FC2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
「養成ギプスより、プロティン」と主張する教則本
超絶ギタリスト養成ギプス」に、
もはや、力つき、いくつかの教則本を、
買ってきては、少しずつ練習しています。

追加で、2冊を購入したものの、
楽譜だけ集める悪い癖が、また出て、
さらに、もう1冊見つけてしまう。

リットーの「ひたすら弾くだけ!
超絶ギタートレーニング
」が、それ。

なんか、リットーの教則本ばかりで、
回し者みたいだが、HPで、試聴や、
楽譜が見れると、購買意欲が増大。

科学的トレーニングの提唱とかで、
大リーガーボール養成ギプスをやめ、
筋トレプロティンのイメージらしい。

そのへんは、言葉遊びなのだろうが、
著者の加茂フミヨシは、先日買った、
「速弾きがうまくなる理由~」で、
模範演奏がすごく気に入った人。

ミュート気味の低音が、いい音だし、
早弾きの練習曲でも、ための効いた、
さりげないフレーズを決めていた。

失礼ながら、ソロアルバムを買うほど、
聴きたいって、わけでもなかったが、
「ひたすら~」の曲を、HPで試聴し、
レガート奏法の演奏が、すごくよい。

アラン・ホールズワースの楽譜や、
TAB譜付き教則ビデオなどで、
彼の奏法を研究し、練習もしたが、
フレーズが難解で、身に付かないし、
音もレガートできず、途切れ途切れ。

HPに出ている、譜面の紹介では、
「1本の弦で、4箇所の音の弾く、
フィンガリング」が掲載されている。

ホールズワースのフレーズが、
わかりやすい練習曲になっていて、
「これが弾きたかった」と、とびつく。

われながら、どうして、こうも、
あちこち目移りしてしまうのか…。

ロック、ジャズ、クラシックと、
どっちつかずのジャンルに加えて、
教則本から、練習方法にいたるまで、
今もぶれまくっている、中年なのです。




大リーグボールから、超絶ギタリストまで、養成ギプスで
先日、ブログの話題にとりあげた、
リットー発行、ケリー・サイモンの
超絶ギタリスト養成ギプス」を購入。

養成ギプスといえば、誰もが思い浮かべる、
巨人の星」の大リーグボール養成ギブス
(当時は、ギ「プ」スでなく、ギ「ブ」スだったはず)

テレビの影響を、すぐに受ける自分は、
巨人の星」を見て、野球を始めた。

今は109になってしまった、渋谷道玄坂
恋文横丁一角にあった、渋谷スポーツで、
巨人軍ロゴに、背番号16のユニフォーム、
巨人カラーのバッグなどを買ってもらう。

大リーグボール養成ギブスは、父に頼むと、
水道ホースとゴムひもで、作ってくれた。

本物は、革とバネなのにと文句を言いつつ、
それをはめて、キャッチボールしていた。

そんな自分だから、ギターを練習していて、
カーネギーホール養成ギブス」を考案。

指先を切った軍手に、ゴムをあちこちつけて、
負荷がかかるように、工夫したつもりだが、
うまくいくわけもなく、すぐに捨ててしまう。

その後、テニスをしている友人から、
指先を鍛えるグリップをもらったり、
鉄入りリストバンドを買ったりする。

グリップとリストバンド


バンドは、「柔道一直線」の鉄下駄だと、
喜んで両手につけたが、腱鞘炎になった。

50歳目前にして、今度こそ本物の「養成ギプス」、
ギターテクニックを鍛える、教則本を入手した。

はりきって、練習を始めたとたん、
ストレッチコードで、腱鞘炎になりました。




楽譜探しで見つけた、超絶ギタリスト、ケリー・サイモン
MTR用に、バンドスコアを探し、
その値段に驚いた話の、続きです。

とりあえず、J・ベックの楽譜を購入し、
いくつか候補の曲に、取り組むが、
完コピだけに、譜面が細かすぎる…。

1コーラス目と、2コーラス目も、
リピートではなく、ドラムもベースも、
別々の演奏パターンが、載っている。

似ているドラムパターンは、一緒にし、
できるだけ入力を、省略してみたり。

そうやっても、週末の朝から晩まで、
打ち込みしているわけじゃないから、
ドラムだけで、1ヶ月はかかりそう。

一日30分くらいは、打ち込みなどして、
30分くらい、ギターを練習しています。

シンコーミュージックや、ドレミ出版
リットーミュージックのサイトなどで、
めぼしい楽譜を探したが、リットーは、
教則本の視聴や、動画が見れたりする。

超絶ギタリスト養成ギプス」の紹介で、
ケリー・サイモンのデモ演奏にぶっとぶ。

イングヴェイ路線の早弾きもそうだが、
チョーキングや、消音がすごくうまい。

自分は、チョーキングや、ビブラートが、
昔から苦手で、かなりの劣等感があるので、
フレーズの最後に、ビブラートなどが、
きれいに決まると、すごく感心してしまう。

Youtubeで、ケリーの演奏を探すと、
関連動画には、教則本の練習曲などを、
アップした、アマチュアが、ゴロゴロ。

レベルの高さに驚くと同時に、
メラメラとやる気が起きてくる。

演奏のアップに夢中になっていたが、
何より、ギターの腕をあげないと。

今まで以上に、ギターに気合が入り、
おきまりの、練習することよりも、
教則本CD集めが、始まりそうです。


デフレと無縁の、楽譜の値段に驚いた
ブログのおかげで、MTRにはまって、
ギター練習以外にも、カラオケ作りなど、
少しずつやっている、昨今です。

昔から好きだった、ギタリストの曲を、
完コピして、弾くことが、目標だが、
いかんせん、耳コピは、音感もなく苦手。

もっぱら、市販の楽譜に頼るのだが、
今回は、ドラムの打ち込みもやっていて、
ドラム譜のある、バンドスコアが必須。

やりたい曲の、スコアはあるのだろうかと、
ネット検索して、その値段に驚きました。

バンドスコアで、3千円以上は、当たり前、
欲しいジェフ・ベックは、4410円もする。

昔から、こんなに高かったのだろうかと、
古い楽譜を見ると、プリズムベンソン
バンドスコアでも、2千円程度となっていた。

デフレとは無縁の、強気の価格設定。

業界に詳しい(?)、知人によれば、
楽譜はコピーされるので、その分だけ、
高めの価格にしないと、やっていけない。

特にバンドスコアは、メンバーの人数分、
著作権料を、みているんじゃないかと。

ソロギターの楽譜なんかは、CD付でも、
2千円程度だから、何となく計算が合う。

そうなると、文庫本なんかも、最近では
千円以上がざらで、これはコピーよりも、
中古市場を意識して、高めにしているのか。

いつもながら、自分の勝手な思い込みで、
真偽のほどは、わかりませんが…。




チョーキングも今一歩なのに、次から次へと特殊奏法
ほかの楽器は、どうなのか不明だが、
ギターには、特殊奏法が、かなりある。

クラシックギターでさえ、100年前の、
タルレガの曲に、すでに特殊奏法がある。

いつもながら、自分の思い込む癖だが、
今のアコギの、奏法の元じゃないかと。

ブリッジを叩く、タンボーラ奏法は、
押尾コータローの、ボディヒッティング

ハーモニクス奏法は、一般的だろうが、
左手は、トリルで音を出すと同時に、
右手で、ハーモニクスを奏でる曲は、
タッピングハーモニクスや、ライトハンド
つながるんじゃないかと、勝手に考えたり。

ディメオラで有名な、ミュート奏法も、
ブリッジで消音する、ピチカート奏法から。

プリングオフ、ハンマリングオンにより、
左手だけでフレーズを弾く部分などは、
ホールズワースレガート奏法の元祖。

伝統的なクラシックが、こうだから、
ロックギターの特殊奏法となると、
派手なもの、複雑なものが、さらに多い。

74年の教則本に出ている、特殊奏法は、
ピッキングハーモニクス、ミュート奏法、
チキンピッキング、トレモロアーム、
バイオリン奏法、フィードバックなど。

これらは、今では、チョーキングなどの、
基本奏法と、同じレベルというか、
当たり前の、奏法になっていると思う。

ヴァン・ヘイレインライトハンドから、
特殊奏法も、新次元に入ったような。

ライトハンドは、タッピングへ進化し、
フロイドローズのロックシステムが、
アーム奏法を、過激なフレーズにする。

ワイドストレッチや、ブロークンコード
そこから、エコノミーピッキングやら、
スピードピッキングへと発展していく。

これでさえ、渋谷河合楽器に通った、
80年代中頃に買ったムックの内容。

今のロックギターは、これらの奏法も、
基本奏法の次元で、さらに進化というか、
すごいことにでも、なっているのか。

自分は、チョーキングもできないまま、
ジャズギター教室で、スケールを覚え、
どっちつかずの、演奏をしてばかり。

ロックでは、基本中の基本である、
チョーキングや、ビブラートが下手で、
音感がないのも、その一因ではないかと。

カールトンでさえ、ビブラートについて、
クルセイダースへ入った頃、自分の音が、
聞きづらいと気づき、練習したという。

まだ、自分も、練習すべきことだらけ。

それでも、特殊奏法にも、目が行きがちで、
Youtubeなんかを見るにつけ、
スイープ奏法で、ベンベラっと弾くのに、
「これ覚えたい」と、なってしまうのです。






Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.