FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
バスドラムが曲を印象づけるカシオペア「ストリート・パフォーマー」
カシオペアの曲は、スクエアの大半の曲をリーダーで、
ギタリストの安藤まさひろが作っているのと同じように、
こちらもリーダーでギタリストの野呂一生が作っていて、
特にデビューアルバムは、全曲が野呂の作品になる。

セカンドでは、ベースの桜井が1曲、ライブ盤をはさみ、
4枚目「メイク・アップ・シティ」で、やっとキーボードの、
向谷も1曲作るが、ライブ盤から新加入したドラマーの、
神保も、早速、曲を提供し、全メンバーが作曲を担当。

ドラムが作曲というのは、どうも自分にはビートルズが、
基準になってしまい、リンゴがホワイトアルバムになり、
やっと1曲を披露し、もう1曲も最後のレコーディングの、
「アビー・ロード」だから、ほとんど作曲しないイメージ。

神保が何かのインタビューで、カシオペアを振り返って、
野呂から作曲を薦められたのが、自分にとって大きくて、
その後の転機になったみたいに話していて、その点で、
プリズムやスクエアとは、大きく違うんだなあと感じた。

全曲の作曲者を調べたわけではないが、プリズムでは、
鈴木徹、青山純の作った曲はあったのか、木村万作は、
35年も在籍しているから作ってはいるが、スクエアは、
メンバーチェンジが激しいうえ、則竹くらいじゃないか。

「パーフェクトライブⅡ」で、バスドラムから始まる曲の、
「ストリート・パフォーマー」は、全員の共作というのか、
ドラムパターンにベースラインを載せ、ギターがリズム、
そしてピアノという具合のセッション曲かと思っていた。

ところが、今回演奏するに際し、バンドスコアを見ると、
神保の単独曲とわかり、「ハレ」収録スタジオテイクは、
ドラムイントロはなくて、ライブ用にアレンジしたようで、
自分はこっちを聴き込んでいるから、勘違いしていた。

テクノの打ち込みのようなバスドラムの連打で始まり、
ロックならばツーバスでやるところ、フュージョンでは、
ツインペダルで連打するのだが、この神保の演奏は、
かなり早い段階で取り入れて、自分のものにしている。

ロックのツーバスは、ジンジャー・ベイカーもやったと、
Wikiにあるが、一般に広まったのは、レインボーの、
「キル・ザ・キング」で、コージー・パウエルが叩いて、
しばらくの間、そのパターンを皆が真似たように思う。

バスドラムを2台使うのは、見た目は派手で良いが、
アマチュアには厳しいし、ジャズやフュージョンでも、
使えるように配慮したのか、ツインペダルが開発され、
渋谷河合楽器の発表会でも、持参する強者もいた。

「ストリート・パフォーマー」のスタジオ録音が85年で、
同じ年のプリズムのライブ盤に収録の「カーマ」では、
木村が派手なツインペダルの連打を見事に披露して、
青山が80年に叩いた原曲は、シングルペダルだろう。

フュージョンのドラムで、新しいテクニックを取り入れ、
派手に登場したデイブ・ウェックルも、ツインペダルを、
使ったかもしれないが、チック・コリア・エレクトリック・
バンドの1枚目は86年で神保や木村が先駆けかと。

それで、バスドラムの打ち込みが、やたら面倒なので、
この曲は敬遠してきたが、カシオペアに盛り上がって、
地道にドラム入力を始めるも、実際に録音を始めると、
キーボードのバッキングが難しく、更新が延期となる。

ギターやベースと同じような、裏ノリのバッキングだが、
メロディの伴奏は3和音で動くので、ギターシンセでは、
コードチェンジについていけず、単音で3回重ねていき、
何とかするが、ノリがばらけてしまい、何度もやり直す。

サビの伴奏は、付点16分音符だらけで、裏でくったり、
伸ばす部分もあり、そのリズムパターンが覚えらずに、
帰宅してから、生音のエレキで少し弾いては挫折して、
なかなか、MTRにつなぎ録音する気持ちになれない。

数曲のオケが完成している歌ものでも録音しようかと、
スマホで原曲を流し、口ずさんでみるものの、やはり、
高音が全然出なくて、こちらも没、そのまま寝転がり、
演奏したい曲をあれこれ聴きながら、寝てしまう日々。

あとはピアノ伴奏だけなので、3週は空けたくないと、
今週は土曜出勤だったが、帰宅してから練習を開始、
日曜は6時前に起床して、午前中には何とか伴奏を、
完成させ、後半リードギターのアドリブに取りかかる。

カシオペアの全盛期と呼んでよい時期のライブから、
神保自ら作曲し、ツインペダルのドラムが派手な曲、
「ストリート・パフォーマー」は、裏ノリがかなり難しく、
演奏がバラバラですが、ここまでが自分の限界です。



スポンサーサイト





イントロのリフで衝撃の新事実が分かったカシオペア「ハレ」
普通に会話する程度には、声枯れも回復してきたが、
ちょっと鼻歌でも歌おうものなら、たちまち声がかすれ、
喉も腫れてくるので、今週も歌ものの録音はあきらめ、
発表会で演奏したことがあり、すぐに弾ける曲を選択。

カシオペアが85年に出した「ハレ」のタイトル曲だが、
この前の「ダウン・アップ・ビート」も発表会で演奏して、
こちらはLPを買ったが、「ハレ」からCDで買っていて、
ちょうど、この85年頃にCDプレイヤーを手に入れた。

この「ハレ」のアルバム丸ごとのバンドスコアがあると、
ずっと思っていたが、自宅にもレンタルルームにもなく、
他の曲を演奏した覚えもないから、ギターマガジンに、
「ハレ」1曲だけ掲載されたのを見て、演奏したようだ。

そのギターマガジンも手元になく、ヤングギターともに、
大半を処分してしまい、悔やんでも悔やみきれないし、
またギター演奏をするようになった、この10年の間に、
かなりの楽譜を買ったが、失われたままの曲も多い。

「ハレ」は、ドレミ出版が復刻したカシオペア・ベストに、
掲載され、先週演奏した「パーフェクトライブⅡ」にも、
CDの2枚目に収録されているが、手持ちの楽譜は、
1枚目のみだし、聴き慣れているのはスタジオテイク。

ただ、スタジオとライブの違いは、ギターのアドリブが、
ブレイクで始まるのと、当然、アドリブが異なる程度、
あと、スクエアでもあるあるの、キーボードの音色が、
ライブでは簡略化というか、変化に乏しくなっている。

それで、イントロのギターリフは、スタジオテイクでも、
ライブでも、特に変えてなくて、昔から楽譜のままに、
演奏して、完コピのつもりでいたところ、ついこの間、
ギターの野呂の演奏解説で、衝撃の事実がわかる。

ブログ仲間のSMOさんが、ステイホームの応援で、
野呂本人が「朝焼け」や「ハレ」など解説してくれる、
動画をブログで紹介されているが、ハレのリフでは、
コードの前に、ベースの低音部をギターでも弾いた。

前の小節の4拍目の裏から、5弦の開放を鳴らして、
和音のリフを弾き、転調後も、6弦3フレを鳴らして、
和音という、これまで、まったく思いもしなかったが、
ごく当たり前のように解説しての模範演奏に驚いた。

35年間も間違えて、演奏していたのかと衝撃的で、
ギターを弾かない人には、どうでもよい話だろうが、
自分には、かなり大ごとで、あの「イエスタデイ」が、
Fコードでなく、全音下げのGだったことに匹敵する。

そんなわけないよと何度CDを聴いても、ギターの、
低音を弾く音は聴こえてこないし、YouTubeにある、
パーフェクトライブ、ミュージックパーティの動画で、
確認しても、音はしないし、ピッキングもしていない。

Gに転調したとき、親指をネックにかけているので、
これで、6弦3フレを押さえているかもしれないが、
本人の解説動画では、中指で6弦を押さえてから、
すぐに離して、和音のリフを中指で押さえる方法。

5弦の開放にしても、和音のリフを弾いている間、
鳴らし続けるのではないようで、どうせ弾くならば、
リフのセーハをハーフにして、低音を鳴らし続け、
転調後も親指で押さえて、鳴らせば良いだろうに。

まあ、この辺は、弾いている本人が正しいわけで、
35年目の衝撃の真実(?)を尊重することにして、
本物はディレイで左右に振るところ、別々に録音し、
左右に分けるので、片方だけは低音を弾いておく。

ギターがメロディを弾く間、キーボードはイントロの、
リフを真似て弾くが、当然に低音部は弾かないし、
ギターっぽい音色のようでクラビネットにも聴こえ、
ギターシンセで両方の音色をミックスして演奏した。

サビは、エレピとオルガンが混じったような感じで、
アルペジオを奏でるので、パッド系の音色の中で、
似たような音にしたが、すごくスカスカになるので、
音色を変えて、左右、センターと3回ダビングする。

ギターは、メロディもアドリブも、ストリングス系の、
ギターシンセをMIDI同期したか、オクターバーや、
ディレイ、コーラスを重ねて、音の厚みを出したか、
自分はギターシンセのストリングスで別に弾いた。

ドラムの入力が面倒で、シンセの音色も厄介だから、
ついスクエアに比べると、避けてきたカシオペアを、
声が回復しないからの連続演奏、イントロのリフで、
大騒ぎした「ハレ」は、やはりシンセが今一歩です。





短いながらもテクニックを見せつけるカシオペア「コンジャンクション」
カシオペアを最初に見たのは、ヤマハ主催のコンテスト、
イーストウエスト決勝大会が行われた中野サンプラザで、
まだ学生だったサザンオールスターズ、黒塗りする前の
シャネルズなど、今思えば、よく同じステージにいたかと。

たまたま、楽譜を買いに行った渋谷道玄坂のヤマハで、
イーストウエストのポスターを見て、バンド活動どころか、
部活動もせず、一人ギターを練習していた根暗な自分は、
アマチュアバンドの実力でも見てくるかなと軽い気持ち。

それが、当時の最先端クロスオーバーを演奏している、
カシオペアなど見てしまったのだから、その衝撃たるや、
これは、もっとギターを練習しようと、すごい刺激になり、
すぐ後には、プリズムがデビューして、さらに愕然とした。

カシオペアは、前年76年のイーストウエストにも出場し、
野呂がベストギタリスト賞を受賞、その際の景品だった、
ヤマハのギターをずっと愛用することになり、77年は、
向谷がキーボードに加入し、優秀バンド賞を受賞した。

カシオペアのレコードデビューは、なぜか79年と遅くて、
その間、78年のイーストウエストにゲスト出演したり、
渋谷道玄坂ヤマハでの店頭ライブを見たし、いくつか、
レコードにゲスト参加して、ポンタとZEROのLPは買う。

満を持してのLP発売だったが、ライブで延々と弾いた、
ギターのアドリブが短く、それぞれの曲がコンパクトで、
さらに、4人で十分成立していたサウンドに、ホーンや、
ストリングスを被せているのが、すごく邪魔に感じた。

それで、がっかりしてしまい、カシオペアを代表する曲、
「朝焼け」を収録したセカンドは、買わずにスルーして、
エアチェックも数曲にとどめ、神保がドラマーになって、
ライブが出た時も、学生なんかに叩かすなよとスルー。

自分が学生のくせに、どうも学生バンドには厳しくなり、
スクエアにしても、学生バンドだからと、ずっとスルー、
イーストウエストで見たサザンも、その印象が強いから、
学生のコミックバンドで、ふざけた奴だと思ってしまう。

渋谷河合楽器の発表会で、エレクトーン伴奏をした際、
フュージョンが流行していて、カシオペアやスクエアの、
曲を弾く人が多いので、原曲を確認するためLPを買い、
これまでの自分を猛省、どちらのバンドもファンになる。

ただ、その頃に買ったLPと、その後も、発表会向けに、
CDを買ったが、過去の作品を集めることはなかったし、
特にカシオペアの場合は、再録音、ライブ録音が多く、
同じ曲でも、どのバージョンに親しんだかで印象も違う。

特に、数年もの間、1枚目しか持っていなかったから、
アレンジの不満はあっても、ギターのアドリブラインは、
それが染みついていて、それが「サンダー・ライブ」や、
「ミント・ジャム」で再演されると、すごい違和感がある。

逆に空白期間があるだけに、発表会のために買った、
LP「ミント・ジャム」で初めてまともに聴いたような曲、
「テイク・ミー」「ドミノ・ライン」は、こちらに慣れ親しみ、
CD時代の「パーフェクト・ライブⅡ」も同様な印象に。

コンサートのオープニングの「コンジャンクション」は、
スタジオ版は2分に満たないが、ライブはイントロで、
シーケンサーのループなど流しながら、メンバーが、
登場して演奏するので、多少は尺が長くなっている。

発表会で演奏する時、あまりに短いから、ギターで、
延々とアドリブしようと言ったら、拒否されてしまうが、
野呂が4ビートでアドリブするのがYouTubeにあり、
本人なのに違和感を感じ、素人がやらなくて正解。

このイントロの再現は、DAWでは1小節を打ち込み、
ループで繰り返せば良いが、今回、自分は手弾きで、
MTR録音するので、ギターシンセの音色は今一歩、
さらにトラッキングが遅くて、ずれたり音が途切れる。

本物はループをステレオの左右に振っているので、
フレーズの1拍目だけ延々と左に、2拍目は右へと、
分けて弾くことで、リズムのずれを最小限に抑えて、
音が途切れないよう、ベースでも通して弾いておく。

SE、サウンドエフェクトも、光線銃やベル、風の音に、
環境音楽のような効果音、さらに会場の声援もあり、
かなり賑やかなので、同じ音色はギターシンセには、
ないからと開き直って、2トラックにあれこれ入れた。

ギターは、昔取った杵柄、発表会でやった曲だよと、
1テイクで完成するつもりでいたら、あれから33年、
運指はしっかり覚えていたが、指がもつれてしまって、
メトロノームでゆっくりから練習して、何とか録音した。

ベースは、右手人差し指の突き指が治っていないし、
どのみち、こんな早いフレーズの指弾きは無理だし、
チョッパー奏法は、ほとんどないから、ピックで弾き、
エレピ、ストリングスも、ギターシンセのピック弾きで。

喉が痛くて、声を出ない間のインスト演奏の第一弾、
空前のフュージョンブームの頃のカシオペアのライブ、
幕開けでテクニックを見せる「コンジャンクション」は、
楽譜どおり弾いても、SEも演奏もスカスカの音です。







ロック調のリフなのに音を歪ませていないスクエア「フルサークル」
高校生の頃から、朝は遅刻ぎりぎりまで寝ていたので、
朝食は抜きになり、その代わり深夜放送を聴きながら、
夜食のカップ麺や缶詰を食べて、就職や結婚をしても、
その食生活を改めることなく、今日に至るも変わらず。

外食や飲み会もめったにしないので、小遣いの大半は、
おやつや夜食へと消えてしまうが、毎月数千円程度は、
Amazonなどで、昔のレコードを廉価版CDで買い直し、
誕生日やボーナス前後は、少し奮発しボックスセット。

今年の誕生日は、特に欲しいセットものはなかったので、
CDを何枚か大人買いしてしまえと、あれこれ検索すると、
スクエアのDVDセットを見つけ、アドベンチャーの頃と、
トゥルースの頃で、「残り1点」とあるから急ぎクリック。

4枚組で1万円少々して、そのうち2枚は30~40分の、
収録時間なので、すごく割高だし、予算オーバーだが、
自分の好きな時期のスクエアの貴重なライブ映像だし、
売り切れると、高額プレミアになるので、仕方ないなと。

それとは別に、タワーレコードのポイントが有効期限で、
ポイント利用して、プリズムのライブ盤と、カールトンや、
ロベン・フォード、バジー・フェイトンら豪華メンバーの、
モントルーのライブ盤を、どちらもLPからの買い直しで。

これで、しばらくは、Amazonの買い物はやめようかと、
反省した矢先に、通院中の歯医者さんで、前歯3本を、
義歯にするので20万円かかると言われて、これはもう、
向こう1年くらいは、禁欲生活にしないとやっていけない。

そう言いながらも、舌の根も乾かないうちに、治療費と、
趣味に使うお財布は別だからと、クリックしかねないが、
注文履歴を見ると、ブログを始めてからの約10年間に、
楽譜を87冊も買っていて、楽譜は当分我慢しないと。

スクエアのDVDで、一番古い映像がアドベンチャーの、
発売に伴うツアーのようで、ちょうど録音しかけている、
「フル・サークル」も短縮版だが、演奏場面があるので、
ギターのポジション確認ができて、買った甲斐がある。

いかにもロックというギターのリフから始まる曲なのに、
アルバムは音を歪ませず、コーラスをかけた程度だが、
ライブ映像はかなり歪ませていて、YouTubeを探すと、
「セッション83」に出た頃に、すでに音は歪んでいる。

この時は、ヴァン・ヘイレンの「暗闇の爆撃」のような、
ライトハンド奏法のギターソロから、イントロリフになり、
後にライブ盤に収録された「プライム」の冒頭部分を、
すでに「フル・サークル」でも演奏していたのがわかる。

ドラムはシンバルを叩くと同時に、手で消音していて、
自分はシンバルストップ、シンバルミュートと呼ぶが、
正しくはチョークだそうで、DAWのドラムキットには、
その音色もあるが、自分のMTRには入っていない。

ミックスダウンの段階で、手動でボリュームをしぼって、
雰囲気だけ似せるが、かなりムラのある音になったり、
繰り返しを忘れてしまって、そのままシンバルが鳴り、
最初からやり直しとなって、安い機材だと苦労も多い。

ベースを映像で見ると、田中はブリッジのギリギリで、
8ビートフレーズを指弾きしていて、シンセソロ部だけ、
チョッパーにするが、山下達郎バンドの伊藤広規だと、
8ビートもチョッパーだろうし、このあたりは個性が出る。

自分は、まだ右手人差し指の突き指が治っていなくて、
話題のヘバーデン結節ではないと思うが、痛みが続き、
指弾きは無理なので、ピックで弾いて、サビに出てくる、
オクターブフレーズもチョッパーの音でないからピック。

エンディングでは、ところどころツインギターでハモって、
16分音符で弾きまくっているので、ほんの少しだけ、
曲の尺を伸ばして、それ以上に好き勝手に弾きまくり、
さらに、リリコンの音量をしぼって、ギターを目立たす。

和泉・田中・長谷部の黄金期のラインアップが揃った、
「脚線美の誘惑」収録の「フル・サークル」は、その後、
ロック色が強まっていくスクエアの前哨戦のような曲、
歪ませない音作りは、逆に難しすぎて今一歩でした。







本当にハワイに行けて演奏もできたスクエア「ハワイへ行きたい」
スクエアのメンバーの意向というわけでもないだろうが、
デビューアルバムから、しばらくの間、ジャケットの表は、
女性の写真が使われるものばかりで、まずファーストは、
マリリン・モンローなみに、スカートが風でめくれている。

ご丁寧にもジャケットの裏面は、後ろからのアングルで、
パンチラどころか、堂々とパンティがしっかり見えていて、
ダイレクトカッティングの2枚目は、地味な建物風景だが、
3枚目は、砂浜をビキニの女性が胸を揺らし走っている。

プリズムやカシオペアのLPは買っても、スクエアだけは、
サックスがメインで、ギターも地味だからとスルーしたが、
10代の自分がレジに持っていくのは、レンタルにしても、
恥ずかしく、それもあったのではないかと、今にして思う。

4枚目は、海辺の別荘の前にメンバーがたむろしていて、
実は、これが初めて買ったスクエアのアルバムで、続く、
「マジック」「脚線美の誘惑」は、短パンのお尻のアップに、
脚を組む女性の下半身で、偶然か、どちらも買ってない。

ユーミンが関わった「うち水にレインボー」からは、ずっと、
というか、ライブ盤を含めて8枚を買い続けて、さすがに、
それは、ジャケットに女性の写真がなくなったからでなく、
スクエアのサウンドが、自分の好みへとなったからだが。

オリジナルメンバーの安藤、伊東に加えて、和泉が入り、
リズム隊も田中と長谷部という黄金期のメンバーが揃い、
ロック色が強くなり、それでいて、シンセの音作りも見事、
ジャズ系のアドリブソロもやるし、メロディもキャッチー。

このメンバーが初めて集まったのは、「脚線美の誘惑」で、
これまで持っていなかったが、手持ちのバンドスコアにも、
2曲入っているから、どうせなら買っておこうと検索すると、
19年前の再発CDが、まだ新品でAmazonに残っていた。

話はとぶが、タワーレコードで、こうした初期のスクエアを、
検索すると、女性や水着のジャケットだという部分だけが、
情報として蓄積されるようで、ヤフーニュースなど見た際、
水着や下着のジャケットのアルバムがお薦めに出てくる。

AVなど検索したわけでないが、家族の誤解を生むので、
タワレコで、ひたすらビートルズやハードロックを検索し、
ビートルズやツェッペリン、パープルやジェフ・ベックらが、
ヤフーニュースの画面に出るようにして、シャットダウン。

それで、Amazonで「脚線美の誘惑」を注文したのだが、
どうして、もっと前に聴かなかったのだろうというくらいに、
名曲揃いで、やはり、この時期、「アドベンチャー」に続き、
「スターズ・アンド・ムーン」「リゾート」と名盤・名曲だらけ、
この頃にアルバムごとのスコアを買っておけば良かった。

スクエアもカシオペアも、ベスト集のようなスコアはたまに、
復刻もするが、アルバムごとのは、古本を探すしかなくて、
今話題のマスクほどひどくはないが、定価2千円程度が、
数万円でオークションに出ていたりで、さすがに買えない。

まずは、手持ちのスコアを活用すようと、「脚線美」からは、
昔買った「パーフェクション」なるベスト曲集に載っている、
「ハワイへ行きたい」で、ドラム入力は、途中のソロだけが、
ちょっと面倒だが、あとは8ビートに近いので、すぐに完了。

ギターシンセでリリコンっぽい音や、エンディングのシンセ、
ムーグに近い音を探して、ベースはチョッパーを少し練習、
ギターも、リズムギター、リードギターとも、2日ほどかけて、
だんだんと曲が形になると、モチベーションもさらにアップ。

なるべく原曲に近づけようと、シンセドラムまで出してきて、
左右で呼応するビブラスラップを2トラック使って録音して、
カウベルも、空き缶とかを叩くと近所迷惑なので、こちらも
シンセドラムを叩いて録音、自己満足だが、音を厚くした。

この「ハワイへ行きたい」なるタイトルは、安藤が何気なく、
口にした言葉を採用したそうだが、有言実行となっていき、
「リゾート」の頃、ハワイで何曲かを演奏したビデオを作り、
当然のように、この曲もスタジオライブ形式で見事に演奏。

スクエアの黄金期メンバーが揃った記念すべきアルバム、
82年発売「脚線美の誘惑」から、「ハワイへ行きたい」を、
最近やっと聴いたものの、通勤中にひたすら聴き込んで、
原曲に似せつつ、フェイドアウトは好き勝手に弾きました。









Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.