときは、
たまにマウスを揺らしていたのだが、再起動の画面になると、
カーソルもないので、いじらずにいたら、これも1時間かかる。

10年ほど前、職場で購入して半年もたたないデスクトップが、
再起動のループを繰り返して、セーフモードでも起動できず、
修理に出すと、無償交換してくれたが、更新作業中に電源が、
切れるかして、中途半端になったのが原因だろうと言われた。

そのトラウマで、職場でも、更新が始まると画面に釘付けで、
帰り際に更新になると、残業にならないが残って付き添うし、
定時に帰りたいときは、2時間前にいったんシャットダウンし、
更新処理がないのを確認すると、また起動して仕事を再開。

そんなわけで、火曜の深夜はスマホ片手にうとうとしながら、
午前4時までパソコンの前にいたわけで、さすがに我ながら、
気にしすぎかと思ったが、それだけ長時間の更新のせいか、
いくつかのソフトは初期状態に戻ったかのような画面表示。

アカウントにしても、家族それぞれはパスワードなしにして、
管理者のアカウントを別に作って、パスワードありなのだが、
アカウントの設定を変更するようにメッセージが出てきたり、
「ようこそ」や使用許諾の画面が出てきたり、ちょっと戸惑う。

iTunesも、「ようこそ」になってあせるが、取り込んでるCDは、
きちんと表示されているし、もともと持っているCDが大半で、
スマホに取り込むために使用していて、スマホ本体の方は、
ソニーのエクスペリアだから、iTuneと同期する必要もない。

長い更新だったなあくらいの感覚でいたところ、今朝になり、
出勤前の日課にしているメールチェックと、最新ニュースや、
天気予報、電車情報の確認でもしようかと、PCを起動すると、
画面は真っ黒で、何分待ってもブルーの画面にさえ行かない。

カリカリ音をたてて、ハードディスクのランプは点滅するので、
点滅が少なくなるタイミングで、賭けのように強制終了して、
再度、電源を入れるが、ブラックアウトの状態は変わらずで、
そのままにして、いじらないよう家人に伝えてから出勤する。

夕方に帰宅すると、画面は黒いままだったが、もしかすると、
特にトラブルではなくて、単に起動に時間がかかっただけで、
いったん画面が立ち上がって、スリープして今に至ったかと、
マウスやカーソルをいじるが、画面が立上がる気配はない。

強制終了して、念のため、コンセントも抜いて、放電させて、
今度は、F2キーを押しながら起動して、BIOS画面を呼び、
とりあえずExitにしたら、メーカー名のロゴが浮かび上がり、
これは、良い兆候だと待っていると、見慣れた画面へ変遷。

冷や汗もので、メールチェックなどして、明日の朝になると、
またPCがどうなるかわからないから、今のうちにとばかり、
こんな風に、更新作業やらブラックアウトで大変でしたよと、
このブログに愚痴を書き連ねて、現状をお知らせしておく。

ギター演奏の方は、今週末パソコンに問題が起きなくても、
更新できるかは、ちょっと微妙なところだが、ただ、今週も、
スクエアのCDを買って、手持ちの楽譜の原曲を聴いたり、
浜田省吾のライブDVDを買って、モチベーションを高める。

Amazonを見ていると、次から次へと、欲しいCDがあって、
そのうちのいくつかは、手持ちのバンドスコアと連動するし、
さらには、新しい楽譜を見つけて、CDも一緒に買おうかと、
ギター演奏への意欲はやむことなく、ますます気合も入る。

ついつい、ドラム入力が面倒で先延ばしにしたり、演奏も、
なかなか初見が厳しく、練習しないと様にならい曲だらけ、
多少時間をかけても、一定のレベルでないと公開は無理、
あせらずに、今年もゆっくりとやっていこうと決意表明です。
スポンサーサイト





また声が出なくなって、さらにスランプで更新が途絶えてます
年末は、更新がかなり滞ってしまい、今年はどうか、
無理する必要はないが、正月の挨拶を元日にして、
たて続けのように、次の曲もアップできたし、さらに、
正月休みで、数曲のオケのドラム入力もすませる。

これは、毎週でも更新できてしまうなあ、そうなると、
レパートリーが尽きたり、息切れしてしまいそうだと、
いらぬ心配をしつつ、1月12日にもアップできると、
杉真理の曲のオケを完成させて、あとは歌の録音。

ところが、キーが高いのと、また声が枯れてきての、
ダブルで、歌入れができず、まあ、ここはあせらず、
来週までには声も回復するだろう、その間を使って、
次の曲のオケも少しずつ仕上げれば良いと皮算用。

Amazonで「あとで買う」にした浜田省吾の楽譜が、
残り1点になったので、クリックして、それが届いて、
杉真理よりもキーが低いので、これなら歌えるぞと、
早速オケに取り組んだが、かなり演奏が難しかった。

さすがに1週間で仕上げられず、せめて歌だけでも、
入れておこうかと思ったら、ハモリが高すぎてダメで、
結局、声が出ないまま、保留になってしまうばかりで、
どうせ歌は下手だから、インストの方に取り組もうか。

それで、スクエアとか松岡直也、カシオペアあたりは、
ピアノが難しかったり、シンセの音色がうまくいかず、
やりかけの曲がいくつもあるので、それらをじっくりと、
仕上げようかと思うが、モチベーションが上がらない。

ああ、ギターシンセは雑音が多くて、面倒くさいなあ、
音色を見つけるのも大変だし、そもそも音が良くない、
ドラム入力は細かすぎるし、これもすぐにエラーする、
など、取り掛かろうとすると、ネガティブな発想になる。

だんだん物忘れが激しく、年寄りのボケが始まったし、
腰痛に冷え性、不眠症と、寄る年波には勝てないが、
さらに、老人性うつ病にでもなったかと、このところの、
やる気のなさを嘆きつつ、おそらく、単なるサボり癖。

ギターを弾くことは夢中になって、スケール練習など、
早弾きのテクニックを維持することは気合が入ったり、
何より、今でも新しい楽譜やCDをあれこれ探しては、
今度は何を演奏しようかと、ブログ更新の意欲もある。

今のところ、インフルエンザにもかからず、今話題の、
新型肺炎コロナウィルスには、注意喚起が必要だが、
整体と歯医者に通っているものの、大病もしてないし、
声枯れさえ治れば、たて続けに曲を更新できるはず。

声の回復を待つ間に、ギターの基礎練習は続けるし、
鍵盤の面倒でないインスト曲のオケを作っても良いと、
こうして文章に綴ることで、自分は大丈夫なんだよと、
自分に言い聞かせ、スランプから脱却を目指します。



2019年も、いろいろとありがとうございました。
年末年始は、特段出勤することもなさそうな雰囲気で、
家族旅行の計画もなく、実家の犬の世話に通うことと、
年が明けたら、家族そろって、それぞれの実家に行き、
年始の挨拶をすませるくらいで、あとは家でのんびり。

年内に1曲くらいは仕上げて、ブログを更新しようかと、
手持ちのバンドスコアなど眺めるが、自分の気持ちは、
新年に予定している曲に向いていて、年末らしい曲も、
特に浮かばないので、もう、そっちの曲に取りかかる。

休みに入った週末、12月28日と29日に、もっぱら、
これまでさぼって、手つかずでいた年賀状作成にあて、
まずは駅前のツタヤに行き、年賀状イラスト集を買い、
どの絵柄にしようかと、いくつか実際に印刷してみる。

このイラスト集を使い、自宅で年賀状を印刷するのも、
かれこれ20年近くはやっているから、干支も一巡して、
以前のものを使えば良いのだが、以前のイラストだと、
どことなく古臭い気がしてきて、新しいのを買っている。

子どもが小さい頃は、一緒になって、背景イラストや、
干支の素材など選んで、いろいろと配置させたりして、
そこへ家族旅行や犬の写真などを貼り付けてみたり、
けっこう手間をかけていたが、だんだん手抜きになる。

まずは、子どもたちが中学・高校になったあたりから、
家族旅行へ行かなくなり、まして個々の顔写真なんて、
撮らせてくれるわけもなく、愛犬の写真へとシフトして、
その愛犬ともお別れすると、イラスト集の図案だけに。

今回は、さらに手を抜いて、自分で組み合わせもせず、
挨拶文まで入った完成品の中から、ビジネス向けのと、
カジュアル向けを選んで、そのままに印刷する有様で、
せめて相手の住所とコメントだけは、いつもの手書き。

自分の顔写真くらい、ギターを抱えて入れてみようかと、
セルフタイマーで撮影すると、免許更新の時くらいしか、
撮ったことがないので、改めて自分の姿をまじまじ見て、
こんなに爺さんになったのかとショックで、すぐに消した。

機材に疎いことや、リアルタイムで通して演奏するには、
練習不足というとこもあり、YouTubeには静止画像で、
音源をアップしているが、将来的に動画に挑戦する際は、
自分の顔がいっさい映り込まないように、気をつけよう。

とまあ、前回に続いて、音源のないままの更新となって、
それならそれで、ブログを始めた頃に書いていたように、
本やテレビ、映画の感想とか、かつての渋谷の風景とか、
少しはテーマに沿った話にすればよいのに、愚痴大会。

令和という新元号になった2019年のブログはここまで、
たわいのない話に終始しましたが、いつもの演奏共ども、
おつきあいいただいた方々には、すごく感謝しています、
皆さま、お体を大切に、どうぞ良いお年をお迎えください。






クリスマスソングの更新はあきらめて、仕切り直しです
毎年のことだが、少しはブログに季節感を出そうと、
新年にふさわしい曲や夏の曲にクリスマスソングと、
年に数回程度はテーマに沿って曲を選んでいるが、
いよいよもって、クリスマスソングはネタがつきそう。

一昨年購入した「ギタリストのクリスマス」に掲載の、
バンドスコア9曲のうち、自分が好きなのは4曲だが、
すでに他のスコアで持っていたりで、もうすべて演奏、
残り5曲は、CDを買わないどころか借りてもいない。

クラシックギター曲集や、ソロギの曲集をひもとけば、
「きよしこの夜」「ジングルベル」などの定番ソングが、
いくらでもあるが、どうも、モチベーションが上がらず、
「ギタリストの~」掲載の弾き語り曲でもピンとこない。

スティーブ・ヴァイのベスト盤というよりはコンピ盤の、
「セブンス・ソング」に、ヴァイがクリスマスアルバムに、
参加して、スヌーピーのクリスマス・ソング演奏した、
「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」があり、スコアもある。

スヌーピーは、漫画「ピーナッツ」が最初に翻訳され、
全12巻が出た時からのファンなので、これに決め、
ちょっとずつオケを作るが、基本はジャズの形式の、
ピアノトリオ演奏なので、ピアノが難しくてストレス。

少しは形になったので、あとで手直しすれば良いと、
ギターを録音するが、ヴァイのギターは初見は無理、
1コーラスずつに分ければと、練習しながら録音を、
進めるが、やはり覚えずに譜面を追うとぎこちない。

他のインスト曲でもそうだが、メロディやアドリブでも、
口ずさめるくらいに覚えていないと、弾くフレーズが、
きれいにつながらないし、細かいニュアンスを出して、
歌い上げるには、暗譜できていないと、ぎくしゃくする。

1日何時間もギターを弾いた10代の頃ならともかく、
この年末で仕事も忙しく、残業しなくても、帰宅すると、
疲れて横になるし、そのうえ虫歯が5本も見つかって、
週に2回は医者へ行って、神経を抜く治療を継続中。

インフルエンザは、何とか罹患せずにすんでいるが、
喉の痛みと咳は相変わらずで、腰痛から足の痺れと、
満身創痍とまではいかずとも、かなり厳しい状況で、
結局、オケもギターも完成しないまま、イブを迎える。

12月25日にアップできれば、ギリ間に合うだろうが、
明日25日は忘年会が入っていて、もう確実に無理、
これまで毎年続けてきたクリスマスソングのアップは、
今回ばかりは無理ですと、白旗を上げてあきらめる。

年末年始の休みは、例年12月29日から1月3日と、
6日間だが、この年末は、土日が運よく前後に付き、
夏休みよりも長い9連休で、クリスマスとは無関係に、
1曲くらい年内アップできればと、取らぬ狸の皮算用。

まだまったく手を付けていない年賀状の作成の方が、
休みに入ったら急務となるから、演奏はスルーのまま、
せいぜい年末の挨拶程度にとどめ、ここはじっくりと、
新年の1曲目に取り組んで、こちらは間に合わせよう。

今なら、来年のことを言っても、鬼は笑わないだろうし、
これでいこうと曲も決めているが、懲りずに歌もので、
オケが完成しても、また喉をやられているかもしれず、
それならそれで、少し遅れても、インストに切り替える。

いつものことだが、ギター演奏よりも、言い訳する方が、
ブログの記事が饒舌になり、サクサクと打込んでいて、
こんなことをやっているなら、少しでも新年の曲に向け、
ドラム入力に手をつけろと、自分に突っ込みたくなる。

それにしても、義務的になって束縛されるのはよそう、
趣味のブログやギターを負担に感じるのは本末転倒、
そんな屁理屈で自分に言い訳し、毎週の更新をやめ、
さぼり癖がついたが、もう少しくらい更新を増やしたい。



声が出なくなり、突き指もひどく、しばらく演奏は休みます
幼い頃から、扁桃腺がすぐに腫れてしまい、高熱が出たり、
悪化して気管支炎になったり、治りかけては咳が止まらず、
喘息かと思うくらい、夜も眠れずに、布団の中でもがいたり、
おかげで、高熱が出たり、声が枯れることには慣れっこに。

その繰り返しのせいか、30代になった頃、風邪が治っても、
枯れた声が回復するどころか、聴き取れないほどにかすれ、
職場の人から絶対にまずいよと脅され、耳鼻科へ行ったら、
ポリープができかけていて、危ないところだったと言われる。

手術はせず、じっくり治そうと言われ、ほとんど毎日のように、
耳鼻科に通い、喉への吸入を3ヶ月くらい続けると良くなり、
その後は、風邪気味になるたびに、1ヶ月くらい吸入に通い、
かすれた声を回復したり、夜中に出続ける咳を軽減できた。

十数年前、耳鼻科の先生が、もう自分も老いて、これ以上、
医院を続けるのは無理でやめることにした、最後まで喉を、
治療してあげたかったけれどすまないねと言われ、その後、
風邪をひくと、内科で診てもらうか、市販薬を買って飲んだ。

それでも、声が出せないほど悪化したことがあって、これは、
吸入しなければと、耳鼻科もある大きなクリニックへ行くと、
ポリープだからすぐ手術した方が良いと、喉に薬を塗るとか、
風邪薬の処方もしてくれず、大病院への紹介状を渡される。

前の老先生は、手術せずに治そうと言ってくれたのだから、
セカンドオピニオンでもないが、別の耳鼻科で診てもらうと、
風邪で喉が腫れているから吸入しましょうと、普通に治療、
抗生剤、うがい薬も処方してくれ、そこがかかりつけとなる。

年に2~3回はお世話になったが、しばらく行っていなくて、
先週、また声がかすれて、これは歌を歌ったせいではなく、
扁桃腺が腫れて、気管支炎になりかけている症状なので、
また吸入してもらおうと耳鼻科へ行くと、更地になっている。

職場では冗談半分で、あそこも先生がだんだん歳をとって、
いつ廃業になってもおかしくないんだと話して、念のために、
スマホで調べ、翌日が休診日なので今日のうちに行こうと、
職場から回ったら、建物ごとなくて、しばらく呆然とたたずむ。

薬局で、浅田飴、龍角散、ヴィックスドロップ、のどぬーると、
吸入できない分、直接喉に作用するものを買い、抗生剤は、
ルルA、パブロンゴールド、ロキソニンを買い、いくら何でも、
一度に飲んだりはせず、どれが効くのか、様子を見ることに。

声を出さないのが、一番なのだが、職場ではそうもいかず、
多少の電話応対くらいは、周りの人がカバーしてくれるが、
午後になると、もう声がかすれるどころか、ほとんど出せず、
低いトーンで、ゆっくり話しても、相手に通じないことばかり。

そんな状態で、歌を歌うなんて不可能で、実はオケの方は、
MTRのドラムマシンのバグが出やすくなる、フュージョンの、
細かいドラムは避けようと、ドラムの簡単な歌ものばかりを、
いくつか並行して作っていたので、最後の歌入れで挫折に。

あまり更新があくのも何だからと、クラシックギターの曲や、
ソロギターの1曲でも弾きたいところだが、練習不足に加え、
右手の人差し指の第一関節を突き指して、完治しないので、
フィンガーピッキング、指弾きをするのも、歌う以上に無理。

昔から、突き指が癖になっていて、すぐ痛めてしまうのだが、
半年前くらいから、触っただけでも、すごい激痛を感じるし、
関節が膨れてもいるので、ちょうど、テレビ番組で特集して、
キャシー中島が苦しんだという、ヘパーデン結節かと疑う。

テーピングで固定していたが、ぎっくり腰でお世話になって、
通院している整骨院で尋ねたら、単なる突き指だと笑われ、
まだ腫れているから、テーピングや風呂でもんだりはせず、
冷やすこと、湿布よりも氷などのアイシングするよう教わる。

それでも、後遺症なのか、またも痛めたのか、人差し指は、
ちょっとしたはずみで激痛になり、実は、この数ヶ月の間、
ギターを弾く時もピックを持つと痛むので、人差し指でなく、
親指と中指でピックを握って練習して、録音もそうしていた。

もともと、エディ・ヴァン・ヘイレンが駆使する奏法の1つに、
ハミングバード・ピッキングがあり、人差し指を使わないで、
親指・中指でピックを握り、軽やかにトレモロ奏法するので、
それと同じ感じでスケール練習すると、何とか形になった。

アコギのコードストロークでは、ちょっと力強さに欠けるので、
痛くない程度に人差し指を添えて、ガンガン鳴らしていたし、
エレキやギターシンセを弾くには、早弾きも大丈夫になるが、
フィンガーピッキングで人差し指を使わないのはありえない。

だましだましというか、そっと弦に当てるように弾いてみると、
1曲くらいは、人差し指を使っても、多少痛む程度なのだが、
ちょっと大きな音を出そうとすると、途端に激痛が走るので、
今日のところは、ササっとアコギの曲を弾くのは到底無理。

延々と言い訳を連ねてきましたが、せっかく作ったオケには、
歌入れしようにも声が出ないし、アコギ1本で録音しようにも、
右手の指が痛いというわけで、エレキのインスト曲のオケに、
これからじっくり取り組み、近いうちには復活するつもりです。




Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.