fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
ユニゾンリフを決めてアドリブも弾きまくる高中正義「プラムド・バード」
フュージョン音楽が始まった当初は、
ジャズとロックの融合ジャズロック、
ジャンルがクロスするクロスオーバー、
といった名称で、まだまだ混沌状態。

自分にはクロスオーバーの呼称が、
一番なじむというか、高校生の頃に、
ギターに夢中になって、その時期に、
クロスオーバーギターがブームに。

何度も書いているが、77年の秋に、
リー・リトナーとラリー・カールトンが、
来日して、FMではライブ音源が流れ、
ヤングギターは特集を組んだりした。

すでに夏の頃に、プリズムはデビュー、
カシオペアはコンテストで注目されて、
高中はとっくに2枚のアルバムを出し、
渡辺香津美もその路線にした新譜。

クロスオーバー、フュージョン音楽は、
その起源も内容も複雑に入り組むが、
クロスオーバーギターに限定すると、
ロックスタイルのジャズギターが主流。

音を歪ませて、チョーキングを多用し、
アドリブは複雑なジャズのフレーズ、
分散コードやスケールを取り入れて、
テクニック重視というイメージだった。

そのテクニックのひけらかしというか、
やたらと早いユニゾンのリフも特徴で、
カシオペアの向谷が「32分音符の
必然性は?」と過去を振り返った程。

そして、高中も自身の集大成となる、
大作の組曲「虹伝説」では、当然に、
クロスオーバーギターの第一人者の、
名にふさわしいユニゾンリフを披露。

「セブン・ゴブリンズ」はテーマから、
テクニカルなユニゾンリフにハモリ、
「プラムド・バード」はメロディックに、
曲が進むと、中間部にユニゾンリフ。

リトナー「キャプテン・フィンガー」を、
彷彿させるような16分音符の連続、
少しテンポを上げれば、ディ・メオラ、
「スペイン高速悪魔との死闘」並み。

「虹伝説」は様々なパターンの曲に、
当時の最先端のギターテクニックの
宝庫で、本当に惜しみないくらいに、
高中の全てを披露してくれたと思う。

ヤフオクで高額落札のバンドスコア、
「虹伝説」の元を取るべくの活用で、
その後に買った高中のベスト集2も、
「プラムド・バード」があり取り組む。

ただ、どちらも鍵盤は1段譜のうえ、
ほとんどがコード表記のみなので、
ギターシンセでコードを鳴らす程度、
ユニゾンリフとアドリブに力を入れる。

MTR内蔵ドラムマシンは前機種の
ソング機能がなく、ドラムパターンを
組合せられないので、1パターンの、
最長サイズの99小節に入力する。

1小節を8拍にまでは伸ばせるので、
実質は1曲で198小節の入力可で、
たいていは収まるが、今回の曲では、
尺が長くて、2曲に分けPCで編集。

その編集のひと手間が面倒くさくて、
没にしてしまう曲もあるし、テンポも、
一定になるため、テンポチェンジで、
録音を分け、編集でつなぐ曲もある。

その手間をかけてでも演奏したい曲、
「プラムド・バード」もその1つなので、
2曲に分けたパートを行ったり来たり、
音色や音量の差がないように注意。

ただ、そんなことより、いざ弾いたら、
ユニゾンリフが情けないほど下手で、
イントロのメインリフもリズムがずれ、
お粗末すぎて2週間練習するも限界。

気がつけば発売からもう42年たち、
それでも、まだまだ自分には難しく、
勉強になる曲だらけ「虹伝説」から、
「プラムド・バード」をアップします。




スポンサーサイト





櫻井の曲で野呂が迫真の弾きまくりするカシオペア「レッド・ゾーン」
昔の名前で出ていますではないが、
バンドの再結成や残党の集結だの、
本人の新バンドで昔の曲の演奏と、
ロックやフュージョンではよくある話。

日本のフュージョンバンドで屈指の、
カシオペアやスクエアも現役バンド、
中心メンバーによる新たなバンドが、
それぞれ元気に活動している状況。

スクエアを卒業したギターの安藤は、
須藤と則竹のリズム隊と赤坂トリオ、
カシオペアも櫻井と神保のリズム隊、
キーボードの向谷で葛飾トリオ結成。

こうなると、音楽的な相違というより、
単に仲が悪くて脱退したり、本家の、
再結成にお呼びがかからないのか、
勘繰りたくなるが、実際はどうだろう。

葛飾トリオをYouTubeで見たからか、
お薦めに櫻井のバースデイライブの、
映像があって、「レッド・ゾーン」だが、
櫻井のベース以外は部外者だらけ。

ギターはジャズギタリストの井上銘、
ドラムは天才キッズだった川口千里、
キーボードはディメンションで活躍の、
小野塚晃と錚々たるメンバーが揃う。

ただ、カシオペアの演奏に比べたら、
何だか下手に聴こえて、よく考えると、
全体にジャズミュージシャンの演奏、
力量は十分だが自分の好みでない。

自分ならば、バンドスコアがあるから、
完コピで弾けるだろうと、発表会でも、
やったことがなく、練習もしてないが、
ドラムは入力で良いから取りかかる。

ところがメロディやシンセのオブリに、
16分音符の裏拍が多く、自分では、
拍子の頭を突っ込んで弾いていると、
思っていたので、録音はずれまくり。

カシオペアに限らず、プロの方々は、
自分とは比べ物にならないくらいに、
実力があるんだと、反省しながらも、
最後を伸ばして好き勝手にギターを。

櫻井の作曲だが、テンポが速いから、
スピード違反、メーターが振り切れて、
「レッド・ゾーン」のタイトルにしたのか、
そうなると、いろいろと憶測したくなる。

第2期のキング・クリムゾンの解散時、
最後のアルバムとなった「レッド」では、
メーターの振り切った写真が掲載され、
「もう限界」と意味していると言われた。

シャンバラで活動をする櫻井と神保に、
野呂が脱退を迫るのは、この後だが、
もう人間関係がほころびたり、音楽も、
別方向になったのか想像してしまう。

櫻井と神保が参加の最後のアルバム、
「ユーフォニー」収録「レッド・ゾーン」は、
野呂も初期のように激しく弾きまくって、
楽譜があっても完コピには程遠いです。







ハードロックの曲調で自在に弾きまくる高中正義「ジャンピング・テイク・オフ」
新しい曲と出会うのはラジオだったり、
喫茶店で流れていたり、新譜の情報を、
雑誌で見て、とにかく買いに行ったりと、
いろいろあるし、路上でというのもある。

プロモーションを兼ね派手なトラックが
大音量で曲を流しているのに出会うし、
たまたま交差点の信号待ちなどの際に、
走り去る車のカーステレオで聴こえたり。

昔バイクにもオーディオがあると知らず、
猛スピードで突っ切っていくバイクから、
音楽が聴こえた時は、ちょっと驚いたし、
しかも一聴して、高中の曲だとわかった。

ギターメインのインストで、スクエアとも、
カシオペアとも違うし、音色が個性的で、
高中のはずだが、聴いたことのない曲、
新譜なのかなと思いつつ、まずスルー。

ハードロックの曲調で、疾走感に溢れ、
いかにもスピードを出して運転するのに、
ぴったりな曲で、その頃のシングルで、
「トゥ・ユー」あたりと勘違いしていた。

CDプレイヤーを買い、少しずつCDを、
集め出した時、高中のベストを見つけ、
「トゥ・ユー」が入っているので買うが、
違う曲で、運よくお目当ての曲も収録。

それが「ジャンピング・テイク・オフ」で、
高中には珍しいハードロックの曲調で、
リズムギターの低音リフが鳴り続けて、
メロディもロックの定番フレーズだらけ。

全体に、いかにも打ち込みという音で、
この頃高中は夢中になっていたようで、
数年後は、スクエアの安藤もソロ作や、
「スポーツ」は打ち込みサウンド満載。

ただ、「ジャンピング~」でも、ドラムは、
四人囃子の岡井大二が叩いていたり、
リズムギターに鳥山雄司、シンセには、
森村献と人力でロック色を強めている。

どうせ、いろいろダビングするのだから、
リズムギターも高中が自分で弾いたら、
良いだろうに、どの部分が鳥山なのか、
ロックの低音リフが苦手で頼んだのか。

鳥山が高中のバックバンドにいたのは、
いつ頃だっかか、ある時、電気屋さんで、
高中のレーザーディスクを上映していて、
見ていたら、鳥山が写っていて驚いた。

是方博邦も一時期サイドギターにいたが、
どんな経緯で鳥山を呼んだのか、昔から、
高校の文化祭でミカバンドを演奏したり、
加藤和彦の録音にも参加した繋がりか。

自分は高中のファンだが全アルバムを、
聴いてはいないし、ライブ映像も同様で、
少しは鳥山がリードギターを弾く曲とか、
あるのか、単にリズムではもったいない。

ただ、この曲はメロディもアドリブも高中、
単音リフやアルペジオもライブで自分で、
エフェクターを切り替えて演奏するから、
延々と続く低音リフが鳥山なのでしょう。

夏本番とばかりに、高中が3連続だが、
曲調も多彩だし、とにかく名曲ばかりで、
自分で弾いてて飽きないので、しつこく、
「ジャンピング・テイク・オフ」の演奏です。






アグネス・ラム人気に便乗してヒットした高中正義「スイート・アグネス」
自分が高中の曲を意識して聴いたのは、
ソロ初のシングル「スイート・アグネス」で、
加藤和彦のオールナイトニッポンを聴くと、
高中がゲストに来て、新曲として流れた。

当時、モデルのアグネス・ラムが人気で、
東急本店の屋上でサイン会を開いたら、
人が集まりすぎて床が抜けそうになって、
中止したとか入場規制したとかいう噂も。

その人気に便乗していて、ずるいなあと、
ラジオを聴きながら思ったが、曲の方は、
イントロのギターカッティングがご機嫌で、
キャッチーなメロディも売れ線だと思った。

あとで知ったが、高中自身がアグネスの、
大ファンで、ハワイまで会いに行ったりし、
この曲もアグネスの短編映画に使われ、
勝手に人気にあやかったわけではない。

それでも公認としても便乗商法だろうし、
シングル盤のジャケットはイラスト版と、
アグネスの写真版とがあるようなので、
そのあたり大人の事情もある気がする。

「最近はスタジオの仕事が多くて~」と、
ラジオで高中が語ったので、スーツ姿、
七三に黒縁メガネのサラリーマン風と、
のど自慢の伴奏している人を想像した。

別の日の加藤オールナイトニッポンで、
ミカバンドのロンドンライブ音源も流れ、
高中のギターは早弾きもすごいと知り、
そうこうするうちセカンドアルバム発売。

雑誌ヤングギターのレコードレビューに、
「ジェフ・ベックに聴かせたい」とあって、
高2でベック命の自分としては、これは、
買わないわけにはいかないぞとなった。

今の東急田園都市線が77年開通時は、
新玉川線の名称で渋谷~二子玉川園で、
折り返し運転となっていて、5月の連休、
父母と初めて乗って、玉川高島屋に行く。

こうして出かけると父は本やレコードを、
買ってくれるので、高中のLPをねだり、
帰宅してすぐに聴くと、ギターインストで、
いくつも音を重ねてあり、名曲名演揃い。

冒頭の曲の間奏はヤマハSGらしいが、
ロックとは違いスケールを使うフレーズ、
他の曲はいかにもストラトサウンドという、
メロディからリズムギターから実に見事。

「スイート・アグネス」のイントロから続く、
16ビートのカッティングは教則本に載る、
お手本のようで、すごく練習になったが、
久しぶりに弾くと、間違って覚えていた。

通常のカッティングと、ミュートをかけた、
オブリガード風のカッティングを混同して、
弾きやすいパターンで覚えていたうえに、
メロディもハモリやオクターブなど勘違い。

何度も原曲を聴き直してスコアでも確認、
それでもところどころ癖が出たのは妥協、
シンセのメロディも楽器が交錯するのを、
全部一緒と思っていたが、音色を分ける。

この曲も売れ線を意識して歌にしたのか、
タンタン(大空はるみ)のボーカル入りで、
自分は裏声でも出せない高音域だらけで、
ギターシンセのヴォイスサウンドを重ねる。

派手なアドリブもないままフェイドアウト、
ここは尺を伸ばし、弾きまくりたくなるが、
当時の高中を意識して、裏拍でくったり、
スケールやアルペジオのハモリにした。

日本初のグラビアアイドルとも言われる、
アグネス・ラムの曲だけに、まさに真夏、
海辺のイメージの「スイート・アグネス」、
猛暑の時期にタイムリーにアップします。







夏だ高中だとばかりシングル盤でヒットした高中正義「エピダウロスの風」
高中正義は高2の77年にソロ2作目で、
ファンになり、次作も買ったが、その後は、
ブランクとなり、多少のエアチェックのみ、
大ヒット「ブルーラグーン」も買ってない。

テレビ虹伝説ライブで、また盛り上がり、
特集ムック本を買って全曲を練習したり、
そのスコアに出ていた4曲入レコードも
手に入れ、高中ばかり弾きまくっていた。

すぐ飽きる性格で、また聴かなくなるが、
渋谷河合楽器ピアノ発表会の伴奏を、
頼まれた際に、カシオペアやスクエア、
高中もあり、原曲の確認にとLPを買う。

「渚モデラート」が入った「極東探偵団」、
さらに同じCM曲「エピダウロスの風」は、
アルバム未収録なのでシングルを買い、
楽譜ではわからない音色の切替を確認。

これでまた安直に、高中のファンに戻り、
ちょうどレコードからCDに切り替える頃、
「ジャングルジェーン」とそのライブ盤は、
CDで、スクエアやカシオペアでも同様。

「夏だ、海だ、達郎だ!」の山下達郎は、
「クリスマス・イヴ」で冬の定番になるが、
高中の「極東探偵団」でも夏とは違った
イメージの曲も多くて、新境地を感じた。

それでもシングルカット「渚モデラート」
真夏とは少し違うがCMは海の場面で、
いつもの高中のイメージで、同じCMの
「エピダウロス」は、もろに真夏っぽい。

流行なのか、伴奏は打ち込みのようで、
かなり機械的だが、シャッフルのノリで、
クリーントーンから始まったメロディは、
これまでの夏が全開の高中のそのまま。

この頃の高中はシャカタクを意識してか、
歌ものを連発していて、イブ三姉妹を、
作詞も含めて起用し、テレビやライブは、
イブ以外にアマゾンズと組んだりした。

「ジャングルジェーン」ツアーの映像は、
アマゾンズからの2人が全曲で活躍し、
衣装を変えながらの派手な振り付けで、
ギターソロの間でも演奏に花を添えた。

YouTubeにあるオールナイトフジでは、
伴奏こそカラオケだがギターは生演奏、
「イリュージョン」に「エピダウロス」と、
AB面の2曲をほぼフルコーラスで披露。

この頃はバラエティ番組でも、生演奏が、
基本で、きちんとやっていたのに、昨今、
歌番組と銘打ちながら、口パクだったり、
充てフリが横行するのは本当嘆かわしい。

ただオールナイトフジの映像をよく見ると、
コーラスはイブでもアマゾンズでもなくて、
女子大生に踊らせての口パクかもしれず、
このあたりがフジテレビだなあと思ったり。

自分の演奏は、口パクと逆に無理やりに、
女声コーラス部を鶏を絞めた声で歌ったり、
弓矢のような効果音は口笛で真似したり、
宅録にしても、あまりに時代遅れアナログ。

せめてギターだけはと、クリーントーンは、
SG代用でレスポール、続くアコギも弾き、
トレモロアームを使う歪んだアドリブには、
ミニハム搭載カシオギターと使い分ける。

歌ものヒットをとばし、テレビにも出まくり、
ライブでも完璧な演奏を披露していた頃、
高中の定番の夏の「エピダウロスの風」、
とにかくギターには気合を入れています。









Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.