僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
カシオペア・野呂一生と、プリズム・和田アキラのギターバトル
78年、渋谷の西武デパートのディスクポートで、
ギターバトルの曲が流れ、片方は、プリズムの、
和田アキラが弾いていると、すぐにわかった。

もう一人は、誰だろうと思いながら、飾ってある、
LPジャケットを見ると、カシオペア野呂一生で、
ライブハウスなどで、話題になってきたギタリスト。

カシオペアのデビューLPは、翌79年であって、
まだ知る人ぞ知る存在だったが、雑誌にも載り、
クロスオーバー・ファンの間では、注目されていた。

自分も、77年に、ヤマハ主催のコンテストである、
EastWestで、その演奏を聴いて、すごく気に入り、
渋谷ヤマハのライブスポットでも、何度か見ていた。

Tokyo Fusion Night」と、名づけられたLPは、
ドラムの村上秀一、愛称ポンタがリーダーとなった、
セッションで、ギタリストも、数名が参加していた。

アール・クルーや、リー・リトナーの名演で知られる、
キャプテン・カリブ」は、リトナーのアレンジに近いが、
いかしたドラムソロが、かなりフューチャーされていた。

大村憲司と、野呂一生の、ギターソロも聴けるうえに、
松原正樹も、存在感あるリズムギターで参加していて、
かなり豪華な共演で、ギターマニアには納得の演奏。

和田アキラと、野呂一生のギターバトルが聴けるのは、
B面1曲目の、「カム&ダウン」で、当時最速と言われた、
和田アキラの早弾きに、引けをとらない野呂のプレイは、
フレーズもジャズっぽく、新しいスタイルだった。

今回、ブログを書くに当たり、CDで買い直したのだが、
ギターバトルは、16小節を互いに3回プレイする程度で、
もっと延々とやりあったように、自分は勘違いしていた。

きっと、レコードを買ってきて、家で聴きなおした時に、
同じような失望感を抱いたかもしれないが、ほかの曲も、
すごい演奏が聴かれるので、買って損したとは思わない。

渋谷ヤマハで見たときに、野呂は、ジョー・パスのような、
ソロギターから始まり、コードソロでテーマを奏でる、
ジャズ系の演奏をしていて、こうした初期ライブで演奏した、
LP未収録曲の音源は、どこかにないものでしょうか。


スポンサーサイト


ジャズギター教本で知った、モード奏法と「ソー・ホワット」
78年、高3年のとき、クラスに、ジャズピアノの、
得意な友人がいて、昼休みにジャズ理論書や、
ピアノの譜面などを見ていて、すごく影響された。

真似するように、ジャズギターの楽譜を買おうと、
渋谷のヤマハで、あれこれ見て、渡辺香津美の、
ジャズギターインプロビゼイション」を選んだ。

モード奏法を学ぶ例として、ジョージ・ベンソンによる
ソー・ホワット」が掲載されていて、高校の教室で、
ベンソンのフレーズを、演奏していた友人もいたから、
なんとか、この曲を弾けるようにしたいと思った。

マイルス・デイビスが始めた、モード奏法の発端は、
ジャズスタンダードの、演奏に際して、コード進行が、
複雑化するというか、代理コードや、テンションにより、
アドリブが、コードに束縛されたことへの、反動らしい。

コード進行の呪縛から、開放するため、同じコードが、
数小節続き、そのコードに対して、一つのスケールが、
対応することで、より自由な、アドリブが可能となる。
(書いている自分でも、もどかしい表現ですが・・・)

そんな背景をふまえつつ、ジョージ・ベンソンの楽譜を、
弾くと、FMで聴いた、ベンソン版「テイク・ファイブ」の、
早弾き、弾きまくりに近いフレーズで、気合が入る。

収録されたLPを探し、輸入盤「ブルー・ホライズン」を、
公園通りディスクユニオンで買い、早速聴いたのだが、
譜面で考えていたより、早いテンポで演奏していて、
当時の自分には、弾けるようなスピードではなかった。

原曲も聴こうと、マイルス・デイビスが、これを初演した、
カインド・オブ・ブルー」を買ったが、このテイクは、
ゆっくりのテンポで、何だか、拍子抜けした気分だった。

マイルスの演奏は、ライブ盤「フォア&モア」でも聴け、
かなり早いテンポだったが、自分にとってはベンソンの
演奏のほうが、気に入っていて、ギターびいきだろうか。

それから15年近くたってから、フラン・クギャンバレが、
中心となったギターバトル、MVPシリーズの第2弾で、
ファンク調にアレンジされた「ソー・ホワット」が聴ける。

ゆったりとしたテンポだが、チョッパーベースのソロや、
ブレッド・ガーストショーン・レーンの新人二人による、
ものすごい早弾き合戦で、これは、これで気に入った。




学生バンドの青田買いと思った、スクエアの安藤まさひろ
プリズムや、カシオペアスペースサーカスが、
クロスオーバーブームの中、次々と登場した頃に、
学生バンドを母体とした、ザ・スクエアもデビュー。

ブームに便乗しようと、レコード会社が青田買いで、
無理やり、デビューでもさせたのだろうなとど思い、
自分も学生のくせに、上から目線で、スルーしていた。

FMの生放送に出演したときに、お手並み拝見と、
ザ・スクエア(当時はT-スクエアではなかった)の、
演奏を聴くと、アンサンブル重視のサウンドに感じる。

ギターも、コーラスエフェクターをかけたクリーンな、
音色で、サックスやピアノのバッキング主体であり、
長めのギターソロも、なんだかゆったりした印象。

自分の好みとしては、ロック系の歪ませた音色で、
早弾き中心に、弾きまくってほしくて、好きだった、
リー・リトナーでさえ、コーラスの音ばかりになると、
かなり早いフレーズを弾いても、物足りなかった。

雑誌プレイヤーに、スクエアの紹介記事が載ったが、
ギターの安藤まさひろは、セミアコギターを抱えて、
テンションコードを、指をストレッチして押さえていた。

指が短くて、なかなかコードを押さえられない自分は、
安藤の「どや顔」的な表情が、なんだかカチンときて、
ソロが弾けないから、小難しいコードを必死で押さえ、
バッキングに徹した形にしてるんだろうと、ひねくれた。

80年、雑誌ヤングギターに、ドラマ主題歌にもなった、
トゥモローズ・アフェア」の楽譜が、掲載されたのだが、
やたらと細かい音符が並んでいて、フレーズ自体も、
スティーブ・ルカサーに近く、それだけで、LPを買う。

しっとりしたメロディだが、泣きのギターというよりは、
淡々とした演奏に感じて、それでも後半の弾きまくりは、
すごく格好良くて、この1曲で、スクエアのファンとなる。

ベスト盤を買ってくるが、ろくにソロも弾けないのにと、
思っていた初期の曲でさえ、歪ませた音色ではないが、
コンプレッサーを効かせた、伸びのあるギターの音で、
かなり弾きまくっていて、自分の思い込みを反省した。

この後、ユーミンとコラボの「うち水にレインボウ」を経て、
トラベラーズ」などヒット曲満載の「アドベンチャー」、
のちにF1テーマ曲で、お茶の間に浸透する(?)曲、
トゥルース」など、LPからCDの時代、全部買い続けた。

それだけ、気に入ったスクエアで、実力も認めるが、
学生バンドだったのは事実だし、その後のメンバーの、
交代時にも、現役の学生が加入したこともあるので、
ブームにあやかった学生バンドと、思いがちなのです。




渡辺香津美の後輩のようで、似て非なる秋山一将
4人の若手ギタリストの共演で話題となった、
LP「ギター・ワークショップ」の第2弾は、
78年、六本木ピットインでのライブ録音となり、
渡辺香津美に代わり、秋山一将が出演した。

秋山一将は、同年、「ディグ・マイ・スタイル」で、
ソロデビューしていて、渡辺香津美に次ぐ、
若手ジャズギタリストのホープとされていた。

ソロLPの1曲目、「アイ・ビーリブ・イン・ユー」は、
セミアコギターに、軽くコンプを通した音色で、
ビバップフレーズを、見事に弾きまくるスタイルは、
香津美とも、ジョージ・ベンソンとも違っていた。

LPの半分の曲は、秋山のボーカル曲が占めて、
マイケル・フランクスのような、歌い方だが、
ボサノバの、けだるい感じが、妙に合っていて、
歌唱力などと関係なく聴けるのは、戦略勝ちか。

何かの雑誌で、日本のジャズ、クロスオーバーの、
第一人者である、渡辺香津美とのスタイル比較で、
「ロック畑とジャズ畑出身の違いが明白」とあった。

自分から見たら(聴いたら)、どちらもジャズ畑だし、
おそらく、香津美を、ロック畑としているのだろうが、
歪ませた音や、チョーキングなどで、ロックギターの、
奏法とするならば、曲により、秋山もやっていること。

何をもって、ロック、ジャズ出身と区別するのか、
最近では、ますます、その境界がわかりにくいし、
自分は、ビートルズから、ジェフ・ベックへと聴いた
高校時代をさして、ロック畑と言うことにでもなるのか。

ベース奏者、鈴木勲の76年録音、「アコの夢」には、
渡辺香津美と、秋山一将の二人が参加していたが、
二人のスタイルの違いは、特に印象にないまま、
一度聴いただけで、レコード棚に入れたままとなる。

秋山は、2ndアルバムを、withネクストペイジという、
バンド形式にして、ジャコ・パストリアスの研究家で、
フレットレスベースの名手、濱瀬元彦と組んでいた。

この中の曲は、オムニバスで1曲を聴いただけだが、
まるで渡辺貞夫か、増尾好章のようなイントロに続き、
ジャケットどおりなら、レスポールを弾いていたわけで、
「ワークショップ」とも、スタイルが変わったことになる。

その後、日野元彦と、ZOOMというバンドを組み、
NHKFMの「セッション」に出演し、エアチェックするが、
自分の興味が、フュージョンから、イングヴェイなどに、
変わったせいもあり、名前を聞かなくなってしまった。



「音符で埋め尽くす」の記事で、とびついたパット・マルティーノ
77年、リー・リトナーラリー・カールトンら、
ギタリストの来日をきっかけに、ジャズロックが、
クロスオーバーという、新たなジャンルとなり、
日本でも大流行し、自分も、その洗礼を受けた。

雑誌ジャズライフの78年9月号は、カールトン、
リトナーに、渡辺香津美のフレーズ研究があり、
ロッキンF、ヤングギターを買っていた自分には、
初めて買うジャズ雑誌で、夢中で読みあさった。

クロスオーバーというより、主流派ジャズギターの、
パット・マルティーノの特集記事もあり、十数枚の、
リーダーアルバムの紹介と、その中の1曲として、
ソニー・ロリンズで有名な「オレオ」の譜面が載る。

楽譜を見ると、ほとんどが8分音符で、休みなく、
解説文にも、「弾きまくる。空間恐怖があるごとく、
音符で埋め尽くす」とあり、それでけで気に入った。

当時は、国内盤のほとんどが、廃盤だったのか、
渋谷のコタニ、ヤマハ、西武ディスクポートなど、
回ったのだが、店頭にはなく、ディスクユニオンに、
数枚の輸入盤が、置いていある程度だった。

「オレオ」の入っているLP「デスペラード」はなく、
記事の中で「テクニック的に頂点を極めている」と、
書かれていた、「コンシャスネス」を見つけ購入した。

1曲目の「インプレッション」は、かなり早いテンポで、
ジョン・コルトレーンの曲らしく、モードのアドリブで
ギターも、ものすごい早弾きで、とにかく圧倒された。

パットの音符で埋めまくるサウンドを、別の雑誌で、
「シーツ・オブ・サウンド」と、コルトレーンの代名詞に、
例えていたが、ギター以外に疎い自分が聴く限りでは、
全然別物だと思え、単に、この選曲によるだけでは。

このLPの楽譜はなかったので、演奏を聴かぬまま、
「オレオ」を練習して、ジャズフレーズの参考にした。

翌年、渋谷河合楽器のギター教室に通い始めた時、
何かアドリブをやってみろと、先生に言われたので、
得意になって、この「オレオ」を弾いてみせたところ、
「そんなアドリブしか弾けないのか」と、笑われた。

パット・マルティーノのフレーズは、理解されないか、
模範的なビバップフレーズとは、かけ離れているのか、
などと思ったが、ただ自分が下手なだけだったようです。







Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.