FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
とにかくライトハンド奏法が衝撃だったヴァン・ヘイレン「暗闇の爆撃」
エドワード・ヴァン・ヘイレンの追悼特集号となる
ヤングギター12月号は、発売日にほぼ完売で、
ギター雑誌としては、異例の「重版出来」となり、
それさえも、すでに予約で完売に近い状態とか。

柳の下のどじょうでもないが、ギターマガジンも、
1月号では追悼特集だそうで、ヤングギターは、
通常より32頁を増やしたうえ、全224頁のうち、
152頁も割いたので、迫る勢いだと良いのだが。

ギターマガジンでは、中高年をターゲットにした、
「ギターマガジン・レイドバック」を昨年に創刊し、
この6月の第3号で、すでにエディの特集したが、
ボリュームとしては146頁中の46頁とそこそこ。

雑誌のコンセプトが、「ゆる~くギターを弾きたい
大人ギタリストのための新ギター専門誌」とあり、
かつてのロック少年、ギター少年である自分らが、
そうそう、懐かしいなあと思えば十分なのだろう。

昨年12月の創刊号は、「あの頃、みんなギター・
ヒーローになりたかった。」という特集記事があり、
ロックギター年表と、五大ギタリストの紹介だが、
その5人でさえ各1頁程度と、本当にさわりだけ。

第2号は、パープル対ツェッペリンの特集となって、
頁は多いが、プロギタリストへのアンケートだとか、
アルバム数、曲数、来日回数の比較だったりして、
どちらの楽譜も載らず、ギター雑誌とは思えない。

それからすると、ヴァン・ヘイレン特集号はましで、
「エディ・ヴァン・ヘイレン登場の衝撃」のとおりに、
当時のインタビュー、ギターや機材の紹介と共に、
「暗闇の爆撃」の楽譜が載り、これがかなり正確。

80年の雑誌プレイヤーでの、北島健二の採譜は、
これまでにないくらい細かくて、正確だと思ったが、
後にエディの映像などから、ポジションが違ったり、
4連符の繰り返しが実は5連符だったなどわかる。

自分が先日買ったバンドスコアは2014年発行で、
北島版を上回る出来だが、明らかな間違いもあり、
レイドバックの譜面は、そこが正しくなっているので、
楽譜も日々進化するようで、YGの追悼号でも見事。

レイドバックは、自分たちの世代向けだと語ったが、
「あの頃、みんなエディ・ヴァン・ヘイレンに衝撃を
受けた。」と特集ページの見出しなんかは、本当に、
リアルタイムの驚きをわかっているなあと共感する。

ただ自分の衝撃の場合、ちょっと悔やまれるのが、
右手を使った特殊な奏法を使う新人ギタリストだと、
先にギター雑誌で情報を知り、それから曲を聴き、
すごいことやっているなと思ったので、順番が逆。

ライトハンド奏法の予備知識がまったくない状態で、
「暗闇の爆撃」を聴いた人は、いったいどうやれば、
こんな音が出るんだと、ものすごい衝撃だったかと、
想像するしかなく、ネタバレだった自分を後悔する。

それでも、これまで、一般的に知られていなかった、
右手で弦を押さえる奏法には、本当に衝撃だったし、
それも含めた「暗闇の爆撃」のすべてのフレーズが、
スピードも早ければ、運指も特殊で、ただただ驚く。

エドワード・ヴァン・ヘイレンによるソロギター演奏、
たった2分にも満たない「暗闇の爆撃」ただ1曲で、
その後のロックギターを変えてしまったと言ったら、
大袈裟に思えるかもしれないが、それを実感した。

ただ、こうして自分たちがライトハンドだと騒いでも、
そのうちギター雑誌では、昔からある奏法の一つ、
エディが考案したわけではないと、まるで週刊誌が、
一度持ち上げてから、下げ記事を載せるのに近い。

チョーキングに合わせ、ハイポジションの1音だけ、
押さえるのは、タッチ奏法で、ラリー・カールトンが、
マイケル・フランクスの曲で弾き、クイーンの曲でも、
ブライアン・メイがやっていたと、次々と発掘された。

エディの親友だというスティーブ・ルカサーでさえ、
当時、ライトハンド奏法はエディの影響かと聞かれ、
ジミー・ワイブルというジャズギタリストから教わり、
ハーモニックスも使ってすごいと語っていた記憶。

他にも、キング・クリムゾンのロバート・フリップが、
デビュー前後のライブで披露していたという話や、
ジェネシスのスティーブ・ハケットが曲のイントロで、
アルペジオフレーズをライトハンドで弾いただとか。

今は、YouTubeのおかげで古い映像が確認でき、
単なるインタビューや推測記事よりも一目瞭然で、
先日、コタパパさんのコメントで教えてもらったのが、
遡れる最古の映像らしく、それはウクレレのもの。

さらに、アマチュアギタリストがテレビで披露する、
両手タッピングで、メロディと伴奏にベースも弾き、
これはスティーリー・ジョーダンの先駆けそのもの、
よくぞ映像が残っていたと、これは今見ても衝撃。

それで確かにエディが元祖でないのはわかるが、
あの3連トリルでのバッハを思わせるフレーズで、
ロックギターの曲として完成させたのはエディだし、
ハムバッキング搭載ストラトというのもすごかった。

何よりも、40年以上たった今日でさえ、自分には、
「暗闇の爆撃」は、完コピするにはハードルが高く、
エディの訃報に接してから、この曲を演奏しようと、
毎日のようにライトハンド奏法を練習しても難しい。

こんな短い曲だけれど、通しでノーミスは不可能、
宅録だからと開き直り、フレーズごとに録音するが、
それでもノイズやミスの連続、最初の20秒でさえ、
1日2~3時間かけても、録音しては消す繰り返し。

気分転換というか、先の部分も練習していっては、
そろそろ、イントロでも録音しようかと元に戻って、
結局、この1週間で、そろそろ形にしようと思って、
妥協することで、どんどん先に録音が進められた。

それで、ラストの3連トリルのライトハンド奏法でも、
途中で、6弦をこするノイズが出たり、フレーズの、
繰り返しを少なくしてしまったり、これもミスばかり、
土日に5~6時間弾いていたら、右指先が血豆に。

クラシックギターの曲とか、フィンガーピッキングは、
当分演奏できないなと思いつつ、そのうち左手も、
小指の関節が腫れてきて、指がもつれてきたりで、
まだまだ納得いかないが、このあたりで妥協する。

ヴァン・ヘイレンのファーストは、友人からもらった、
カセットテープで通して聴いたから、当然ながら、
「暗闇の爆撃」は、「ユー・リアリー・ガット・ミー」の、
導入部というか、セットで聴くものというのが癖に。

3連トリルが終わり、トレモロアームで6弦を下げ、
ジュワジュワとフェイザーかフランジャーあたりの、
ノイズが大きくなると、叩きつけるようなコードから、
「リリガミ」が始まるというスリリングな展開が良い。

そう言えば、昨今のテレビのドラマのタイトルなど、
「逃げ恥」に「恋つづ」と4文字にする風潮があって、
年寄りとしては、ちょっと苦々しく思っていたのだが、
この曲を「リリガミ」と自分が高校の頃縮めていた。

「ユー・リアリー・ガット・ミー」では、エディ得意の、
アームを使う個所はなく、こちらは間奏の最後で、
ピックアップを切り替えるスイッチング奏法があり、
ストラトでは無理なので、別ギターを使った模様。

アーム不要なら、レスポールの方が音が良いと、
それで録音したが、そうなると「暗闇の爆撃」の、
自分のストラトのシングルコイルの音が貧弱で、
レスポールで、「暗闇~」を最初から録音し直す。

もちろん、レスポールでアームは無理で、ここは、
フレーズごとに録音するから、アームの部分だけ、
ストラトに持ち替えて録音、その続きから、再び、
レスポールに戻して弾くという、ずるっことなる。

エディの追悼で、YouTubeには達人の演奏だらけ、
そのレベルには無理でも、気持ちだけは込めたし、
いつもの歌声は勘弁してもらって、「暗闇の爆撃」、
「ユー・リアリー・ガット・ミー」をようやくアップです。




スポンサーサイト





ギターキッズに夢をくれたエディに感謝しヴァン・ヘイレン「ドリームス」
エドワード・ヴァンヘ・イレンが先月に亡くなって、
その追悼記事とカバー演奏をブログで公言して、
バンドスコアを買ったり、初期6枚組のCDも買い、
サミー時代の2~4枚目は図書館で借りてくる。

バンドスコアは昔買った「1984」全曲集があり、
今回「アメリカン・ハード・ロック」も買ったのだが、
「炎の導火線」や「5150」、各種ベスト集の方は、
オークションで入札するも、いかんせん資金不足。

手持ちの2冊のスコアだけでも、演奏したい曲は、
いくらでもあるが、自分のギターの実力だったり、
ボーカルのことを考えると、無理そうな曲ばかり、
ここは開き直って、古い曲から少しずつ取り組む。

高校時代に衝撃のデビューを体験した思い出と、
「暗闇の爆撃」のカバーといった感じで、多少は、
自分にとって空白の期間はあるが、その時々の、
思い出の記事とカバー演奏をするのも良いかと。

ただ、実際に訃報に接した時にも、そうだったが、
何をどう語ろうか、いまだに、エディの思い出が、
自分の中で、まとまった文章にはなっていなくて、
追悼記事も書かないまま、ずるずるきてしまった。

そこで、まずは、エディへの追悼をこめて1曲演奏、
自分が一番好きなヴァン・ヘイレンの曲にしようと、
デイブ・リー・ロスには申し訳ないが、サミー時代、
「5150」から、名曲中の名曲「ドリームス」にする。

ビートルズが、デビュー後、不動の4人でいたまま、
メンバーチェンジすることなく、解散を選んだだけに、
バンドとは、そういうものだと、自分に刷り込まれて、
基本的にメンバーチェンジは嫌だなと思ってしまう。

特にボーカルが変わる場合、まったく別のバンドに、
なってしまうようで、それだけバンドの顔なのだが、
ディープ・パープルは、イアン・ギランになったから、
ハードロック路線で、人気が急上昇したのも事実。

パープルの場合、歌だけでなく、リッチーのギター、
ジョン・ロードのオルガンといったサウンド面も重要、
再度ボーカルはデヴィッド・カバーデイルに変わるが、
一応はパープルとしてサウンドは保っていたと思う。

やはり不動の4人だったレッド・ツェッペリンの場合、
ボーカルが交代したら、すごく違和感を感じたろうが、
サウンドの要は、ギターのジミー・ペイジだったから、
シャウト系のボーカルなら、それなりの音にはなる。

ヴァン・ヘイレンにしても、兄のアレックスのドラムや、
アンソニーのベース・コーラスも重要なサウンドだが、
エディのギターがあれば、ヴァン・ヘイレンの音だと、
デイブからサミーの交代劇のリアルタイムで感じた。

もちろん、デイブの頃は、そのパフォーマンスもあり、
陽気なアメリカンの能天気な、おバカロックというか、
派手に楽しくやれば良いというバンドイメージだが、
サミー・ヘイガーだと正統派ロックの重厚さも加わる。

当然、エディのギターも、その曲調による変化だと、
単純に言えるか微妙だが、「5150」を聴いた時に、
あれ、珍しく泣きのギターを弾いているじゃないかと、
驚いたと同時に、すごく嬉しくなったのを覚えている。

渋谷陽一が新潮文庫「ロック」で、エディのギターを、
「フレーズは情緒性のようなものが一切欠落して~、
無機質的な印象がある。」「湿気を一切感じさせず」
と評して、けなすのではなくて、彼しかいないと語る。

確かに、マイナー調の曲はあっても、フレーズ自体、
ペンタトニック中心のロックギターフレーズが多くて、
メジャーともマイナーともとれる音使いになっていて、
攻撃的な面だけが印象に残るアドリブが多かった。

それだけに、「5150」で「ラブ・ウォークス・イン」の、
これぞという泣きのギター、「ドリームス」イントロの、
しっとりしたアコギ、派手な間奏後のエンディングで、
メロディアスで天を駆け登るようなギターには涙した。

ヤングギターだったか、ギターマガジンだったかは、
記憶が曖昧だが、レコード評で、「泣きのギターは、
エディに弾けないと言ってた奴らは、これを聴け。」
とばかりに、狂喜していて、自分もすごく同感した。

これまでのギタートリオに、キーボードサウンドを、
大胆に取り入れた「ジャンプ」には、すごく驚いたし、
マイケル・ジャクソン「今夜はビート・イット」と同様、
テク満載ながらキャッチーなギターソロも良かった。

その「ジャンプ」のヒットを意識したか、「5150」の、
前述の2曲は、伴奏は、ほとんどキーボード中心で、
MTV迎合、産業ロック路線と言われかねないが、
ギターソロが映えるし、とにかく名曲だから許せる。

「ドリームス」は歌詞も素晴らしくて、繰り返すように、
「Spread your wings」、翼を広げろと歌うのだが、
これは、クイーンの「永遠の翼」にも通じるものが、
あると勝手に結びつけて、一人感動しては涙ぐむ。

新譜として買ったクイーンのLPが「世界に捧ぐ」で、
「ウイ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」と、
ヒット曲、名曲揃いだが、高校生だった自分にとり、
「永遠の翼」の勇気づける歌詞は本当心に染みた。

ショーを見続けながら、いつか自分もと思うサミー、
ここで床掃除をしているのが身の丈だと諭す店長、
そして、フレディが「翼を広げて、飛び立とう」と歌う、
この主人公がサミーというのは、ちょっとできすぎ。

「ドリームス」では、エンディングのギターソロの後、
本当の最後の最後、「And in the end」と歌われ、
「結局のところ、夢しだいなのさ、だって、愛は、
夢から作られるんだからね」という言葉で終わる。

これまた、自分の知識と結びつける癖があるから、
ビートルズの実質、最後の録音となったアルバム、
「アビー・ロード」のB面メドレーの最後の最後で、
「And in the end」とポールが歌ったのを思い出す。

「最後にひとこと、愛はギブ・アンド・テイクだよ。」と、
「ビートルズ事典」の訳詞が、意訳になるが好きで、
「君の手に入れる愛は、君が作る愛に等しい。」と、
直訳するよりも、すごく伝わってくるような気がする。

そして、「And in the end」も「ドリームス」と同じだが、
末尾の言葉も、ビートルズは「the love you make」
ヴァン・ヘイレンでは「love is made of」と似ていて、
ビートルズの影響もあるかなと我田引水したくなる。

ビートルズとクイーンのオマージュとも思える歌詞に、
最後のエディの歌い上げるようなギターが気に入り、
「ラブ・ウォークス・イン」と共に繰り替えし聴いたが、
バンドスコアは「ドリームス」だけなので迷わず決定。

ボーカルは歌い出しから高いラの音から始まるから、
裏声でしか歌えず、上のミの音はまったく出なくて、
父から、お前の歌は鶏が絞め殺されているようだと、
変声期の頃によく笑われたのと、今でも変わらない。

ギターは、エディの代名詞、ハムバッキングのリア、
フロイドローズのアームロックシステムが必須だが、
自分のレスポールにアームはなく、ストラトの方も、
シングルコイルのピックアップにノーマルのアーム。

バッキングは、レスポールのリアで、エンディングも、
アームなしで弾けるフレーズなのでレスポール使用、
間奏は、最初のハーモニクスだけストラトで弾いて、
他をレスポールと思うが、アームのフレーズが続く。

エディが好んだ、アラン・ホールズワースが得意な、
アームをウネウネしながら弾くフレーズから始まり、
途中のロックの定番のペンタトニックフレーズでも、
アームダウンを入れてくるので、全部ストラトで弾く。

この間奏は、アームを絡める以外にも小技満載で、
チョーキングしながらのタッピング・ハーモニクスや、
ライトハンド奏法で、押さえた右手をスライドさせる、
16分音符トレモロのハミングバード・ピッキングも。

タッピング・ハーモニクスは、「伝説の爆撃機」の、
「スパニッシュ・フライ」で、エディは弾いていたが、
87年ヤングギター別冊に載っているスコアでは、
こんな情報が乏しかったのかと驚く間違いだらけ。

間奏の出だしは、ごく当たり前のハーモニクスで、
チューニングにも使う7フレットで鳴らしているのに、
10フレットの実音を指定し、「エディのことだから、
とんでもない弾き方の可能性もある。」と注意書き。

チョーキングダウンしながら、12フレと14フレとを、
交互に叩いて鳴らすタッピングハーモニクスには、
3フレット近辺のナチュラスハーモニクスのTABで、
この時点でも解明できないほど、エディは革新的。

ただ、それがわかって、正確なスコアがあるから、
完コピで弾けるかというと、自分には歯が立たず、
右手のスライドを交えるライトハンドは雑音だらけ、
歌もひどいが、ギターソロの方も、かなりお粗末に。

それでも、まずは1曲でも演奏しておきたいから、
エンディングのソロに全集中とばかり気合を入れ、
タイトルどおりギターキッズに夢を与えてくれたと、
エディに感謝し、半ば泣きつつの「ドリーム」です。






スローな曲でも早弾きだらけのヴィニー・ムーア「ザ・ジャーニー」
ランキングのトップ3やベスト3に「三大○○」や、
三部作などと、3という数字はよく使われていて、
何か人類にとって意味があるのか、気になるが、
それは別の機会にして、三大ギタリストのことを。

今の若者だったり、一般お茶の間はどうなのか、
まったく見当つかないが、三大ギタリストとして、
昔からよく挙げられるのが、エリック・クラプトン、
ジェフ・ベックにジミー・ペイジが定番中の定番。

3人ともヤードバーズにいたので一緒にされるが、
実際にロック史に輝くギタリストで、クラプトンは、
クリーム、ソロで活躍、ベックはインストを究めて、
ペイジはレッド・ツェッペリンを結成し一世を風靡。

激しいパフォーマンスやエフェクターを自在に操り、
ギターの革命児とも呼ばれたジミ・ヘンドリックス、
ハードロックを牽引し続けたディープ・パープルの、
リッチー・ブラックモアをあげる人も少なくはない。

これもロックギターだが、プログレに目を向ければ、
キング・クリムゾンのロバート・フリップ、イエスの
スティーブ・ハウ、ジェネシスのスティーブ・ハケット、
ピンク・フロイドのデビッド・ギルモアも候補になる。

クラシックギターは、セゴビアとイエペスの巨匠に、
ジョン・ウイリアムスやジュリアン・ブリームがいて、
ジャズでは、ウエス・モンゴメリー、ケニー・バレル、
ジョー・パス、ジム・ホールにバーニー・ケッセルも。

こうしたギタリストは、60年代から70年代前半に、
突出したように出てきたので、74年の中2の夏に、
ビートルズ、高校になってパープル、ツェッペリンを、
ようやく聴いた自分には、すべてが後追いになる。

77年のクロスオーバーの流行で世間が注目した、
リー・リトナー、ラリー・カールトン、ロベン・フォード、
アル・ディ・メオラや、ジョージ・ベンソンらにしても、
デビューはそれ以前で、ソロアルバムも出ていた。

そんな自分にとって、デビューに立ち会えたという、
当時の若手ギタリストは、エディ・ヴァン・ヘイレン、
イングヴェイ・マルムスティーンが双璧をなしていて、
そこへスティーブ・ルカサーを加えても異論はない。

エディの、タッピング、ライトハンド奏法を駆使した、
「暗闇の爆撃」は、今日のハイテク奏法の先駆け、
フォロワーを生んだというより、誰もがその奏法を、
取り入れて、フュージョンギタリストまで真似した。

イングヴェイは、従来のクラシカル系ギタリストが、
バッハのフレーズを借用するのとは次元が違って、
パガニーニの超絶技巧のフレーズを楽々と弾いて、
スイープ奏法、ブロークン・コードを世間に広めた。

スウェーデンの無名ギタリストだったイングヴェイを、
新人発掘でアメリカへ呼んだマイク・ヴァーニーは、
今度は、イングヴェイ路線のギタリストを探しては、
自己のシャープネル・レーベルでデビューさせる。

よくもまあ見つけたというか、本人の意に反しても、
ネオクラシカル路線と名付けられたジャンルを弾く、
ギタリストが雨後の筍のごとく次々と登場したが、
特に、最初期の86年のデビュー組がすごかった。

三大イングヴェイ・フォロワーと呼ぶのは失礼か、
トニー・マカパイン、ヴィニー・ムーアはソロ作で、
ポール・ギルバートはレーサーXというバンドで、
多少の個性は出すが、イングヴェイ風に弾いた。

ただ、誰もがイングヴェイの真似と言われるのを、
嫌ったのか、影響を受けたギタリストをあげる際、
イングヴェイにはいっさい触れず、ロック以外にも、
クラシックを聴いたり、弾いたりしていたと語った。

イングヴェイが在籍したアルカトラスのボーカル、
グラハム・ボネットと、デビュー作で共演までした、
クリス・インペリテリは、自分と同じ弾き方をする、
北欧の知らない奴が先にデビューしたとも主張。

ポール・ギルバートは、確信犯なところを匂わせ、
「YRO」とイングヴェイのイニシャル入り曲を作り、
イングヴェイ奏法講座までやり、さすがにこれは、
俺の何を知ってて教えるんだと怒りをかっていた。

自分はイングヴェイが一番好きだが、セカンドは、
歌ものばかりになったので、買いも借りるもせず、
インスト曲ばかりのトニーとヴィニーのアルバムが、
その代用になり、特にヴィニーはかなり聴き込む。

ヴィニーは、フュージョンが好きだと語っているが、
アル・ディ・メオラ風のアコギの早弾きがあったり、
アラン・ホールズワースのようなピッキングしない、
レガート奏法でアームを駆使する演奏も聴かせる。

そのレガート奏法が、いまだに自分は苦手のまま、
今回カバー演奏しても、音が途切れてしまうので、
完コピはあきらめて、ほとんどフルピッキングにし、
どちらかというと、インペリテリの弾き方に近いか。

ヴィニーは、トレモロアームの使い方も素晴らしく、
単純なメロディのところでも、ニュアンスをつけるが、
今回自分は、ストラトの音よりもレスポールの方を、
優先したかったので、アームのフレーズは皆無に。

ヴィニー・ムーアの86年デビューアルバムのラスト、
「ザ・ジャーニー」は、本家のレガート奏法をごまかし、
ひたすらピッキングしましたが、それに気を取られ、
ビブラートをかけ忘れたり、かなりお粗末すぎです。






この季節に聴きたくなるカーペンターズ「雨の日と月曜日は」
梅雨の時期だったり、雨の日に聴きたくなる曲は、
人それぞれだろうし、たいていのアーティストには、
歌詞に雨が出てくる歌は必ずあるが、このところ、
カーペンターズにはまっているので、当然この曲。

「雨の日と月曜日には」は、自分が夢中で聴いた、
テレビから録音したカセットの74年来日公演でも、
冒頭のメドレーとして歌われたから、自分にとって、
カーペンターズの原体験中の原体験といえる曲。

ハーモニカとピアノとで、もの悲し気にメロディを、
奏でるイントロは、いかにも雨という雰囲気だが、
逆に、この曲の刷り込みでそう思ってしまうのか、
まるで「鶏が先か、卵が先か」のようなジレンマ。

「雨音はショパンの調べ」は、原曲のタイトルは、
「アイ・ライク・ショパン」で、日本語詞を書いた、
ユーミンは、ショパンの「雨だれ前奏曲」あたりを、
念頭に置いて、歌詞やタイトルをつけた気がする。

ただ悲しいかな、自分の情緒感覚のせいなのか、
ショパン「雨だれ」を聴いても、雨には感じなくて、
教育テレビで、芽が発芽したり、水滴が落ちる際、
ピンポロ・ピンポロと鳴っていた方が雨だれらしい。

自分が雨音からピアノの音を想像するというのは、
どちらかというと、教育テレビの影響の方が大きく、
ギターを弾く身でありながら、リンゼイ「雨だれ」は、
やはり雨音に感じないというもの刷り込みのせい。

へ理屈ついでに、邦題の「雨の日と月曜日は」は、
原題「Rany Days and Mondays」のまんま直訳で、
何ら疑問を挟む余地はないのだが、雨と月曜は、
「かつ」なのか「または」なのかと、問いたくなる。

「雨の日は嫌だ、まして月曜日だなんて」という、
ニュアンスに自分は捉えて、曲を聴いているが、
いわゆるベン図での「and」は、A∩Bのキャップ、
「かつ」になるから、「雨の日で、しかも月曜日」。

「雨の日も嫌だし、月曜日だって嫌」の意味だと、
AまたはBの「or」、A∪Bのカップになってきて、
英語の原題の「and」とは、集合論では別になり、
歌詞も含め、どちらか一方の意味とは違ってくる。

日常会話とすれば、andでもどちらか一方でよくて、
もしも「かつ」ならば、Rainy Mandayにすればよく、
実際に、大瀧詠一に「雨のウエンズデイ」があり、
英訳すれば、Rainy Wednesdayあたりが妥当かと。

「雨の日と月曜日は」は、74年の来日公演で、
オープニングで歌われた際、「スーパースター」
~「雨の日と月曜日は」~「愛にさよならを」と、
たて続けに3曲演奏された、怒涛の名曲メドレー。

イントロに続き、「Rainy Days and Mondays~」と、
いきなりサビ部分からカレンが歌い始めるという、
頭サビのインパクトあるアレンジで、こういうのが、
ライブならでは、メドレーならではという聴きどころ。

それでも、メドレーの場合、曲がはしょられがちで、
「雨の日」も、サビに続いて2番の歌詞からとなり、
1番は省略され、メドレーの場合盛りだくさんな分、
1曲をじっくり聴きたい人にとっては、物足りない。

自分のカバーは、バンドスコアのとおりの演奏で、
レコードと同じで、頭サビも、1番とばしもないが、
いずれ、ライブのメドレー形式や、ギターソロなど、
追加してみたりと、余裕があったらやってみたい。

今日は、何日ぶりかで雨が降らず、それどころか、
30度近い暑さで、青空には入道雲まで出てきて、
後になって、あれが梅雨明けだったなんてことは、
ないだろうが、この曲は急がないと季節外れに。

まだ、声は完全ではないが、そもそも声枯れは、
ほぼ1年中で、最後の転調してからは普段でも、
出せない高音域でひっくり返るから、開き直って、
カーペンターズ「雨の日と月曜日は」で更新です。






19年後ドラマで流れて大ヒットしたカーペンターズ「青春の輝き」
カーペンターズを夢中になって聴いたのは、中2の春、
74年の来日公演をテレビで見て、その録音テープを、
友人にダビングしてもらったり、ラジオのエアチェック、
さらに日本編集の2枚組ベスト盤を買って、聴き込む。

基本的に、そこで止まってしまい、その後ビートルズ、
ハードロック、クロスオーバーへと興味が移ったので、
ラジオで新曲の、「プリーズ・ミスター・ポストマン」や、
「マスカレード」「見つめあう恋」が流れれば聴く程度。

昨今ではカーペンターズの代表曲に挙げられるうえ、
ベスト盤のタイトルに使われたりする「青春の輝き」は、
76年に出た時の印象は特になく、その邦題くらいは、
覚えているが、別の曲のメロディと混同していたほど。

実際に、シングルはアメリカで25位、日本で62位と、
さほど振るわず、年間ヒット曲の歌本やギター雑誌に、
「オンリー・イエスタデイ」「ソリティア」は載っていたが、
「青春の輝き」はなかったか、弾き語った記憶もない。

CDの時代になり、カーペンターズも買っておこうかと、
84年頃のベスト盤をそのままCDにしたものを買うが、
80年代の曲は、あまり馴染めずに、とばして聴いたし、
「青春の輝き」も同様、来日公演の曲ばかり繰り返す。

この曲が日本でヒットしたのは、95年のテレビドラマ、
「未成年」のエンディングテーマに使われたからだが、
自分はそのドラマもスルーしていて、同様にヒットして、
ベスト盤も出たS&G「冬の散歩道」のドラマもスルー。

自分が「青春の輝き」を意識したのはいつ頃だったか、
年代は曖昧だが、カーペンターズのドキュメンタリーで、
リチャードが、カレンが一番気に入っていた曲だったと、
語っていて、この曲をめぐる話も合わせて紹介される。

カレンが拒食症で悲劇の最後を迎えたのは有名だが、
両親との葛藤、兄へのコンプレックスに悩み、その兄も、
自分は歌手である妹のピアノ伴奏者に過ぎないのか、
そんな悩みから睡眠薬依存症になっていたと語られる。

そうした中、「青春の輝き」の歌詞は、カレンにとっては、
すごく自分自身をさらけ出したような内容で、それにより、
自己の悩みが昇華されていき、歌詞に救われたようだ、
そんな内容で、この曲が紹介されていたかと記憶する。

そう思って聴くと、この歌詞は胸に突き刺さってくるが、
この曲でカレンは癒されたなら、なんで、その数年後に、
拒食症で亡くなったのか、まだ心の闇は深かったのか、
ドキュメンタリーが感動的に仕上げようとした感もある。

ただ、そうしたことを抜きにしても、歌詞は素晴らしくて、
なぜ「青春の輝き」という邦題にしたかは不明なのだが、
恋人とすれ違ったり、束縛を嫌うことの代償を払ったり、
それでもなお完璧を求めてしまう気持ちを吐露している。

先日、カーペンターズを演奏するきっかけとなったのは、
津軽下北出身でカレンの再来と噂される歌姫シノンが、
YouTubeにワンスモアズとしてアップするトリビュートで、
「青春の輝き」も、これぞ実力派歌手だというくらい見事。

本物や彼女の歌を聴いて満足していればいいところを、
つい自分でもやりなくなるのが悪い癖、まずオケを作り、
声の方も多少は回復したが、もともと出ない高音部分の、
コーラスは、当然歌えないから、シンセで代用しておく。

バンドスコアがあるから、せめて演奏は原曲に近づけて、
オーボエ、ハープも再現、声枯れが治ってきたとはいえ、
元々の歌唱力はいかんともしがたく、カーペンターズの、
「青春の輝き」は、歌詞のままに、反省すること大です。








Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.