fc2ブログ
僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ
青春時代を渋谷で過ごした中年サラリーマンです。 昔のことを思い出そうとしたブログですが、最近はギター演奏が主体です。          旧タイトル「僕らの過ごした渋谷」
どこかで聴いたようなリフにひねりを加えた高中正義「ハート・エイク」
前回に続き高中のミニアルバム、
「フィンガー・ダンシング」のうち、
ロックっぽいサウンドを聴かせる、
「ハート・エイク」に挑戦してみる。

イントロから出るロック風リフは、
どことなくナックのデビュー曲の、
「マイ・シャローナ」に似ているが、
そこは高中、ひねりを加えている。

いきなり3拍子のコードから開始、
普通の4分の4拍子が2小節で、
ここが例のリフのところになるが、
そこも4分の2拍子を付け加える。

結果的に3×2+4×2+2×1
=16となり、4拍子4小節という
普通のカウントに収めてしまって、
アクセントがずれた感覚になる。

似たようなことはプリズムもやり、
そこはさらに複雑にしようとして、
16分の15+16分の17にして、
結果的に普通に2小節分となる。

自分のMTRのドラムマシンでは、
こんな入力はお手上げ状態となり、
おそらくDAWソフトでは楽勝でも、
それに合わせて自分は弾けない。

この高中の場合のドラム入力は、
小節の頭がずれていく箇所など、
細かく入力専用に楽譜を書いて、
スネア、ハイハットと順番に録音。

伴奏はギターシンセから始めて、
エレピ、生ピアノ、ストリングスと、
前回同様、昔の鍵盤が主なので、
音色の選択では悩まずにすんだ。

ただ、ピックアップの感度だけは、
かなり小さく調整しても、突然に、
突拍子もない音が鳴り出したり、
残響音が鳴り続けてはやり直す。

それでも、先週4月6日の土曜、
朝から晩までボランティア出勤し、
翌7日の日曜を休めるようにして、
久々に一日中録音に集中できた。

高中のギターはヤマハのSGで、
わりと歪ませてロック風に弾くし、
サビはピッキングハーモニクスを、
多用して、ワイルドな感じになる。

ピッキングハーモニクスは古くは、
ロビー・ロバートソンが得意とし、
エリック・クラプトンも「レイラ」の。
「アイ・ルックト・アウェイ」で弾く。

自分がこの奏法に注目したのは、
ロイ・ブキャナン「メシアが再び」、
さらにそのロイにベックが捧げた
「哀しみの恋人たち」の名演から。

高中は、もともとストラト使用時も、
ナチュラル・ハーモニクスだとか、
クラシックギタリストの奏法にある、
技巧的ハーモニクスも弾いていた。

今の若い子にはタッピング奏法は、
ごく当り前のことになってるように、
この曲の頃にはチョーキング同様、、
普通に弾いたのだろうが、難しい。

さらにテーマ部も高中節というか、
独特のニュアンス、繰り返しの際、
ためたりするので、それも難しくて、
オケは完成でもギターが弾けない。

あせっても仕方ないから、原曲を、
毎日聴き込んで、フレーズを覚え、
楽譜が省略されたエンディングは、
多少耳コピし、あとは好き勝手に。

高中のミニアルバムで、リフだけ
パクリ疑惑っぽい「ハート・エイク」
困った時の古めの曲ということで、
ギターは今一ですがアップです。







スポンサーサイト





30cmシングル盤のタイトル曲の高中正義「フィンガー・ダンシング」
レコードの頃、LPの30cmサイズで、
45回転にするから音質が良いとして、
30cmシングルが流行した時があり、
時代に敏感な高中正義も出していた。

「虹伝説」という2枚組の大作を前に、
指鳴らし的な意味もあったのだろうか、
シングル盤というよりは4曲収録した、
ミニアルバムといった形のまで出た。

「フィンガー・ダンシング」のタイトル、
アップテンポやバラードの佳曲揃い、
あの81年の虹伝説の武道館公演の、
第2部で4曲中の3曲が演奏された。

ただ、「佳曲」と表現したくなるのは、
虹伝説の壮大なアルバムに比べて、
たった4曲のみでは、貧相に感じて、
ほとんど聴かずにレコード棚にしまう。

今回、手持ちバンドスコアの各曲を、
聴いていたら、けっこういい曲だなと、
今さらながら気づいたし、それに加え、
ギターシンセで弾きやすい曲だった。

鍵盤類は苦手なDX7系の音色でなく、
ピアノにエレピ、ムーグ、ソリーナで、
ストリングスとかホーンセクションは、
生の音なのでサンプリングが使える。

それでもムーグとソリーナの音色は、
新しいギターシンセにも入ってなくて、
似たような音色を探して妥協したが、
カシオペアやスクエアの曲よりまし。

前回記事でも愚痴を書いたのだが、
平日はサービス残業で定時は無理、
土日は両日ともボランティア出勤し、
なかなかギターの時間が作れない。

とはいえ、いつもが定時に帰れたり、
土日が休みと、かなりお気楽なだけ、
今でも平日は9時前には退社するし、
土日でも夕方には仕事をきりあげる。

再雇用の薄給を割り引いたとしても、
ブログ仲間の方々に比べてみれば、
いくらでも時間はあるわけで、それで、
少しずつだが、オケを作り上げていく。

3月中に1曲くらい演奏したいと思い、
今日は5時には自宅に戻るようにし、
オケを完成させ、満を持したというか、
リードギターと最後のアドリブを録音。

別冊ヤングギターの虹伝説特集は、
虹伝説全曲と武道館第2部の曲が
ギタースコアで載り、エフェクターや、
使用ギターの分析も各曲出ている。

それによれば、「フィンガー~」では、
ストラト使用とあるが、曲の最後に、
6弦のペグを回して音を下げていて、
ストラトならアームを使わないのか。

どのみち自分のストラトを使ったら、
音量不足でコンプのパコーンという、
特徴的な音が出ないので、ここは、
レスポールにし軽く歪ませて弾いた。

いつものことでエンディングを伸ばし、
ギターのアドリブを弾くが、ここでは、
レスポールを歪ませて、おなじみの、
ヤマハSGのサウンドに似せてみる。

高中がミニアルバムで手抜きだとは、
思わないが、自分はオケの完成度、
ギターのソロもかなり妥協したまま、
「フィンガー・ダンシング」アップです。






今月の演奏は本当に無理かもしれません
新しいギターシンセの音色だとか、
ピックアップの感度調整の雑音に、
苦労しているというは前回記事で、
愚痴ったまま、相変わらずの状況。

シンセの音があまり凝っていない、
簡単な歌もののオケ作りを進めて、
実際に3曲ほどはストックできたが、
寒暖の差で喉をやられ声が出ない。

声で言うと、いつか調子のよい時に、
ハイトーンで歌うことができるだろう、
そんな淡い期待でオケだけ完成し、
歌入れを待つ曲も去年から保留中。

おまけにインフルやコロナでないが、
昔からの扁桃腺の腫れの発熱まで、
やらかしてしまい、早めに寝たりと、
インスト曲のオケ作りもままならない。

自分の体調が多少は回復してきたら、
今度は家族の方が高熱で寝込んで、
それを脇目にギターを録音するのは、
さすがに無神経な自分でもためらう。

そのうえ今に始まったことでないが、
仕事は年度末で忙しくて、今月から、
ほぼすべての週末には出勤していて、
のんびり土日に録音するのもスルー。

もう今月の演奏は無理だろうかなと、
あきらめ半分、こうして愚痴を並べて、
文章だけの更新くらいはしておこう、
言い訳三昧を繰り広げているところ。

それでもギターへの情熱は変わらず、
スマホでいろいろな曲を聴き込んで、
大量のバンドスコアをひっくり返して、
目ぼしい曲に当たりをつけたりする。

本当に、どうしてこんなにもギターが、
好きなのか、演奏するのもそうだが、
音楽として聴くのも、ギターメインに、
レコードからCDと偏って買ってきた。

小学校は少年野球、中学は剣道部、
その間、落語家や漫画家を目指して、
手品師も目標だったが、ギターという、
一生の趣味に出会えたのは良かった。

幼い頃からアニメの主題歌を聴いて、
歌謡曲や映画音楽にも親しんできて、
50年前にTVでカーペンターズ来日、
映画館でビートルズ3本立てを見る。

中学2年だったが、その同じ夏休み、
同級生と出かけたユースホステルで、
お兄さんたちが弾き語りをしていて、
キャーキャー騒がれる姿も目にした。

キカイダーに変身する目的で買って、
押し入れにしまってあったギターを、
真剣に練習するようになったことが、
今の自分につながるんだと思い出す。

老い先短くてこうして回顧するのか、
ちょっと発熱で寝込んでいたせいか、
昔が懐かしくなって、何かと思い出し、
演奏がんばろうと改めて思いました。



新しいギターシンセは楽しい反面、けっこう苦労しています。
96年に発売され、ずっと愛用した
ギターシンセはセレクトボタンなど、
反応が鈍くなり、専用ピックアップも、
6本の弦の半分しか音を拾わない。

昨年に出た新製品はピックアップや、
ケーブルも加えると約13万円もして、
楽器にそんなお金をかけることなど、
独身時代に電子ピアノを買って以来。

清水の舞台からでも飛び降りる気分、
家族も説得というか呆れ顔だったが、
自分の誕生プレゼントだし、3年前の、
退職祝いをようやく手にしたと言い訳。

ただ新しいギターシンセには苦労し、
専用ピックアップの感度がよくなり、
早弾きについてきて、遅延もない分、
逆に雑音まで拾って変換してしまう。

ピックが弦に当たるノイズまで拾うし、
ハーモニクスを含んだアタック音で、
オクターブ上の音程まで鳴ってきて、
かなりミュートしながら演奏している。

ギターは減衰音楽器で音が伸びず、
悩むこともあるが、そこを改善したか、
休符になって全部の弦を消音しても、
何かしらの音が延々と鳴り続けてる。

仕方なく休符になったらシンセ側で、
ボリュームを絞ったりとアナログ的で、
いっそボリュームペダルをはさめば、
手で回さない分、効率的になるかも。

ピックアップのセッティングせいかと、
位置や高さをいろいろと調整するが、
ノイズを拾うことや鳴り続けることは、
いっこうに改善せず、今後の課題に。

音色も旧モデルよりは格段に良いが、
プリセットパッチに使えるのは少なく、
千種類以上ある音色を毎日聴いて、
使えそうな番号を控えているところ。

それでも、カシオペアやスクエアと、
まったく同じ音色はどうもないようで、
ネットには追加の音色があるとかで、
いずれソフトを導入して試してみたい。

パソコン類でも最近はそうなのだが、
マニュアルは簡単なペラがあるだけ、
メーカーのホームページに掲載のも、
昔のに比べて細かいことが出てない。

新モデルはツマミ類の形状も違えば、
割り当ても異なり、どこをどういじれば、
何のパラメーターを動かせるのだろう、
手探り状態だが、まあそれも楽しもう。

簡単な歌ものならすぐにできるかと、
何曲かオケを並行して作り出したが、
ピアノを録音したトラックに間違えて、
ストリングスを上書きして落ち込む。

そうなると得意なつもりのギターも、
歪み方が気に入らないと投げ出すし、
いつもながら声が枯れて出なくなり、
インストのオケに切り替えてみたり。

3月になり、これまた毎年のことで、
平日にはサービス残業、週末には、
ボランティア出勤と何の手当もなし、
それでも仕事が終わらず仕方ない。

不慣れなシンセと仕事の忙しさで、
しばらく新曲は無理かもしれないと、
これまたいつもの言い訳を並べて、
何とか生きていますと言う報告です。







紅白での旧友との名演が記憶に新しい寺尾聰「ルビーの指輪」
幼い頃は家にテレビが1台だけ、
お茶の間に家族が揃って見たし、
大晦日はレコード大賞に続いて、
紅白歌合戦というのがパターン。

今でも何となく紅白をつけていて、
子供が笑ってはいけないだとか、
居間で見る時は、寝室の1台を、
紅白にして部屋を行ったり来たり。

昨年末もそんな風にしていたら、
ちょうど紅白の方へと移った時に、
薬師丸ひろ子が歌い懐かしさに、
そのまま見ていると寺尾聡登場。

バックバンドは録音時と同じ2人、
編曲もしたキーボートの井上艦と、
ギターの今剛、そしてベテラン勢
ベース高水健司、ドラム山木秀夫。

やっぱりプロの実力派を揃えての、
生演奏の迫力には圧倒されるし、
昔の曲は良かったなあ、何よりも、
ギターが格好良いし活躍していた。

「ルビーの指輪」の収録アルバム、
「リフレクションズ」は当時はLPを
レンタル、CDも図書館で借りたが、
今回手元に欲しくなってCDを購入。

そうなると演奏したくなるのが癖で、
全曲バンドスコアはヤフオクなどで、
3万円もするが、「ルビーの指輪」は、
「シティ・ポップ・コレクション」収録。

このバンドスコアはユーミン目的で、
昨年11月に買ったので、そこから、
さらに1曲演奏すれば元は取れる、
新年早々からオケ作りを開始した。

ところが、手持ちのギターシンセに、
イントロからの印象的なシンセの音、
アナログシンセのホーン系の音が、
入っていなくて、似たような音もない。

サンプリングのホーンでは違和感、
シンセリード、シンセブラス系にも、
見当たらず、いずれギターシンセを、
新調したら完成させようと中断した。

ようやく昨年発売のギターシンセを、
手に入れて、旧機種の384種から、
1218種の音色に増えて、全部を、
じっくり聴いて、一番似た音を選ぶ。

原曲のはムーグだとネットにあるが、
今回のギターシンセもムーグだとか、
DX7の音色そのものは当然なくて、
今後も妥協してのオケ作りになる。

それでも、新しいおもちゃを手にし、
オケ作りのモチベーションはアップ、
平日はだいたいゴロゴロするところ、
届いた月曜からずっといじっていた。

紅白での名演にも原曲にも及ばず、
いつものひっくり返る高音とは逆に、
低く苦労、寺尾聰「ルビーの指輪」、
今剛のギターは気合を入れました。










Copyright © 僕らが聴いてきたギター音楽 60~80年代を過ごした渋谷あれこれ. all rights reserved.