FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
2019年も、いろいろとありがとうございました。
年末年始は、特段出勤することもなさそうな雰囲気で、
家族旅行の計画もなく、実家の犬の世話に通うことと、
年が明けたら、家族そろって、それぞれの実家に行き、
年始の挨拶をすませるくらいで、あとは家でのんびり。

年内に1曲くらいは仕上げて、ブログを更新しようかと、
手持ちのバンドスコアなど眺めるが、自分の気持ちは、
新年に予定している曲に向いていて、年末らしい曲も、
特に浮かばないので、もう、そっちの曲に取りかかる。

休みに入った週末、12月28日と29日に、もっぱら、
これまでさぼって、手つかずでいた年賀状作成にあて、
まずは駅前のツタヤに行き、年賀状イラスト集を買い、
どの絵柄にしようかと、いくつか実際に印刷してみる。

このイラスト集を使い、自宅で年賀状を印刷するのも、
かれこれ20年近くはやっているから、干支も一巡して、
以前のものを使えば良いのだが、以前のイラストだと、
どことなく古臭い気がしてきて、新しいのを買っている。

子どもが小さい頃は、一緒になって、背景イラストや、
干支の素材など選んで、いろいろと配置させたりして、
そこへ家族旅行や犬の写真などを貼り付けてみたり、
けっこう手間をかけていたが、だんだん手抜きになる。

まずは、子どもたちが中学・高校になったあたりから、
家族旅行へ行かなくなり、まして個々の顔写真なんて、
撮らせてくれるわけもなく、愛犬の写真へとシフトして、
その愛犬ともお別れすると、イラスト集の図案だけに。

今回は、さらに手を抜いて、自分で組み合わせもせず、
挨拶文まで入った完成品の中から、ビジネス向けのと、
カジュアル向けを選んで、そのままに印刷する有様で、
せめて相手の住所とコメントだけは、いつもの手書き。

自分の顔写真くらい、ギターを抱えて入れてみようかと、
セルフタイマーで撮影すると、免許更新の時くらいしか、
撮ったことがないので、改めて自分の姿をまじまじ見て、
こんなに爺さんになったのかとショックで、すぐに消した。

機材に疎いことや、リアルタイムで通して演奏するには、
練習不足というとこもあり、YouTubeには静止画像で、
音源をアップしているが、将来的に動画に挑戦する際は、
自分の顔がいっさい映り込まないように、気をつけよう。

とまあ、前回に続いて、音源のないままの更新となって、
それならそれで、ブログを始めた頃に書いていたように、
本やテレビ、映画の感想とか、かつての渋谷の風景とか、
少しはテーマに沿った話にすればよいのに、愚痴大会。

令和という新元号になった2019年のブログはここまで、
たわいのない話に終始しましたが、いつもの演奏共ども、
おつきあいいただいた方々には、すごく感謝しています、
皆さま、お体を大切に、どうぞ良いお年をお迎えください。






クリスマスソングの更新はあきらめて、仕切り直しです
毎年のことだが、少しはブログに季節感を出そうと、
新年にふさわしい曲や夏の曲にクリスマスソングと、
年に数回程度はテーマに沿って曲を選んでいるが、
いよいよもって、クリスマスソングはネタがつきそう。

一昨年購入した「ギタリストのクリスマス」に掲載の、
バンドスコア9曲のうち、自分が好きなのは4曲だが、
すでに他のスコアで持っていたりで、もうすべて演奏、
残り5曲は、CDを買わないどころか借りてもいない。

クラシックギター曲集や、ソロギの曲集をひもとけば、
「きよしこの夜」「ジングルベル」などの定番ソングが、
いくらでもあるが、どうも、モチベーションが上がらず、
「ギタリストの~」掲載の弾き語り曲でもピンとこない。

スティーブ・ヴァイのベスト盤というよりはコンピ盤の、
「セブンス・ソング」に、ヴァイがクリスマスアルバムに、
参加して、スヌーピーのクリスマス・ソング演奏した、
「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」があり、スコアもある。

スヌーピーは、漫画「ピーナッツ」が最初に翻訳され、
全12巻が出た時からのファンなので、これに決め、
ちょっとずつオケを作るが、基本はジャズの形式の、
ピアノトリオ演奏なので、ピアノが難しくてストレス。

少しは形になったので、あとで手直しすれば良いと、
ギターを録音するが、ヴァイのギターは初見は無理、
1コーラスずつに分ければと、練習しながら録音を、
進めるが、やはり覚えずに譜面を追うとぎこちない。

他のインスト曲でもそうだが、メロディやアドリブでも、
口ずさめるくらいに覚えていないと、弾くフレーズが、
きれいにつながらないし、細かいニュアンスを出して、
歌い上げるには、暗譜できていないと、ぎくしゃくする。

1日何時間もギターを弾いた10代の頃ならともかく、
この年末で仕事も忙しく、残業しなくても、帰宅すると、
疲れて横になるし、そのうえ虫歯が5本も見つかって、
週に2回は医者へ行って、神経を抜く治療を継続中。

インフルエンザは、何とか罹患せずにすんでいるが、
喉の痛みと咳は相変わらずで、腰痛から足の痺れと、
満身創痍とまではいかずとも、かなり厳しい状況で、
結局、オケもギターも完成しないまま、イブを迎える。

12月25日にアップできれば、ギリ間に合うだろうが、
明日25日は忘年会が入っていて、もう確実に無理、
これまで毎年続けてきたクリスマスソングのアップは、
今回ばかりは無理ですと、白旗を上げてあきらめる。

年末年始の休みは、例年12月29日から1月3日と、
6日間だが、この年末は、土日が運よく前後に付き、
夏休みよりも長い9連休で、クリスマスとは無関係に、
1曲くらい年内アップできればと、取らぬ狸の皮算用。

まだまったく手を付けていない年賀状の作成の方が、
休みに入ったら急務となるから、演奏はスルーのまま、
せいぜい年末の挨拶程度にとどめ、ここはじっくりと、
新年の1曲目に取り組んで、こちらは間に合わせよう。

今なら、来年のことを言っても、鬼は笑わないだろうし、
これでいこうと曲も決めているが、懲りずに歌もので、
オケが完成しても、また喉をやられているかもしれず、
それならそれで、少し遅れても、インストに切り替える。

いつものことだが、ギター演奏よりも、言い訳する方が、
ブログの記事が饒舌になり、サクサクと打込んでいて、
こんなことをやっているなら、少しでも新年の曲に向け、
ドラム入力に手をつけろと、自分に突っ込みたくなる。

それにしても、義務的になって束縛されるのはよそう、
趣味のブログやギターを負担に感じるのは本末転倒、
そんな屁理屈で自分に言い訳し、毎週の更新をやめ、
さぼり癖がついたが、もう少しくらい更新を増やしたい。



声が出なくなり、突き指もひどく、しばらく演奏は休みます
幼い頃から、扁桃腺がすぐに腫れてしまい、高熱が出たり、
悪化して気管支炎になったり、治りかけては咳が止まらず、
喘息かと思うくらい、夜も眠れずに、布団の中でもがいたり、
おかげで、高熱が出たり、声が枯れることには慣れっこに。

その繰り返しのせいか、30代になった頃、風邪が治っても、
枯れた声が回復するどころか、聴き取れないほどにかすれ、
職場の人から絶対にまずいよと脅され、耳鼻科へ行ったら、
ポリープができかけていて、危ないところだったと言われる。

手術はせず、じっくり治そうと言われ、ほとんど毎日のように、
耳鼻科に通い、喉への吸入を3ヶ月くらい続けると良くなり、
その後は、風邪気味になるたびに、1ヶ月くらい吸入に通い、
かすれた声を回復したり、夜中に出続ける咳を軽減できた。

十数年前、耳鼻科の先生が、もう自分も老いて、これ以上、
医院を続けるのは無理でやめることにした、最後まで喉を、
治療してあげたかったけれどすまないねと言われ、その後、
風邪をひくと、内科で診てもらうか、市販薬を買って飲んだ。

それでも、声が出せないほど悪化したことがあって、これは、
吸入しなければと、耳鼻科もある大きなクリニックへ行くと、
ポリープだからすぐ手術した方が良いと、喉に薬を塗るとか、
風邪薬の処方もしてくれず、大病院への紹介状を渡される。

前の老先生は、手術せずに治そうと言ってくれたのだから、
セカンドオピニオンでもないが、別の耳鼻科で診てもらうと、
風邪で喉が腫れているから吸入しましょうと、普通に治療、
抗生剤、うがい薬も処方してくれ、そこがかかりつけとなる。

年に2~3回はお世話になったが、しばらく行っていなくて、
先週、また声がかすれて、これは歌を歌ったせいではなく、
扁桃腺が腫れて、気管支炎になりかけている症状なので、
また吸入してもらおうと耳鼻科へ行くと、更地になっている。

職場では冗談半分で、あそこも先生がだんだん歳をとって、
いつ廃業になってもおかしくないんだと話して、念のために、
スマホで調べ、翌日が休診日なので今日のうちに行こうと、
職場から回ったら、建物ごとなくて、しばらく呆然とたたずむ。

薬局で、浅田飴、龍角散、ヴィックスドロップ、のどぬーると、
吸入できない分、直接喉に作用するものを買い、抗生剤は、
ルルA、パブロンゴールド、ロキソニンを買い、いくら何でも、
一度に飲んだりはせず、どれが効くのか、様子を見ることに。

声を出さないのが、一番なのだが、職場ではそうもいかず、
多少の電話応対くらいは、周りの人がカバーしてくれるが、
午後になると、もう声がかすれるどころか、ほとんど出せず、
低いトーンで、ゆっくり話しても、相手に通じないことばかり。

そんな状態で、歌を歌うなんて不可能で、実はオケの方は、
MTRのドラムマシンのバグが出やすくなる、フュージョンの、
細かいドラムは避けようと、ドラムの簡単な歌ものばかりを、
いくつか並行して作っていたので、最後の歌入れで挫折に。

あまり更新があくのも何だからと、クラシックギターの曲や、
ソロギターの1曲でも弾きたいところだが、練習不足に加え、
右手の人差し指の第一関節を突き指して、完治しないので、
フィンガーピッキング、指弾きをするのも、歌う以上に無理。

昔から、突き指が癖になっていて、すぐ痛めてしまうのだが、
半年前くらいから、触っただけでも、すごい激痛を感じるし、
関節が膨れてもいるので、ちょうど、テレビ番組で特集して、
キャシー中島が苦しんだという、ヘパーデン結節かと疑う。

テーピングで固定していたが、ぎっくり腰でお世話になって、
通院している整骨院で尋ねたら、単なる突き指だと笑われ、
まだ腫れているから、テーピングや風呂でもんだりはせず、
冷やすこと、湿布よりも氷などのアイシングするよう教わる。

それでも、後遺症なのか、またも痛めたのか、人差し指は、
ちょっとしたはずみで激痛になり、実は、この数ヶ月の間、
ギターを弾く時もピックを持つと痛むので、人差し指でなく、
親指と中指でピックを握って練習して、録音もそうしていた。

もともと、エディ・ヴァン・ヘイレンが駆使する奏法の1つに、
ハミングバード・ピッキングがあり、人差し指を使わないで、
親指・中指でピックを握り、軽やかにトレモロ奏法するので、
それと同じ感じでスケール練習すると、何とか形になった。

アコギのコードストロークでは、ちょっと力強さに欠けるので、
痛くない程度に人差し指を添えて、ガンガン鳴らしていたし、
エレキやギターシンセを弾くには、早弾きも大丈夫になるが、
フィンガーピッキングで人差し指を使わないのはありえない。

だましだましというか、そっと弦に当てるように弾いてみると、
1曲くらいは、人差し指を使っても、多少痛む程度なのだが、
ちょっと大きな音を出そうとすると、途端に激痛が走るので、
今日のところは、ササっとアコギの曲を弾くのは到底無理。

延々と言い訳を連ねてきましたが、せっかく作ったオケには、
歌入れしようにも声が出ないし、アコギ1本で録音しようにも、
右手の指が痛いというわけで、エレキのインスト曲のオケに、
これからじっくり取り組み、近いうちには復活するつもりです。


声が出なかったり指を痛めたりで、しばし充電期間にします
家電での「あるある話」が、冷蔵庫が冷えなくなったと思うと、
電子レンジもスイッチがバカになり、さらに洗濯機から異音、
しまいにはエアコンが効かなくなるという、ほんの短い間に、
次から次へと壊れ、修理や買替えが必要になるというもの。

楽器類の場合、そこまではいかないが、電気が絡む製品は、
似たり寄ったりで、5月にMTRの電源アダプターが断線して、
先週、ギターシンセの電源アダプターも同じ症状、さらには、
MTRのSDカードが認識されずデータがないと表示されたり。

普通に録音しながら、気持ちよくギターを弾いていたところ、
急にプツっと音がして、MTRの電源が落ちて、それまでに、
作業していたデータは保存されることなく、全部パーになり、
原因は、電源アダプターのコンセント側のケーブルが断線。

Amazonでアダプターを発注し、届くまでは録音できなくて、
その間にモチベーションは下がるし、一度ダメになった曲は、
よほどのことがない限り、またやり直す気にはなれないから、
何を演奏しようか、楽譜を眺めがら数日を過ごすことになる。

電源アダプターが届き、気を取り直し、別の曲で録音を再開、
ブログにアップすると、また次の曲というルーティンになるが、
今度は、ドラム、ベース、ギターと録音していき、ピアノの音を、
ギターシンセで出そうとしたら、こっちのアダプターも断線する。

23年前のギターシンセだから、アダプターは売っているのか、
ネットで調べると、メーカーのローランドとAmazonは在庫あり、
ローランドは定価だが、Amazonは出品の楽器店がいくらか、
上乗せしていて、ただ送料まで考えるとAmazonの方が安い。

渋谷とか御茶ノ水の楽器店を回れば、定価の2割引くらいで、
売っているかもしれないが、いかんせん古い型なので店頭に、
あるかどうか微妙、ここはAmazonで良いかとクリックすると、
ほんの数時間後には、「在庫切れ」の表示になり危ないところ。

これは、CDを買う時にもよくある現象で、そうそう同じ時期に、
同じCDやアダプターを日本中の人が欲しくなる訳はないから、
在庫が減ってきたり、あと1個になると、通知してくれるように、
転売屋が開発したアプリでもあるのではと、邪推したくもなる。

ギターシンセが弾けなくても、MTRの方が稼働しているから、
別の曲のドラム入力したり、ギター・ベースを録音していたら、
「メモリエラー」の表示が出て、録音がストップし、当然ながら、
そこまでのデータは消えるし、スイッチを入り切りしてもダメ。

いつも、曲のミキシングまで終わると、MTRからSDカードを、
取り出して、パソコンにデータを移して、ブログにアップするが、
パソコンのスロットに差しても、SDカードを認識しなかったり、
またMTRに戻すと、空のカードの表示になることが多発した。

昔、ファミコンカセットの接触が悪くて、エラーになったりすると、
端子部分にをフウーフッと息をかけて、復帰させていたけれど、
SDカードでもそんな繰り返しで、全部のデータが消える前にと、
新たにカードも買い直し、目ぼしい数曲のデータは移しておく。

ただ、原データというか、ミキシング前の各トラックのデータは、
毎回ブログにアップすると消してしまうし、やりかけのデータも、
ドラム入力は面倒だが、そうそう満足いくような出来でないから、
消えたら消えたで、何度でもやり直せばよいくらいに思っている。

今回の演奏のアップに際し、こうした機材、ハード面が原因で、
作業が遅くなったり、モチベーションが下がったりもしたのだが、
ソフト面というか、自分自身の肉体的原因もあり、今日のところ、
無理してのアップはやめようと、昼過ぎの段階で早々に諦める。

梅雨が明け、今度は嫌になるくらいに真夏日、猛暑日となるが、
そうなってくると、夏だ、海だ、達郎だのキャッチフレーズどおり、
山下達郎の曲をやろうと、ベタすぎるが「ライド・オン・タイム」を、
ドラム入力するが、途中から1小節短いまま全部やってしまう。

また、同じドラムパターンを延々とやり直すのは、気が進まず、
同じアルバムの冒頭の曲「いつか」に変更して、ドラムを入力、
次にベースを録音するが、久々のチョッパーベースの連続には、
人差し指の先に血豆ができたり、手首が腱鞘炎になったりする。

それでも、何とか録音し、ギターシンセのアダプターを買ったり、
SDカードを買い直したあげく、何とか、オケが完成してきたが、
連日の熱帯夜でクーラーをかけっ放しにしたせいで、喉が痛く、
達朗のようなキーの高い曲を歌おうとすると、声が出なくなる。

何度かポリープができかけて、耳鼻科に毎日吸引に通ったが、
その時に近い状態で、声が割れて、和音のようになったりして、
のど飴をなめたり、のどぬーるスプレーでも改善しそうになくて、
もともと下手な歌が自分でも聴き苦しくて、まるで話にならない。

声の回復を待ちながら、インスト曲のオケも作っていくことにし、
無理やりアコギの曲をアップするにも、1~2日では練習不足、
指弾きする際には血豆が痛いし、ここはじっくり充電というか、
お盆休みを利用して、オケ作りを少しでも進めることにします。




とりあえず無事に生きてますが、更新は先になります
3月は年度末で忙しいから、早め早めに更新できるように、
何曲かのオケ作りを並行して、進めていたが、どの曲にも、
どこかしら引っかかるところがあり、ドラム入力が面倒とか、
シンセの音が今一歩とか、ベースのノリが悪いだとか様々。

そのうえ、ギターメインのインストなら、オケの方は簡単と、
白玉でシンセの和音だけ流すような曲に切り替えてみると、
逆にギターの粗が目立ってしまうし、早弾きでもないのに、
ちょっと運指が難しいと、かなり練習しないと様にならない。

ああでもない、こうでもないと、いろんな曲に目移りしては、
こんなに自分は下手だったかと落ち込んだりしてしまうが、
まあ趣味のギターだからと開き直り、オケもギターの方も、
じっくり取り組むことにして、スケール練習から、やり直す。

実際に、この2週間ほどは、残業はしないようにしつつも、
帰宅すると疲れて、少し練習すると、早めに寝てしまうし、
仕事が間に合わず、ボランティア(?)の休日出勤が続き、
週末を使って、集中的にオケ作りをするのも、無理となる。

ちょっと精神的にも肉体的にも、スランプかなと思いつつ、
ギターへの愛着は強くて、毎日必ず、少しでも練習するし、
疲れて横たわっている間も、スマホでいろいろ曲を聴いて、
フレーズを研究したり、バンドスコアを眺めたりはしている。

ギターのおかげで、何とかやってられるというのが実情で、
そのギターに束縛されるのは本末転倒と、開き直っていて、
何だかんだで、お気楽にはしているが、この3月のうちには、
せめて1曲は仕上げたかったと、こうして愚痴を書き散らす。

明日には新しい元号がお披露目となり、ひと月過ぎたなら、
平成も終わってしまうわけで、そうなる前に、2曲くらいは、
演奏したいが、平成最後の曲だとなると、妙に構えたりして、
ただ、このブログは、そこまで大げさにすることもないかと。

今日も取り組んでいる曲を、見切り発車しようかと思ったが、
聴き返すと、あまりにクオリティが低く、歌は仕方ないとして、
ギターにしても、オケにしても、もう少し、ましになるはずだと、
もう1週間、取り組み、それでだめなら、また別の曲にする。

毎週末の更新をやめてから、さぼり癖もひどくなっているが、
もっと上手くできるはずだと、向上心も沸くという二律背反で、
何だかんだ言いつつ、楽しくオケもギターも取り組んでいて、
とりあえず、更新は途絶えてますが、無事にやっております。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.