僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
宙に浮く水晶玉は、手品か、ジャグリングか
数年ほど前、いくつかのテレビ番組に、
MASAKIという人が、さかんに出演して、
水晶玉(クリスタルボール)を、浮かせていた。

両手で抱えたボールが、次第に手から離れ、
ゆっくりと宙に浮いていったり、自由自在に、
腕や肩のあたりを、転がりまわるというもの。

宙に浮く玉というと、昔から手品の世界では、
ゾンビボールと、アストロスフィアがあって、
それぞれに、仕掛けが違うのだが、テレビのは、
大道芸、ジャグリングで、タネのないものらしい。

お手玉に近い、ボールジャグリングは、玉を投げ、
キャッチする技が主流で、クリスタルボールは、
体から離さない、コンタクトジャグリングの一種。

渋谷東急ハンズの、手品やジャグリング用品の、
コーナーへ行くと、一時のマジックブームは、
落ち着いたようで、ほとんど在庫はない。

コンタクトジャグリング用の、ゴムボールは、
置いてあったので、とりあえず、それを買って、
ネットの情報などを参考に、練習を開始する。

パントマイムで、カバンを持ち上げるが、動かず、
自分が、その周囲をうろうろして、あたかも、
カバンが宙に浮いて、固まって見える技がある。

その応用で、ボールが宙に浮いたように見えるし、
腕と肩を円の形にして、ボールを走らせるのは、
サッカーのリフティングの応用みたいなもの。

理屈はわかったが、これが、半端な技術でなくて、
そもそも、お手玉でさえ、2個がやっとの状態で、
もともとボールの扱いは、まったく不慣れだった。

ゴムボールだから、モチベーションが上がらないと、
数千円する、クリスタルボールを、通販で買って、
あわせて、入門ビデオも、いくつか取り寄せた。

いつものことだが、道具や解説を一通りそろえると、
それだけで、妙な達成感があって、その後の練習や、
技術を磨くことは、おろそかというか、やらない。

そんな風に、手品なども、たまる一方であって、
ギターの楽譜、小難しい専門書、通信講座など、
老後の楽しみ(?)が、何十年分もあるのです。
スポンサーサイト


忘年会に向けて、そろそろ手品を
毎年、この時期になると、こりもせず、
忘年会に向けて、手品のひとつもと、
練習したり、新しく購入したりします。

小学生の頃、手品師になりたかったが、
今は、ギターほどの情熱はないのも事実。

それでも、何かひとつ宴会で披露したい、
新しいネタを仕込まないと、という具合に、
一人でもりあがり、ネット通販に手を出す。

仕掛けのある手品は、トリックが知りたくて、
購入するが、宴会でやることは、あまりない。

かなり昔、同僚が、道具を奪い取って、
「見ろ、こんな仕掛けじゃないか」と、
勝ち誇ったように、みんなに見せてしまう。

それ以来、タネのない普通のトランプや、
コインを使う、スライハンドをメインに。

手先の器用さという、テクニック重視もので、
大道芸などにも、憧れている自分にとっては、
挑戦しがいのある分野の、手品なのです。

弾けない楽譜が、たまるのと同様に、
技術解説のDVDが、冬になると、
2巻、3巻と増えていく状態が続き、
古いのを覚えろよ、と思うのですが…。

ただ、この数年、実際に演じたことはない。

「マジハラ」という言葉があるらしく、
マジックハラスメントの略、だそうです。

見たくもない手品を見せられて、そのうえ
拍手を強要されるという、被害だとか。

そういう話を聞くと、小心者(?)の自分は、
幹事に頼まれもしないのに、壇上に出て、
手品をやっていたのは、まずかったのか、
談笑する時間を、邪魔してしまったのか。

それ以来、調子づいた自分を反省することして、
「今回は手品は?」と、気を使ってくれる人に、
「準備不足なもので」と、おとなしくしている。

それでも、上着のポケットには、トランプや、
コインを、しっかりと入れている自分なのです。




ミラクルトランプで、必勝の神経衰弱
70年前後に、任天堂から発売された、
ミラクルトランプ

付属のサングラスをかけると、トランプの模様の中に、
マークと数字が浮かび上がって見える。

ミラクルトランプ


単純に「あなたの引いたカードは、ダイヤの7ですね」
といった手品ができる。

それだけで、手品として成り立つのか、疑問でもあるが。

解説書はなくしてしまったので、その中に、
もっともらしい手順など、載っていたかもしれない。

それより何よりも、トランプの数字がわかるのだから、
神経衰弱ゲームでは、向かうところ敵なしの状態。

家族や友人相手に、一人勝ちして喜んでいたが、
さすがに馬鹿らしくなって、使わなくなる。

今になって考えると、例えば、パスのかわりに、
何度かは、専用めがねを使ってよい、といった、
ローカルルールでも作れば、また違ったのでしょう。

ミラクルトランプは、CMのインパクトもあって、
記憶に残っていたが、今回実家をあさっていると、
買ったことさえ忘れている玩具が、けっこう多い。

まあ、この年まで、何でもかんでも覚えているのって、
なかなか難しいのですが…。




「クァンタム・メカニック」って、どんな手品だ?
デパートなどで、手品を買っていた小学生時代、
手品のタイトルは、わかりやすいものでした。

「ふしぎな犬」ならば、スポンジの犬が増えていく。

「かわいい花」は、花が増えていく。

「変色ハンカチーフ」、「玉子になるハンカチーフ」、
「消えるミルク」
などは、そのものずばり。

最近、手に入れた手品のDVDのタイトルは、
「クァンタム・メカニック(量子力学)」

これだけでは、何の手品なのか、想像もつかない。

ネットのおかげで、デモ映像も見れるし、
収録内容も、表示してくれてはいるのですが、
年寄りには、ついていけなくなってきてます。

そう言いつつも、、面白そうな手品だと思うと、
ついつい買ってしまうのは、昔と同じ。

バラバラに入れた、4枚のエースカードと、
トップにおいた4枚のキングが、
一瞬で入れ替わる手品に、興味しんしん。

クラシックパスを、連続で4回やる早業。

同時に、マルチプルシフトを水面下で行う。

そんな種を想像したが、ありえない話。

ネットの製品紹介に出ている技法は、
「ディストリビューションテクニック」と、
これまた訳のわからない、ネーミングだった。

早速入手してみると、普通のトランプを使う分、
かなり練習しないと、身につかない技法。

これが、マジシャン魂をくすぐるのですが、
身につかないまま、次の手品に目移りし、
この10年間、ほとんどレパートリーは増えていない。







種も仕掛けもないトランプで手品
マジシャンに憧れていた70年前後、
手品のレパートリーを増やすには、
新しい手品、仕掛けを買うしかないと思っていました。

お年玉や、小遣いをためては、
デパートの手品売り場に通い続けた。

そして、手に入れて、種や仕掛けがわかると、
ろくに練習もしないで、満足していた。

手品への興味も薄れて数年後、
高校の修学旅行で、同室になった友人が、
普通のトランプで、手品をやって見せてくれた。

英語で書かれた図解入りの本を読んでは、
休み時間に、手品の練習をしていた友人。

2004年頃、クロースアップマジックという名で、
目の前で演じるカードマジックが、ブームとなる。

あの時、友人がやっていたのは、こういうことだったのか。

懐かしさと同時に、小学生の頃は、
自分もいっぱしのマジシャン気取りだったのだと、
はやりの手品に興味がわいてくる。

近所の本屋にも、テレビの影響だろうか、
専門的な手品の解説書が、何冊も置いてある。

東横や、東急本店の実演販売はなくなったが、
東急ハンズでは、マニアックな手品やDVDを扱っている。

普通のトランプで、目の前で起こす奇跡。

何十年振りで、マジシャンが復活(?)したのです。













Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.